スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指し続けたアルゼンチン 

この一年半ずっと






『どこに行くんだ?』と聞かれたら








『アルゼンチンさ』って答えてきた









なんかすっごい不思議な感覚。











本当に走ってきたんだな。アラスカからずっと。









いままで「アルゼンチンへ行く」と言ったら驚かれてたけど









最近じゃ「アラスカから来た」って言ったら本当に驚かれるもんな









そのアルゼンチンに・・・









入国だ~~~~~~~!!!!!!!!!


P1060301_20110203035811.jpg







さらばボリビア。あんま走ってやれなくてゴメン
P1060299_20110203035812.jpg









ボリビア側でポンとスタンプを貰い、アルゼンチン側へ
P1060300_20110203035811.jpg








入国の時に、自転車で入るなら紙が必要だ、と言われる










はっ?紙!?








たぶんアルゼンチンで売らないための保証書かなんかの事だろう。










そんなもの持っていない。てかよく分からない










ごめーーーん。よく分からないんだ~~~~~~。







って言ってたら、しょうがねぇなぁみたいにスタンプをくれた。よかった。








さらにアルゼンチン入国には荷物チェックがあり、一応全ての荷物をチェックされた





その風景を写真に撮ろうとしたら止められた。まぁ普通国境は撮影禁止だけど、今までこんな事なかったから、さすがアルゼンチンだと感動







ではアルゼンチン側のラキアカ。アメリカ大陸の最南端ウシュアイアまで

P1060302_20110203035811.jpg



5121キロ!!!



いや、遠いなぁ・・・・







町もなんだか小奇麗になった。
P1060303_20110203035810.jpg






お洒落パン屋も
P1060304_20110203035810.jpg







スーパーもある
P1060305_20110203035928.jpg








で、アルゼンチンと言えば当然肉。
P1060306_20110203035928.jpg






国境を越えるだけでここまで違うとは・・・






アメリカからメキシコに入ったときを思い出す。

あの時はメキシコって発展途上なんだなって思ったけど、いま思うと先進国だったメキシコ






今はアルゼンチンが超先進国に見える。いや実際先進国だと思うけど







一日目は国境のラキアカに泊まって、翌日から走り出した









みて!この道路クオリティ。路肩がないけど、マナーも良好

P1060307_20110203035928.jpg





それにゴミが本当に少ない。だからなおの事気持ちよく走れる。





ユルッ!!
P1060308_20110203035928.jpg







普通こんなもんでしょう。

P1060309_20110203035927.jpg








綺麗な世界

P1060310_20110203035927.jpg










小さい村もなんとなく落ち着いたいい雰囲気。ボリビアの小さい村は、廃村かと見間違えるくらいだったのに

P1060311_20110203040133.jpg






放牧のリャマも多い

P1060312_20110203040133.jpg







昼飯。
P1060313_20110203040132.jpg









目指していたアブラパンパに到着
P1060314_20110203040132.jpg







ここではキャンプ場があるとの話だったので、心さんたちと合流してキャンプする事に
P1060315.jpg







ところが、教えられていってみると・・・






え?ここ・・・?

P1060316.jpg






なんか公園の前の空き地。キャンプ場とは程遠し
P1060317.jpg








連れてきてもらったポリスは、ここでは結構人が寝てるぞ。って








あんた。それは・・・








うん!却下で!!









