スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間文書 

ざざざざざーっと振り返りました4ヶ月。
本当にたくさんの人たちに支えられ、楽しく旅を続けています。

旅の序盤ということもあり、今までバックパカー旅とはまったく勝手が違い、今までの旅でのノウハウが通じず、まさに手探り状態。
だけど体で体感する自転車旅は、本当に素晴らしく目に映るものすべてが新鮮でした。

もちろんこれがすべてではなく、ハイライトだけ掻い摘んで書かせてもらいましたが、一応振り返った記事は以上で終了です。

mixiを見てくれていた人には半分ぐらいかぶる内容だったのですみません。

これからの日記は現在進行形で進んでいきます。

今はネットの使えるホステルに中期滞在中なので、一気にアップさせてもらいましたが、普段は野宿で走ってるので、頻繁には更新できないと思いますが、見たこと、聞いたこと、感じたことを出来るだけ、伝えていけたらなと思っています。
スポンサーサイト

中間文書 告知させてもらいます 

すみません。ちょっと告知します


4月20日発売の『バイシクルマガジン』という自転車専門誌の18号にほんのちょっと僕の記事が出ます。

といっても、今世界を走ってる自転車世界一周の人達を集めた特集らしいから、ほんのちょっとだと思うけど・・・

どれくらいのスペースを割かれるのか、名前だけなのか、カラーページか、それとも後ろの誰も見ない広告とかの脇に紛れ込むのか・・・

わかりません。でも、出ます。 

よね?たぶん笑

そんなわけで、よかったらチェックしてみて下さい



あっ。告知ついでにもうひとつ

これまた4月20日発売の『サイクルスポーツ』5月号の安東さんって人の特集の後ろに名前とちょっとしたルートが出ます。

たぶん笑

これは完全に名前だけだけど。


以上告知でした。よかったら是非

1年記念日。1年前の今日と、迎える明日 

一年前の今日の事を僕はよく覚えている。




カラッと晴れたまだ日が高いアラスカの白夜の夕方。それが現実のことなのかさえも解らないフワフワした状態で僕は無機質に自転車を組んでいた。

どこからどう見ても新品の自転車。装備。初心者の自分

状況を理解しようと周りを見渡すが、何一つ情報として頭に入ってこない。

これが夢への一歩とするならば、まさに夢の中を進むようなスタートだった。

色々な想いが頭の中で交錯した。不安を押し殺す為に必死にテンションを上げた。

この時僕は本当に白夜が夜中も太陽が沈まないと信じられなかった。



しばらくそんな感じで旅を続けていた。

序盤の僕の拠り所は往復で買った帰りの航空券だった。

「出来そうになけれが、これで帰ればいい」

始めはリアルにそう思った。



一ヵ月後の日本行きの航空券。正確にはそれよりちょっと前。アンカレッジへ戻るか、先へ進むかの分かれ道。

めちゃめちゃ悩むと思っていた。

ただ、僕は当然のように先へ進む道へハンドルを切った。




笑えてきた。




可笑しくてたまらなかった。




ずっと持っていた保険がずっと足かせになっていたのだ。帰りのチケットを破り捨てた時それまで体感した事のない自由という感覚が襲ってきた。

これで後ろをチラチラ振り返ることも無く、前だけを見据える事が出来る。

進むしかない。という感覚が実に爽快だった。




あれからもう一年たったのだ。

色んな傷を負った自転車。破れたカバン。驚くくらい黒い自分

当然だアラスカから走ってきたのだ。自分が一番信じられない

あの頃よりちっとは成長してんのか?俺?

