スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカ入国 スプリングボックで素敵な連泊 


このオレンジ川の向こうが南アフリカだ。

IMG_7115_20131107215551d9c.jpg


イミグレは洗礼されていてとても綺麗だ。さすが南ア



なんか
IMG_7116_201311072155576bf.jpg


奇面組みたいな・・・
IMG_7117_20131107215603280.jpg




それはさておき、実はウィントフックに居る時点で、今後の予定がほぼ決まりつつあったので、早いうちに南アフリカ出国のチケットをとっておいた。




それは一応南ア入国の際には出国のチケットを持っている事が一応正式のルールとなっている




まぁ陸路で揉めた言う話は聞いたことが無いけど、どうせ僕の予定は決まっているので、念のため出国のチケットを取っておいた。





さて、係員にパスポートを渡すと、





入国カードも質問もなく、3か月の滞在許可をポンとすぐにくれた。





かなり拍子抜け





さぁって、アフリカラスト。南アフリカを走り出しますかね
IMG_7118_201311072156089dd.jpg




ついにケープタウンまでの標識が出てきてしまった
IMG_7119_20131107215710336.jpg
残り678キロ。あとちょっとで嬉しいというよりは、やはりどこかちょっと寂しいし、いろんな事が思い起こされ不思議な気分になる。




シナイ半島の様な無骨な岩山を超えると、緩やかにひたすらの上りや、逆にゆるい下りがずっと続くという道を繰り返した
IMG_7120_20131107215716374.jpg


IMG_7123_2013110721572984d.jpg


なんつうか、これでもかって程。笑
IMG_7124.jpg


IMG_7126_20131107215941e68.jpg



ほとんど木が無くなったので、こんな日陰があると本当に嬉しい。
IMG_7122_201311072157243ef.jpg




ずっと直線の道路から、風景が少し変化し始めた
IMG_7127_20131107215947f75.jpg

IMG_7128_20131107215955238.jpg

IMG_7132.jpg

IMG_7134.jpg



人や
IMG_7129_20131107220000d7e.jpg




自転車を思いやってスピード制限出すなら、即死しないくらいのスピード制限にしてほしいもんですな。笑
IMG_7130_20131107220007835.jpg





そんなこんなで、ようやく南ア最初のちゃんとした街であるスプリングボックに辿り着いた。
IMG_7135.jpg

IMG_7136.jpg





歩き方曰く





『普段はさびしい小さな町でしかない』






と書いてあったけど、物凄く活気があって都会に見えるんですけど・・・笑
IMG_7137.jpg

IMG_7142.jpg







この前のB&Bに気を良くした僕は、今回もキャンプサイトではなく宿を探した。






あまり解りやすいところにないのが難点だけど、ようやくたどり着いたゲストハウスもまぁとても綺麗なところだった。





値段を聞いて400ランド(4000円)
正直ちょっと高かったけど、2泊を即決した。
ずっと野宿続きで疲れていたし、先進国基準で考えたらこれくらいの出費は良しとしよう。




なにより早い時間から、宿ライフを楽しみたかった。





ここにも冷蔵庫と、簡単なキッチンがあり、スーパーではちきれんばかりの買い出しをして、宿ライフを楽しんだ。
IMG_7139.jpg







あぁ~、まじ最高!!
IMG_7141.jpg

IMG_7140.jpg





144日目 Steinkopfまで15キロ手前 ブッシュ 118キロ

145日目 Springbok

146日目 Springbok




@南アフリカ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

チャリダー シダさん 

スプリングボックを出発して、こんな山やら谷やらをやんわりと抜けるアップダウンの多い道だった。
IMG_7317.jpg




アップダウンが多いけど、緑も鮮やかで景色もダイナミックで綺麗。気温もそこまで高くならずに快適だった。

IMG_7319.jpg



そしてなにより変化のないフラットな道よりずっと楽しんで走れる。
IMG_7321.jpg

IMG_7328.jpg



途中休憩に寄った商店。
IMG_7325.jpg

IMG_7326.jpg


めっちゃ可愛い
IMG_7324.jpg

IMG_7327.jpg


そんな気持ちのいいサイクリングをしていると、前から自転車がやってくるのが見えて、





あっ、チャリダーかも






と思った。ん~~けど、荷物が少ないし地元の人かも・・・






と思っていると、その自転車乗りが、僕の車線へやってきた。






あっ、やっぱりチャリダーだ






近づいたら。おや?と思った







あれ?もしかしたら日本の方ですか?