全員一致でしばらく走って野宿しようと決定









丁度よくちょっと言った所に、キリスト教の社があり、ファイヤーピットと机もあったのでここにテントを貼らしてもらう





570日目 La Quiaca 51キロ 標高 3345m

571日目 La Quiaca - Abra Pampa 81キロ 
     標高 3400m
スポンサーサイト

世界遺産 ワカチナ渓谷 七色の山 

昨日の社はこんな所でした

P1060318.jpg






何故か真っ赤




朝焼けを見ながらの朝ごはん
P1060319.jpg





今日はサクっと3780mまで上がった後は、1200mくらいまで基本下りなんです
P1060320.jpg







しかも世界遺産のウマワカ渓谷を走るんです






こんな感じ


P1060321.jpg






さまざまな鉱物がむき出しになっていて、カラフルなバームクーヘンの地形を作りだしてるそう
P1060323.jpg








こんな風景を見ながらのんびり下ってく

P1060322.jpg







近くにもこんなカラフルな壁が

P1060324.jpg

P1060325.jpg







こんなスクールゾーンってなんかいい。
P1060326.jpg

きっと学校が楽しくてしょうがなかった人のデザインだな








わーい
P1060327.jpg

P1060328.jpg






そして巨大サボテン多し

P1060329.jpg






小さなウマワカの町。

P1060333_20110203075055.jpg

P1060331_20110203075056.jpg


小さくて可愛らしい町だったなぁ

P1060332_20110203075055.jpg




一泊して、次の日も引き続き、ウマワカ渓谷を堪能
P1060335.jpg





緑が増えてきた
P1060336.jpg

P1060337.jpg




途中の小さい村にも立ち寄りながらのんびり進む
P1060339.jpg


P1060338.jpg






本当にカラフルな面白い所
P1060340.jpg

P1060341.jpg

P1060342.jpg


P1060344.jpg



お昼

P1060090_20110203074748.jpg





P1060346.jpg
ペルーから運んできた、アルパカのドライミート。残念ならが激マズだった。

普通に食べるアルパカはうまいけどね





ガソリンスタンドクオリティが半端じゃなく上がった
P1060348.jpg

P1060347.jpg




地図もこの通り
P1060349.jpg





ここでうだうだしてたら心さん達と出会う

P1060350.jpg


ちょっと進んで
P1060351.jpg




今日は巨大サボテンの群生地でキャンプ

P1060352.jpg





最近のお気に入り、ひき肉の
P1060353.jpg






トマトソースパスタ。
P1060354.jpg






アルゼンチンに入ってからワインは常に持ち運んでます。

P1060355.jpg





物価の高いアルゼンチンにおいて、ワインは1リットル100円ちょいと激安。しかもうまい






さらに翌日。ぐあーーーっと標高を下げるとそこはもう別世界
P1060356.jpg






1200mまで下りてきたら本当に森森してきた
P1060358.jpg






こんなきれいな道。脇には別荘が並ぶ。日本の避暑地みたい

P1060359.jpg






お昼も森林浴を楽しみながら

P1060360.jpg







都会のフフイをスルーして、
P1060361.jpg




今日は工事中の道路がお宿
P1060362.jpg






こんな紙パックの安ワインがめっちゃうまい!!

P1060363.jpg





572日目 Abra Pampa - Humahuaca 86キロ 標高 2900m

573日目 Humahuaca - Maimaraの先 野宿 61キロ 標高 2380m

メルヘン街道 サルタまでの道 

フフイの町からサルタまでは2ルート有り、一個は高速道路で、もう片方はTourist Route と書いてあった


なんだそれ?


と思いながら進んでいたら、途中からこんな道路になった

P1060475_20110217055953.jpg



せっまぁ!!