あっという間だったが、思い出せば思い出すほど、濃い時間が溢れてくる。

北米はその大自然に圧倒され、中米は建築物、遺跡、生活感に心を奪われた。

夢の中にいるのような感覚でスタートした現実。

実際は夢よりも全然面白い現実が待っていた




でっかい本屋のでっかい世界地図の前に立ってみる。

一日の進む距離わずか数ミリ。

それがあの一番上から、真ん中の一番細くなってるところまで下りてきたのだ。

途方も無く小さい一歩の繰り返し。だけど確実に前へ進んでいる。




情報化や交通網の発達で地球が狭くなったと言われる時代

すでに地球上の空白は既に無く、冒険の時代は終わったと言われる時代





冗談じゃない。





世界は僕が小さい頃ワクワクしながら憧れていた、あの時のままだ。








世界は昔から色あせることなく、ずっとここにある








でっかく。力強く。おもしれぇ







やっぱすげぇよ。地球







やっぱ俺。この星全部見たい。







日本で応援してくれる人と、旅先で出会った人。拙い文章に付き合ってくれているブログの読者の方々。すべての人に感謝します。








ありがとう。それでは2年目突入です。






迎えるは、






南米大陸。









よっしゃ~。いくぞ~~!!









2010年 7月 9日  パナマにて   昼間 岳







走行距離  1万4000キロ

走行国   9カ国
      アラスカ ・ カナダ ・ アメリカ再入国 ・ メキシコ ・ グアテマラ ・ エルサルバドル
      ホンジュラス ・ ニカラグア ・ コスタリカ ・ パナマ 

質問・疑問を募集します 

先日「旅の質問や疑問があるから、質問する場を欲しい」


というご要望を頂きました。




ということで・・・





旅の質問・疑問を募集します






いや、まぁ正直そんな大層な身分ではないとは重々承知してますが・・・


僕の中で当たり前になってブログでは取り上げていない事も多々あるとは思いますので、自分の再確認にもなると思っていますのでやらして頂きます


現在、自転車旅行1年経過。アラスカ ~ パナマ 走行です


あれはどうしてるのだろう?

とか

どんなものを食べているのか?装備品はとか?予算は?

とか

はたまた、お勧めのポイント、情報、その他些細な事でも何でも受け付けます。この際旅に関係なくても構いません。


って集まらない可能性もありますが・・・・


一応ある程度溜まったら返答のブログをつけさせてもらおうと思っていますが、例え1件とかでも返答いたしますので、

なにか質問、疑問があれば

このブログのコメント欄に書いていただくか、直接メールしていただいても構いません。

mt_hiruあっとまーくyahooどっとcoどっとjp


それではお待ちしています。

一応このブログは一週間ほど先頭になるようにしています。このブログの下にどんどん道中の工程がアップされますので、ご覧下さい

パナマシティにて。7月11日


追伸

今日、泊まってる欧米人宿ではスペイン人のテンションが半端なかったです。


おいおい。宿の外まで俺達はスペイン人だ~って大声で歌いながら徘徊すんじゃないよ

そして所構わずサッカー始めんじゃないよ


まぁ許してあげましょう。今日ぐらい



募集していた質問の返答です 

お待たせいたしました。
みなさんから募集した質問疑問。

そんなん募集しても集まらないんじゃないかと思っていましたが、たくさん寄せていただき嬉しい限りでした。

それでは返答させていただきます




Q1
旗はどうしてますか?無事?

A.
当然無事です。旗とは寄せ書きの入ったバンダナです。その他頂いた品々は大事に運んでいます
節目の岬では広げるつもりです




Q2
靴 服はまだ同じものを使ってるの?

A
走行中に履く自転車用のシューズとサンダルは日本からのを使ってます
その他登山靴と、一度も使っていないフットサルシューズも持ち運んでます。笑

服も、ほぼ日本からのを使ってます。ユニクロドライシャツ最強説です。
ただ当然買い足したものも数え切れずあります。




Q3
一番役立ってるものは?