と聞くと






そうです







ビックリした。まさかこんなところで、全く噂にも聞いていないチャリダーに出会うとは。






その人はシダさんと言い、なんと60手前とのこと。
荷物が少ないから、南アで自転車買ってナミビアくらいまで行くのかなぁと思って聞くと







エジプトまで行きます。





さらっと。笑







実はこのシダさん。
既に北南米縦断(僕とは逆にアルゼンチンからアラスカ。あの向かい風で全然進めないパタゴニアも北上)・アジアも走ったことがあるらしい。

だけど自転車はケープで買ったらしい。つうかいつもそのパターンだという



IMG_7323.jpg



それにしても荷物が少なすぎやしませんか?と聞くと








逆に、シダさんも







何をそんなに積んでるんですか?








こういう時チャリダー同士って凄いと思う。60歳手前の方と全然年の差を感じず、めっちゃテンション上がって楽しい。






それにしても、それにしても荷物が少なすぎる。







でもこれで、パタゴニア北上(僕は南下でも死にそうになった)と、雪の降るダルトンハイウェイ(アラスカ)(僕は初めてのオフロードで泣きそうになった)を走っている。







聞くと、コンロもなければ鍋もない。テントと寝袋だけでマットもない。






食糧は?と聞くと






パンをね。こうやってギュウギュウに潰すんですよ。そうするとこんなに小さくなっても結構もつんですよ。ダルトンハイウェイの時はパン10本を潰して持っていきました。







水だってめっちゃ少ないですけども







我慢します






いや~俺には無理だ~
たまにはコーヒーだってドリップで淹れたいし、パソコンもカメラも持ちたいし、食糧だって調味料だって自炊生活だから色んなの持ちたいし、少しくらいは走行用と町用の服を分けて持ちたいし、、心配だから浄水器もってたいし、体痛くなるからエアマットも、シラフシーツもカバーもあった方がいいし、リペアパーツだって工具だって持ってなきゃ不安だし~~~