2車線平均4~5mといったところだろうか



観光地のちょっとしたサイクリングロード並み



だけど通る車もほとんどなく、かなりメルヘンな可愛い走りやすい道だった
P1060474_20110217055954.jpg

P1060476_20110217055953.jpg

P1060477_20110217055952.jpg


ぶーぶーってめっちゃ唐突に泥浴びをはじめる豚。めっちゃうけた
P1060478_20110217055952.jpg



そして颯爽と去る
P1060479_20110217055951.jpg



警戒中
P1060480_20110217060129.jpg




のんびりと峠アタック
P1060486_20110217060128.jpg




きゃーーー
P1060483_20110217060129.jpg



日本の避暑地みたい
P1060484_20110217060128.jpg





上ってきた
P1060485.jpg



こんな木が茂りまくり。でも道は可愛い
P1060482_20110217060129.jpg

P1060487_20110217060312.jpg



昼飯中。心さんたちがやってきた
P1060488_20110217060311.jpg


朝出発するのは僕等の方が早く、ペースは心さん達の方が早いから大体昼頃に追いつかれる




ススキ
P1060489_20110217060311.jpg




ようやく道が普通に戻った。この道は本当に楽しかった
P1060490_20110217060311.jpg




現在夏休み中のアルゼンチンでは川辺でめっちゃバーベキューをやっていて、本当に日本みたいだった




で、サルタ。土曜日の夕方だからちょっとがらんとしてるけど、都会ッす
P1060491_20110217060311.jpg

P1060492_20110217060310.jpg


ホステルにチェックインして、早速買いだし


P1060493_20110217060419.jpg


肉、ビール、ワイン。アルゼンチンの基本



こんな感じ
P1060495.jpg



あっ、心さん達もここに居た
P1060494_20110217060419.jpg




ほんじゃ頂きまーっす。
P1060496.jpg





575日目 Jujuiの先 - Salta 81キロ 1215m

素敵街サルタ 

サルタに着いた翌日、小洒落たサルタの街をのんびり自転車散歩した
P1060546.jpg


セントロ近く。ボリビアから来たから本当にカルチャーショックもいいとこ
P1060547.jpg


ここ本当に南米かってくらいクオリティが高い
P1060549.jpg


セントロの公園もこの通り
P1060548.jpg

P1060550.jpg


ヨーロッパか!!
P1060551.jpg


自転車店も安心感のあるレベルへとアップ
P1060552.jpg



なすとひき肉の炒め物。うま過ぎました
P1060557.jpg




セントロの歩行者天国
P1060556.jpg



ポップコーンの食べ歩き
P1060553.jpg




ビールとくりゃ
P1060554.jpg



当然ピザ!!
P1060555.jpg



ヨーロッパ移民がおおいアルゼンチンはピザが安くてうまい





昼ビール。外ご飯
P1060558.jpg




食べてばっかのこの生活。
幸せな時間
標高が下がったから米がうまい!!





ビックリドンキー発見
P1060559.jpg





締めはやっぱりステーキで

P1060560.jpg




サルタ素敵な街でした




576日目 ~ 578日目 Saltaa

ハラハラ野宿 

サルタを出発して次はカファジャテを目指します
P1060534.jpg

P1060535.jpg

P1060537.jpg




昼過ぎにベルギー人サイクリスト。アンソーとコリンに出会う
P1060538.jpg



彼等はキトからウシュアイアまで走っていて、3年前もキトからウシュアイアを別ルートで走ったんだけど、サルタとカファジャテまでは同じルートを走ると言う





夕方町のガソリンスタンドで再会。




休憩がてら話していたら、この先5キロの所に橋があってそこがいい野宿スポットなんだけど、一緒に来るかい?







というので、それじゃ。という事で便乗






しばらくすると反対方向から2人の自転車乗りがやってきた





めっちゃ小さい町の小さいガソリンスタンドに





6人チャリダー
P1060539.jpg





すごい





話してるうちに彼等も一緒にキャンプするということになった。

ただ食料がないのでここで買出ししてからくるという

彼等にとっては来た道を少し引き返す事になるのだけど、面白そうだと思ったのだろう




と言う事で、僕等4人でとりあえず出発
P1060541.jpg





ところがめっちゃ下ってく。
P1060542.jpg






僕等はいい。どうせ行く道だし。でも後から来た2人は再びここを上るのだろうか・・・






いや、結構下るなぁ
P1060543.jpg







長くて後1キロ以内だからと言われてからもう既に5キロ近く・・・

P1060545.jpg





なんとかその川に到着したものの、到底野宿がしやすいとは思えなかった






それもそのはず、





3年前は水がなかったんだけどね~~~~。






ふむ。仕方ないか







と思いきや、奥さんのコリンが先陣をきって、泥の川に突入。進んでく






なんてワイルドなんだ






仕方なく僕等も川を越えるが・・・・








川幅自体が狭い川。今は半分くらい岸があるけど、明らかに先日の雨では、増水して今いる岸も川の一部になっていたに違いない。








彼等は先へ進もうとするが、こんなところ上流でちょっと雨が降ったら一発アウト。








彼等にはゴメン。といって違う場所を探す事にする






だけど、彼等もしばらくして帰ってきて、やっぱ違う所にするわと





まぁそりゃそうだわ







結局日没ギリギリで町に着き。サッカーコートの脇のスペースに場所確保
P1060544.jpg





ところで、分かれた2人のチャリダーはどうしたのだろう?





アンソーとコリンからは一言の心配も聞かれなかったが、日本人の僕等としてはなんかとっても申し訳ない事をしてるような感覚になった。




579日目 Salta - La Vina 先 野宿 98キロ
    標高 1145m

カファジャテ渓谷 

ベルギー人サイクリスト、アンソーとコリンより一足先に出発
P1060564.jpg


今日はカファジャテ渓谷を走る
P1060565.jpg




先日走ったウマワカ渓谷は世界遺産として確固たる地位を築いているが、こちらカファジャテ渓谷はマイナーな渓谷としてひっそりと紹介されている




全然期待してなかったこの渓谷が・・・







めちゃめちゃよかった!!






