スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に最も向かない本 

日本から荷物を送ってもらう時、本も送ってと頼んでおいた。

前回送ってもらった時は、「孤高の人」上下巻だった。内容は面白かったが、2冊だと自転車旅にはちと重い。

今回は一冊でいいよと念を押した。

で、荷物が届いた。





浅田次郎 「プリズンホテル」





夏・秋・冬・春





全四巻

P1030412.jpg
すでに夏は読み終え旅人にあげている


・・・・。一体何事?なんで一冊でいいって言ったのに4冊に増えてんだよ・・・





でも、一緒に添えられていた手紙にこう書いてあった。




スペインに住んでるおじさんが、「プリズンホテル 冬」を置いていった。

おじさんから面白かったと言われた母は、全四巻買って送ってくれたのだ。






それならしょうがない。必死に読んで、後は旅人にあげよう。



夏をメキシコシティで読み終えた。面白くすぐ読めた。






で、秋。これも面白い。
これの帯と、後ろに載ってる解説は、アナウンサーの安藤優子さんだった。
P1030414.jpg

その文面からも安藤さんのプリズンホテルの入れ込みようが伝わってくる






で、三巻目の冬に手をつけた。何故か他の3冊は新しいのに、この冬の巻だけ妙にボロイ。

そうか。そういえば、おじさんが置いていったのってこれだったな。


ぱっと表紙を開いた




ん?なんじゃこりゃ





・・・・。



P1030413.jpg


え~~~~~~!!!!!
安藤優子さんからプレゼントされた本だと~~~~~~!!!!

おじさん!何の因果でそんなことになってんのよ!!
それならそうと大事に持って帰んなきゃ!安藤さんは入院した時にこのプリズンホテルを何度も読み返したって解説に書いてあったぞ~~~!







てか、てか、てか











サインのひとつでも入れて貰え~~~~笑










これで僕は、読んでも捨てられないという旅にはもっとも向かない本を手に入れてしまった。しかも、安藤さんからプレゼントされたという叔父の直筆のみ残る、到底プレミアがつきそうにないこの本をもって、今日も明日も僕は走らねばならない。




旅に最も向かない本
スポンサーサイト

素敵寄り道。ミトラ村 

結局オアハカは丸一日回っただけだったが、今日出発することにした。
オアハカの近郊にはミトラという遺跡があるらしいが、これからユカタン半島の遺跡も見るし、まぁスルーしてもいいかなと考えた。

次向かうは太平洋の程近く、テウアンテペックだ。

宿のおっちゃんに「これからテウアンテペックに抜ける」と伝えると嬉しそうに

「おっと。それじゃ、山岳地帯だな。一旦上って、海に向かって下るコースだ」

と、つまりそういうことらしい。まぁ今更なんだっていいけど・・・

郊外に抜けてもずっと盆地が続き、平坦な道をしばらく走っていた。
P1030507.jpg

テウアンテペック方面にミトラがある。始めは全然気にならなかったけど、以外にミトラは寄り道出来るところにあるようだ。


ん~。どうしようかなぁ


快調に距離を延ばし、決心がつかないまま分かれ道に着いた。
P1030508.jpg

左に折れればミトラ遺跡。以外に近く後4キロほどらしい。
右はそのままテウアンテペック。ミトラは4キロだが、遺跡を見る時間を入れれば予定が大幅に遅れる

この期に及んで、しばらく悩んでいた。

現在12時前。走行距離45キロ。

さて








・・・せっかくだからミトラ行くかぁ。






そもそも予定なんてないのだ。僕は左にハンドルを切った。

すぐに田舎道になった。

テキーラを作ってるらしい。アガベといいこれからテキーラを作る
P1030509.jpg

日本的!!
P1030510.jpg

そんなこんなであっという間にミトラ遺跡のあるミトラ村に到着。

またこの村が







いい!!

P1030516.jpg







すごくいい!!

P1030512.jpg







ほんとにのどかで、のんびりしてる。僕はこの村がいっぺんで気に入ってしまった。
僕のイメージしていたオアハカはまさにこんな所だ。

気に入ったので、本日の走行終了。まだ12時だけど・・・
ホテルを探そう!!

