スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーカサスってどこ?最近知った国グルジアへ 

トラブゾンからグルジアの国境までは一日半の距離だった。
IMG_5562.jpg

トンネルが多いという事を除けば、強い追い風の吹くほぼフラットな走りやすい道だった。

トルコ側でポンと出国スタンプを付かれた後に、グルジアのイミグレの建物を通り、無事グルジアの入国を果たした。(特に厳しい質問や対応はなかったけど、何故か僕も詩織もやたら時間がかかったけど)
IMG_5563.jpg


グルジアはアルメニアと同じく世界で最も古いキリスト教国家。
IMG_5564.jpg

右に小さく見えるモスクはトルコ側の物。さらばイスラム国家。ビールと豚肉食べまくるぜ。
IMG_5565.jpg



顔文字なんかに使われる丸っこくて可愛らしいグルジア文字。
IMG_5566.jpg


ちなみにパントマイムの『が~まるちょば』はグルジア語でこんにちは。


グルジア語が可愛らしいというのはバックパッカーでも有名な話だけど、この国は標識も可愛らしい。
IMG_5568.jpg

IMG_5569.jpg

IMG_5570.jpg

IMG_5571.jpg

IMG_5572_20140524042329313.jpg

トルコに比べると一車線の狭い道になり路肩もなくなって走りずらい。
運転マナーは可もなく不可もなく。
IMG_5567.jpg


国境から約20キロほどでバトゥーミと言う港町に着き投宿。


そして速攻向かった先は


居酒屋。グルジアのバーはまさに日本の居酒屋だ。
IMG_3008_2014052404173174b.jpg
ビールやワインをがぶがぶ飲み、一皿200円~400円くらいのつまみを頼むと、本当に日本の居酒屋サイズのお皿にのってくる。

これがまじでうまい。

味付けはビールが進む濃いめが多いけども、香草やニンニクをうまくアクセントに使ったり、何種類ものスパイスと野菜を煮詰めて作るソースをかけたりと本当に食が好きな国なんだなと実感。
トルコの料理もおいしいけど、個人的な相性度では遥かにグルジア料理の方が好き。


そのグルジアを代表する料理として、このヒンカリがある。
IMG_3009_20140524041713a4b.jpg


一言でいえば巨大小籠包。一口噛むと肉汁たっぷりのスープが溢れ出し、肉のうまさと香草の爽やかさが広がり、うどんのような触感の皮も食べ応え十分で、これとビールが最高すぎる。

一個30円とかで、5個とか10個くらいの単位じゃないと注文できない。


オジャクリ。
IMG_3010_2014052404172850c.jpg
グルジア風ジャーマンポテト


あまりにグルジア居酒屋が楽しすぎて思わず連泊。
適当に散歩するも、心は既に居酒屋へ。
IMG_3012_20140524041727f84.jpg

IMG_3011_20140524041730c56.jpg


あぁ早くお昼にならないかなぁ


ようやくお昼。
また昼から飲んで!!と叱られそうだけど、グルジアの人たちは朝からビールは当たり前の人たち。
昼から居酒屋に入り、ビールを頼んでたとしても全く違和感なし。

早く料理来ないかなぁ
IMG_3013_20140524041826041.jpg


今は昼で客が少ないけど、居酒屋の雰囲気も最高
IMG_3015_201405240418408ad.jpg


来ましたヒンカリ!!ちなみにどの店も手作りで、うますぎる
IMG_3016_2014052404181780a.jpg

IMG_3017_201405240418364ae.jpg

か~~~~~
IMG_3018_201405240419541b7.jpg


IMG_3014_2014052404180834f.jpg

そのままシエスタに突入して、


夜はふたたび居酒屋へ


揚げたナスにピーナッツのクランチソースを乗っけたもの。まさに前菜。うまさもさることながらこのトマトの皮で花っぽくしてくれるこの気遣いは、まさにグルジアの素晴らしさに尽きる
IMG_3019_20140524042003135.jpg