世界遺産のウマワカよりもダイナミックで、力強く、色鮮やかだった
P1060567.jpg

P1060568.jpg






アメリカのグランドキャニオンや、アーチーズ国立公園などに代表される雨と風が何億年とかけて削った地表

P1060571.jpg

P1060586.jpg






カーブを曲がるたび、峠を越えるたびに
P1060582.jpg






おぉーーーーっとため息まじりの歓声が漏れる
P1060573.jpg


P1060577.jpg






すっごくよかったっす。カファジャテ渓谷
P1060580.jpg

P1060579.jpg





あ~~~~!!!フンコロガシはっけーーーん

P1060561.jpg






はじめて見た!!本当に転がすんだな。








残念ながらこの後ペッチャンコにされる。本当に萎えた








この辺はワインが有名でブドウ畑が多く、ブドウの直売もしている
P1060569.jpg






くそ暑く疲れた体に染み渡るすっきりした甘み
P1060570.jpg






いや、もう本当に最高だなこの道
P1060583.jpg

P1060584.jpg





悪魔ののどぼとけ
P1060576.jpg






あっ、なるほど確かに喉チンコ

P1060575.jpg




びっしゃーって
P1060578.jpg







夕方雷雨が進行方向に出てたので、カファジャテの町20キロ手前で野宿
P1060587.jpg

P1060585.jpg







翌朝、朝日が当たった岩が綺麗
P1060588.jpg






今日は渓谷地帯を抜けて、平坦なブドウ畑を走るお気楽ロード




当然ワイナリーも多い。
P1060589.jpg

南米のアルゼンチンとチリはワインの産地として有名。その中でも、ここカファジャテはアルゼンチンで1・2位を争うワインの産地らしい





こんな穏やかな道の左右がずっとブドウ畑

P1060592.jpg

P1060590.jpg




心和む穏やかな所
P1060591.jpg






で、昼前にカファジャテに到着

P1060593.jpg





ここもツーリストで溢れかえる小さく可愛らしい町
P1060594.jpg




ここのキャンプ場で心さんとアズミちゃんに再会。
P1060562.jpg






あっつい日差しで、プールで泳ぎひたすらビールとワインを煽るバカンス






自転車旅はこうあるべきだ





そしてワイナリーへお出掛け
P1060597.jpg

P1060598.jpg

P1060601.jpg





シンバというこの子めっちゃ可愛かった
P1060599.jpg




サクっと工場を見学して
P1060603.jpg

P1060602.jpg




当然試飲
P1060604.jpg






アルゼンチンの北部は白が多く作られていて、キリリとしてうまかった

P1060605.jpg

P1060606.jpg




穏やかだなぁ。本当にここら辺は
P1060596.jpg






580日目 La Vina - Cafayate20キロ手前 野宿 74キロ
     標高 1580m

581日目  Cafayate20キロ手前 - Cafayate キャンプ場 21キロ        
     標高 1630m

582日目 ~ 583日目 Cafayate  

40号線のオフロード 

さてワインの産地カファジャテを出発。




ここからはRuta 40 (ルータ クワレンタ)を走ります。
P1060707.jpg

アルゼンチンの南北を貫くルートで、かつての旧街道。
だいぶ舗装は進んだものの未だに未舗装路も多い。
今は高速道路にその役目を取って代わられているが、その魅力あるルートは、バイクや自転車乗りに愛され続けている







