スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の足跡 北米編 

Googleマップで旅の足跡をもっと正確に

北米編です。


より大きな地図で 旅の足跡 北米編 を表示
スポンサーサイト

いろんなメキシコデビュー 

9時ホステルを出発。国境へと向かった
緊張と不安。どんな世界が待ち受けてるのか・・・

アメリカに出国審査はない。故に出国用のイミグレもない。
にもかかわらず、出入国カードを返却しなければならない。
なんつう傲慢さ。最後の最後までアメリカらしい
ともあれ、係員を捕まえなんなく返却終了。

自転車を押しながら、国境である橋を登っていき、一番高いところが国境だ。
IMG_2217.jpg

ドキドキ

緊張してきた

てっぺんを過ぎ、メキシコ側に入りしばらく進んだ時、明らかに空気が変わった

排気ガスの匂い、ほこり、クラクション、人、汗、活気

それらが混ざり合い独特のにおいを作り出している。

途上国の空気だ・・・

さらに町並みも一変した。ボロい建物、デコボコで水はけが悪くそこらじゅうに水溜りが出来ている道路、たむろする人々

距離にしてアメリカと100mもない。だけどこの変わりようは・・・

これだから国境越えは面白い

途上国の空気に包まれた瞬間、全身の毛穴が開くようにドキドキがワクワクへ変わった。



入国審査も無事終了。話には聞いていたけど、イミグレの係員でさえ英語が通じなかった。
こりゃ早く覚えないとしんどい。もう本当全くわからなかった

ファレスの街は武装警察がそこらじゅうにわんさかいたが、やばそうな雰囲気は全くなかった。

が、やはりさっさと抜けてしまおう。

ファレスの写真がないのは、決してビビッて撮れなかったわけじゃないよ。笑

だけど、僕の持ってるメキシコの地図は超アバウトなフリーマップ。結果的に迷わず幹線道路にまで辿り着いたけど、早く地図を買わなくては・・・

走っていると色んな所から声がかかる。さすがラテンの国だ。
スペイン語がさっぱりなので、笑顔で通り過ぎると、追いかけてくる人がいた。

「え~。なになに」と内心ビビッていると

どうやらペットボトルを渡したかったらしい。

そこまでして渡してくれるとは・・・
ラテン人恐れ入る

さらに走っていると、前方で大きめカメラをもったおっちゃんが、僕を映していた。

さすがラテン。カメラも気合はいってんな~と、過ぎようとした時

「ちょっと止まって~」みたいな事を言われ、何か言ってきた

「ごめん、スペイン語わかんないんだ」と言うと

英語で

「テレビ局なんだけどちょっと取材させてくれない?」

テレビ局~?うさんくさ。もうアメリカの時みたくなんでもなんでも信用しないぜよ。




IMG_2213.jpg

げっ。本物・・・?
本物だったら話は別だ。ただがっつくと嫌らしいので、

「あまり時間ないからちょっとだけなら。」


うおぉ~ テレビデビューだ~


三脚にカメラが載せられ、僕にはマイクが渡され事前に質問する内容を聞かされ、いざ本番。
IMG_2216.jpg IMG_2215.jpg


どこから来て、どこへ行くのか?何故そんな事をしてるのか?どこがよかったか?

などなど。一通り質問が終わると、僕の自転車を嘗め回すように撮っていき、最後に僕が走っているシーンを撮影して終了。
IMG_2214.jpg


おっちゃんは満足そうに「ありがとう、気をつけてね」といい去って行った。

入国早々とても面白い体験が出来た。
あまり実感はないけど、他人から見ると自転車で旅してっるってやっぱ変わってんだろうなぁと改めて思い知らされた。
放送されるかなぁ?さすがに図々しくって放送日は聞けなかった

その後、地図も無事に手に入れ、ようやく現在地と街の配置を把握できた。

まだほんの数十キロだけど、かなり面白い国な予感



よっしゃ~~!!
いっくぞ~~~~~~!!!

