スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルチャリブレと13人の日本人 

ルチャ~~~リ~~~~ブレ~~~~~~


マイクを持った司会がそう叫ぶと、観客が歓喜の渦に包まれる・・・

煌びやかな照明に溢れかえる観客。中央のリングはまるで異世界の空間のようだ。

歓喜とブーイングで華やかに登場する屈強なレスラー達。

多種多様に繰り出される技。華麗な空中戦に加え、漫才師レスラー、ホモ系レスラー、マッチョなレスラーに怯えるコミカルに演技するレスラー。

ルチャリブレは最高にエンターテイメントの高められたプロレスだ。


ここに同じ宿の日本人13人で行く事になった。


事の発端は、服部君がルチャリブレを見て面白かったということから是非連れてって欲しいとお願いし、一番盛り上がる金曜日に行こうということになり、当初は服部君、井戸さん、僕の3人の内はな話から始まった。

僕は全く知らなかったのだけど、ルチャリブレは日本人旅行者にも知れ渡ってるらしく、宿でそんな話が出ると、

「金曜に行きますけど、一緒に行きませんか?」と気軽に声を掛けていた。

そのうち、向こうの方から

「プロレス一緒に行ってもいいですか?」

と声が掛かるようになり、僕も連れてって貰う立場ながら

「もちろん。一緒に行きましょう」

それで最終的には、男性4。女性9の13人で出かけることになった。


さて、


「無責任に受けまくったけど、俺なんも把握してねぇぞ・・・。どうすんべぇ」

とりあえず、服部君に先導を頼み地下鉄で会場近くの駅へ

会場に近づくと、覆面やプロレス関連グッズを売ってる屋台で物凄く賑わってる。

そこで、女性2人は買い物のため別れたので会場へ向かったのは11人

チケットを買うのも一苦労。席により値段がまちまち。なにを買っていいか僕にはさっぱり。

そこでスペイン語を話せるテッペイ君と服部君にお任せ。僕は連絡役でみんなとチケット売場をいききし、100ペソのチケットを11枚購入。

会場内もテッペイ君の語学力でなんとか席に着け、見ることが出来た。

試合は何枚かの対戦カードに別れ、3対3のタッグマッチだ。

初めは練習を見ているような試合だったが、次第に選手も客もヒートアップ。物凄い熱を帯びてきた。

試合も熱も佳境セミファイナル。


司会がノリよく選手を紹介し客が歓声を上げる。





「TA~~~~~~~ICHI~~~~~~~!!!」









あ~~~~~~~!!!!!!


宿に泊まってる人じゃ~~~~~ん!!!!!







やっぱり出てたんだ~~~。実は宿を出発するちょっと前に荷物を抱えてこの人が出て行ったのだ。
正直に書かせてもらうと、僕は旅人とはすごく気軽に色々話せるが、この人は威圧感と言うかプロレスオーラが凄くあり、髪の毛もガタイもまさにプロレスラー。で今まで喋りたいけど喋れずにいた。それは僕以外でも皆同じだった様だ。
ちなみに亀田三兄弟の末っ子も当時僕等の日本人宿に泊まっていたくらい、旅人以外の色々な人がサンフェルナンド館には滞在している。

もう超興奮。

「たいち~~~~~~」

叫びまくり。

時にはコミカルに、でも技や空中戦は物凄い迫力で大満足。とても面白くエキサイティングでなにより観客のノリがいい。タイチさんチームも勝利した。

岐路も誰もはぐれることなく無事全員で帰還を果たし一安心。

結果。皆を誘いまくった俺

何もしていない・・・!!!

服部君、テッペイ君。あざした。


翌日

勇気を振り絞り、朝食に降りてきたタイチさんに声を掛けてみた

「おはようございます。昨日試合見させてもらいました。とても凄かったです」

とちょっと話をさせてもらうと、その見た目とは裏腹に物凄く柔らかく優しい方でだった。

どんどん自分の中の世界が広がっていく。やっぱり旅とは人だなぁ。



(注 ルチャリブレは写真不可との事で写真はありません。残念。


Mexiko
スポンサーサイト

日本人宿での過ごし方 

「今日どうします?何する予定ですか?」

朝ダイニングテーブルではこんな会話から始まる。

「ここ行って、次ここ行って」と忙しく回る大学生。

「う~ん。どうしましょうかねぇ。」と長期旅行者

大体大学生を見送り、昼前くらいにぼちぼち動き出す。

「あれ?お出掛けですか?どこに行くんですか?」

「どこどこです」

「あっ、じゃ僕も行っていいですか?」

行った事ないところだったら大体便乗して出掛ける。

今日はメキシコの遺跡の出土品を一挙に集めた国立人類学博物館へ。
もともと、井戸さん、服部君と今日行こうかと言っていたところ、ユウキさん、マイちゃんが行くと言うので今回も便乗。