で、結果このありさま。笑







いや、でもこの我慢しますって簡単に聞こえるけど、すごい事だと思う。
普通は出来ないよ。








いや、でも本当にお互いの話をしあうのが本当に面白かった。








本当はもっと長く話をしていたかったけど、30分くらい話してアドレスを交換して別れた






アドレスとはまさに住所だ。ネット的なのは一切やっていないらしい。








道理でシダさんの事は知らなかったわけだ







でも、本当に60歳手前とは思えない素敵な方でした



IMG_7322.jpg





気を付けてエジプトまで行ってくださいね








天気の悪いワインルート 断水のクランウィリアム 

さて、スプリングボックを出た次の野宿の朝



IMG_7329.jpg

霧が出ていた。






なるほど、こりゃ緑も潤うわけだ





この霧は走り出す頃には晴れたけど、

IMG_7330.jpg






ところどころこんな感じで立ち込めていた
IMG_7331.jpg





もともと霧の多い地域らしい
IMG_7332.jpg




しばらく気持ちよく走っていると、
IMG_7333.jpg

IMG_7334.jpg





天気が崩れ、どんより曇り空になり、その日の夜には雨も降ってきた。





完全に油断してフライシートを張り損ねたら、テントの中がビチョビチョ。
やっぱりフライシートがなきゃ駄目なんだな





ワインルートのスタート!!ってこの天気じゃ全然テンション上がんね
IMG_7335.jpg





朝なんかはワーーっと晴れそうになるんだけど
IMG_7337.jpg





そうは問屋が卸さない
IMG_7336.jpg






天気がよけりゃな~
IMG_7338.jpg





午前中は晴れたり曇ったりしてるけど
IMG_7340.jpg





やっぱし駄目
IMG_7339.jpg

IMG_7341.jpg





こんなどんより天気なので、走行は昼までにして、たどり着いたクランウィリアムという町で一泊することに
IMG_7342.jpg

IMG_7343.jpg






こーんな素敵な民宿。300ランド(3000円)
IMG_7344.jpg

IMG_7345.jpg






ただ、今日はこの町一帯断水なの・・・









でも、泊まる!!いいよ!!つか雨降りそうだからさ






本当に感じのいいオーナーで断水ながらも色々と水を持ってきてくれたりとしてくれた







本当は2泊したかったクランウィリアムだけど、街と人の雰囲気が意外と寂しかったのと、断水だってこともあり、一泊で抜けよ。
IMG_7346.jpg

IMG_7347.jpg
カラッと晴れたてたりしたらまた印象が変わるんだろうけど






デカプリンめっけ。
本当に南アにはなんでもあるなぁ
IMG_7348.jpg

最高の景色 セダーバーグ野生保護区走行 

さて、クランウィリアムを出発しましょ
IMG_8222.jpg



ここからケープタウンまでは約400キロ。今まで通り幹線道路のN7を走れば4日で着く距離だ。




でも歩き方を読んでいると、ここからセダーバーグ野生保護区を通って行くルートが綺麗と書いてあったので、そっちに行くことにした。(レンタカーの人のために情報ね)




ただ地図を観る限りでも、限りなくか細い線であり、クランウィリアムのインフォで確かめると、オフロードだけど走れるわよ。バイクだったら2~3時間ね。





あの。だから自転車なんですけど・・・





町を抜けると早速オフロードが始まる。
IMG_8223.jpg




昨日までの天気とは打って変わって青空がよく映えて気持ちがいい。
それに幹線道路と比べると、当然だけど交通量がまるで違う。つかこっちはほとんど通らない。
IMG_8224.jpg




別荘地帯になってた。
IMG_8225.jpg

同じような造りが密集してるから、貸別荘なのかもしれない。
いいですなぁ。こんなところでのんびり過ごすのも。





真っ直ぐ行けば50キロで次の町シトラスダル。曲がれば20キロの遠回りセダーバーグ野生保護区の中を少し走り、その後シトラスダルへ。
IMG_8226.jpg






せっかくなのでセダーバーグに行きましょう。明らかにガンガン上ってますが・・・
IMG_8227.jpg





しかしまぁ自然が美しいのよ。マジで。
IMG_8230.jpg






気候もスカッと爽やかで最高に気持ちいいし。
IMG_8232.jpg





意外にもこんな山奥にも家があり、柑橘系の木を育てたり、ロッジやキャンプサイトを開いたりしている。
IMG_8231.jpg





小高い山を越えると、谷に出てそこを川沿いに上がっていく
IMG_8233.jpg




さっきとは土の質感が違って、ここ数日で降った雨を確実に吸い込み、自転車を漕ぐのも一苦労。
IMG_8234.jpg

それでもまだ赤土みたいな悪質な土ではないので、苦労はするけどなんとか走れるレベル
IMG_8235.jpg





な~んか本当にヨーロッパ走ってるみたいだわ。
IMG_8237.jpg

むっちゃくちゃ綺麗
IMG_8238.jpg




ゴツゴツした岩山が間近に迫る大迫力。
IMG_8239.jpg




正直急こう配のアップダウンの連続でむちゃくちゃしんどかったけど、

セダーバーグ。最高でした。
IMG_8243.jpg

IMG_8245.jpg






本当の事言うとセダーバーグの最深部まで行く選択肢もあったんだけど、きつ過ぎたのでシトラスダルへ行くチキンウェイを選択。
IMG_8240.jpg





と言っても、チキンウェイは渓谷の向こうに並行して伸びるから、山越え必須。
IMG_8244.jpg




その峠の下り




蛇がにょろっと出てきてたので避けて通った。





次の瞬間ヒヤッとした。そいつはコブラだった。カマをあげて威嚇してきた。









珍しさと恐怖で、即刻写真を撮りたかったけども、世界には毒を飛ばす蛇もいると聞いたことがあるので、十分距離を取りようやくカメラを構えて時には、すでに威嚇をやめそそくさと茂みの中に入って行った。