初タコス 

アウマダはメインストリート一本からなる小さな町だった。

ファレスを駆け足で去ったので、僕にとってはメキシコ初めての町だ。
いい雰囲気だ。屋台やレストランが軒を連ね、怪しげな商店が並ぶ。
IMG_2219.jpg

まだ正午だったが、大晦日だし今日はここで泊まる事にする。

いい感じのモーテルも有った。当然アメリカより安い。一泊1700円くらい
まだまだ、安い!!と感動するレベルではないが、十分だ。
IMG_2218.jpg


さっそく、お待ちかねのタコスを食べに行く。
アメリカでもメキシコ料理は安くて人気があるが、僕は一度も食べなかった。
もちろん全てはこの日の為だ。

こーんな感じのタコス屋発見。いい感じいい感じ
IMG_2220.jpg

さっそくタコスタコスと連発し、わからないながら2つ注文

出てきたのは、こんな感じの。一個60円也
IMG_2221.jpg

薄い皮に中に、めっちゃ柔らかい牛が包んであった。
お好みで玉ねぎと香草を入れ、チリソースをかける。

これがタコス・・・?

僕はタコスをどんなものか全く知らなかった。
ただもっとレタスとか野菜がギュッっと入り、大きいロール状の物かと思っていた。

だけどこれは小さいし肉しか入っていない。

ちょっと肩透かしを食らったような感じで、一口目を口に運んだ。

パクッ・・・











ガッツーーーーーーン  来ました

衝撃が全身を駆け抜けた。

肉のジューシーさ、それを包み込む生地。玉ねぎのシャキシャキする食感に加え、油の嫌らしさを消す、香草の爽やかさ。見た目はかなりしつこそうなのに、全くそんな事を感じさせない。
肉もシンプルで薄めの味付けだ。塩コショウに、もちろん何かを加えて味をつけているのだろうが、それぞれの具材の味が引き立て合っている。

日本だったら、もうちょっと甘じょっぱくして、マヨネーズで味付けして誤魔化しそうなところを、見事なバランスで爽やかさを演出していた。

タコス見事なり・・・

季節は冬、風は冷たいがメキシコの太陽の光はめちゃめちゃ暖かい。空も青い

そう、僕はこんな環境で始めてのタコスを食べたかったのだ。

気がつくとあっという間に2つを平らげ、さらにもう2個注文。

やべぇ。まじうますぎる。

こりゃアメリカでハンバーガーにうつつをぬかしている場合じゃなかったな・・・


「国は味で知る事が出来る。」

この国とはうまく付き合って行けそうだ。
IMG_2222.jpg



なんか書いてたらお腹空いて来たんで、タコス食べいってきま~っす






チワワぶらぶら日記 

メキシコ入国以来、ほぼ荒野をひた走ってきた。
IMG_2301.jpg IMG_2302.jpg

以外に思ったのが、路肩のゴミが少ない。それはアメリカより全然少なかった。
それに道路上にこうゆう風なゴミ箱が沢山有った。いいことだと思う。
IMG_2303.jpg

景色は変わらないけど、トラックストップと呼ばれるパーキングエリアが充実して、モーテルなんかも併設されていた。
IMG_2304.jpg


そして今日。都市部のチワワに突入する。
国境の街、悪名高きシウダーファレスはスルーしたので、メキシコ初都市だ。

いつの間にか車の量が増え、チワワに入ったようだ。
IMG_2305.jpg


メキシコではセントロ(中心街)を目指せ。
そう聞いていた。アメリカではモーテルとスーパーは郊外だったが、メキシコは中心地にホテルやレストラン、マーケットなどが多いらしい。
IMG_2307.jpg

とは言っても、道路の凹凸、車、標識、街並みに気を配って走るのは一苦労だ。
IMG_2306.jpg



やっとこさセントロ近くまで来たようだ。
IMG_2308.jpg

商店が立ち並び、人が多く活気がある。さっそくホテル探し

こんな感じのホテルを見つけた。
IMG_2309.jpg IMG_2310.jpg

立派な門構えだが、中に入ってみると期待通りのボロ宿だった。約1000円で分相応の部屋だったが、この値段で奇跡的にもネットが使えた。

早速シャワーを浴び、街へ繰り出す。

冬のメキシコは初夏のような暖かく気持ちの良い日差しに包まれる。
IMG_2311.jpg IMG_2313.jpg

教会の前で演奏が始まる。なんでもない平日のひとコマだ。
IMG_2312.jpg


タコスタコス~♪
IMG_2314.jpg


この区域は新市街と旧市街に分かれているようだ。

まずは新市街。
IMG_2315.jpg
むちゃくちゃ綺麗。
怪しげな店はなく、どの店もデパートやブティックのようだった。

突き当たりの広場には野外スケートリンクが設けられていた。
IMG_2316.jpg


続いて旧市街。
IMG_2317.jpg

いい雰囲気だ。やっぱり僕はこっちのほうが好きだ。
溢れる人に、怪しげな商店。マーケット。
IMG_2319.jpg IMG_2321.jpg
IMG_2320.jpg

