スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナミックな風景の連続。北部ルートでカライコム 

タジキスタンボーダーからドゥシャンベまでは1日の距離だった。

着いた翌日にパミールパーミットを申請、更に翌日に無事受け取り、ドゥシャンベをさっさっと抜けた。

と言うのも、タジクのビザを1ヶ月しかとっておらず(45日ビザは30日を超えた時点で滞在者登録が必要になり、面倒くさそうなので止めた)、時間がなかった。


ここから、中央アジアのハイライト的なパミールの拠点となるホーログという町までのルートは2つある。


ひとつは、幹線道路でもある南ルート。
景色はそこまで良くないけど、80%くらいは舗装路のルート。
道はいいけど、タジク人のマナーが酷いらしい。特に女性に対して。


もうひとつは、旧幹線道路だった北ルート。
こちらは南ルートよりも100キロほど短いものの舗装路率60%くらいで、大きい未舗装の峠を越えなくてならない。
だけど、抜群の景色が広がっているという。



迷った挙句僕らは北ルートをチョイス。


はじめはドゥシャンベ近郊にしか広がらない貴重な平地を快適に走り、
IMG_9563_20141115002712279.jpg

IMG_8516.jpg

G0113286.jpg


やがて山に入る。
IMG_9565.jpg


山と言っても、谷あいにアップダウンをひたすら繰り返すというもの

IMG_9566.jpg


道も未舗装になったり、舗装路になったり
IMG_9564.jpg


しんどいけど、やっぱりキレイ
IMG_9567.jpg



道って言うよりも河原
IMG_9569.jpg


そして峠へ
IMG_9570.jpg

IMG_9568.jpg


ドゥシャンベをでて4日目でオフの峠(3200m)を越えて、


これまた絶景のオフロード

IMG_9571.jpg

IMG_9564_20141116203632bb9.jpg


断崖絶壁を走る。リアルデスロード
IMG_9572.jpg


谷あいに降りてきて、
IMG_3439.jpg


昼にカライコムという中間の町に到着。今日は半日休憩するためホームステイを利用。
IMG_9574.jpg


スポンサーサイト

アフガニスタンを観ながら。パミールの拠点ホーログへ 

カライコムを出るとパンジ川にぶつかる。
IMG_9575.jpg



この対岸はアフガニスタンになる。
これから先はアフガニスタンをみながらの走行となる。


アフガニスタンとの国境沿いなんて危なくないの?と言われそうだけど、
確かに外務省のページではこの川沿いだけ色が違う。
IMG_9577.jpg


だけどだけど、中央アジアのチャリダーはこぞってここの地域をお勧めしてくる。


イメージとは違ってとても穏やかでいい所。
IMG_9583.jpg

IMG_9586.jpg


絶景続き
IMG_9584.jpg



しかしまぁひたすらのアップダウン。
IMG_9579.jpg



ある日朝飯を買い忘れて、ヘロヘロになっていた。
丁度良く車が止まってくれて「問題ないか?」って言ってくれた。

こういう時、ほとんど問題ないよって答えるのだけど、この時は正直に

「お腹すきました」と答えたら、


「なに!?よしっ。任せろ!!」っと


これも。それからこれもと


持ちきれないほど、食糧やお菓子、お茶を貰う。
IMG_9581.jpg


本当に嬉しかった。本当にありがとう。
IMG_9580.jpg


貰ったパンで早速最高の朝食。
IMG_9582.jpg


メインの幹線道路なので道中のチャイハナや商店もちょいちょいあって、補給しやすくていい。
IMG_9587.jpg


IMG_9585.jpg



そしてカライコムから3日でホーログへ。
GOPR3415.jpg

中央アジアのハイライト パミール ワハン回廊!! 