IMG_8246.jpg





マジで野宿の時とか茂みに入るときは気を付けないと






ようやくただのオフロードに戻ってきた。
IMG_8247.jpg






増水してるのか知らんけど、水がギリギリまで来ている。なかなかいい休憩ポイントだ
IMG_8249.jpg

IMG_8250_201311080301124e1.jpg





さてこの橋を渡れば、幹線道路であるN7に出れるけど、そこはグッと我慢





すいすい進む幹線道路を眺めながら、がたがたのオフロードを走るのはなんとなくシュール
IMG_8252_201311080301193e5.jpg





しかし幹線道路を使えば3時間半の距離なのに、一日費やしても着かなかったなぁ。シトラスダル
IMG_8253_2013110803012636c.jpg





151日目 Citrusdal20キロ手前  53キロ



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

陸ガメを助けて オフロードの峠越え R303号線 

翌日20キロほど走り、シトラスダルへ着いた。
IMG_9210.jpg

ここから、やはり歩き方に大パノラマが広がると書いてあった303号線を行く。
地図で見る限りオフロードの峠越えになっているけど、しかしつまらない幹線道路を走るにはこの南アフリカはあまりにも勿体無い。


町を出てからしばらくは舗装路の峠。
IMG_9211.jpg

グングン上がっていくけれど、清々しい気候と景色のよさで、気持ちよく上っていく。




と、道路になにかあった。
なんだろう?とよーく見てみると。







IMG_9212.jpg






ん~~~!?甲羅~~~~?!
亀じゃん!!なんでこんなところに・・・

きっと轢かれて、道路上に転がって来たんだろうなぁ。可愛そうに










と、一応近づいてみたら、なんと甲羅から頭と足がひょっこり。








!!!!!









生きてる!!助けなきゃ!!!!


浦島太郎を刷り込まれてる日本人は絶対こういう時亀を助けなきゃいけない気持ちになるから不思議だ。




救出っ!!
IMG_9213.jpg




しばらく待っていると
IMG_9214.jpg




にょきにょきしてきて、無事茂みの戻っていった。
IMG_9215.jpg
それにしても、野生の陸ガメだったのか?ペットが捨てられたのか・・・。
まぁ無事で良かったけど

後日調べてみると、この辺に生息する小型のヒラセリクガメと判明。結構珍しいらしい



日本で専門のペットショップで買おうと思うと、お値段なんと






45万円!!





さらにペアだと98万円!!



。。。まじ?

リアル浦島太郎になれたかもじゃん


ペットとして連れて帰れば良かったかなぁ。笑



雨が降ると後ろ足を伸ばして背甲の後部を上に持ち上げて雨を受け止め、それを前方に流し効率よく雨水を飲んで水分を補給するという生態が知られている。


らしい。
道理で持ち上げた時、水が滴り落ちたわけだ。ビビッておしっこ洩らしたのかと思ったけど、そういう訳だったのか




しばらく走ると、未舗装路になった
IMG_9216.jpg




景色の本当に気持ちのいい道を行く。
IMG_9218.jpg




さすがにオフロードの坂道はめちゃめちゃしんどいけど




ところどころ、傾斜のきついところは
IMG_9220.jpg
こんな感じでアスファルトが敷いてあって助かる




既に2時間は費やしてヘロヘロ。

もうぼちぼちだろうなと思った矢先、道路が空へ消えている。
IMG_9221.jpg
よっしゃ、峠だ~~~

この嬉しさはチャリダーしかわからない







と、思ったらそうは問屋が降ろしません。まだまだ上り。しかも再びオフロードに
IMG_9222.jpg
この絶望感も当然チャリダーしか味わえない。笑



きっつ~~~
IMG_9223.jpg

IMG_9224.jpg




ぼちぼち勘弁してほしいっす。
IMG_9226.jpg
つか、歩き方を信用したのがいけなかったのか?あれはあくまでレンタカーの人向けの情報で、確かに傾斜がキツイからチャリダーは行かない方がいいなんて書いてない





・・・おっ
IMG_9227.jpg




抜けた~~~!!!峠だ~~~~~!!!!
IMG_9228.jpg






本当に大絶景!歩き方あざっす!!!