なにが有る訳でもない。ただそうして歩いているだけで楽しかった。

いったん宿に戻り、夕方再び街へと繰り出した

薄暗くなっても全く治安の悪そうな雰囲気はない
IMG_2322.jpg


夕飯は屋台食べ歩きだ。
IMG_2323.jpg

まずは、ここ。
IMG_2324.jpg IMG_2325.jpg

なんだかよくわからなかったが、食べてみたらコーンスープのようなものだった。

国柄か、宗教柄かは知らないが、メキシコはまだまだクリスマス真っ盛り(笑)
IMG_2326.jpg

ブラブラしながら2軒目。
IMG_2328.jpg IMG_2327.jpg
ちょっと写真じゃグロテスクっぽい。実際見た目も良くなかったが、うまい
ジャガイモとコーンを練ったやつかなぁ

そんでやっぱりタコス。
IMG_2329.jpg IMG_2330.jpg

タコスにも色々あるらしい。これは「こってっちゃん」みたいなのが入ってた。

最後の締めは
IMG_2331.jpg


メロンパン風のにコンデンスミルク入り。

合計で350円。あざーっす!

いい。すごくいい。やっぱ屋台が豊富な国は楽しい。

タイトル写真集 北米編 

ここでは過去に使ったタイトル写真を紹介します。



IMGP0296_convert_20091204035420[1]
7月18日 フェアバンクス手前にて
伊東心さん撮影。この時デジカメを持っていなかったので、頂いた写真をそのまま使わせていただきました。


IMG_1477_convert_20091204035517[1]
11月27日 アーチーズ国立公園の先の国道にて
井戸裕さん撮影。 
後で気づく。・・・・これブリッジだ。


IMG_1613_convert_20091214114740[1]
12月1日 モニュメントバレーにて 昼食時
贅沢ってたぶんこう言う事。


IMG_1848_convert_20091218100553[1]
12月10日 ルート66標識と
空へと延びる


IMG_1917_convert_20091226100308[1]
12月12日 ルート66上の踏切にて セピアで撮影
ほとんど交通量はなく、ノスタルジックないい道路でした。


IMG_2007_convert_20100105140907[1]
12月16日 アルバカーキのある晴れた日。
川沿いのサイクリングロードでジャンプ!!

チワワ散歩 

いえね、特になんてことはないんですが、せっかくネットを使える宿に居るのでチワワ散歩を写真を使って振り返ります。

しかもチワワ観光地ではありません。どこに向かうと訳ではないんですが・・・

チワワってやっぱりチワワ犬の原産地らしいんですよ!!

というわけでチワワに会えればいいなぁと。
つまり目的なしのだらだら散歩です

宿の前。安宿の玄関なのに雰囲気あります。さぁ出発です。
IMG_2392.jpg


でいきなり身内ネタですみません。
IMG_2340_convert_20100107105222[1]
IMG_2393.jpg

松濤館って僕の叔父がスペインで空手道場を開いてる連盟と同じなんですよ。
叔父もメキシコに講習会に行った事があると言っていたので、もしかしてここにも来た事があるのかもしれません。
とは言っても、そこにずかずかと上がりこめる度胸はないのでここはスルー。


カテドラル(教会)メキシコには教会や公園を中心に街が広がるので、歩きやすい。
IMG_2394.jpg

国道上はこんな感じ。一本道に入るととたん静かになります。
IMG_2398.jpg
IMG_2399.jpg

で入ってみた所に消防署があった。
IMG_2396.jpg

ん?なんか・・・?

IMG_2395.jpg

ぷーさん運転してるやーん~~~
不覚にも笑ってしまいました。
命を預ける梯子車になかなかシュールな絵だ。メキシコ人やるな。
日本だったら苦情きそう。笑

 
商店の壁。ここまではあまりないけど、こんな感じの暖色系の色が多い
IMG_2397.jpg


歩いていたらちょっと綺麗な通りに出た。
IMG_2400.jpg


おっ!前方になんかいい感じの屋台が
IMG_2401.jpg


カットフルーツのお店でした。
IMG_2402.jpg
特に食べたかった訳じゃないけど、この日差しと、この通りと、この空間にオレンジの自転車の屋台がすごくマッチしていたので、思わず買っちゃう