豚の串焼き。
IMG_3020_201405240419568f3.jpg

これは外れはないでしょ。と思わなかれ。
久しぶりの豚って事を差し引いても、むちゃくちゃ甘くて絶品の豚。




あぁあ。

まだ全然走ってなくてどんな国かも全然知らないけど、大好きです。この国!!
スポンサーサイト

バトゥーミ出発!グルジア走行開始 

バトゥーミで食に目覚めた僕らは極力ご飯はレストランで取ろうという事に決めた


出発した次の日のお昼にガソリンスタンドの横にちょこっと建つ、正直やってるのかな?と思わせるくらいの外観をしていた食堂に入ってびっくりした
IMG_5574_2014052503475533d.jpg


むちゃくちゃ可愛らしい。
IMG_5573.jpg
僕は旧ソ連圏を旅するのは初めてだけど、なんだか旧ソ連ぽいなぁと思わず思ってしまう。


シンプルで当時のきらびやかさはまるでないけど、物凄く暖かくて可愛らしい。


ゆっくり時間をかけて紅茶を飲んでいたおじいちゃんが、その後生ビールを注文して一気に飲み干す姿に粋を感じる




ヒンカリはないと言われたので、これまた定番のハチャプリと言われるチーズ入りパン。(パイ生地であったり舟形のパンであることもあるけど)
IMG_5575.jpg


干物の文化もある。
IMG_5576.jpg

IMG_5578.jpg

サバ
IMG_5579_201405250348302dc.jpg


そして豚が本当によく放し飼いにされている姿は、イスラム圏を走ってきた者にとってこれほど癒される動物は居ないと思う。
IMG_5580.jpg
つか、食いてぇ
IMG_5581_20140525034833577.jpg

通り過ぎる町も、旧ソ連だなと思わせる建物で異国情緒を感じる
IMG_3021_2014052503472960d.jpg


広い敷地に四角い家々。バルコニーがあり階段が外にある。物凄く哀愁漂う
IMG_5582.jpg



おっ、ユースケさんたちがいた。
IMG_5584.jpg



僕らの一日早くトラブゾンを出たユースケさんたち。しばらく一緒に走りましょって事になり走り出す。
IMG_5586.jpg


この国幹線道路は全く持って面白くないけど、一本道を外れるとまぁ~~素敵。
IMG_5589.jpg

一気に交通量が減り、人々は屈託のない笑顔で微笑みかけてくれ、さまざまな動物が放し飼いにされている。
IMG_5590.jpg

IMG_5588.jpg

IMG_5591.jpg

牛も本当に愛情深く家族の様に扱われている
IMG_5596.jpg

この国もあまり町にホテルが無いらしく、ガソリンスタンドに交渉。トルコだと断れたことはないけど、なはり国が変わると緊張するな。

と、恐る恐る尋ねると快くOK!!


めっちゃいい所。
IMG_5593.jpg


更に、売店にビールと、
IMG_5592_20140525035106c11.jpg


鳥まで売っていた。
IMG_5594.jpg


こうなってくるとホテルに泊まるより全然快適。笑
IMG_5595.jpg

コーカサス観光ハイライト スワネティ地方走行 前半  

さて、僕らが幹線道路を外れた理由として、スワネティ地方と言うそれはそれは綺麗な山岳地帯を走ることにあった。

まずは拠点の町のズグジジを目指す。

この町から奥地のメスティアまでは約140キロ。
山道なので3日のプランで買い出しをする。(道中にも商店有。湧水もあり)