A
ん~。あんま認めたくないけど、やっぱパソコンですかね。
これによって旅の仕方が大きく変わったのは間違いないと思います。

ですが、
日本の成長期と同じように、便利さと引き換えに失った物もあると思います。

例えば、偶然の再会に感動したり、相手を思いゆっくり手紙を書いたり・・・

ネットを使えば確実に再会できますし、いっぺんに大勢の人に思いを伝える事もできますしね。




Q4                                         夢を実現してるーって感じる瞬間は?

A                         実は実感ほとんどありません。
確かに小学生の頃の夢なんですが、今は紛れもない現実世界を走行中って感じです。
今見てる夢はもっと先。どうやら人の夢は終わらないようです。




Q5
成田からアンカレッジまで往復の航空券を買ったとの事ですが、いくら位しましたか?

A
みませんあまり覚えていないんですが、たしか15万くらいだったと思います




Q6
アンカレッジからの帰りのチケットを破り捨てたとありましたが、往復航空券の片道破棄に伴い、何かデメリットはありましたか?
ネットで調べてるとブラックリスト云々という話があったので。

A
今のところ全くありません。
ブラックリスト僕も聞いたことがあります。
格安航空券は、実際乗った後で航空会社から旅行会社に料金を支払われるらしいので、当然旅行会社としては禁止の行為に当てはまります

実際は良くわかりませんが、片道を捨ててる旅人は大勢いるので、数回くらいは平気なんじゃないでしょうか。





Q7.
アメリカに陸路で再入国したと思いますが、最初の空路での入国とは何か違いますか?
空路だと帰りの航空券が必要らしいと聞くのですが、陸路だとそのようなものは不要でしょうか?

A
まず、空路だと100%帰りの航空券が必要になります。ダミーチケットを造ったとしても、空港の審査は航空会社とも繋がっていると聞くので調べられたらアウトですね。
で陸路も基本必要です。ほとんどの人がチケットの提示を求められるようです。なのでチケットを持って入るのが確実ですね
では僕のようにすでに帰りのチケットが無い場合。
これは審査官のひき次第ですね。
僕はチケットの提示も、現金残高証明書の提示もなく、
「自転車でアルゼンチンに行くんだ」というと15分くらいでスタンプを貰えました。
ただ友達はチケットの提示を求められ、持ってなかったので手続きに2~3時間くらいかかり、現金、カードその他もろもろを確認されてようやく入国にいたったようです
ただあまりにも怪しくなければ、基本チケットがなくても越えれるようですが
一番スマートなのはネットで往復航空券を購入しておいて、アメリカ再入国したらキャンセルする方法だと思います。




Q8
序盤の北米、中米ラウンドの一年間でどれくらいの資金を消費したのか?

A
全然つけてなかったので正確な数字は解りませんが、残高を見るに100万~120万ほど消費しています。
ちょっと使いすぎの感じがしますが、旅の序盤は必要装備を買い足すつもりで出発しましたし、ユーコン河くだりなどもしたので、僕の中では許容範囲ですね。
節約するとなれば、寒くなる前に南下をすればホテルの回数も減らせるし、夜も部屋の前で自炊できるので、出費はかなり抑えられると思います。



Q9
お金の管理はどうしていますか?T/C、現金、キャッシュカードなど、何をどのくらいの割合でもっていますか?

A
持っているものとして米ドルキャッシュ少々、アメックスのドル建てT/C、国際キャッシュカード、クレジットカードですね。
割合としては、米ドル0.5:T/C2:国際キャッシュ5:クレジットカード2、5くらいの割合ですね。
俄然国際キャッシュカードが使いやすく、長期旅行者のほとんどはこれをメインで使っています。
お勧めはシティバンクと他の国際キャッシュをもう一枚の組み合わせ。
ビザカードの提携のATMが圧倒的に多い印象です
米ドルは僕はたえず500ドル前後を持っています。トラブルやATMがなかったりした時用の予備です
T/C。アジアでは楽に両替可能ですが、北米大陸(アメリカ以外)は銀行でも出来ないところが多く不便です。これは盗難にあった時のために持っています。
クレジットカードはほとんど使っていません。航空券の購入時やネット決済くらいですかね
でも予備に持っていくのがお勧めです。
でも今のところ国際キャッシュをメインで使っています



Q9
保険は加入していますか?またしているとしたら、どこの保険会社で、おいくらでしたか?