驚いた。上から唐辛子と砂糖を投入。
IMG_2363_convert_20100107113934[1]
もちろんかける前にかてるか聞かれる。そのままの方がうまそうだけど、メキシコ人がそう食べてるなら、同じ食べ方をする方がいい。
スイカに塩。同じ感覚だろう。

なるほど悪くない。だけどう~ん やっぱかけない方が・・・

そのまま旧市街の方に抜け、バザールをブラブラして

タコス。またぁ?とか言わないで
IMG_2404.jpg
IMG_2410.jpg


地元の人が多い屋台を選ぶ。本当にタコスにはいろいろあるようだ。
レバーと玉ねぎ、こってっちゃん、豚肉の脂を揚げたやつ。牛筋肉の煮込んだやつ。
どれひとつ正確にはわからないけど・・・

うまい

4つで、140円。

IMG_2416_convert_20100107112727[1]
これはまた別の店


一旦ホテルに戻り、昼ビール。
窓を開けて、気持ちいい風が入る中お昼寝。至福の時間。
日本の働いているみなさんすみません。

でもスナックのおまけに驚いた
IMG_2417.jpg

1ペソ・・・?面白い国だ。


夕方再び始動。
IMG_2405.jpg


屋台を練り歩く。

夜。

カテドラル
IMG_2407.jpg


ぶーらぶら。


IMG_2406_convert_20100107112324[1]
盗撮。笑
なんか雰囲気出てたからモノクロで、ヨーロッパぽく。じいちゃんお疲れ





IMG_2408_convert_20100107112413[1]
すてち。
いや、これは素敵すぎたので思わずシャッター切っちゃいました。
幸せそうだからいいよね。
手前の積まれたゴミをものともしない、圧倒的な幸せオーラ。
ここがメキシコという事を忘れてパリにでも居るようだ。
ちょっとグッときちゃいました。
IMG_2409.jpg

この辺りはウエディングドレスの店が多い通り。

おわり・・・




はっ!。チワワは・・・

デペ君 さぁどうする? 

チワワの中心地から15キロほどでようやく郊外に出れた。街中を走るのはしんどい。
IMG_2520.jpg

ゆるーいアップダウンが続く山間の道を走ります
IMG_2521.jpg

途中いくつか小さな町を抜け、
IMG_2522.jpg

目的の街まで後ちょっと。
IMG_2523.jpg

と、路肩から

「ちょっとちょっと。止まって止まって」

見るとおばちゃん2人が手招いてる。

そのおばちゃんたちはスペイン語で必死に何かを伝えてきた。

すごくゆっくり、わかりやすい単語で話してくれているのだろう。

が、全くわからない。

おばちゃん達は紙とペンを出し、どうやら僕の名前を書いてくれという事らしい。

Gaku Hiruma はい。どうぞ

それでもおばちゃんは何かを伝えたいようだった。どうやら漢字を書いて欲しいらしい

昼間 岳 これでいい?

で、よくよく聞くと、自分達は空手をやっていて、漢字をつけて欲しいとのことのようだ

なるほど。ようやく理解できた。

まず IVAN イヴァン

う~ん

じゃ 『一番』で。ちょっと強引だけど、空手だし一番とかいいんじゃないか?

次 ANGELICA アンへリカ 

アンへリカ。アンへリカ・・・

よし 『安縁家』 意味的にも悪くない


最後、難題きました。

DPE  デペ

もちろん真っ先に浮かんだのは、

「屁が出る」で『出屁』

でも、もしも意味を知ってしまったら、可哀想すぎる・・・

でもどうしても「ぺ」が浮かばない。

てか「屁」しかないんじゃないか?

あー。もうわかんね~。

『出髪』って書いちゃった・・・

髪って「へ」って読まないよね。いやヘアーだから髪でいいかなぁって
IMG_2525.jpg



ごめん。デペ君。優しさゆえ間違えた。

IMG_2524.jpg

嬉しい出会い 色んな種まき 

この日、予定通りに夕方前に街に滑り込んだ。

早速、いつものようにセントロに向かいながらホテルを探した。割と大きな町のようだが、
ホテルの数が少ない。それでも何件か見つかったが、どれも高い。

仕方ない。セントロは諦めて、国道沿いのモーテルを探すか・・・

と、国道に戻る道を探し走っていると、並走している車の窓が開き

「こんにちは~。日本の方ですか~」

なにー!日本語~~!!