よっし。あそこの特等席の岩場でお昼ご飯にするよ
IMG_9230.jpg




信じられん気持ちよさ。
IMG_9231.jpg

IMG_9234.jpg

上ってきたかいがあったわ。本当に


IMG_9237.jpg
惜しみつつも写真を撮りまくった後出発。





オフロードと言うのは上りは当然しんどいけど、下りもしんどい。

フルブレーキを握っても、止まる気配をみせない重量級のツーリング自転車はオフの下り坂は本当に怖い。
IMG_9238.jpg



腕の筋が切れそうになりながら、なんとか急坂の部分はこなし、谷あいに降りてきた。




なんか


IMG_9239.jpg



非常に穏やかで可愛らしい風景が続く。

IMG_9241.jpg



自転車冥利に尽きますなぁ。気持ち良すぎ

IMG_9243.jpg




しかも道路が舗装路にもどった


IMG_9245.jpg



谷あいに作られたブドウ畑が本当に素敵。
IMG_9246.jpg




天気は清々しいし、景色は最高だし、花の匂いが漂ってくる本当に素敵なサイクリング日和





こんな岩場を超え谷を一個超えると

IMG_9247.jpg



そこは終わらない北海道の様な風景がつづいた

IMG_9248.jpg

IMG_9249.jpg


本当に気持ちの良いところだ。



IMG_9250.jpg


南アフリカ最高






152日目 Ceresまで60キロ 72キロ





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング


最高すぎる景色の中で。 素晴らしき出会い R303 

翌日は北海道と言うより、ヨーロッパ的な風景だった
IMG_9251.jpg


どこまで広大なんだこの国は
IMG_9252.jpg



ブドウ畑を抜け、下るだけの峠となる
IMG_9254.jpg




じゃん!!これを一気に下る
IMG_9255.jpg




盆地に作られた町を抜け、
IMG_9256.jpg


再び下るだけの峠。しかも傾斜が緩くてのんびり下れるし、

IMG_9260.jpg



なにより景色が最高すぎる!!!
IMG_9262.jpg

IMG_9263.jpg




ここは本当にみんなに下らせてあげたい
IMG_9266.jpg






こんな気持ちのいい木陰で昼飯&シエスタ
IMG_9265.jpg




のどかだ
IMG_9267.jpg




こんなところで育ったブドウなら、そら真っ直ぐないい子に育つわ
IMG_9269.jpg




しばらくのどかな平地を走っていたけど、ウェリントンへ向かう道はどうやら峠らしかった
IMG_9270.jpg




しっかし本当に可愛らしく作ってあんなぁ
IMG_9272.jpg

IMG_9273.jpg
鼻血でそう。笑




楽しくて仕方ない
IMG_9274.jpg




しんどいけど、景色がいいから許す!!
IMG_9276.jpg





時間はかかったけど、本当に最高の峠だった。
IMG_9277.jpg





世界遺産になりゃいいのにと思ってたけど、どうやらこのR303号線の道路は幅広く世界遺産になってるらしかった。納得





峠を越え
IMG_9278.jpg





反対側の風景に驚く

IMG_9279.jpg
なんだこりゃ。全然今までと違う。これがワインの産地ワインランド

IMG_9280.jpg



もう既に夕方だったので野宿地を探すことに。今まで山道だったから全くテントを張れそうなところが無かったのだ。



あの奥よさそう。
IMG_9281.jpg
こういう時チャリダーの感が働く。
山だし、ゲートがあるから車も入ってこないし、あの奥にスペースがあればベストだ。





ところが探し始めた矢先、一台の車がやってきて夫婦と思われる男女がこちらへやってきた

やべ、入っちゃいけないところだったかな。

と一瞬おもい挨拶を交わす。







注意されるのかと思いきや、しばらく話した後








良かったら僕らの家に来ないかい?温かいベットとご飯。それにモヒーとも飲めるよ









へ?マジですかい?