フレンドリーなグルジアの人々。
IMG_5597.jpg

そして美人が写真を撮られるのを好む国。最高。笑
IMG_5599.jpg


しばらくはほぼフラットな道をひた走る。
IMG_3022_2014052504032174b.jpg

IMG_5600.jpg

IMG_5602_20140525040610fe5.jpg


可愛すぎ。
IMG_5601.jpg

Jvariという町から川沿いにうつらうつら登っていくわけだけども、この村の商店にあったこのカスタードケーキうますぎた。
グルジアはケーキのレベルもめちゃめちゃ高い!!
IMG_3023_20140525040309183.jpg



この日は天気が悪かったけども、充分綺麗だった。
IMG_3024_20140525040329069.jpg


湿度も上がったから、緑が物凄く綺麗
IMG_5603.jpg

GOPR1034.jpg


キャンプキャンプ
IMG_5605.jpg



翌日久しぶりに悲鳴をあげた。笑
IMG_5606.jpg


何故か嬉しそうな詩織。笑
IMG_5607.jpg


残念ながら翌日は雨の中のスタート



丁度強くなってきたところにレストラン発見。
IMG_5608.jpg


こんな山奥なのに、まるで夢の様に温かい家族と家。
IMG_5610.jpg

IMG_5611.jpg

薪ストーブって本当に温かい。
IMG_5612.jpg

IMG_5613.jpg

IMG_5614.jpg


本当にここの道は楽しめるルート。
IMG_5616_20140525041409474.jpg

IMG_5617.jpg

IMG_5620.jpg

物凄いゴーゴー言ってる。
IMG_5618.jpg


穏やかな牛たちだけど、脇を抜けるときは毎回緊張する
IMG_5621.jpg



可愛らしい休憩所があるなぁと写真を撮ったら陽気なおばちゃんに手招きされて、
IMG_5622.jpg


チャイと肉入りパンを注文。
GOPR1074.jpg

IMG_5624.jpg

サービスしてくれたこれは野沢菜みたいで本当に美味しかった。
IMG_5623.jpg


本当に美味しくて癒された。



塔の家が見えてきた。
IMG_3025_20140525040523e31.jpg

IMG_5619.jpg


この日も天気が悪く、走行を早々切り上げる。

だって最高の野宿地があったんだもん。
IMG_5626_20140525041632eb6.jpg

IMG_5627.jpg

放牧地だから牛の訪問を受けたり
IMG_5628.jpg

IMG_5629.jpg


夜には再び雨が降ってきたりと大変だったけど、
IMG_3026_201405250405153ef.jpg



翌朝はもう最高で言葉もなかった
IMG_5630.jpg

コーカサス観光ハイライト スワネティ地方 メスティアへ 

カフカスの山岳民族の間で『血の報復』という慣習が存在した。
いや、存在すると言った方がいいだろう。これは身内の内の誰かが侮辱されたり危害を加えられた場合、被害者の家族は一族を挙げてその加害者に報復する義務を負うというもの。

多くは土地や家畜を代償に引き渡すことで解決されてきたが、時には村同士の全面戦争に発展することもあった。

塔状の家はそうした外敵が攻めてきた際、家畜などと一緒に長期間立てこもれるような作りになっている。

旅行人より抜粋。



塔の村メスティアまでの道はとにかく最高だった。
IMG_5631.jpg

IMG_5632_20140525044053876.jpg

IMG_5633.jpg

IMG_3029.jpg


どんどん近づく雪山に、穏やかな牧草地。かつて上記のような慣習が残り、更につい最近まで地元の人も恐れる山賊や強盗の多発地帯だったとはとても思えん。
IMG_3031.jpg

IMG_5634.jpg


そして素晴らしい事にズグジジ~メスティア間は完全舗装路。
舗装路になると素朴さは失われるけど、景色を観ながら悠々と走れるのはやはり素晴らしい。
G0131158.jpg

IMG_5638.jpg


前日までの悪天候を帳消しにしてくれる快晴!!
G0141166.jpg

IMG_3033.jpg

IMG_5640.jpg

IMG_5641_20140525044350513.jpg


出た~~
IMG_5643.jpg

塔の村。塔状の家々。
IMG_3034.jpg



本当に可愛らしくそんな慣習があったなんて今では全く感じさせないけど。
IMG_5647.jpg

IMG_5648.jpg

IMG_5645.jpg


塔の村として有名なのがメスティアとウシュグリ。だけど、そこに至る道と村も本当に素晴らしかった。


やがてメスティアの標識が現れて、いよいよメインの村だと意気揚々と自転車で滑り込んだ。



・・・・。



あれ?