「こんにちわ~。そうです~」

と言うと、車が前方で止まり日本人の男性と女性。それにメキシコ人のドライバーさんが降りてきた。

一目で旅行者ではないと思った。

「在住の方ですか?」と声を掛けると

「はい。そうです」と

お互いにこんな辺境で出会えたことを驚きあい、自己紹介的な僕の自転車旅行の経緯を語り、2人の事も聞いてみた

タロウさんとミホさんといい。タロウさんは日系の方だった。

住まいはメキシコシティで、今は「メキシコに住む100人の日本人(日系人)に話を聞く。」みたいな取材をしていて、ひたすら日本人を探しているのだという。

しばらく話した後「メキシコシティに着たら是非寄って下さい」と名刺を頂いた。

これは嬉しい。「必ず寄らせてもらいます」

さらに

「あっ。そうだ。ついさっき取材をした日系の方なんですけどね。この街から60キロくらいの所に住んでいて、日本人がいたら是非よってもらうように言って下さいって言ってましたよ。もしよければ、電話して聞いてみますけど」

その町はちょうど明日行く予定になっていた町だ。
もうその人は日本語を話せないというが、ここで出会ったのも何かの縁だ。
それに日系の人と言うのも興味がある

はい。是非おねがいします。

電話では来てもいいとの事だったので、住所を教えてもらった。
中心地のすぐ近くらしい。そんな大きな町じゃなさそうだし、なんとかなりそうだ。

最後に宿の情報を教えてもらいお別れした。楽しみな種をたくさん蒔いて頂いた。やっぱり出会いは楽しい。
IMG_2526.jpg


教えられた宿に向かっていると、さっきいたドライバーの友達が、横切り先導してくれた。

お~。めっちゃ親切だな~

が、全然着かない。街からどんどん離れていく。15分ほど走って

「もう駄目だ~。引き返そう・・・」

と決めた時、ようやくモーテルに到着。ほっ
IMG_2527.jpg

そこまでずっと先導してくれて、チェックインの手伝いもしてくれた。さっき会ったばっかりなのに。

手厚く御礼をして、友達は帰っていった。

モーテルは比較的新しそうだが、200ペソということで一安心。ここまで来て高かったら笑えない。

IMG_2529.jpg

ただ、部屋は綺麗だけど、お湯出ない、部屋電球一個しかなく薄暗い。とまぁ多々あったけど、まぁいいや。

ここは郊外のモーテルで、周りは何もない。商店もレストランもない。でも食料を積んでる僕にとって、なんら問題はないのだけど、不憫に思ったのだろう

ノックするので、開けてみたら、パンを差し入れてくれた。
IMG_2528.jpg

暖房もいっこうに温風を吹かないけど、とても心が暖まった。

さて明日無事、日系の方に出会えるでしょうか?

オガタ マルチネスさんを訪ねて。 日本人であることの誇り 

先日教えてもらった町にはお昼過ぎに到着した。

思っていたより大きい町だ。

さて、どうすんべぇ・・・

話によると中心地の近くという事だったのでそれっぽい所に向かったが、当然わからない。公園でたむろしているメキシコ人に聞いてみると、詳しくはわからないけど、書いてある通りはすぐそこだよ。通しえてくれた。

行ってみると、なるほど確かにこの通りだ。

で、こっから・・・

悩んでると、ベストなタイミングで自転車に乗ったお巡りさんが通った

「あ~。ちょっと待って!!この住所に行きたいんですが」

お巡りさんは確認すると、「近くだね。先導してあげるから着いて来なさい」
IMG_2530.jpg

ラッキー! どうもありがとう。

そんなこんなで、無事到着。

で、こっから・・・

と再び悩んでると、扉が丁度開いて人が出てきた。

お互いすぐにお互いの事がわかったようで、

「こんにちわ。僕はガクといいます。オガタさんですか?」英語

「そうですよ。よく来ましたね。さあどうぞ」スペイン語

オガタさんはもう日本語を喋れない。英語も片言なので、意思の疎通はスペイン語になる。

初めて会った時は、その顔に日本人の面影を見つけるのは難しかったが、話したり色々していくうちに、やはり日本人的な柔らかさを持つ表情に出会った。

通り門をくぐって、30mほど歩いた所に大きい家が建っていた。
IMG_2531.jpg

中も物凄く立派。その中に招いてもらって、洗濯、シャワーなどをお借りした。
IMG_2535.jpg

でビールもたらふくご馳走になった。メキシコはテキーラが有名だが、飲まれるのはもっぱらビールらしい。
IMG_2534.jpg

家の中も、日本的な物は全くない。

聞くと、オガタさんのお祖父さんがメキシコに渡ったというから、今は3世という事になる。当然もう暮らしも顔もメキシコと言うわけだ。

ところが、オガタさんは自分が日本人である事に誇りを持っているのだという。

日本人である誇りか・・・。そんな事考えた事もなかったな。

さらに、奥からなにやら取り出し僕に見せてくれた。

ずいぶん古い紙のようだけど。


・・・日本語だ!!