もちろん君が良かったらだけど。









もちろんいいに決まってます。どうもありがとう!!!







待ち合わせは、町の入口にある小さなガソリンスタンド。







他の会話はしどろもどろでも、そこだけは全力で聞いた。笑






彼らは本当にいい人たちで、「景色がいいから、私たちの事は気にしないでゆっくり下って景色を楽しんでね」と付け加えて、先に車で峠を下りて行った。






言っていた通り、下りはさっきまでの岩場とは打って変わって、緑の多い本当に景色のいい所だった。地元の人も沢山ピクニックに来ている。
ワインの産地の自由な空気がここには確かにあった。
IMG_9283.jpg






確かに綺麗な景色の中のダウンヒルは最高だったけど、僕の頭は温かいベットとご飯でいっぱいだった。







うおぉ~~~~。ベットとご飯~~~~








下ってる途中も、下りきってからも景色は綺麗だったけど、
IMG_9287.jpg







僕にはこっちの方が綺麗にみえた。笑
IMG_9288.jpg






町の入口!青と白の小さなガソリンスタンド!!間違いねぇ!!!






着いた時に彼は居なかったけど、一旦家に戻ってから迎えに来てくれると言っていたので、待っていると





10分後。彼が来てくれた。ほっ





車に自転車を積み込み彼のうちへ
IMG_9289.jpg






10分ほど走って、郊外の素敵なお家へ。







素敵。
IMG_9291.jpg





犬3匹、猫1匹。
どの子たちも可愛らしい





「この部屋を使って」と通された部屋は、映画のセットみたいなアトリエの中だった。
IMG_9290.jpg
むっちゃくちゃ素敵。

聞くと奥さんの趣味の部屋らしい。






彼は、「彼女はなんでも自分で作るんだ」と言って自分の部屋にセンス良く飾られた装飾品はすべて奥さんの手仕事だと教えてくれた。

IMG_9293.jpg




彼はジョニーと言い、休日になると趣味のクライミングやマウンテンバイクを楽しんでいるという。



そして、僕が日本で自転車店で働いていたと言ったら、僕もだよと驚いていた。





道理で、無造作にS-WARKSが置いてあると思った。(ウン十万円)






凄い自転車に乗ってるね。と言うと、彼は解る人が来たと言わんばかりに、その良さを嬉しそうに話してくれた。たぶん日本語で言われてもあまり理解できないであろう話を。笑






料理も本当に美味しく、本当に楽しい夜だった。


IMG_9292.jpg



ジョニーと真ん中がお母さんで、右が奥さん







ジョニーも奥さんも朝早いので、食べ終わったらすぐ就寝となった。僕も峠で疲れていたので有難かった。





翌日はジョニーが職場に自転車で行くというので、一緒のタイミングで出発することにする





153日目 Wellington ジョージの家 115キロ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

ワインの産地 ワインランドのステレンボッシュへ 

ご自慢のS-WARKSで出勤。実に羨ましい
IMG_9294.jpg


来た時は気づかなかったけど、町までは軽い下り坂だというので、一緒に走っていくことに
IMG_9295.jpg
平地や上り坂だとペースが違いすぎて彼が遅刻しちゃうからね。