それまで素朴に優しく微笑んでくれた人々から笑顔が消え、メインストリートには新しいホテルやらレストランが建っている。
ここが、メスティア?山奥の町?
IMG_5650.jpg

IMG_3036.jpg

IMG_5649.jpg


残念なことに超モダンな警察署。
IMG_3035.jpg

新しくしたはいいが店が入っていない中心地。
IMG_3037.jpg

ツーリストインフォメーションのねぇちゃんに宿(民泊)の場所を聞くと、ビックリするくらい冷たく
「100m先を左に。後は人に聞いて」とだけ答えて、あとはスマホに夢中だった


案の定迷いに迷って、やっとこさナジの家を見つけ出した。


外観は少々くたびれて見えるものの、中は魔法が掛かったような暖かな空間になっておりビックリした。
IMG_3040.jpg



ここコーカサスと呼ばれる旧ソ連圏の国々は、ホテル不足を補うために家の一室を旅人に貸しているいわゆる民泊がある。


大体朝食と夕食付で1人20~30ラリ(1100円~1600円)

民泊の場合は一人頭の計算になるので2人旅のメリットがあまりないし、60ラリのホテルならもっと綺麗で快適な所も沢山ある。

だけど、グルジアの家庭料理やら自家製ワインやら、チャチャと言うグルジアの地酒をこれでもかと振る舞ってもらえる民泊は素晴らしいと思う。
IMG_3039.jpg

IMG_5651.jpg

IMG_5652.jpg

IMG_5653.jpg

IMG_5655.jpg





メスティアで氷河トレッキングへ 

メスティア到着の翌日は氷河トレッキングに行くことにした。

メスティアも塔の村としても有名だけど、氷河トレッキングも欧米人を中心に人気を集めている。

大抵の人はメスティア村の裏山に登るトレッキングに行くのだけど、僕らは自転車で9キロほど走りそこから登山道を少し歩きたどり着ける氷河へ行ってきた。(空港の脇の道を只管走る)


朝天気が悪そうだったから行こうか迷ったけど、昼前に回復してきたので行ってみた。


往路
IMG_5656.jpg

天気が悪くぐちゃくしゃの道を走る。だけど空身だと楽々。
IMG_5657.jpg

IMG_5658.jpg

やがて登山道へ。
IMG_5659.jpg

IMG_5660.jpg

40分ほどのんびり歩き氷河へ。
IMG_5662_201405250459250e3.jpg

IMG_5663.jpg


IMG_5664.jpg
なかなかいい感じ。


帰りは青空が広がり同じ道とは思えないほど綺麗な景色が広がる。
IMG_5665.jpg

IMG_5667.jpg

IMG_5668.jpg


帰り道に観たメスティアの塔が本当に綺麗だった。
IMG_5669.jpg

IMG_5671.jpg

IMG_5670.jpg

IMG_5672.jpg

IMG_5673.jpg

ウシュグリへのダート道 

メスティアからウシュグリを抜けてトリビシに抜けるルート。

4WDの車でも困難な道だけど、自転車でもいけると聞いたので行ってみた。
IMG_3041.jpg

IMG_3043.jpg

IMG_5675.jpg

IMG_5674.jpg





結果。



連日の雨で路面状況は最悪。
IMG_5677.jpg

IMG_3042_20140525050719c50.jpg

昼間は一時的に晴れるものの、やはり夕方から雨


更に更に峠に雪が残ると聞き断念!!



