スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産の街で日本文学の探究 

世界遺産の町。アンティグアのとある日本人宿





P1040780_convert_20100528033211.jpg





・・・・。






毎日読みふけってますけど、何か?





スポンサーサイト

世界遺産 アンティグア 

さてアンティグアの日々を振り返ります。

マンガの日々だけじゃないって事をみせちゃります。笑

アンティグア。
P1040827.jpg

1543年に首都として機能していたが、1773年の地震で崩壊。
首都は現在のグアテマラシティに移された。

コロニアル都市という以外に、その時崩壊して打ち捨てられた廃墟の教会などが、魅力だ。

こーんな感じ。
P1040824.jpg

P1040825.jpg

こんなんが町中至る所にある。
P1040826.jpg

当然廃墟だけが魅力じゃない。
P1040856.jpg

P1040855.jpg

コーヒーが有名なアンティグア。

P1040834.jpg
こんなんがあるなんて知らなかったけど、スタバの豆にもグアテマラコーヒーが使われているらしい。

ワンコもコーヒー好き
P1040828.jpg

みんなで十字架の丘へ登り
P1040829.jpg

アンティグアの町を見下ろす。
P1040830.jpg

何故かお洒落な町には可愛い犬多し。
P1040831.jpg

すっごい狭いスペースなのに
P1040832.jpg

ここで荷物を受け取った。
P1040835.jpg

届かねぇなぁって思ってたら通知が届き郵便局へ取りに行った。

郵便局のおばちゃんが、

この荷物だいぶ前からあったわよって


なんじゃそりゃ~!!


こっちはハラハラしながら待ってたのに。さすがグアテマラ。

今回のメインはこいつ
P1040836.jpg

ここのパーツ。
P1040838.jpg
ちょっと前にがたついてたけど、やっぱダメでした。

左が正常。右異常。
P1040837.jpg
本来ベアリングは見えないはずが完全に見えちゃってます

直します。
P1040839.jpg

「思わず買っちゃったんですけど、バックに入らなそうなんであげます。」的なノリで
P1040868.jpg
さやかちゃんから貰い受けた旅の仲間。しばらくこいつと旅を進めます



そんなこんなで過ごしていると、シェラで会ったユウコちゃんが入ってきた。



「パカヤ火山行った?」

「うん。行ったよ。すげぇ良かった。でも夜も綺麗そうだからまた行きたいんだよね。」

「あっ、じゃ今日行く?」

「え?いまから?・・・いいね。じゃ行こう!」



旅人の会話はいつもシンプルだ。

行動派のユウコちゃんは、すぐさまチケットを抑え1時間後の出発になった。


う~ん。この行動力見習わねば・・・


順調に車で火山に向かっていたが、麓で引き返し違うルートで行くと言う。そんなこともあるのかとさらに揺られていると、展望台についた



P1040846.jpg



・・・なんかものっそい轟音とどろかして噴煙あげてるんですけど



大丈夫なのか?これ



まだまだ山の麓だって言うのに硫黄の濃い匂いが鼻をつく

この前いった溶岩の近くでもこんな匂いはしなかったのに。

やがて、小石みたいな火山灰が降ってきた。
P1040847.jpg


始めは面白がっていたけど、やがてこうなった。


P1040848.jpg


なんかやばくね・・・?