何時からなの?と聞くと


大体8時から5時くらいまでだね。


!?ずいぶん朝早くから開くんだね。



そうだね。まぁ出勤前に自転車預けていく人が多いからさ。



なるほどね




てっきりウェリントンに勤め先があるのかと思いきや、お隣のパールと言う町にあるらしくしばらくツーリング
IMG_9296.jpg





今日は仕事が終わったら妻とクライミングに行くんだ。





仕事が終わった後にクライミングに行けるなんて日本じゃ考えられないよ。






そんな自由な発言をするジョニーの勤務先に着いて、驚いた。というか半分納得した







連れてってもらった先は、パールのメインストリートから離れた裏路地の一角







こんなところに自転車店があって人が入るのかなぁと思っていると、企業オフィスの立ち並ぶ区画へゲートをくぐり入っていく







そして、着いた先は・・・





いや、確かに彼は自転車店に働いているなんて一言も言っていない。
ただ、バイシクルメカニックと言っただけだ。
それにしても・・・




IMG_9297.jpg





ものほん~~~~~



IMG_9298.jpg





すげぇ、これはまさに企業のチームのガチのメカニック

IMG_9299.jpg

IMG_9300.jpg



8時出勤と言っても時間ぎりぎりになっても焦る様子もなかったけど、着いてからも自由そのもの。








コーヒーを淹れて、色々と案内してくれた。








彼の楽しそうな自由な雰囲気とこの職場はマッチし過ぎだった。









ありがとうジョニー。本当に楽しかったよ
IMG_9301.jpg








久しぶりの出会いにホクホクして出発
IMG_9302.jpg
パールの町








今日はワインランドの中心地であるステレンボッシュを目指す。
ここからだと、さほどの距離ではない。というのも今日はのんびり走りたい理由があった







当然理由は






ワイナリー巡り!!!
IMG_9303.jpg







本当に綺麗な風景の中に溶け込むようにワイナリーがある
IMG_9304.jpg

IMG_9309.jpg







テイスティングをしたいと告げると、リストを渡される。
そのリストにはテイスティング7杯30ランド(300円)。






どうやら、南米と違いテイスティングには金がかかるらしい。
まぁいいかぁ






こういう雰囲気で、美味しいワインを飲めるのは本当に嬉しい。
IMG_9307.jpg






それはそうとこのワンコがテイスティング中ずっと俺の足を一生懸命舐めてた。笑
IMG_9305.jpg

おかしいな。昨日シャワー浴びたんだけどな・・・。そんなに味しますか?笑

めっちゃ可愛かった
IMG_9306.jpg







美しすぎるでしょ。
IMG_9308.jpg

そりゃワインは美味しいわ







ステレンボッシュまでの道は美しすぎた。
IMG_9310.jpg

気候は信じられない位爽やかだし、近くに迫る山。一面のブドウ畑。
IMG_9311.jpg

IMG_9312.jpg







更にもう一軒はしごする。
IMG_9313.jpg

歩き方のワインのページ片手にリストからワインを選ぶ。
IMG_9314.jpg

味も雰囲気も最高。ちょっとでも浮かないように、その感想をリストに書いていく。

IMG_9315.jpg




ここでも5杯25ランド。





お金を払おうとしたら、「お金はいいよ」と言ってくれた。
その優しさが身に染みる








ステレンボッシュも素敵な町だった。
IMG_9318.jpg







快適バックパッカースのお庭にテントを張らしてもらう。
IMG_9317.jpg







今日はちょこっとだけ散歩して半月ぶりに使えるネットに酔いしれた。
IMG_9319.jpg










154日目 Stellenbosch 55キロ



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング


ステレンボッシュ写真館 ワインの贅沢 

標高も高くないのに、なんでワインの産地の空ってこんなに青いんだろう。

IMG_9321.jpg





それにしても、この可愛さはなに!?