地下鉄に乗り広々とした気持ちいい公園をのんびり抜け
P1020534.jpg

博物館へ

見応え充分。
P1020536.jpg
P1020537.jpg

ただちょっと集め過ぎかな。小物とか、埋まっていた物などはいいとして、でっかい石造とか明らかに壊して持ってきた感が・・・

歩き方には

「各地に点在す遺跡の重要な壁画や石像は、現地の神殿内ではなく、すべてここに集められている。この博物館を各地の遺跡と共に訪れることで、古代へのロマンがさらにかき立てられるはずだ」
と嬉しそうに書いている

古代へのロマンねぇ・・・
そりゃ。各地の遺跡が一度に見れるのは魅力的で美術的価値も充分高いけど、例え雨ざらしでボロボロの状態であっても堂々と神殿と共にそこで悠久の時を刻んでいる。

それがロマンなんじゃなかろうか

ショーケースに飾られる事のどこがロマンなのだろう

重要な石造でとても貴重。それはわかる。でもショーケースに飾られた彼等が僕に語りかけてくる事はなかった。

ただそんな状況下にありこいつだけは圧倒的な存在感で、僕に語りかけてきた

太陽の石『アステカ・カレンダー』
P1020538.jpg
365日となる暦で農耕や、祭事を行っていたと言う。
これはアステカが滅ぼされて、ずっと地中に眠っていた物らしい。帰るべき神殿を失いやっとここで日の目をみたと言うように、その存在感は素晴らしく、引き付けられた
P1020539.jpg

全部見終わる頃には、みんな疲れきっていた。とにかく広いし展示物が多かった。

外に出ると公園ではこんなんやってた
P1020541.jpg
とりゃ
P1020542.jpg
グルグル
P1020543.jpg

なんか古代の儀式かなんとか。

夜は韓国料理へ
P1020544.jpg

やっぱ首都は食が豊富で楽しい。味も美味しくいい店だった
P1020545.jpg

連夜の豪遊マリアッチ 

最近夜は寿司だの韓国料理だので豪華だから、今日はソーメンでも作るかなぁ


「ご飯食べました?」

「いや、まだだけど」

「じゃマリアッチ行きません?」


・・・うっ。

「となるとやっぱりカフェ・デ・タクバ?」

「そうです」



物凄く行きたい。みんなと楽しく食事してマリアッチの演奏を楽しむなんて素敵じゃないか。でも・・・


《心の中》
断るんだー!カフェ・デ・タクバって言ったら老舗料理屋で一食200ペソは下らねぇぞ。
お前は貧乏旅行者じゃねーか!!毎日宿代より高い飯をばかばか食ってどーすんだよ!!!しかもお前の財布には残り400ペソしか入ってないじゃねーか!?
さぁ岳よ。今日は寂しくソーメンを啜りますって言うんだ。


「いっ・・・。行きたい。うん。俺もすっごく行きたい!!」

あぁ。俺の馬鹿。

いやいやいや。誘いを断ってまで節約するしても旅はつまらん
連日連夜の豪遊。こうなりゃ望む所だ

ただ問題は、400ペソで足りるかどうか・・・

井戸さんと服部君は既にご飯を食べてしまっていたので、ユウキさんと、マイちゃんと3人で出かけた。

料理も雰囲気もマリアッチも申し分ない。楽しい時間で本当に来てよかった。
P1020642.jpg

お会計チップ含めて300ペソ(2100円)。ほっ。

そうそうマリアッチとは、メキシコを代表する楽団の様式で、様々な楽器を用い複数人で演奏しながら歌ってくれる楽団

実は今日の日中はソチミルコというアステカ時代の湖の面影を残す水路に出掛けていた。
P1020641.jpg

のんびりと凄くいい時間が流れ船に揺られる。
P1020640.jpg

そこの名物としてマリアッチの演奏隊が船に横付けして歌ってくれる。

ただチップ代が高かったからその時は諦めて、他の船で演奏しているマリアッチに耳を傾けた。

そのマリアッチの演奏が聴けてよかった。
P1020643.jpg
僕等の為に「川の流れのように」メキシコバージョンを歌ってくれました。

Mexico

言わずと知れた世界遺産 

メキシコはとても世界遺産が多い。実はここメキシコシティも世界遺産に登録されている。
実際目にすれば、どこも素晴らしい。でも日本ではあまり馴染みのないところばっかりだ。

だけど、ここは聞いたことがあるだろう

当時世界最大級の大きさを誇った古代宗教都市国家



テオティワカン




・・・ん?
引っ張った割りにあんまピンとこなかった?

