スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジア始めました。インドネシアはバリ島上陸 

IMG_2246.jpg
さて、3ヶ月近く過ごしたネパールを後にした僕らは走行の舞台を東南アジアへと移した。


ネパールからインドネシアはバリ島へ。
ここで約1か月過ごした後、シンガポールへ飛び北上する。


ネパールからバリへはエアアジアを使った。
LCCだから超過料金が凄いというイメージだけど、エアアジアのサイトから直接購入すると、スポーツ用品や預け荷物の重量を選べ、事前に超過料金を払っておくと5000円くらいの超過で抑えることが出来る。
ただし、スカイスキャナーなどのサイトで飛ぶと預け荷物なしで取ることになるので、エアアジアのサイトで買うこと。


問題なく積み込むことが出来たけど、荷物の扱いは流石LCCと言った具合でかなりぞんざい。
梱包はガッツリやった方がいい。


今回も空港まで自走し、その場でバラシて梱包した。
要らなくなったフリースと段ボールで梱包して、ブルーシートのバイクカバー(カトマンズで約400円で購入)とテープで包み込んだ。

ネパールの空港はしょぼいけど、ビニールラッピングはちゃんとあり自転車は1000ルピーで問題なくやってもらえた。


ネパールからクアラルンプール経由でインドネシアのバリ島へ。


1ヶ月35ドルのアライバルビザを取り入国。
(ビザは35ドルだけど、出国税も20ドルくらいかかるらしい。高い。。。)


寒いネパールから、常夏のバリへ。
ゲートを出た瞬間、上着と靴下をゴミ箱へ葬り去る。




くっそ暑い。




この湿度の高い暑さは本当に久しぶり。
ねっとりとまとわりつく様な空気にダラダラと汗を垂らしながら、自転車を組み立てる。

と、自転車を組んでる途中に雷が鳴り、スコールが降りそして止んだ。

いまのインドネシアは雨季。湿度も高い。



この日は空港近くのクタの町に投宿。
クタは物凄いリゾートで、そこらじゅうにコンビニあるし、でっかいショッピングモールあるし、お洒落なレストランやショップばっかりだし、綺麗な車ばっかりだし。

日本から飛んできたらきっとここにも『海外』を感じるのかもしれないが、僕にはほぼ日本に帰ってきてしまったかのような所に見えた。

そんなリゾートなバリでもローカルがしれっと紛れ込んでるのがいい所で、サーフィンで長期滞在をする人が多いのもうなずける。
IMG_3971.jpg

IMG_3970.jpg


こういうちょっとした所にもバリっぽさが出てていい
IMG_3969.jpg


マンゴー。シーズンのはずなのにちょっと高い。
IMG_3972.jpg

一個80円でトロトロの甘々なので文句はないけど、産地でこの価格はちょっと高い気がする。
まぁ沢山たべますけどね。

IMG_3973.jpg


クタに2泊してウブドに向かった。
IMG_2248_2014122718220719e.jpg

IMG_2247_20141227182217a0f.jpg

恐らくバリで一番人気のある町。芸能と芸術の町ウブド。

ツーリスティックな町のメインストリートは歩いてもなんら楽しい事は無かったけど、ここウブドは僕らも大好きな町だった。



まず、なにより宿がロープライスハイクオリティ。

こんな小奇麗なホームステイが一泊約1800円。当然バストイレ付。AC付
IMG_2249.jpg

IMG_2250.jpg

もうめっちゃ素敵なんです。
IMG_2264.jpg

キッチン付。ポイント高すぎ
IMG_2265.jpg

IMG_2266.jpg
Madarsa Homestay




こんな素敵な宿なのに2泊して、違う宿を探して移った。

その理由は、プール。
観光地だけど、特に見どころのないウブドのプールの重要度はめっちゃ高い。
プール付きの宿は若干値段が上がるけど、それでも1泊3000円。一人1500円で泊まれるのだ。