IMG_9322.jpg

IMG_9322.jpg





雰囲気が不思議にも南米のワインの産地に似てるんだよなぁ。やっぱり気候がそういう空気を作るんだろうなぁ
IMG_9323.jpg

IMG_9325.jpg






いい町につきものの、絵になるじぃちゃんばぁちゃん。
IMG_9324.jpg

大好きです








ワインはワインの産地で昼から飲む安ワインがいっちゃん美味い!!!
IMG_9326.jpg






155日目 Stellenbosch



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング





出発する気まんまんだったけど 

IMG_9328_201311181756571be.jpg

天気が悪いから一回休み。


156日目 ~ 157日目 Stellenbosch



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

クジラ街道にあるペンギン村 ハマナスへ 

色々な予定の関係で2泊で出るつもりのステレンボッシュだったけど、その後の2日は天気が悪かったので、結局宿を出たのは4泊目の朝だった。






この日も快晴という訳ではなかったけど、もうこれ以上は引き延ばせなかった。
この雲の量。良くなるか悪くなるかは半々といったところか
IMG_9329.jpg







しばらく走ると海が見えてきた。
曇っていてわかりずらいけど、海沿いからリゾートの香りがプンプンします
IMG_9330.jpg






晴れてきた。
なんかめっちゃ綺麗だ
IMG_9332.jpg






こんな素敵な名前が着いてるルート。
この道は綺麗だよ!とジョニーの奥さんが教えてくれた。ここを走りたかったから晴になるまで待ったのだ
IMG_9333.jpg







崖っぷちの下には青い海、
IMG_9336.jpg
反対側には見上げる山々。
IMG_9335.jpg


最高です。本当に最高です

IMG_9339.jpg

IMG_9340.jpg




だけど、こういうの結構怖いけどね。笑
IMG_9337.jpg






最高の景色の中、こういう標識が現れてパーキングスペースがある。結局今日は出会えなかったけど、こういう標識の所によくクジラが観られるらしい。
IMG_9341.jpg


それにしても



この標識書いた人、めっちゃクジラ好きの人なんだろうなぁ。
IMG_9342.jpg
笑っててめっちゃ可愛い。




それに比べてほら
IMG_9343.jpg
このやる気のなさ。笑







ここの道はクジラのほかにもうひとつ名物がある。







それは突然、こんな幸せな標識と共に現れる。
IMG_9344.jpg

クジラとペンギンに会える曲がり角。こんなにワクワクする曲がり角は世界広しとここだけ。






こんな標識があったら絶対曲がるでしょ!!
IMG_9345.jpg





ペンギンビーーチ!!
IMG_9346.jpg
10ランド(100円)払い中へ。




南米ではあんなにペンギンに出会うのに苦労したのに・・・






めっちゃ居る~
IMG_9348.jpg

IMG_9349.jpg





可愛すぎるでしょ

IMG_9350.jpg







結構雛も見られる
IMG_9351.jpg







これは冬毛の生え変わりなのか、雛が成長して毛が生え変わっているのか、解らないけど結構
IMG_9352.jpg
こういう状態の子たちも多かった





すっごい可愛かったけど、2つ不満があった。
まずちょっと曇り空だったのと、遊歩道からしか観れないので全部上から撮る写真になってしまう。
晴れた空や海をバックにこの子達を撮ったらどれほど、素晴らしいか。






と思たら







遊歩道ゾーンから抜けた目線の高さにはぐれペンギン達を発見!!しかも丁度のタイミングで晴れてきた!!
IMG_9354.jpg


IMG_9360.jpg





こういうショットの方が全然いい。つかめっちゃ近い
IMG_9356.jpg

IMG_9359.jpg




しっかし、毛並みが違うなぁ野生は
IMG_9357.jpg
岩場だから結構ピョンピョン頑張って移動するし、それに意外と走り出すと早い。この運動量が毛並みをつくるのか。





まぁその移動する姿は言うまでもなくめっちゃ可愛い
IMG_9361.jpg






あぁ幸せ。こいつら本当に幸せ
IMG_9362.jpg






近くのGSで休憩。
IMG_9363.jpg
伝わるかなぁこの居心地の良さ





さて、再出発
IMG_9364.jpg








それにしてもここのルートは、気持ち良すぎる。
IMG_9365.jpg






夕方にクジラで有名なハマナスに着いた。
IMG_9366.jpg

思いもよらず、リゾート
IMG_9367.jpg






道の終わりには海が広がり、ここの湾にはよくクジラがくるらしく、常に観光客であふれている
IMG_9368.jpg







ほら、あそこにクジラが






・・・。




IMG_9369.jpg





え?確かに遠くで潮があがっているケド・・・









まぁいいや、とりあえず宿行くべ






到着~~
IMG_9370.jpg







明日はクジラを観にいこ~~~

IMG_9371.jpg




158日目 Harmanus 114キロ




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。