いい感じのホテルも有った。
P1030511.jpg

右上注目(笑)

シャワーを浴び、昼飯を食べようと外に出たんだけど。


ビール買って帰って来ちゃいました。
P1030513.jpg

へへへっ

午前中だけだけど48キロ走ったし、シャワー浴びて喉カラカラだし、めっちゃ天気いいし。

部屋の前の木陰で「プッシュ!!」
P1030514.jpg

たまんねぇ~。まさにこの為に走ってんだな。

視線の先はこんな感じ。まさにビール日和。
P1030515.jpg

さてほろ酔い気分で昼飯を食べに行き、その足でミトラ遺跡へ。

それにしても本当に穏やかな村だな。ここは。
P1030517.jpg

村の一本しかない通りを上がった先が遺跡になっていた




ここ以外によかった。

はっきり言って見応え的にはモンテアルバンの方が全然勝ってるが、個人的な好みでは断然ミトラの方がよかった。

こんなモザイクが綺麗な遺跡。
P1030522.jpg

P1030523.jpg

なんか抱きついてその腕の長さで寿命を測るみたいな
P1030521.jpg


酔っ払いが行きま~っす。
P1030518.jpg

うおっしゃ~
P1030519.jpg

ジャ~ンプ
P1030520.jpg
え?特に意味はないっす。酔っ払いですもの。

そういえばオリンピック真央ちゃんどうだった?

ほとんど観光客が居なかったのもよかったね。

暑いから水は必須。
P1030524.jpg


で再び村へ

この村は三輪のバイクタクシーが多い。
P1030527.jpg
タイではトゥクトゥク。インドではオートリキシャ。メキシコではなんて言うんだろう。
P1030526.jpg

驚いた事に以外に女性ドライバーが多い
確かにこの小さい村では行く所なんて決まってるだろうし、小回りの効くこの乗り物は乗りやすいと思うが、アジアなどの途上国、メキシコの他の地域でも女性ドライバーは見たことがなかった。
最近旅行者を狙うタクシー強盗が流行ってるらしいけど、逆にタクシーは狙われるケースはもっと多いだろう。女性なら特にだ。
もちろん襲われてもすぐ逃げられるバイタクだが、やはりこの村が穏やかで治安がいい証拠だろう。

さてホテルで一眠りした後は、夕暮れの街を散歩

ほとんどが、オアハカから日帰りで来る観光客ばっかりなので、夕方ふらついて買い物している外人が珍しいようで

「あんた今日この村に泊まるのかい?めずらしいね。この村はどうかね?」

なんて聞かれる

「もう。すげ~最高だよ」



すごい素敵な寄り道になりました。


Oaxaca - Mitla 48キロ

辿り着いたその町は 

P1030621.jpg
ぐ~っと緩いカーブの下り坂を降りていくと、ようやく目の前から嫌がらせの様に続いた山岳が消えた。

よ、よっしゃ~。もうちょっと~。
あの先が、テウアンテペックの町になってるはずだ。

やっぱ山岳地帯の220キロを2日で走るのはちょっときつかったなぁ。




ミトラを出てから山岳地帯に突入した。
永遠と思えるほどの上り坂の後は、これまた永遠と思えるほどの長い下り。
P1030613.jpg

これを延々繰り返す。

たまにこんな小さな村を抜けて、
P1030614.jpg

またひたすら走る。標高が1000mを切ると、日本の真夏にクーラーの室外機の前に立ってるような、熱風が襲ってくる。坂を下ってても暑い。なんてこった。

目的のテウアンテペックの町まで220キロくらいと確認済みだったので、今日の目標は半分の110キロ。

と、思ってたが意外に野宿するスペースがなさそうだったので96キロ地点にあった、何故か名前が「海老」という山奥の小さな村に一軒だけあったホテルに投宿。
ミトラが都会に見えるほど、この海老には何もない。当然観光客はいない。

町の端から端まで15分。
P1030615.jpg

この町も三輪タクシーのドライバーは女の子が多いなぁ

と思ってたら、4回は同じ子とすれ違っていた。

こんな山奥の村で育ったら素直に育ちそうだなぁ。
P1030616.jpg

なんとなくこの「海老」好きでした。
P1030617.jpg

Mitla - El Camaron 96キロ



次の日。

特記することがないくらい、前日同様山岳地帯。

きゅ、休憩!!
P1030618.jpg
一応幹線道路なので、小さな村にはレストランのようなものはある。

イギリス人サイクリストとすれ違いました。
P1030619.jpg
一応幹線道路なので、観光客はいなくてもサイクリストとすれ違うことはある。

って焼け方半端ねぇ・・・
P1030620.jpg
同じ人間の皮膚とは思えない。


でなんとこさテウアンテペックの町に着いた。
P1030622.jpg

初めての印象

なんじゃこりゃ。アジアみたいでごちゃごちゃして過ごしにくそうだな。
くそ暑いし、なんか汚いし。
他の国ではみたことないこんな独自の乗り物発達しちゃってるし・・・
P1030623.jpg
一応これタクシー。