ガイドは引っ切り無しに連絡を取っている。やがて登らずに引き返すという決断が下った。

めっちゃ残念だが、しかたない。

遠くからでもこんなにくっきり溶岩の川が。
P1040849.jpg


肩を落とし帰って来て愚痴っぽく話をすると、

「いや、帰ってこれただけでもラッキーみたいだよ」って

何年か振りの大噴火で、地元の人も非難し土石流、マグマによって焼ける家、火山灰の黒い雨、一番活発だった午後5時ごろ噴火の石によって亡くなった人いたとこ事だった。

午後5時。丁度僕等が麓辺りに居た頃だ


翌日の新聞は全て一面にこの話題が出ていた
P1040852.jpg

P1040853.jpg

タイミングがいいんだか悪いんだか


3泊のつもりが10日間。

まっ、まぁこんなもんでしょう。

雨の日のアンティグア 

とある雨の一日




P1040862.jpg




なんでだろう










晴れてても、特に出掛けるでもなく宿で喋ったりウダウダしてるのに












雨で出掛けられないと、急に手持ち無沙汰になって暇を持て余すのは・・・










なんでだろう









こんな日に限って睡魔に襲われないのは









はぁ









暇すぎます











雨は依然強く降り続きます。












雨の日のアンティグア

実はこの日の雨はハリケーンだったそうな。翌日から道路は崩れるは橋は落ちるはで大変だった

グアテマラシティ 

雨季に入り久しぶりの夕日だったからかもしれない。


とにかくこの日グアテマラシティで見た夕焼けの町は、訳もなくめちゃめちゃ綺麗だった。



P1040921.jpg
P1040925.jpg

排気ガス、ほこり、前日降った火山灰。


それらがあわさり近くにあるのに関わらず、薄いベールが掛かっているようだった。


ちょっと歩いただけでも、目や喉が痛くなる。


ただ夕日に照らされると、それらが乱反射して全てが淡いオレンジ色に染まりキラキラ輝き、なんとも言えない心地よい空気に包まれる。
P1040926.jpg


この町にも忘れていた喧騒があった。
P1040927.jpg


ひっきりなしに通る車。通りを埋め尽くす店。人。人。人。



市場でふらふらしてると、店の人から声が掛かる。


ぱっと顔を見ると、


グアテマラの他の都市ではあまり見ない綺麗なスペイン系の女の子。


てっきりインディヘナのおばちゃんを想像していたのでかなり驚く。


こう言った事も首都を感じる一場面だ。


この夕日に包まれて、喧騒に飲まれる。
P1040924.jpg


ひとりになり、当たり前だが海外に居るんだなぁと今更ながら実感。
P1040922.jpg



そう。僕はこの日、中米最後の日本人宿ペンション田代を出発し文字通りの一人旅になった。


最後の記念撮影。
P1040928_20100604112809.jpg

実はここでフットサル大会に出るつもりだったが、火山の噴火と、ハリケーンで流れてしまった。最後にユニフォーム姿でみんなで撮った。

ここでも本当にいい出会いが沢山あった。

特に、ノブさん、ミヤコさん夫妻とはずっとシェア飯を一緒に作ったり、買出しをしたりと散々お世話になりました。
P1040929.jpg


いやでも本当みんなに感謝してます
P1040930.jpg


みんなの見送りを受け、石畳のアンティグアを抜けた。


向かうは治安が悪いともっぱら評判のグアテマラシティ。


距離は45キロ程だけど、山をひとつ越える。


当然しんどい。
P1040931.jpg


と、漕いでるとすれ違いざま一台バンから身を乗り出し、叫んでくる人がいた・・・


「お~い。がっく~ん」


本当に驚いた。上り坂で必死に漕いでたからうまく応えることが出来なかったけど、前方で止まってくれていた。


その車には、ノブさんとミヤコさんが乗っていた。二人はグアテマラシティ経由でメキシコへ向かう予定で、同じ方向に進む僕を探していたのだという。


一時間前に別れたばっかりだけど、やっぱり嬉しい。
本当に自然体のいい夫婦だった。またどこかで会いたいなぁ。


さて一山越えてどうやら首都の圏内に入った様だった。


このルート的には治安の良い新市街をかすめ、そのままエルサルバドル方面へ抜けるのがベスト。
P1040932.jpg

なんだけど、ホテルがべらぼうに高いので、治安の悪い旧市街へ入る。


それにしても、グアテマラと言ったって首都は首都だ。


車線変更がめちゃめちゃ多く、信号がないから左折に本当に苦労した。
P1040933.jpg


加えて先日降った火山灰で路肩は、埋まっちゃうほど灰が積もってるし。本当に首都の走行は最悪だ。
P1040935.jpg

軍隊も総動員
P1040936.jpg

革命の塔とかなんちゃら
P1040934.jpg

旧市街に入ると、道が狭くなり、建物がぼろくなった。

新市街が本当にアメリカの様な都会だったので、同じ都市でこれ程まで違うかと驚いてしまう。


それでもなんとか目星のつけてあった宿を探し当て、投宿。

いっそこのままホテルにずっと篭ってようかとも思ったが、評判の悪いグアテマラシティを逆に歩いてみたくなった。


見た感じ確かに治安の悪そうな所もある。


だけど、それさえも今日の夕日の前では、味のある途上国の一角のように映り、なんだかとてもよかった。



Antigua - Guatemala 45キロ

グアテマラ最終日 

とは言っても首都には用はないので一泊だけしてさっさと出発。
P1040937.jpg


それにしても首都は本当に泣けてくるくらい走りづらい。
車がガンガン走り、空気が非常に悪い。口の中がじゃりじゃりする。
昨日も書いたが車線変更が本当にしづらく、行きたい方向へなかなか行けない。
しかも急に車線変更の標識が出てくるから堪ったもんじゃない。