ホーログで3泊して疲れをとってから、いよいよパミール・ワハン回廊の走行となる。
IMG_9588.jpg

険しい山々とは裏腹に谷に広がる穏やかな風景。
IMG_9593.jpg

IMG_3466co.jpg

IMG_9592.jpg


IMG_9590.jpg

中間のイシカシムとうい村の40キロほど先から、途切れ途切れに続いていた舗装路は終わり、未舗装となる。
IMG_3408_20141116205833699.jpg

道が悪い道が悪いと聞いていただけに、最悪の想像をしてきたのだけど、
実際はまぁ全然走れるレベル。
IMG_9601.jpg

IMG_9600.jpg

IMG_9599.jpg

ゆっくりとしか進めないけど、ここはゆっくり進むところだなぁ
IMG_9598.jpg

IMG_9597.jpg

IMG_9602.jpg

人も素朴で優しい
IMG_9594.jpg

IMG_9596.jpg

IMG_9595.jpg



ここランガルから川を離れて峠を越えをしなければならないので、半日休憩ホームステイ
IMG_9603.jpg

IMG_9604.jpg



電気もシャワーもないし、当然ぼっとん便のところだったけど、ホストファミリーが超いい人たちで大満足だった
IMG_9605.jpg

なにもないという贅沢 120キロ無人地帯 パミールハイウェイへ 

ワハンパミールを走った人のブログを2つ見ていた。


ひとつは、大変さを前面に押し出したブログで、


もうひとつは、大変さももちろんあるけど、綺麗さ、素晴らしさを語ってあるブログだった。



さて、僕らはどうかとうと



完全に後者だった。

物凄く大変な所もあったけど、自然の雄大さ美しさ、無人地帯という贅沢さを大いに感じながらの走行になった。
IMG_3485_201412192325343d4.jpg

IMG_3504co.jpg

IMG_9607.jpg


ランガルを出た直後の上りは本当にしんどくて大変だったけど
IMG_9606.jpg

どんどん変わる景色に圧倒されっぱなしだった。
IMG_9610.jpg

IMG_9611.jpg

IMG_9612.jpg

IMG_9610.jpg

キャラバン隊とも多く遭遇

IMG_9609.jpg


IMG_9616.jpg

IMG_9618.jpg

IMG_9615.jpg

IMG_9613.jpg



無人地帯だからキャンプも張り放題
IMG_9617.jpg


沢の水も澄み渡り、ろ過するのも忘れてごくごくいける
IMG_9619.jpg



最後の峠越え。
IMG_9620.jpg

IMG_9621.jpg



ここの峠が砂が深いと聞いたけど、僕らの時はカッチカチに絞まっていて走りやすかった。


IMG_9622.jpg


地味な峠を越えて、ダウンヒル。

IMG_9624.jpg

IMG_9625.jpg


今日は贅沢キャンプ場
IMG_9626.jpg

IMG_9627.jpg



パミールは本当に綺麗で最高だった!!
IMG_9628.jpg



ランガルから3日でパミールハイウェイに合流。


久しぶりの舗装路だ~~~!!!


G0154020.jpg

パミールハイウェイを走り、キルギスのオシュ到着 

パミールハイウェイに入り、ムルガーブで2泊してキルギスのオシュに向かう。
IMG_3547.jpg

IMG_9630.jpg

IMG_9629.jpg


パミールハイウェイに入れば楽勝だと思っていた


けれど、タジキスタンの最高所の峠4600mを越えるのはタジク走行で一番しんどかった
IMG_9632.jpg

IMG_9631.jpg


キルギスは今までの中央アジアとは一味違っていた。
IMG_9634.jpg

IMG_9633.jpg

人や風景がグッとアジアっぽくなり、穏やかになった。


キルギスのおじいちゃん素敵すぎ
IMG_9635.jpg

IMG_9636.jpg


ムルガーブを出て6日目でオシュに無事到着。
IMG_9637.jpg


久しぶりの町は本当に嬉しい
IMG_9638.jpg

タジキスタン ホーログまで 【動画】 

タジキスタンのホーログまでの動画です

ワハン回廊からパミール高原へ 【動画】 

パミールハイウェイを走り、オシュへ 【動画】  

タジクからキルギスのオシュへと延びるパミールハイウェイの動画です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。