まぁようは、馬鹿でかいピラミッドがある遺跡ってとこです。
シティからのアクセスの良さも手伝って、必ずといっていいほど皆訪れる場所だ。

僕もここには凄く行きたかった。
だけどなかなか重い腰が上がらず行かないまま、滞在一週間が経過しようとしていた

で、いよいよ今日行く事になった。

理由は誘われたから。最近あんま自分の意思で動いてない(笑)

地下鉄とバスを乗り継ぎいよいよ遺跡へ

で、


どーーーーーーーーーーーーーーーん
P1020652.jpg
でっか~~~~~~~~~~
高さ65m。世界で3番目に大きい太陽のピラミッド

いよっしゃ登れ~。
P1020646.jpg
いや無理すぐ休憩。階段は物凄く急で一段一段の幅が大きいからとても疲れる。
P1020647.jpg

のんびり頂上で。気持ちいい風が流れている。
P1020648.jpg
奥に見えるのは月のピラミッド。

ちなみにここパワースポットらしい。
P1020649.jpg
袈裟でも着てれば座ってるだけでもチップ貰えたかも。
いや、これは冗談ですが誰もいない明け方のピラミッドで瞑想にふけったら本当に悟りが開けそう

驚く事にこのピラミッド。
P1020651.jpg
エジプトなどの四角い石を積み上げたものじゃない。普通の石を土壁みたいので固めてあるだけだ。もちろん今はコンクリで補強してあるけど、当時雨が少ないっていってもよくこんなく高く作れたものだ。


それはそうとこのテオティカワンめちゃめちゃでかい。
P1020650.jpg
P1020653.jpg
死者の道と呼ばれるこの道は現存している長さでも2キロ以上。その間ピラミッドや住居跡などが引っ切り無しに続いている。
P1020645.jpg
P1020657.jpg

太陽が雲に隠れると涼しいけど、雲がなくって直射日光が降り注ぐと

こうなる。
P1020654.jpg

とにかく日陰が少ない。ワンコも大変だ

ようやく月のピラミッドへ。
P1020655.jpg

死者の道はこの月のピラミッドへ延びる
P1020656.jpg


ガイドブックにはピラミッドの説明や、テオティワカンの謎、すごさなどが綴られていて興味を引かれたけど、ここでダラダラ書くのはかつあいします。


ようは


気持ちよかったぞ。テオティカワンってことです。
P1020644.jpg


さて、今日の夜はさすがに自重ししなければ・・・



って


またやっちゃいました。まぁいっかぁ
P1020658.jpg

Mexico

兵どもが夢の跡 

正直あまり期待していなかった。

バスを2時間乗り継ぎ、町の人に道を聞きつつ、ここトゥーラ遺跡に辿り着いた。

こんな感じ。中央に広場があり奥にはピラミッドが広がっている。
P1020707.jpg

ピラミッドの麓。柱が立っていて当時ここに屋根があったことを物語っている。
P1020708.jpg

このピラミッドを登って行くと


おっ
P1020703.jpg


おおおぉぉぉぉぉ~~~~
P1020704.jpg



これがトゥーラの戦士の石像・・・

この遺跡はかつて軍事国家として栄え、そして滅んだ
遺跡自体は小規模で、あまり観光客を引き付けない。

でも、この戦士の石像をバックに広場を見下ろすと、さも幾千の強靭な戦士達がひしめき
雄たけびをあげているのが、見えてくるようだ。
根拠はない。でも惹かれる遺跡は、当時の情景がみえる。テオティワカンは良かったけど、僕には情景は見えてこなかった。

だけど、実はこの戦士の石像2体はレプリカで、その2体はメキシコシティの博物館に収められている。
なので、僕は一足先に博物館でオリジナルの戦士の像に出会っている。

タッチ厳禁。ばっちり綺麗な状態で室内保存されていた。
たぶん何十年後、何百年後も綺麗な状態をみることが出来るだろう。

一方こちらのピラミッドの戦士の像。タッチの好きなだけ触っていいし雨ざらしで所々欠けている。

なんでだろう?どちらも同じオリジナルなのにこんなにもピラミッドに佇んでる戦士の像方が全然堂々と力強いのは・・・
いづれはボロボロになってしまうかもしれないのに、幸せそうなのは・・・