自転車に優しくない。本当にこの国の国技は自転車なんだろうか

標識も少ないから、こっちで合ってるのかどうかも不安になる。

ぶつくさ言いながらも
ようやくエルサルバドルを目指す標識発見。
P1040969.jpg


盆地を抜ける為に一旦山を上る
P1040971.jpg

しんどいけど、空気の悪さから開放されるだけでも有難い。
P1040970.jpg

峠からは、延々下り。
道良し、車少なく見通し良い緩い下り坂。
ノンブレーキでどもまでも行ける。この下りは本当に気持ちよかった


やがて標高は1000mを切った
周りの風景も空気も人も家も、それまでの山岳のそれではなく亜熱帯のものへと変わった。
P1040973.jpg


もわっと絡みつく様な熱気で、鬱蒼と茂るジャングルの中を進む。


暑い暑いと悶えてたら、かき氷屋を発見。飛び込む。
P1040974.jpg


氷にパウダーと生ライムを絞るだけで甘くない。
P1040975.jpg


さっぱりでめちゃめちゃうまい。


ここで昼飯。
P1040976.jpg


雨が降ったのは3日前だけど、依然水量多し。
P1040978.jpg


2時半とちょっと早いけど今日はここまで。

P1040979.jpg
プール付き。コテージ風。


浴槽まで付いていてちょっと感動。
通常グアテマラの安宿は、ガスが高いので水よりちょっとだけ暖かい電気シャワーの場合がほとんどだけど、ここのはガスで勢いも、熱さも申し分なし。