それでもホテルに投宿した後ふらついてみる

・・・・。

P1030624.jpg

・・・・・・・・・。

P1030625.jpg


この頃と言えば、やれスペイン統治時代の綺麗なコロニアル建築であったり、近代的な都会であったり、穏やかな田舎であったり。思えば最近はめっちゃ綺麗な所を見てきた気がする。







そうじゃねぇだろ!メキシコ!!









そんなんじゃねぇだろ!!!俺!!!!







忘れていた。この訳のわからないごちゃ混ぜの世界。ドロドロと絡みつくような熱気と喧騒。汗と埃と排気ガスと果物とスパイスの匂い。人、人、人。




この有無を言わさぬ計り知れぬパワー。





この感じ。








たまんねぇ・・・







これが、メキシコだ。






そうだ。この感じがたまらないんだ。






この町にこれてよかった。この町好きです。
P1030626.jpg


El Camaron - Tehuantepec 123キロ

湘南に生まれてたら 

実はこのテウアンテペックあと20キロばかり走ると海の町に着く。

海はアンカレッジ以来9ヶ月見ていない。

僕は海の町、神奈川県は小田原育ちだが特に海に思い入れはない。ちょっと西に行くと湯河原、伊豆といった綺麗なサーフィン所。さらに東には言わずと知れた湘南の海が広がっている。

その誰もが心を躍らせる名所に挟まれているにも関わらず、小田原の海は残念ながら遊泳禁止の漁村だ。



アジがと蒲鉾にはうるさいが、地元に波を語るようなサーファーの友達は誰一人とていない。



もし隣町の大磯にでも生まれてたら、




「せっかく海が近いから、波でもみてくっかぁ」




などとひとり呟き、自転車にまたがり颯爽と海へ向かうんだろうが、幸か不幸か漁村育ちの僕はそんな気は微塵も起こらず、再び山岳地帯へ漕ぎ出すことにする。



前置きが長くなりました。ようはこの日あまり書くことがなかったってことです。笑



次の目的地のサンクリストバル デ ラスカサスは標高2000m以上あるらしいが、今日の所は海の見えない沿岸部を走るみたいだから、まぁ楽勝だろう。

こんなまっ平らな道路なんてすっごい久しぶり!
P1030627.jpg

気持ち良さそうでしょ?
P1030629.jpg

ところがどっこい、猛烈な向かい風&横風に煽られて最悪。

風が強いのに焼いてんじゃね~!炎と煙で死ぬかと思った。
P1030628.jpg

あぁ。こんなんなら風待ちでもう一泊すりゃよかったな

でも年がら年中風は強いみたい。
P1030630.jpg

P1030631.jpg



午前中はそんな強風に煽られたけど、午後は進路が変わったのと風自体の強さも弱まり、なんとか目的の町まで到着。平坦だったけど、疲れた。

地図上では小さいながら1000人以上の村らしいけど、標識にホテルの表記がなかったな。


「おっちゃ~ん。この町にホテルある?」
P1030632.jpg



「おぉ。なんだお前は?そんななりしてどこ行くんだよ?まぁとりあえず一杯飲んでけよ」


「いやいや。ホテルを探してるんだよ。それにもう夕暮れだしおっちゃん達に付き合ってる暇は・・・」




あざ~っす!!
P1030633.jpg


「そうかアラスカからアルゼンチンまで行くのか?なんだ?あぁホテルか。それならこの先にあるぜ」



なんか南に来てからさらにラテンのノリが増してんなぁ。走ってても挨拶してくれるドライバー多いし、やたらビール薦めてくるし。



アジアだったらここから値段交渉の始まりだが、ラテンは本当にサラッと



「気をつけてな~」と気持ちよく見送ってくれる。

スゴイ!