地元の人が訪れレプリカには見向きもせず、オリジナルを愛しくさわり、触った手を自分の赤ちゃんに擦り付ける。きっと体が丈夫になるようにとかの願掛けだろう。
P1020705.jpg


触られまくるからもしかすると、何十年後にはもっとノッペリしちゃうかもしれない。
だけど、僕はそれで良いと思う。
やっぱり自分の居るべきところに居て、土地の人を見守り愛される。

博物館で保管されるよりずっと幸せそうだった


手前が完全オリジナル。レプリカとはカリスマ性が全然違う
P1020702.jpg



え・・・?そんなん写真じゃ伝わんないし、そんな考えゴタゴタのべるより遺跡の紹介をしろって?


・・・いやもう特にありません。

でも帰りにこんなん見れました
P1020706.jpg

ミホさん、タロウさん達との再会 

メキシコシティでのんびりしている間、いままでお世話になった人達にメールを打った。

その中で、メキシコ北部の町で知り合い、オガタさんを紹介してくれたミホさん、タロウさんから土曜日に一緒に食事をしましょうと連絡をもらい、地下鉄に乗ってご自宅へお邪魔した。

アパートのベルを鳴らし、門を開けてもらう。

中に入ってすごくビックリした。

広い。

でもそれ以上に

めちゃめちゃお洒落
P1020788.jpg

それもそのはず、ミホさんタロウさんを始め集まっていた人達みんな

建築家、アーティスト、写真家、映像、壁画、陶芸

などのクリエイティブな職業の方たちばかりだった。

普段は事務所を借りているらしいが、今は忙しいので自宅で仕事をしているという

ご飯はたこ焼き、ちらし、サラダ、トン汁などの日本食にメキシカン。

どれもめちゃめちゃ美味しい。

いままでこういった職業の方たちと話した事がなかったから、すごい新鮮で楽しかった。

みんなにそれぞれの仕事を紹介してもらった。

こういう生き方って本当にかっこいいし素敵だ。

人の手ってこんなにも、素敵なものを作り上げるんだとただただ感服。

深夜2時頃まで、食事会は続き帰りは車で送ってもらいました。

みほさん、たろうさん、みなさん.どうもありがとうございました。

写真を撮るのを忘れました。不覚・・・

ベアトリスとの再会。会いに行こう編 

みほさん、たろうさん同様いままで御世話になった人達に、メキシコシティに着いたとメールを送ったところ、ヒメネスで泊まった家の娘のベアトリスがシティに滞在しているというので会おうということになった。

何回かやりとりをし、結局地下鉄を乗り継いでベアトリスの通っている学校で会おうということになった。

メールでは地下鉄の駅からバスかタクシーで学校まで来れて、11時集合にしようとの事だった。

当日。

で、地下鉄駅に着いたのが10時半だった。いくらメキシコ人と待ち合わせでも、遅刻は僕の信念に反する。

こっからはバスかタクシーで。

わからなかったらタクシーにしようと思ってたけど、難なく学校に行くバスを見つけることが出来たので、さっと乗り込み運転手に

「この美術学校で降りたいからよろしく」

と、いつものように告げた。バス停も案内もないなんて海外では普通だ。知らない所だったら運転手に教えてもらい降りるほかない。

ちなみに料金3ペソ。

10時40分頃バスは出発し、ゆらゆらとバスに揺られた。

と結構揺られた時運転手が、ここで降りろと言ってきて、その後もスペイン語で説明してくれた。

説明はよくわからなかったけど、「ここで」と言うので降りる。

だけど、日曜だったこともありそこで降りたのが僕一人だった。

まぁそれはいいとして全く学校がある気配がない。

とりあえず道を聞く。すると

一人目「あぁ、この学校ね。ずっと戻った所にあるよ」

!? 戻る? いや、いまそっちからバスで来たんだだけど・・・

気を取り直して二人目。「ここかぁ。だったらずっと戻んなきゃなぁ」

え~!?なんでなんで???