懇願して100ケツ(約1200円)で泊めて貰えました。
あざっす。
P1040980.jpg




でもまぁ何の為に走ってるって言われたら、





もちろんこの為でしょう!!旨すぎる・・・
P1040982.jpg

あんまガツガツ走ってもしょうがないっつの。
ビール飲んでゆっくり行きましょう

それはそうと
フットサルのユニホームはグアテマラシティのクラブチーム。
今日着て走ったらえらい評判がよかった。
P1040981.jpg


さすがに近隣の国じゃ着れないけど、ちょっと長く滞在する国だったらユニフォームを買って走るのも面白いかもしれない。


夕飯は久しぶりに部屋の前でパスタ
P1040988.jpg

明日は国境越えてエルサルバドルへ突入します

グアテマラいいところだったなぁ

Guatemala - Cuilapa 69キロ


エルサルバドル入国 

てっきりこのまま低地を走るのかと思ったら、またしっかり山突入。
P1050031.jpg

どうやらこの国は最後の最後まで休ませてはくれないようだ

関係ないけど、しっかりガンダム付いてます。片腕負傷中。
P1050032.jpg


別れ道。標識が少ないので、注意してみてないと迷ってしまう
P1050033.jpg


実はこの時、本当は1本前の道を曲がるはずが、見落としここで修正


でも割と気持ちいい道で、素敵な寄り道的な・・・。
P1050034.jpg


まぁ完全に強がりですが。笑


やがて小さな町を抜け、ぐーっと高度を落とすといよいよ国境が見えてくる。
P1050035.jpg
バジェ・ヌエボ ~ ラス・チナマス間 国境

両替商が寄って来るので適当に交換。
次のエルサルバドルはUSドルをそのまま使っている。


信用あるし、使い勝手はいいし楽だ。


だけど、両替商が吹っかけてきてるのに、価値を知ってるので一発で見破れる。
それはそれでいいんだけど、やっぱりちょっと味気ない。

それでもこんなところではいいレートで交換出来るはずもなく、彼等も儲けてるはずだがなんとなくクリーンなイメージだった。

もっと、訳のわからぬ紙幣を握らされて、全く価値も何もわからない。なんて不安と高揚感が有ったほうが、なんとなく国境を越えるという実感が沸く。

それはさておき出国審査へ。
P1050036.jpg

スタンプポンではい終了。

この国境は川を挟んで線が引かれている。その橋を越える。
P1050037.jpg

P1050039.jpg

エルサルバドル側の橋の上で、おっちゃんが手招きしてくるので止まると、
P1050038.jpg

その人が、入国の係員だった。

青空イミグレ。世間話を交えつつ、このご時世に手書きでパスポート情報や滞在日を書いている。ちなみに入国スタンプはない


なんかのどかでいいなぁ


橋を渡ると、また青空チェックがあった。

なんて非効率な・・・。バシッとイミグレ建ててそこですりゃいいのに

係員のおっちゃんは90日のビザをオーバーしてないか念入りに計算機を使って調べてる。

P1050042.jpg

上。2010年4月5日入国
下。2010年6月2日出国




・・・え?計算機使うまでもなくね?




一目瞭然で後一ヶ月残ってるじゃん!!



不慣れな人ならわかるけど、おっちゃん毎回ここでパスポートチェックしてんでしょ!?笑




うぅ~ん。のどかだなぁ・・・



まぁなにはともあれ5カ国目エルサルバドル入国です。



国境の町を抜け、商店で休憩。
P1050040.jpg
やっぱ国境越えは気を使う。ここでルートやお金の確認

夕方に目的地のアウアチャパンに着いた。そこそこの町だったけど、ホテルが全然なく人に聞きまくってたら、自転車乗りの人が連れて行ってくれた。


ここが非常に面白い宿だった。

おばちゃんが非常に明るく迎えてくれて、部屋を見せてくれた。

お世辞にも綺麗とは言えない。でも安ければ・・・


って12ドル。


う~ん、結構すんなぁ。


それでも本当にホテルがないのでここに決めた

ちなみにシャワーこんだけ。笑
P1050041.jpg

極めつけは、鍵が無いところ。

まぁ安宿に鍵がなく自分の南京錠でロックする所はザラにあるが、ここのはそうじゃない

なんとオートロック式の扉だ。閉めるとロックが掛かっちゃう。

始め「あぁそういえば鍵もらってねぇなぁ」っと思いおばちゃんに鍵を貰いに行った。




「鍵?あぁ。ウチないのよ」

「はっ?ない?なんで?」

「いや、始めは有ったんだけどね、みんな持って帰っちゃうのよ。そうすると鍵を交換しないといけないじゃない?だからないの。」

「・・・。」

「開けといていいわよ。私達の家族が誰か一人はここ居るし。それに私達は台湾からの移民だから安心して。日本人好きだし」


いやいやいやおばちゃん。そういう問題じゃないでしょう。




でもそう言われちゃ仕方ない。こんないい加減なところもあるんだなぁ

それでも直感信用できそうだったので、言われた通りに出掛けた。

町を一通り歩き、夕飯も済ませ帰ってくると、おばちゃんが


「あぁ、お帰り。今日は海鮮の炊き込みご飯作ったのよ。これ食べてみて。ちょっと、フランスパンも持ってきて」


既にお腹一杯だったが有難く頂く。

そのうち家族や友達も入ってきてわいわい盛り上がる。

こんな辺鄙な町にめったにアジア人ツーリストなど来ないのだろう。物凄く親切にしてもらった

ホテルのくせに、まるで民宿みたいな宿だった。

不思議で面白い宿だった


Cuilapa  ー Ahuachapan 90キロ


観光地? サンタ アナ 

宿のおばちゃんの言ったとおり、次の目的地サンタアナまでは多少のアップダウンはあるにせよほぼフラットだった。
P1050057.jpg

エルサルはこんな感じの地形らしい。

国が変わればなんとやら

ちなみにエルサルは観光資源に乏しく、歩き方に首都以外で載ってる都市はたった2つだ。

其のうちのひとつサンタアナはコロニアル調な都市らしい。
P1050061.jpg

う~ん。まぁ頑張ればコロニアルに見えなくもないけど、普通の町だなこりゃ

でもカテドラルは割りと立派。
P1050060.jpg



公園

P1050059.jpg


・・・・。



いやいやいや、そりゃそうでしょう。頼むよマジで




中心街はこんな看板が結構多い。
P1050058.jpg

人や活気もすごい
P1050062.jpg


だけど6時を過ぎると店という店が閉まっていく。
P1050072.jpg

食堂ですら閉まる。商売する気あんのか?