昔はそんな贅沢な!と思って最安ばかり探していたが、今は昔。
値段とクオリティを対比するとむしろこっちのがお得。
IMG_2267.jpg

キッチンはないけど、テラスがあるのでバーナーで自炊できるので問題なし。

プール最高!!
G0035678mo.jpg
Wenara Bali Bungalow




ウブドは特に見どころは無いけど、なんでもない裏路地は本当に素敵だった。
IMG_2252.jpg
IMG_2254.jpg
IMG_2257.jpg


沖縄のよう
IMG_2251.jpg

日常的に祈りを奉げ、広い家の玄関口には必ず神様が祭られている。
IMG_2255.jpg

苔の着いた銅像は本当に趣があり、素敵だった。
IMG_2253.jpg

IMG_2258.jpg

IMG_2256.jpg

IMG_2263.jpg


これは観光地のやつ
IMG_2261.jpg

IMG_2262.jpg


こういう遊び心も好き。(近くにモンキーフォレストがある)
IMG_2259.jpg

ノリ塩味。きっと苦肉の策でこの絵になったんだろうなぁ
IMG_2260.jpg


まぁそんなこんなで、なにかしているって訳ではないんですが、ウブド大好きでした。
スポンサーサイト

ロンボク島で過ごすのんびりビーチバカンス 

ウブドに4泊した後、ロンボク島へ渡るべく、港であるパダンパイへ向かった。

バリの運転マナーはいい。とても走りやすい
IMG_2270.jpg

IMG_3978.jpg


午前中にサクッと走り、宿を取り、海へ向かう。
IMG_2271.jpg


GOPR5728.jpg

GOPR5729.jpg

バリはこういう感じが本当に良い
G0025749.jpg



翌日フェリーでロンボク島へと渡った。
フェリー会社の話だと24時間運航で、1時間に約1本出で5時間でロンボク島に着くらしい。
自転車込で650円。
IMG_2272.jpg

朝8時に港に着き、フェリーに乗り9時前の出航となった。

フェリー会社の話通り、タイムテーブルは特になく積み込んだら出発となるようだった。


そんな感じで、出発時はスムーズに出航したが、到着時フェリーが港に寄港待ちをしており、時間がかかった。
それでも約5時間後の13時半ごろに無事ロンボク島へ着いた。
IMG_2273.jpg


腹が減ったので飯。

トロピカルな味付けが強かったバリ島に対し、ロンボク島は素朴で美味しい
IMG_2276.jpg

IMG_2275.jpg

IMG_2274.jpg


車も減り、人の感じも素朴になり走りやすい。
IMG_2277_201412311228439a4.jpg

IMG_3980.jpg


この日はスンギギで一泊して、ロンボク島を一周するため出発した。




ギラギラの太陽。青い空青い海。リゾートな空気





途端に走るのがアホらしくなった。





見えてきた海にたまらず飛び込んだ。



IMG_2279.jpg





よし。島一周とか無意味なことはやめよう!!




IMG_2280.jpg




来た道を引き返し、その日は再びスンギギに泊まり

次の日クタにやって来た。(バリのクタではなく、ロンボクにもクタがある)







島一周とか無意味なことはやめて、バカンスを楽しもう!!






クタは思ってた以上に僕らの感覚に合ったビーチだった。






まずウブドの様に宿がいい!!
IMG_2285.jpg

IMG_2281.jpg

IMG_2282_201412311231104f7.jpg

プール付きホームステイ2750円。温かいから夜は露天風呂の様にプールでくつろげる。
IMG_2289.jpg

ローカルフードも沢山あり、美味い
IMG_2286.jpg

IMG_2288.jpg

テラスも広いのでひっそり自炊。
キムチチゲ。
IMG_2290.jpg

これは島のショッピングモールまで原チャで行きキムチと豆腐があったので作った逸品


クタに着いた日はクリスマスイブだったので、ツーリスティックなレストランに行ったのだけど、

ウブドのツーリスティックなレストランに比べると全然安かった
IMG_2199mo.jpg

IMG_2283.jpg


原チャを借りて、色々なビーチに出かける
GOPR5765.jpg



やっぱりこうやって過ごすのが大正解!!
G0085892momo.jpg

IMG_2230mo.jpg

【動画】 インドネシアで過ごした動画です 



バリとロンボクの動画も作ってみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。