さて、ホテルがあるって言ってたけど・・・



野宿に備えて、大量の水と食料を購入。



信用してないわけじゃないよ。念のためよ念のため。



町外れに、これまた町一軒だけの綺麗なホテルがあった。

値段も200ペソと、意外とリーズナブルでひと安心。
P1030634.jpg

明日からまた山岳地帯かぁ・・・


Tehuantepec – Zanatepec 111キロ

1800のヒルクライム。サンクリへ 

そう。サンクリストバル デ ラスカサス 通称サンクリが標高2100mに位置する事はわかっていた。

沿岸の町サナテペックから山になって徐々に標高を上げて行くのだろと。

確かに一回1000mまで上った。

だけど、サンクリまで残り50キロ地点での標高。






400m






・・・・。







死ぬ。







2200mまでダラダラ50キロ程上りたら峠は越えたようだ。
だからサンクリの町が見えてきた時は本当嬉しかった。
P1030695.jpg

思えばメキシコシティを出てから中間の目標地に定めていたサンクリストバル。
山ばっかの道を平均100キロ、13日間。いやいや良く頑張りました。


市街地をノロノロ抜け、中心地からちょっと離れた日本人宿へ
P1030698.jpg

サンフェルとは違い、「ザ・日本人宿」って感じ。
P1030696.jpg

この日は泊まってる7人もの長期旅行者が海に行ってるということもあり、ガラーンとしていた。
P1030697.jpg

でもどちらにせよこの日は疲れ果てていたので、早々に就寝。

次の日のんびり散歩
P1030703.jpg

このサンフェルという町。
P1030699.jpg

めちゃめちゃいい町。
P1030700.jpg

のんびりして、
P1030704.jpg

平屋建ての古い町並みが続く。
P1030701.jpg

元々はマヤ文明崩壊後、先住民が移り住んだのが初めらしい。
P1030702.jpg

スペインが建てたコロニアル都市は世界遺産にバンバンなってるのに、先住民が造ったこの小さな穏やかな都市は世界遺産じゃない。ここはそれくらいの価値はあると思う。
P1030705.jpg

ちょいちょい歩いて、やっぱまだ疲れがあるので宿にてゴロゴロすっかな。

モンスター読まないといけないし笑


San Cristobal de Las Casas

中間文書 告知させてもらいます 

すみません。ちょっと告知します


4月20日発売の『バイシクルマガジン』という自転車専門誌の18号にほんのちょっと僕の記事が出ます。

といっても、今世界を走ってる自転車世界一周の人達を集めた特集らしいから、ほんのちょっとだと思うけど・・・

どれくらいのスペースを割かれるのか、名前だけなのか、カラーページか、それとも後ろの誰も見ない広告とかの脇に紛れ込むのか・・・

わかりません。でも、出ます。 

よね?たぶん笑

そんなわけで、よかったらチェックしてみて下さい



あっ。告知ついでにもうひとつ

これまた4月20日発売の『サイクルスポーツ』5月号の安東さんって人の特集の後ろに名前とちょっとしたルートが出ます。

たぶん笑

これは完全に名前だけだけど。


以上告知でした。よかったら是非

のんびりサンクリデイズ 

さて、4月1日からの一週間は中米ではセマナサンタというキリスト教のイースターにあたるお祭りの最中でセントロなどの中心街は、どこも人で溢れている。
P1030801.jpg