街灯もない、人もいない、食べるとこない。

治安は悪い感じしないけど、さすがに夜は出たくないなぁ



Auachapan - Santa Ana  35キロ

エルサルバドル首都 サンサルバドル 

サンタアナに2泊した後、首都サンサルバドルへ向けて出発した

あっつぅ
P1050169.jpg

今日も気温暑すぎです
P1050170.jpg

それでも道路状況はよくこーんな気持ちのいい木陰の道路を走る
P1050171.jpg



ん?なんか見えてきた




P1050172.jpg







わなわな・・・







P1050173.jpg




ミスドだ~。



やべぇ眩しすぎる。こりゃ行くっきゃない
P1050174.jpg

こんなショッピングセンターの中にある。
P1050175.jpg

近代的過ぎる・・・
P1050179.jpg


あった~
P1050176.jpg

バリエーションは少ないけど、まぎれもなくミスド。
P1050177.jpg

それでは頂きます。
P1050178.jpg



うん、うん。




うんうんうんうん。






甘っまぁ







しっかり中米テイストになってる。
でも生地は美味しかったからチョイスミスかも・・・

それにしても立派なモールだなぁ。
ドルだから外資系が入って来やすいのかも。発展に貢献してんだか吸い取ってんだか


さて、気を取り直して出発。
ちょっと山に差し掛かる。

暑い。僅かな日陰を求めては喘ぐの繰り返し。
P1050180.jpg

さっきのミスドの甘ったるさが、喉元で踊っている。

暑さと合間見えて、胃がもたれてる。

ちきしょう。あんな食べるんじゃなかった。

久しぶりとはいえ、なんも考えず外資系に飛びついてしまうとは、まだまだ甘い



それにしても空が青いと緑が綺麗だ
P1050181.jpg

P1050182.jpg



長い乾季が終わって、植物達には恵の雨が降る。

太陽が近いから影が色濃く刻み、空の青と、生き生きとした緑と白い雲。

この時期の晴れ間は最高に綺麗だ。



教会もよく映える。
P1050183.jpg

そうこうしてる間にセントロが近づく。
P1050184.jpg

エルサルは標識が多く解りやすい

やはり首都で車は多いにせよ、新市街は驚くほど近代的で整ってた。
P1050186.jpg

久しぶりのケンタと言ってももう飛びつきません。笑
P1050185.jpg





だけど、だんだんと旧市街に近づくと・・・






P1050187.jpg




なんじゃこりゃ




喧騒とかを通り越して




完全グッシャグッシャ。




P1050188.jpg



秩序もなんもあったもんじゃない


なんでこんな渋滞してんのに片側の車線は露天で埋め尽くされてんだろう・・・

P1050189.jpg




おい。おばはん!
露天のゴミを道路に撒き散らすな!道路はゴミ捨て場じゃねぇ!!








あぁ!こんな所で食べ物売るな!!








そして車の流れを堰き止めてまで、それを買うな!!!









ポリス!!突っ立ってねぇで仕事しろ仕事!!!






これを解消しねぇからいつまでたってもガイドブックに治安が悪いってレッテル貼られるんだろうが!!




見た目最悪だぞ!これ!!
俺がツアーで廻ってる客だったら間違いなくバスとホテルから一歩も出ねぇぞ!!







あぁ。ばあちゃん。そんなデカイ荷物抱えて飛び出しちゃダメだよ。









だから









道の真ん中でマンゴー売るな~~~~~!!!




P1050199.jpg





カオス





もうぐちゃぐちゃ。






う~ん




嫌いじゃないなぁ。笑




中心地からちょっと離れた安宿街に投宿し、さっそく町を歩いてみる。



ん?なんだあれ?
P1050194.jpg

正面からはこんな感じ
P1050190.jpg

ロサリオ教会・・・?
P1050193.jpg

歩き方にも載ってなく、何気なく入ってみたので本当に驚いた。


P1050192.jpg


こんな教会初めてだ。ステンドグラスが綺麗な教会は数あるけども、ここのは光の入り方が半端じゃない。

複雑な色の光は教会内全て覆ってる。

P1050201.jpg

正直ここで祈ろうとは思わないが、単純にこの綺麗さに圧倒された。



いや、しっかし本当町全体が市場のようだ。
P1050197.jpg

人多すぎ
P1050195.jpg

飲み屋街発見!!
P1050198.jpg

みんなまだ明るいうちから飲んでます。以外に中米は言ってからこういう所初めて。

雰囲気を体感する為に仕方なく俺もビールを・・・
P1050200.jpg

ちなみに日が高いうちは治安が悪い事はなさそうだ。

そんなこんなのサンサルバドル。

以外に好きでした。
P1050196.jpg


Santa Ana - San Salvador 69キロ

暑さと塩。 

若干の戒めというかなんというか

一日平均100キロは走りますよなどと、日本人宿で言っていたのに、アンティグアを発って45キロ、69キロ、90キロ、35キロ、69キロと一日たりとも100キロを走っていない。