それは、オガタさんのおじいさんの家族の戸籍簿と、日本から来た手紙だった。

日付は明治9年。

持たせて貰った。慎重に慎重に。物凄く貴重な物だ。




衝撃だった。




・・・重い。




今も破れそうなペラペラの和紙だ。重いはずはない。だけど・・・

書いてある内容は昔の表現だったので、ほぼ理解する事は出来なかった、
だけど何故か涙が出そうになった。

今でこそ、立派なお屋敷を持つ暮らしをされているけど、きっと当時は想像を絶する苦労だったに違いない。
それが約130年の時間をを飛び越えて、当時のさまざまな感情が、確かにその和紙から伝わってきた。

オガタさんも、もちろんこの和紙に書いてある事は理解できていないだろう。ただ、僕以上に感じる事が出来ているのだろう。その和紙を、本当に大切そうにしまうオガタさんを見てそう感じた。

なるほど。日本人であることの誇りか・・・

島国育ちの僕らでは、なかなか感じにくい事だと思うけど物凄く大切にしなければいけないことなんだと思う。

物凄く貴重な体験をさせてもらった。
IMG_2532.jpg


メキシコホームステイ2日目 

翌朝、出発の準備を整えていたら

「とりあえず、今日も泊まっていきなさい。何日居たっていいんだから」

本当に?ありがとうございます。じゃ、お言葉に甘えて・・・

オガタさんは兄弟の人を送ってくるから。と言い、しばらくすると戻ってきて

「じゃ、朝ごはんを食べに行こうか?今日はビュッフェに行こう」

ビュッフェ!?それってバイキングの事だよね?うわぁ楽しみだ。

着いたのはこーんな感じのレストラン。
IMG_2553.jpg

すげー!いままでほぼ屋台だったから初めてのレストランだ。
IMG_2556.jpg
IMG_2555.jpg


しかも食べ放題だから、遠慮無用。

こんなプレート×3 スープ デザート×2
IMG_2554.jpg

どれもすごくおいしい。めちゃめちゃ食べた。

料金は70ペソ。いいお値段だ。僕の一日の食費に相当する。
でも、ガッツリいくと屋台でも50~60くらいするので、思いっきり食べれると思えばたまにこういうのを利用するのもいいかもしれない。

当然自分の分は支払おうとしたが、制され結局支払ってもらってしまった。

本当に大感謝。ありがとうございます。

その後、車で色んな所に連れて行ってもらった。

先住民の像
IMG_2557.jpg


IMG_2558.jpg

走ってきた所はずっと、乾いた荒野が続いていたけどこの辺りの集落は水が豊富なようだ。
IMG_2559.jpg

夏場はここで泳げるらしい。

ザバザバザバ~ とすごい水しぶきだ。
IMG_2560.jpg



おや?




・・・ちょっと温かい?触ってみるとさっきの湖より明らかに温かかった。
聞いてみると、少ないけど温泉が出ているらしい。

この辺りは3つの湖があるという。
IMG_2561.jpg


こーんな風景にも出会えた。
IMG_2562.jpg


向かうは人里はなれたプール。
IMG_2563.jpg


入った瞬間硫黄の匂いが・・・

温泉だ!!湯の花がめっちゃ咲いてる。どうやらいい温泉らしい。

するとオガタさんは「明日ここで、みんなで来て泳ごうよ」

ありがとうございます。それじゃ明日もお願いします。

なんかちょっと日本っぽい。
IMG_2564.jpg


また未舗装路の一本道を引き返していると、前を歩くメキシコ人が手を上げた

ヒッチハイクだ

オガタさんは当然のように止まり、その人たちも一言礼を言うと当然のように荷台に乗り込んだ。

なんて自然な流れなんだ。持ちつ持たれつ。いい社会だな。平和な証拠だろう

町で、フルーツジュースを飲み
IMG_2565.jpg

今度は郊外の牧場へ向かった。
IMG_2566.jpg
IMG_2567.jpg
IMG_2568.jpg

久しぶりに動物に癒された。

本当に色々な所に連れて行ってもらった。

んで一旦家に帰り休憩

そして話は夜のへと続く・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。