結局ポリスの車をヒッチしてメスティアまで引き返した。
G0011333.jpg



がったがた震えてメスティアに戻り、偶然ナジの店の真ん前に降ろしてもらい、ナジに温かく保護してもらう。ナジの家に民泊してて本当に良かった。
G0021337.jpg


IMG_5678.jpg

グルジア スワネティ地方 動画 


動画のサイトを作りました。
ここから Youtubeのサイトに飛べます。

リンクからも飛べます

クタイシ名物 スリコの家 人間世界遺産スリコ&メディコ 

メスティアからクタイシまでは2日の距離だった。
というか2日で押し切った。

2日目は途中でホテルを探したりして刻もうかとも思ったのだけど、手ごろなホテルが見つからず、野宿も幹線道路沿いはしにくそうだったので、結局160キロ走りヘロヘロでスリコの家に着いた時は既に日没間際だった。

ここクタイシには有名なスリコの家という民泊がある。
グルジアの第二の都市のクタイシは特にこれと言った見どころはないけども、スリコの家に泊まることだけを目的に来ている旅人も少なくない

基本民泊は朝・夕食付きの所がほとんどだ。

ただ到着が8時前と遅かったので、夕飯は食べれないかと思ったけど、優しいメディコは(スリコの奥さん)とても優しく微笑んで

疲れたでしょ。さぁ一緒にご飯を食べましょう。

と言ってくれた。食卓に招いてくれた。
IMG_5495.jpg

IMG_5444.jpg


主人のスリコは到着した日は既に就寝中だったけど、メディコの優しさとホスピタリティの高さに本当に涙が出そうになった。


翌日は、ユースケさんたちも到着して一緒に美味しい食卓を囲んだ。
IMG_5443.jpg

穏やかに食事と自家製ワインを楽しむ。


待ってました。スリコ登場。
IMG_5447.jpg


噂道理めちゃくちゃに楽しい爺ちゃん。
昔からお酒大好きで有名で、数年前に倒れたことをきっかけに今は飲む量を抑えていると聞いてきたけど、


なんのその。グルジア流に乾杯の口上を繰り返し飲みまくる。飲ませまくる。
IMG_5455.jpg

自家製ワインをはじめ、チャチャというワインを作った時に余るブドウの皮を蒸留して作った40度くらいの酒(泡盛に似ている)を飲みまくる。
IMG_5445.jpg

IMG_5451.jpg

しかも牛や動物の角で作ったグラスに注ぐ。
IMG_5465.jpg
IMG_5489.jpg


これは一気に飲み干さないとテーブルに置けないためらしい。酒好きのグルジアっぽい
IMG_5457.jpg

IMG_5481.jpg

IMG_5483.jpg

IMG_5486_20140808214544e64.jpg


そしてメディコとスリコは大の仲良し。
IMG_5484.jpg


本当に素敵な夫婦だ。

夫婦は行ってきますのキスや、愛してるなどと毎日言わない方がいい。理由は言わなくなった時に愛情が冷めたと思ってしまうから。

といつかどこかでこんな文言を耳にした記憶がある。



だけどもし、



お互いの髪の毛が真っ白になった時にでも、毎日


「メディコ。アイ ラブ ユー 」とおちゃめにキスを迫ることが出来たらどんなに素敵だろう。


照れ隠しで嫌がるメディコも本当に可愛らしい。


どんな人生を歩んで来たら、こんなにも素敵な夫婦になれるんだろう。




結局何をしたという訳ではないけど、スリコの家には3泊させてもらった。



この家には情報ノートがある。
中を観てみると、各国の言葉で書かれた(主に日本語)があるいつもの情報ノートだ。

そのノートの書き込みの下になにやら解読不能な文字がかいてある。すべての書き込みの下に。


はじめは解らなかったけど、メディコとスリコが書き込みをした人の印象を書いているのだと分かった。


そして、大量にあった手紙や写真やらを嬉しいそうにみせてくれた。


そんなわけで僕らも前日撮った写真を町で現像して、感謝の気持ちと共に渡したらとても喜んでくれて、写真の裏にグルジア語で僕らの名前と印象を書いていた。
IMG_5501.jpg