そんな40号線を今日からまたがっつり走ります




っと思いきや道すがらいい感じのボデガがあったので早くも寄り道
P1060708.jpg





ツアー時間は過ぎていたものの、途中参加させてもらえる事に

P1060709.jpg





いきなり試飲から。どうもすみません
P1060710.jpg







でもここの試飲が面白かった







こんな風に4つのワインが置かれて、その説明を受ける。そして色の違いを見て、クルクルとグラスを回して匂いをかぐ。
P1060711.jpg

そして口に含み、空気を含ませワインの味を楽しむ







今までワインをこんな風に楽しんだ事がなかったから、面白かった。

試飲と言うより、まさにテイスティング







ほろ酔いで残りの工場見学をして、
P1060712.jpg







フワフワしながら出発







この辺りはボデガが沢山有り、そのボデガに呼応するように小さく可愛い町が続く
P1060715.jpg







昼飯もボデガ前の気持ちいい石垣で。心さんたち共一瞬再会

P1060714.jpg






だけど、ワイン村地域を抜けると・・・

P1060713.jpg





こんなんになります。ギャップあり過ぎ。笑
P1060716.jpg






この辺りは川に橋がない。というのもいつも乾いていて、こんなんが無数にあるからいちいち橋を掛ける余裕はないんだろうけど、たまたま今は雨が続きご覧の通り







氾濫した跡も半端ない





こんなんとか
P1060717.jpg






こんなん
P1060718.jpg





いちいちきゃーきゃー言って強行突破





それ以外は至って平和。必至に逃げてますが
P1060719.jpg






ところがこのRuta40
一部の区間が未舗装路。今回は30キロくらい



P1060720.jpg




何故この30キロをあえて舗装しないのかは謎だけど、とにかくこんなんが多いのがこのルート






当然川のパワーもアップ

P1060721.jpg




走行不可能。押して渡るのがギリギリ
P1060722.jpg






つーか。オイ!!
P1060723.jpg





もうぐっちゃぐちゃ






アホな激坂を登り、
P1060724.jpg





すっげぇ所に道つくんな本当に

P1060725.jpg






あとちょっとで舗装路だ~~~~。って所に








ラスボス登場

P1060726.jpg








ゴーゴー言ってるんっすけど・・・








これ本当にわたんの・・・?








完全に氾濫してますけど。







四駆系の車は渡って行ってるけど、バイクや乗用車でさえ向こうで立ち往生している








う~~~ん。ちょっと無理だね~。ピックアップがきたら載せてもらおうか


P1060727.jpg






一人ならなんとか渡れるかもしれないけど、さすがに美紗ちゃんにこの川を渡らすわけにはいかない








向こうのバイク乗りがどうしてもこちら側に来たいらしく流れの強さを確かめる為に激流へ




P1060728.jpg




チャレンジャー。








明らかに膝か膝上の水量だ。









すごいねぇ。なんって言ってる間に一台のピックアップトラックが









止まって~~~~~~!!!!!!








さすが、アルゼンチン。一発ストップ

P1060729.jpg








いざ、いかん

P1060730.jpg









抜けた~~~!!!。ありがとうございました!!!!
P1060731.jpg








そこからは舗装路を走る。舗装って素晴らしい







橋って素晴らしい。感謝した事ある?

P1060732.jpg







谷を抜けるとここ数日のどんよりシトシト雨の天気が嘘のように晴れ渡った
P1060733.jpg








昼飯時、なんやいろんな物を干しまくる
P1060734.jpg







気持ちいい!!

P1060735.jpg






で、ようやく町。べレン

P1060736.jpg





アルゼンチンは何故かレストランが少ない







いや、高いからどっちにしてもこうなるか
P1060737.jpg






宿でも自炊
P1060738.jpg






今日はカレーです。標高下げたから米もめっちゃうまい!!