結局信用ならず三人目。「この道を戻ってねぇ・・・」

まじ?今バスで来たのになんで戻のさ

さらにその人は「3ペソでなんちゃらかんちゃら・・・」

げっ!ついに金を要求する奴が現れたか。仕方ない、無視して歩いて行こう。と先に歩いていたら、そのおっちゃんが

「おーい。そっちの道じゃないよ~。こっちからバスで行くんだよ~」

とわざわざ着いてきてくれた。

「・・・え?バスなの・・・?」

訳のわからないまま待っていると、来たバスの運ちゃんにおっちゃんは

「こいつは美術学校へ行きたいらしいんだ。よろしく頼む」と伝えてくれた。

「わかった。乗りな」

そうかぁ。ここで乗り換えんのか。おっちゃん疑ってごめん。ありがとう

バスに再び揺られる。


ん・・・?なんか来た道を戻ってる気が・・・


で、結局もと来た地下鉄の駅に戻ってきてしまった。

「え?なんでだ?逆方向へ行くんか」

運ちゃんに「俺、美術学校で降りたいんだけどこの先なの?」と聞くと

運ちゃんは明らかに「ヤベッ」という表情をして


「オートラ、オートラ(もう一回、もう一回)」







・・・・。







って

「オートラ、オートラ」じゃねぇだろう!!
がら空きの遊園地じゃねーんだぞ?なにが悲しくて路線バスをもう一回乗らなきゃいけねぇんだよ!!

まぁまぁまぁ。
仕方ない。この時は笑って、「わかったよ」と許す。

運ちゃんは乗車賃3ペソを違うバスの運ちゃんに渡し、

「すまねぇ。こいつは美術学校へ行きたいらしいんだ。連れてってやってくれ」
既に時間は11時半。タクシーで行こうかと思ったけど、そのまま乗車。

で、再びバスに揺られる。

「30分も遅刻だ。でも30分ならメキシコでは許容範囲だろう
・・・って、あれ?さっき降りたところ過ぎちゃったけど・・・?

さすがにねぇよなぁ。運ちゃんに

「え?俺美術学校行きたいんだよ?わかってる?」

するとまたもや「はっ!しまった!!」みたいな表情をし

「すまねぇ。通り過ぎちまった・・・。また折り返す違うバスに乗ってくれ」




いつ以来だろう?海外でこんなに怒ったのは。
学生の時、初めて東南アジアをバックパックで周ってた時は騙されたらよく怒っていた。
それが、舐められないようにする手段だと思っていた。
だけど、旅が慣れてくるにつれ怒らなくなって、逆に笑って許せるようになった。


わかってる。騙されたんじゃない。忘れてしまっただけだ。怒ることじゃない。人間誰しも間違いはある。

でも・・・







うが~~~~~~

ふざけんな~~~!!お前等は一体何回バスに乗らせれば気が済むんだよ!
3回目だぞ!?考えらんねぇよ。まじで!?


思いっきり日本語で。



運ちゃんはさすがに申し訳なさそうに、また違う運ちゃんに3ペソを渡しながら

「こいつは、美術学校へ行きたいんだ。くれぐれも頼む。」

商売っ気の強いアジアの人間なら、自分の利益最優先に考えるから利益にならないことはしない。自分が間違っても、バスに乗ってるのだから絶対に料金は請求される。

だけど、メキシコ人は自分の非を認め、料金は請求しない。
優しいんだ。メキシコ人。だけどもっと商売っ気出していこうよぉ

今回の運ちゃんは、信用のおける人柄だったけど、運転席にへばり付いて、忘れられないようにチェックした。
既に、時間は12時15分。もう駄目だろう。
なんちゅう大遅刻。なんで短距離バスを2時間も乗ってるんだろう・・・?

今回の運ちゃんは、しっかり降ろしてくれた

時間12時半。

本当は楽しい再会の日になるはずが・・・


あぁ。さすがにもういねぇだろうなぁ

ベアトリスとの再会。ラテンのノリ編 

うおっしゃ~~~~~P1020791.jpg
会えたぜ~~~~~~~~



もう絶対に会えないかと思っていた。肩を落とし学校へ行ったけどやっぱりいなかった。

そりゃそうだよなぁ。1時間半の遅刻は僕の人生で一番の大遅刻だ。


・・・ん!?


あ~~~~!!!ベアトリス~~~~~~!!!