ここサンサルバドルから次の大きい町まで135キロ。

途中いくつか町はあるけど、

一日で走ってやろうと、計画した。

これがそもそもの間違いだった。




首都のサンサルを以外に楽に抜け、郊外へさっさと出れた

サトウキビジュースをゲット。
P1050222.jpg

アジアではテッパンの飲み物だが、こっちは以外に少ない。

美味すぎる。。。


快調だった。道もいいし、ほぼフラットで順調に距離を延ばした
P1050223.jpg


ところが



昼を過ぎ標高が100mを切ったころ



暑さがとんでもない事になってきた



しかもそこから山岳地帯へ。と言っても緩いのぼりなんだけど




暑さで、ペースががた落ち。




空気を口から肺に送る。ただそれだけで




暑い。





たまに吹く頬を撫でる爽やかな風が





暑い。




すでに熊谷が、今年の最高記録です。と喜びそうな気温に達している。





サウナみたいに毛穴の一つ一つから汗が出てるのが分かる。





何故か一瞬鳥肌が立つ。それぐらい





暑い。






ちょっと走っては木陰で休み、走っては休みを繰り返す。






そのうち力が入らなくなってきた





店で冷たい水を買って休むもダメ。
P1050224.jpg





ちょっと横になるもダメ。





たぶん風邪とか体調不良ではない。単純にバテているのだ





その時、ハッと思った





さっきから水しか補給してないから、







たぶん塩分が足りねぇ








早速自転車を止め木陰で塩を一つまみ





ビックリした









うっっっっまぁ~~~~~~!!!











なにこれ!?塩めっちゃうまいんですけど!?






たぶん人生でこんなうまい塩を舐めたのは生まれて初めてだ。





もちろん今舐めたのは、岩塩でも、天然塩でもなく普通の安い食塩だ。





ようするにそれだけ失われてたって事だ。





お菓子で糖分と水から水分も補給。数分後漕ぎ出した。





体が全然違った。力が入る!漕げる!!





うおぉ~~~~。すげぇ!!







塩。すげぇ!!!







これまでこんな汗をかく日はなかったから解らなかったけど、やっぱ塩って重要なんだなぁ。





さって、こうなりゃガンガンに漕ぐだけだ






・・・。





あ~。やっべぇ。すっげぇあの場所野宿しやすそう






目的地のサンミゲルまで約25キロ。日没まで2時間。現在の走行距離109キロ。






う~~~~ん






や~めた!!





今日はここで野宿すんべ






正直走りたい気持ちはやまやまだったけど、薄暗くなった都市部を自転車で走るのはさすがにリスクが高い。






こんなとこ。



P1050225.jpg



採石場。門が閉まってたけど自転車一台分通れるスペースがあった。
でもさすがに切り崩した崖の下にテントは張れません





物置の前のスペースを失敬。

P1050226.jpg





久しぶりの野宿は汗でベトベトで、テントの中も暑く、堪んなかったけど、





ねっころがりテントのジッパーを空けて、星を見る夜はなんとも素敵だった。






あぁ。自転車で旅してんだなぁ





San Salvador - San Miguel 25キロ手前採石場 野宿  109キロ



野宿の後にサンミゲル 

野宿の夜も明け、10時前にはサンミゲルの町に着き投宿。
P1050229.jpg



扇風機のみで10ドル。クーラー付き15ドルって言われたらそりゃ、扇風機だけでいいって言うけどさぁ・・・。
P1050227.jpg





暑い暑いいいながら、とりあえず町をふらつく。
P1050228.jpg

なんか定食がだんだん東南アジアっぽくなってきた。
P1050230.jpg



しっかしこう暑いと



ビール飲むか、クーラー効いてるファストフードに行くかどっちかだなぁ
P1050231.jpg



San Miguel 25キロ手前採石場 - San Migel 25キロ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。