その祭りを楽しみつつ、いろんな所に行って来た。

まず世界遺産であるマヤ文明の古代都市パレンケ遺跡。ちょうどいいツアーがあったので参加した。そのツアーは2つの滝も寄るというツアーだった。

滝。
P1030785.jpg
P1030786.jpg

以外に滝好き。すでに低地に降りてきてるので、涼しげでいい感じ。
P1030784.jpg

何故か毛並みのいいメキシコの野良犬。
P1030787.jpg
あっつそ。日陰を求めフラフラしてました。

二つ目の滝。
P1030788.jpg

裏側にも行けた。
P1030789.jpg

で、いよいよパレンケ遺跡。ここはマヤ文明が滅んでからずっと熱帯雨林の中に忘れられてきたという遺跡だ。

こんな感じだ
P1030790.jpg

P1030791.jpg

アステカ文明より複雑に造られており、惹きつけれる。
P1030793.jpg

P1030792.jpg

P1030794.jpg

ただ殺人的に暑かった。
P1030795.jpg

P1030796.jpg

でもせかっくなのでやっぱピラミッドには上る。
P1030797.jpg

行って正解。ここはめっちゃよかった。
P1030798.jpg

9時過ぎにサンクリに帰った時にはセマナサンタ真っ最中。
P1030799.jpg

他には先住民族のマヤ系インディヘナの多く住む村へ行ったり、
P1030802.jpg

P1030803.jpg

床屋行ったり、
P1030782.jpg
                  

                        ↓

P1030783.jpg
え?一年間伸ばす?そんなこと言ってました?笑

チョコのおいしいカフェに行ったり、
P1030800.jpg

マヤ文字勉強したり、
P1030804.jpg

P1030805.jpg

マンガ読んだり、

マンガ読んだり、

マンガ読んだり・・・



San Cristobal de Las Casas

メキシコ最後の日 

P1030811.jpg



・・・・。

やっぱりさぁ。居心地がいいんだよねぇ。日本人宿って。

実はここからバスでユカタン半島をバスで周遊しようと思ってたけど、実際のスタートラインに立つと、あまり呼ばれてない気がしたので、このままグアテマラに抜けます。

でもその前にこの日本人宿を強い精神力でもって抜けなければ。
長く留まれば留まるほど、抜けられなくなるのが長期旅行者の性だ。

褒めて頂きたい。

5日目の朝だ。
P1030810.jpg

うおっしゃ~。しゅっぱ~っつ。P1030809.jpg

ここからグアテマラの国境まで200キロもない。2日の距離だ。
P1030808.jpg

一泊目はコミタンという中規模の町。以外に綺麗
P1030806.jpg

P1030807.jpg

San Cristobal de Las Casas - Comitan 90キロ


コミタンからは一度上りを経て、一気に1000m下る

再びすげぇあちぃ。
P1030829.jpg

トウモロコシ畑とかめっちゃ穏やか。
P1030830.jpg

ちなみにこっちのトウモロコシは甘くないから、マヨネーズやらチリをかけて食べる。

前方に山岳が見えてきた。

あれがそのまんまグアテマラ。山が境界線で向こう
P1030831.jpg
が・・・

なんて甘いもんじゃない。グアテマラはめちゃめちゃ山岳国家。

よっしゃもうちょっと。
P1030832.jpg

ここがボーダー
P1030833.jpg

P1030835.jpg

いや~。なんもないねぇ。グアテマラからやってくる右も左もわからない旅行者をカモってやろうなんて輩はどこにもいない。

こんなのどかでいいの?国境って・・・

まだ3時だからこのまま行ってもよかったけど、今日はここまで。
ゆうても国境越えは体力使うし、歩き方でグアテマラの予習もしたいし。

100ペソの宿を取り、最近ちょっと違和感のあったクランクをチェック。
まぁ異常はないと思うけど念のため。


ガタガタ。

・・・。

めっちゃ緩んでる。本当俺元自転車屋かよ。もっと早く調べろよ・・・。
P1030834.jpg

いや~。ホローッテクⅡも緩むんですね。そりゃそうですよね。油断してました。
危ない危ない。

せっかくなので、一通りのメンテとクリーニングを施し、洋服の洗濯をすまし、イミグレで朝の開く時間を調べグアテマラに備える。

本当は両替もしておきたかったけど、日曜で銀行は休みだった。しっかし本当両替屋みたいなのがいない。

一応ちょっと歩いてみたけど本当になんもなさすぎるので、とっととビールを買って引き上げる。

夕飯は部屋の前でパスタを。こんな感じのモーテル風の造りをしているホテルでは割と自炊してる。
P1030841.jpg

さっ。明日はグアテマラだ!!

グアテマラ入国!! 

シェラのとある


P1030934.jpg

P1030933.jpg



また日本人宿に来ちゃいましたけど、なにか?