向こうから笑顔で近づいてくるのは、間違いなくベアトリスだった


「本当にごめん!!!バスで全然降ろしてもらえなくて・・・」

そんなことも全然気にしてない様子で

「いいのよ。なんかあったのかと思ったよ」と

もうとにかく申し訳なかったけど、会えて本当によかった。

彼女のアパートに行くと、大勢の友達が向かいいれてくれた。

さっそくビールを大量に買ってきて、気持ち良い午後の日差しの中ビールを煽る。

ヘナ(染料を使ったナチュラルタトゥー)で遊ぶ、女の子
P1020789.jpg

外人はモノクロ似合うなぁ
P1020790.jpg

夕方からさらに大量のビールを買ってソチミルコ水路へ

日曜という事もあり、ソチミルコは物凄く賑わっていた。

友達を待つ
P1020792.jpg

待ちきれず、その場で座って酒を飲み盛り上がる。
P1020793.jpg

ラテンのノリってか学生ノリ。
P1020794.jpg

なんかこういう感じ懐かしいなぁ

やがて友達も合流して、船に乗り込む。
P1020799.jpg

もう盛り上がりかたが半端じゃない

歌い
P1020795.jpg
踊り
P1020796.jpg
叫び
P1020798.jpg
笑う。
P1020797.jpg

ビールもめちゃめちゃ飲むから、トイレ休憩数限りなし。

始めのうちは店のトイレを借りてたけど、そのうちに草むらにつけて貰ってみんなそこいらでする。

立っションすらテンション高い。

で驚いた。男に混じり10M先くらいに普通に草むらで用をたす友達の女の子

これにはさすがにカルチャーショック。

すげぇな。ラテン







・・・・!

いやいや、見てたわけじゃないですよ。
視界にチラっと入っただけです。

本当だよぅ・・・


しっかしみんなテンションすげぇなぁ。
その中で一緒になって馬鹿騒ぎできたのは凄い幸せだった。

旅とは出会い。バックパッカー時代ではこんなことになりえなかった。自転車という特殊な旅が、どんどん素敵な出会いを呼び込む。

・・・トイレのくだりの後じゃ真面目なこと書いてもしまんないっすね。

みんなに盛大な別れを告げられ岐路についた

そうそう、帰り友達のアパートに寄り、こんな可愛い子を紹介させた






P1020800.jpg

もうちょ~~~~かわいかった~~~~~~

Este es el ヤマトダマシイ 

うぉっ・・・・・・















っっっっっるぅぁーーーーーーーー!!!












どーーーーーーーーーーーーーーーん!!                                                           P1020857_convert_20100307020156[1]
      
               どうじゃーー。がはははは


               日本酒 「松竹梅」   1500ml   260ペソ也



テキーラに対抗出来るのは、お前しかいねぇ~~~~~~~~

注:既に酔っ払い。


シテイでの日常 

脈略なく写真でシティを振り返ります

大都会
P1020860.jpg

トローリーバス。見たことないのに懐かしいって思える不思議さ
P1020861.jpg

交通整理。絵になるけどあんま意味なし。
P1020862.jpg

スペインに壊されたアステカの遺跡。
P1020863.jpg

この日また夢ひとつ叶う。
P1020864.jpg

梅?
P1020865.jpg

可愛い街並み。トゥーラへ向かう途中。
P1020866.jpg

実はお巡りさんに連れてってもらった。
P1020896.jpg

冷たい海鮮スープ。
生牡蠣入ってますけど・・・。
P1020867.jpg
南無三。いったれ~

こんなタワーに登り、
P1020868.jpg

こんな夜景をみる。
もちろん一人で行ったんじゃありません。
P1020869.jpg

ここで再会し、2週間一緒に過ごした服部君との別れ
P1020871.jpg

とある日の穏やかな夕方宿の屋上にて
P1020872.jpg
マサさんは美容師さん。手に職があるっていいなぁ。
のんびり時間が流れる。こういうのっていいなぁ

うまいタコス屋があると聞き、足を伸ばす。
P1020873.jpg
みんなでわいわい。

壁画。ディエゴリベラは有名人。
P1020874.jpg

近代美術館。
ちなみにこれは、作品ではなく単なる消火器。なんとなく。
P1020875.jpg

動物園は無料で入れる
ダレパンダ。ぼりぼりぼりと腹をかく姿はまさにオヤジ。
右手が愛らしい。
P1020876.jpg

ちょいちょい。プライドプライド
P1020877.jpg

サイ。なんか好き。
P1020879.jpg

荷物で席取りなんて日本だけかと思った。
P1020880.jpg

日本食。定食割と安い。がちゃんぽんも頼んだのはやりすぎでした。
P1020881.jpg

買出し。みんなで自炊。

こんな落書きなら許せる。
P1020897.jpg

はぁ。一体いつになったら出れるんだろう・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。