A
東京海上の4年間の保険に加入しています。延長も日本の代理人が出来るそうなので、あと一年くらい延長することになると思います。
料金は45万円くらいだったと思います。
長期の保険は探さないとありませんが、探せばけっこうあります。早い段階から下調べしておくといいと思います。
サイクリストに限らず、長期旅行者は結構盗難、強盗、携行品の上限が高い保険をお勧めします。





Q10
政治情勢がまずい国はどのように回避するのですか?大陸はつながっているから・・・回避しない!?

A
基本回避します。無理しません。あくまで気楽な旅スタイルです。
回避の方法として、ヒッチ、バス、電車、飛行機などです。今までは使ってませんが。

と言っても実際どこに線を引くかが難しいですね。
治安が悪い、情勢が不安定って聞いただけで、回避してたらどこも走れませんしね。
サイクリスト同士のネットワークや土地の人の情報。バックパッカーの話などを総合して決めています。

と言っても実は自転車で走れるルート、国などは実はそこまで多くありません。
大体のサイクリストが同じようなルートを辿る旅をするので、情報は集めやすいですね





Q11
いろんなところに行っていろんな言語に触れると思うのですが、結構すんなりわかるものなんですか?

A
僕は英語はからきしなのですが、それでもメキシコに入国した時は、
「あぁ、それでも英語って解ってたんだ」と驚きました。
始め全くわかりません。貨幣価値も分からず、言葉も解らない。結構しんどい状態からのスタートです。
それでもしばらくすれば、現地の言葉で買い物を出来るくらいにはなります。

僕はスペイン語1ヶ月ほどグアテマラで勉強しましたが、それくらいでもやるとだいぶ楽になりますね。

でもまぁ最後は気持ちです。解らないで黙るより、日本語でも言葉を発することが大事だと思います




Q12
一日の予算はどのくらいなのですか?

A
北米は平均3000円~4000円。
メキシコ平均2000円~3000円
中米1000円~2000円
くらいですかね




Q13
目安は4年で回るって行ってたけど、早まりそう?延びそう?

A
何も考えなく4年って言ってたけど、完全延びそうです。
5年くらいになるのかなぁ。ちょっとまだ未定ですが・・・





Q14
中米の地理感があまりないんだけど、ベリーズって国に行ってみたいと思ってて、岳のルートには入ってないのかな?ブルーホールってのが綺麗らしい。


A
ベリーズ。興味はあったんですが、ルートが違ったのと、ビザが60ドルかかるので行きませんでした。
行った人の話だと、やっぱり海や島はめっちゃ綺麗らしいですよ。内地はどおって事なかった人多いけど





Q15
病気とか怪我対策は万全?

A
万全かと言われると自信ないですが、出来るだけ日本で予防接種も打ち、保険にも入ってるから、なんかあったら病院に駆け込みます。
でもお蔭様で日本から持ってきた薬をまだ全く使ってません。

走行中もヘルメットにバックミラーで常に後方確認しながら走ってますし、暗くなったら走りません。





Q16
地球の歩き方って全部の国のをちょっとずつ持って行っているのですか?

A
北米は持ってなかったのですが、メキシコで貰って以来その便利さを再認識しました。
よく「迷い方」なんて言われ使えないガイドブックと言われていますが、僕はめちゃめちゃ便利だと思います。

批判があるのは地図が違ったり、情報が古かったりするからですが、バックパッカーだと重たい荷物を背負っていったのにそこに建物が無かったら腹が立ちます。でも自転車はすぐ次に移れるので、間違えてても気になりませんし、地図が無い町ばっかり走行してくるので、超アバウトな地図であっても嬉しくなります。
あれはむしろ自転車旅の方が合ってるんじゃ・・・

で、行った所はちぎって捨てて、そこの地域が終わったら捨てちゃいます。

次の歩き方の補充は、日本人宿で貰うか日本から送ってもらうかですね。




Q17
自転車に積んでる荷物は?
 