P1060739.jpg






584日目 Cafayate - Amaicha 66キロ
     標高 1950m

585日目 Amaicha - 74キロ地点  74キロ
     標高 2210m

586日目 74キロ地点 - Hualfin 64キロ   
     標高 1890m


587日目 Hualfin - Belen 57キロ  
     標高 1260m

辿り着いたチレシート アルゼンチンの休日の過ごし方 

今日も快晴
P1060812.jpg

日差しが刺すように痛い。べレン小さいながらいい町でした



途中の村で見つけたこの標識
P1060813.jpg

『?』って・・・笑

P1060814.jpg



そして2人の子供を連れたフランス人サイクリスト
P1060815.jpg

世界には色んな形態の自転車乗りが存在する



快晴の中、

ひたすらまーーーーーっすぐな道を、妙なハイテンションでガンガン飛ばす
P1060816.jpg




すると珍しく心さんペアに追いついた
P1060817.jpg




これ下り坂。めったに車なんて来ないしひたすらの真っ直ぐな道だから前傾姿勢で飛ばしまくる
P1060818.jpg

調子に乗りすぎて夕方の風が変わった時点で太刀打ち出来ないくらいに疲れていたけど、なんとか目的の村、サリカスへ到着




教えられたキャンプ場に行ってみると・・・


なんと無料!!(っていうか寄付制)
P1060819.jpg





アルゼンチンにはこういうキャンプ場が結構あるというけど、初めてあたった






しかも・・・










ウレウレの桃がゴロゴロ!!!
P1060820.jpg







当然






桃ゲット。桃が食べ放題。まるで夢のキャンプ場
P1060821.jpg

P1060822.jpg
この子は食べてません。






翌日。少ないながら桃の感謝も込めて少ないながらドネイションを渡して出発





風がよくてぐんぐん進むも、景色が変わらな過ぎて、書く事なし
P1060823.jpg






116キロの最高新記録をマークするものの、町の手前3キロで力尽きて野宿






翌日ちょっと走ってやや大きめの町のチレシートへ着いた







間髪を入れずに速攻ビール!!うますぎる!!!!
P1060824.jpg





そこそこの町だけど、特に観光地って訳でもないから庭にあるバーベキューピットでひたすら肉を焼いてビールとワインで酔いどれてた






こんな感じ
P1060825.jpg







BBQが大好きなアルゼンチンにはこういうヒットが至る所にあり、当然自由に使える
P1060827.jpg






キッチンはないけど、肉は焼けるわよ。ってホステルも多い







木漏れ日の気持ちいい庭のテーブルで
P1060828.jpg







昼から肉とビールとワインで乾杯
P1060829.jpg







日頃のご褒美









589日目 Belen - Salicas 99キロ
    標高 955m



590日目 Salicas - Chilecito 3キロ手前の野宿 116キロ
     標高 1045m


591日目 Chilecito3キロ手前 -  Chilecito 5キロ 
     標高 1115m


592日目 Chilecito

オフの峠越え 

P1060830.jpg


出発の日空にはビックリするくらい濃い虹が架かっていた。



こいつはピース
P1060831.jpg

アズミちゃんが勝手に命名。

いつも口が空いててめっちゃピースフルだからピースやねん。だそうです。笑




こんなに雪山が近くにあったなんて・・・
P1060832.jpg






ウシュアイアまで4000キロ!!

P1060833.jpg



いや、本当に遠いなぁ。冬まで間に合うかなぁ






今日は峠越え。あの山脈を越えるらしい。推定1000mアップ
P1060834.jpg






正直アンデスを散々越えてきたので怖いものはない







はい。これ何の木でしょう?
P1060835.jpg









正解は・・・




P1060836.jpg






イチジク!!
P1060837.jpg




超うめぇ。天然のイチジク最高ッす。食べ放題。嬉しすぎ








この辺りもダイナミックな風景が続く

P1060840.jpg


P1060838.jpg





カナダから来たライダー。なんと2ヶ月でここまで。

P1060839.jpg







ここの峠は1000mアップで大したことないけど、峠の前後がオフなんです
P1060842.jpg







こんな石垣を築く暇があったら舗装路にしろや~~~
P1060843.jpg






って思ってたら








なんとインカ道!
P1060845.jpg







こんなクスコから離れた南のアルゼンチンの山奥でこんな石垣を築いちまうとは・・・






恐るべしインカ









それからはこのオフも許せるようになり、のんびり上がって行く。

P1060844.jpg


P1060848.jpg

P1060850.jpg





相変わらずダイナミック
P1060846.jpg

P1060847.jpg




で、やっとこさ峠

P1060849.jpg






なんか山の向こうは怪しい天気

P1060851.jpg






いよっしゃ~。下れ~!!!
P1060852.jpg

P1060853.jpg




ひと段落下りた所で野宿
P1060854.jpg








夜から雨が降り始め、その雨は朝まで残っていた









それでも、しばらく走るとオフが終わり、ようやく舗装路になった。美紗ちゃんにとって最後のオフ走行。お疲れ様でした。

P1060855.jpg

P1060856.jpg






その後も雨は降り続いたので昼過ぎに着いた、ビジャユニオンで宿泊
P1060857.jpg




593日目 Chilecito - 61キロ地点 61キロ
     標高 1115m → 950m → 2020m → 1545m


593日目 61キロ地点 - Villa Union 51キロ  
     標高1110m

とある日の走行記録 V・Union - San Angustin 

P1060858.jpg

P1060807.jpg


【ルート変更の走行記録】
本当はここからもルータ40でメンドーサを目指そうと思っていたんだけど、先日から降り続く雨で川が氾濫しているらしく、仕方なく150キロの遠回りになるけど、迂回路の76号線から510号線に入るルートを選択。
ルート上にある世界遺産のタランパヤ国立公園は華麗にスルー。アクセスが悪いのと同じような地形を散々見てきているので

その他はバッタくらいしか撮るものがないくらい荒野で、天気が悪かったので、今回は走行記録

2日で176キロを走り、サンアングスティンに到着


596日目 Villa Union - PN Talampaya ビジターセンターの裏野宿 73キロ
     標高 1285m


597日目  PN Talampaya ビジターセンターの裏野宿 - San Angustin 106キロ
     標高840m 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。