日本恋しくないですか?とか愚問だよね。すでに(笑)

グアテマラ国境から180キロ地点のケツァルテナンゴ。通称シェラ。
この町に来るのは少々寄り道だったけど、メキシコシティで会った友達がこの町でスペイン語の勉強をしているとのことだったので、やってきた。 


さて話はメキシコ・グアテマラ国境から

役人のおっちゃん俺の写真のページも見ないで出国スタンプ「ポン」
めっちゃ簡単だった。
P1030920.jpg


そこから4キロほどなんもない山の中を抜けるとグアテマラの国境が見えてくる。
P1030921.jpg

グアテマラ側のイミグレ。こっちもすごい簡単にスタンプゲット。
P1030922.jpg

P1030935.jpg

このスタンプというかビザはグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアの4カ国共通。昔の中米連邦共和国という実際この地域にあった国の名残。90日ビザだが、充分。楽チンだ。

ただツーリストカードの記入もなんもなかった。歩き方に陸路でも記入すると書いてあるので、おっちゃんに聞くと

「あぁ。それ?ないよ。スタンプだけ」

本当かよ?まぁいいや。出国の時もめたらごねよう。

グアテマラ側の国境は割りとごちゃごちゃした国境っぽい町になってた。
P1030923.jpg

P1030924.jpg

両替商が沢山いて、

「マネーチェンジ?マネーチェンジ?」

と寄って来る。確かにメキシコペソをグアテマラケツァールに交換しないといけない。
本来その国の通貨は使い切ってから出国するのがベストだが、このところなにもない国境ばかりだったので、わざとペソを残しておいた。

だけど、そんな寄って来る輩を相手にしてたら騙されるのがオチだ。俺はそんな甘くないぜ

ここは一回蹴散らす。

「いや、いらないよ」とまずは軽く、


「そうか。じゃぁな」



え?



それだけで去っちゃうの?俺本当は両替したいんだよ?ケツァールの時価あんま解ってないんだよ?カモらないの?

結局、みんな簡単に去っていくものだから最終的には

「両替して下さい。実はケツァール必要です」
って自分から

かっこわる。。。

P1030936.jpg

でケツァールゲット。
小額だが町までは充分。

やっぱり国境を越えると、雰囲気が変わる。人、町、空気感。
メキシコより民族色が強くなり、町はさらにごちゃごちゃし、ゴミも多い。
だけど、山に緑と川や湧き水などが流れ出し、心を和ませる。山岳国家らしく山に住居が張り付いてる。ちなみに最近まで内戦してたからか商店に鉄格子などが目立つ

それではご覧頂こう。これがグアテマラだ。








P1030926.jpg



なんじゃこりゃ・・・


上って
P1030928.jpg


上って
P1030932.jpg


上って
P1030925.jpg


・・・・。いや、死ぬ

雲が向こうの山脈に引っかかってるし、
P1030931.jpg

雨季でもなにのにスコール降るし、
P1030929.jpg

でも綺麗なんだなぁ
P1030930.jpg

結局都市部のシェラまで国境から2日。平地は皆無。

実はこの国境付近は山賊出没エリア。あぁ抜けられてよかった

シェラ・タカハウスにて 

P1040011.jpg



はっ!?



違う違う。俺はこの町にのんびりしに来たんじゃない。

せっかくなので僕もここでスペイン語を通おうと思って、いろいろと下見を・・・


・・・。
P1040028.jpg


・・・・。
P1040018.jpg


・・・・・・。
P1040023.jpg




や冗談です。


明日から個人レッスン&ホームステイです。
その前にちょっと3日間のブレイク中

ここタカハウスは本当居心地がいい。なんか毎回毎回こんなこと言ってるけど、これ本当。

この宿の晩御飯はみんなで割り勘して作るシェア飯。

買出しして、
P1040027.jpg

みんなで作る。しかも毎回結構がっつりちゃんと作る。
P1040015.jpg
P1040016.jpg

「今日は巻き寿司」って本当にすごい。
P1040024.jpg
P1040025.jpg

サッカーにも行ってきた。
P1040012.jpg

これが本当に面白い!!

まぁゲーム内容より、

こっちだよね。
P1040017.jpg

こんなんで
P1040020.jpg

こんなんで
P1040022.jpg


こんなん。
P1040021.jpg

まさに中米サッカー。こんな中でサッカーすんの?って感じ

歓声にブーイング。
集団でコントをしてるんじゃないかってくらいのリアクション。
こいつら面白すぎ。

その足で、今度はサルサバーへ

初サルサ。
P1040014.jpg

この日は無料でレッスンが受けれるらしい。

踊れたかって?

踊れるわけありません

でも、楽しければ良いのです。なんてったってラテンですもの。


そんなわけでシェラ満喫中
P1040026.jpg

ボビー洗濯中。めっちゃ可愛いぃ

ボビーだけど女の子♪


xela
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。