A 
全部自転車に積んでます。
ハンドルバック1つ。前のサイドに2つ、後ろのサイドに1つ、更にその上に1つと小さいの1つがくっついてます。
全部で40キロくらいですかね。めちゃ重たいです



Q18

お金はどうしてるの?クレジットカードorATMとか?

A
Q9の答えと同じですね
昔はATMで降ろしてる旅人を見たとこは驚いたものですが、今ではほとんどATMで降ろしてます。





Q19
自転車の部品を買ってたけどどうやったの?ネット?届き先とかは?

A
基本ネットの通販です。
実家に送ってそれを、色んな物資と一緒に送ってもらう感じですね。
大体日本人宿に送ってもらうことが多いですね。





Q20
今までおいしかった料理&お酒は(日本酒&日本料理は除く)

A
バリエーションが多くて美味しかったのは、メキシコ料理ですね。
とくにタコスは食べまくりましたが、一品を挙げるのであれば、グアテマラのシェラにあるウエウエテカのレングア(牛タンに込み)は絶品でした

お酒は、メキシコ人たちと馬鹿騒ぎしながら飲んだテキーラ。
カリブ海をクルーズ中に飲んだラム。はめちゃめちゃうまかったですね

ですが、やはりビールにはかないません。

一日走行して、喉も体もカラカラの状態で飲むビールは犯罪的です





Q21
青空が日本のより綺麗だよね?今までで綺麗な空はどこ?

A
メキシコの高原地帯の空は綺麗でしたね。
印象的なのはコロニアルが美しいサカテカスで広がった青空ですね
南米のアンデス山脈でも綺麗と言うことなので楽しみです





Q22
いままでで開放的で気持ちよかった野クソ&立ちションベンスポットはどこ?

A
カナディアンロッキー国立公園のジャスパーの手前の綺麗な河原の野宿地ですね
ピリッと冷える空気に、美しい山々に囲まれた開放的な草むらです





Q23
どこの国の女性が一番セクスィーだった?
(ワールドカップ観てて南米最高って思った)

A
今まででは俄然メキシコですね。若い子はみんなスタイルが良くてモデルみたいですが、
おばちゃんはみんな丸々しちゃってますね。笑

さらにここコロンビアは南米一の美人の産地らしいのでめちゃめちゃ楽しみです。




Q24

正直今までホームシックになった?

A
う~ん。全くないですね。
それでも日本人宿に行っているのでそれだけで充分癒されます。
でもにんにくやはめっちゃ食べたくなります。笑




Q25
大陸を渡るのってやっぱりスワンボートでしょ?

A
いやセレブなんで当然ヨットです。笑




Q26
赤ふんどし姿で赤道をまたぐってうわさホント?