本当に本当にこの家に泊まれてよかった。


メディコの為に長生きしてね。スリコ。
IMG_5499_201408082221123fb.jpg



首都トビリシ到着 

クタイシからトビリシまでは220キロほどらしかった。
途中900mの軽い峠があるらしかったけど、ほぼ平地を走るらしかった。

2日で行けなくない距離だけど、スリコの家の朝食は9時半からと遅いため3日の走行プランで走ることに。

1日目は50キロ地点にトルコのトラックストップがあり駐車場でテントを張らせてとお願いすると、部屋を使っていいよと言ってくれた。雨も降っていたし有難く使わせてもらう。
IMG_5522_201408082220006be.jpg
IMG_5520_20140808221957883.jpg
IMG_5521_2014080822195934a.jpg

2日目は93キロ走りゴリの手前のパーキングエリアのガソリンスタンドでテントを張らせてもらう。
IMG_5545.jpg

グルジアでもガソリンスタンドではどこも快くOKを貰えた。有難し。
GOPR1415.jpg

IMG_5534_2014080822195124e.jpg

IMG_5536_20140808222029ff8.jpg


3日目は朝からずっと雨。
首都入りで雨の日はかなりめんどくさいけど、そこまで大きくない首都で助かり、難なくホステルジョージアに投宿。
IMG_5719.jpg



グルジアは、飯美味いし、人良いし、景色綺麗で大好きなんだけど、いかんせん幹線道路は全くと言っていいほど面白みがない。ただ走るだけ。

まぁそんな訳で首都トビリシに到着。

居心地良すぎる首都トビリシ 温泉と生ビールとホステルと 

グルジアの首都であるトビリシは新旧入り乱れた面白い街並みだった。
IMG_5702.jpg

IMG_5705.jpg

IMG_5684.jpg


G0191551.jpg

グルジア名物ハチャプリ。胃もたれ必至
GOPR1479.jpg

GOPR1477.jpg


蚤の市
GOPR1574.jpg
GOPR1579.jpg
GOPR1568.jpg

トビリシ郊外にある世界遺産の町ムツタヘ
IMG_5556.jpg
ここは物凄く微妙だった。


教会を歩いたりしたけど、


何より感動したのは、この街の温泉だ。
IMG_5713.jpg
IMG_5712.jpg
IMG_5708.jpg
普通海外の温泉と言うと、水着着用でプールの様な浴槽に浸かるか、個室風呂になってしまうのだけど、ここの温泉はまさに日本の銭湯の様な雰囲気で、

ここの温泉じゃ誰ひとり前なんざ隠しちゃいない。

石鹸やあかすりで体を綺麗にしてから、浴槽に浸かる様は本当に感動に値した。


そこからは更に居心地が良くなった。


トビリシのホステルジョージアの朝は遅い。

何故かと言うとホステルの近くのパン屋や商店が開くのが10時近くだからだ。
GOPR1558.jpg

朝遅い朝食をとり、温泉へ向かう。

大衆浴場もいいけど、歩いて15分くらいの所に個室風呂もあり、ここもめっちゃいい。
(ホステルジョージアの情報ノートに行き方の記載あり)
GOPR1590.jpg


昼過ぎに温泉から上がり、向かうは当然昼ビールが出来る居酒屋。
G0181531.jpg

IMG_5716.jpg


夕方シエスタをはさみ、8時からホステルで食事が出る。


ここホステルジョージアはフリーワインとフリーディナーと言う奇跡みたいな宿で12時ごろまで宿泊客と駄弁って寝る。


幸せなローテーション。
日本の皆様すみません。

IMG_5725_20140808223432594.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。