Aお楽しみあれ。

いや、やりませんが。。。笑




以上になります。

僕にとって意外だったのは正直ここまで質問が来るとは思わなかったこと。
旅を控えてる旅人が見てくれていること。
友人以外で見てくれている人の多さです。

ありがとうございました

今回は質問募集という形を取りましたが、気になる点があればいつでもお気軽にお問い合わせください


ではでは

日本の皆様へ 地震について 

まず、大変な時期に相も変わらずのトーンでブログが進んでる事をお許しください


僕が地震について知ったのは、チリの南部を走っている時でした。

第一報は妹からのメール。

丁度、Wifiが飛んでるガソリンスタンドで出発前にメールだけチェックしておこうと思っていた時で、地震発生から約4時間後にその事実を知りました。

その後も、会う人会う人に

「日本人か!?どこに住んでるんだ?家族と連絡は取れたのか?」

と本気で心配される日々でした。


それからアンデスを越えたりなど、ネットがない環境の中での走行


そして、昨日ホステルに到着し、初めて動く映像として地震と津波の映像を見ました。


ショックでした。言葉もなく胸が締め付けられる想いを何度も体験しました。



自分の国で起こってる大災害。

遠い国で何も出来ず、傍観者になってる自分が悔しくてなりませんでした。


この度の災害にあわれて亡くなられた方にお悔やみ申し上げます

そして一日も早い復興を願っております。


ホステルで色んな国の人から声が掛かる


「日本は必ず復興できる!!」


詳しくは知らない。だけど海外でも日本の被災後の対応に賞賛が集まってるようだった




僕はチャリティーで走ってるわけでもない

こんな時に自転車旅のブログなんて不謹慎かもしれない。

でも僕は走る。

走りまくって、世界を伝える。

誰かが頑張ってる姿は、いつか周り周って日本に届く事を願って

いつかは誰かの笑顔になるとこと願って



今僕に出来る行動はこれしかありません。





2011年3月18日 バリローチェ(アルゼンチン) 岳。









おめでとう!心さん!! 

【ちょっと今回は旅から離れます】




旅の準備中からブログでみていて、この自転車旅で初めてアラスカで出会い、






北米では一緒に走り、ユーコン河をくだり






中米では一緒に沈没し、一緒にヨットで南米を目指し







南米ではコロンビア・エクアドルを一緒に走り、更に4人のグループランでワイワイ走れたペルー・ボリビア。度々再会したアルゼンチン・チリ。







僕の自転車旅はこの人なしでは語れません。








僕の自転車旅の先輩でも先生でもあり、またかけがえのない旅の仲間である







伊東心さんが








10月29日に地元福岡で2000日間、実に8万7百キロにもおよぶ自転車による世界一周旅行のゴールを切りました!!!






心さんのブログは淡々とその様子を書いていましたが、もう感動しちゃうったらないっすよ。本当に








すごいっしょ!?凄いのよ!!本当に!!








自転車で世界一周しちゃうんだよ!?








本当に本当に







本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に











ほんとーーーーーーーーーーーーーーーーに











おめでとうございます。心さん










そんな心さんの世界一周講演が11月19日大阪で行われます!!

お時間の許す方が僕の代わりに是非是非行ってみてください!!本当に行きたかったよ~~~

つうか心さんのゴールの様子が11月4日テレビ西日本で放送されるらしいです~~~

午後5時54分からの テレビ西日本(TNC)の『ハチナビ/スーパーニュース』

誰かマジで録画しておいて~~~~~!!!






そんな心さんのゴールのブログや講演の詳細は心さんのブログでチェックしてみてください



心の旅






最後にもう一度








おめでとう。心さん










あなたの旅に関われた事を幸せに思います。



2012年 新年のご挨拶 

明けましておめでとうございます!!!



Feliz año nuevo!!






いつの間にか海外に出て3度目の年越し

メキシコ・ボリビア。そしてここイスタンブール




日本人宿に居た甲斐あってめちゃめちゃ楽しい年越しになりました。

405857_223993581011275_100002019036429_457144_989878866_n.jpg

管理人さんの超レベルの高いシェア飯に舌鼓をうち
1人一本のボトルを買ってきて、ひたすら飲むっていう


何故だか分からないけど、翌朝太もも筋肉痛っていう。。。


やっぱ年越しは日本人と過ごして大正解






さてさて、僕もようやく今日飛行機のチケットを押さえました






1月の5日。








行き先は









中東。ヨルダン








そこから南下し未踏の大陸に挑みます。








今年の抱負はまさにそれにつきそうです












行くぜ。アフリカ














今年もぼちぼちとお付き合いくださ~~い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。