スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉リベンジ!!カハマルカはインカ風呂 

トルヒージョに着いた次の朝すぐ自転車を宿に預けて、バスでカハマルカへ向かった。

友達が来るのが3日後。その間トルヒージョで過ごしても良かったのだけど、カハマルカにはインカ帝国最後の皇帝アタワルパも度々足を運んだという折り紙付の温泉があるのだ。


そう、今回は



温泉リベンジ!!なのだ



エクアドルの温泉の雪辱を晴らすべく、片道6時間で再びアンデスに舞い戻るという暴挙に打って出た。

あっ、当然バスです。よろしく。笑

宿の兄ちゃんにカハマルカへバスを出してるバス会社の場所を聞き向かう。

何時に出るのか全然知らないが、6時間って事は午前中の便もあるはずだ。

バス会社まで歩いていき、尋ねてみる


「あの~、カハマルカまで行きたいんですけど」


「はいはい。今日ですか?12時15分発と夜の9時半発がありますけど」


「えっと。もっと早く出るのとかは・・・?」



「ありません。一日2便です」



・・・仕方あるめぇ。ここまで来て引き下がれっか。



「あっ、じゃ12時ので」



うん。まぁこれで今日はめでたく完全移動日になってしまった。

着くのは6時過ぎだから今日の温泉はもう無理だ。

仕方ない。これはあくまでリベンジなのだから多少きつくても行くのだ

バスは前半は昨日と同じ砂漠地帯。後半はアンデスの山に激しく向かっていった。

バスなのにこれから上るであろう、道が遥か上に見えたとき。


うげぇ。あそこまで上んのかよ~。


と思ってしまう。職業病


やがて山に囲まれた盆地に街の明かりが見えてきた。カハマルカの街だ。


バス会社に着いた時はとっぷり陽も暮れていたけど、7時前だったので歩いてセントロに向かう
IMG_8271.jpg

オレンジの街灯が暖かくて、綺麗でいい街だ
IMG_8270.jpg
IMG_8272.jpg

セントロの宿に投宿。明日の温泉に備える
IMG_8273.jpg


~~翌日~~


コレクティーボ(乗合いバン)を街角で捕まえ、早速バニョス・デル・インカ(インカの温泉)へ向かう

20分ほどで到着。ここがインカ風呂
IMG_8274.jpg


チケットカウンターがあるのだが、色んなタイプの浴室があるらしく一筋縄ではいかなそうな雰囲気。

カウンターのおねえちゃんに「で、どこにするの?」といわれ

目に付いたインペリアル(皇帝)を指定。皇帝ってくらいだから下手はされないだろう。
5ソル

中に入るとなるほど左右に個室風呂が立ち並んでいる
IMG_8278.jpg


インペリアルの標識を見つけて係員に聞く


「で、どうすりゃいいの?」


「今ね135番目なんだよ。君のは175だから後1時間後くらいかな。先に施設見学してきなよ」


今日は日曜日。順番待ちがあるらしい。時間がかかるダルさよりも、ちらっと見えたインペリアルの個室風呂がしっかりしてた事に、安堵し、言われた通り先に施設見学をしてくることにした。


園内にはこんな感じで湯畑が広がっている
IMG_8276.jpg


白い湯気がもくもくと立ち込め、温泉の匂いが辺りを包む
IMG_8277.jpg


触ってみると当然熱い。これはかなり期待が持てる。


一通り廻ってみる。プールやれなんやれがあるにせよ個室風呂の違いはほぼ無いように思えた。
で、一際古いこの温泉こそが、インカ最後の皇帝アタワルパが浸かり、そしてこの場でスペイン人征服者フランシスコ・ピサロに捕らえられたと言う温泉だ。
IMG_8275.jpg

歴史っすなぁ。早く温泉入りたい


施設見学も終え、さらに待つこと30分いよいよ僕の番がやってきた
IMG_8280.jpg


一回一回お湯を抜き洗ってくれます
IMG_8279.jpg

で、湯を張るのよ。
IMG_8281.jpg

わかる?この嬉しさが

で、いよいよ入るわけよ








完全に魂抜けちゃう声がでる








ここマジ最高。







不思議だった。インカ帝国の首都は遠く1000キロは離れたクスコ。これをわざわざあの険しいアンデスを越えて、何度も皇帝が足を運ぶだろうかと








運ぶわ。こりゃ。ここで囚われちゃうのだって仕方ないね。こりゃ








お湯と水の勢いは自分で調節出来るので丁度いい温度にキープ出来る。
しかも気温が涼しいので、まさに温泉に適している。








本当に気持ちよかった。グアテマラもいい温泉沢山あったけど、ここも本当に良かった。








リベンジは大成功を収めた。





ただ、行くとしたら混雑してない平日がお勧め。もうちょっとゆっくり疲れればベストだったけど、この混雑具合じゃそうは言ってられない。午前中はまだましだったけど、 僕が出る頃は、ものすごい混雑ぶりだった



カハマルカの町に戻ってきて、皇帝アタワルパが幽閉されてしまったクアルト・デ・レスカテに足を延ばす。
IMG_8282.jpg
(といってもセントロのど真ん中にある)

温泉からここに幽閉されたアタワルパは手を上にあげて壁に線を引いた
IMG_8283.jpg
向かって右側。なんか垂れ下がってる下に実際に線がまだ見える。

こんな感じに
IMG_8284.jpg

自分の解放と引き換えに、この高さまで金銀を集める事を約束。
だが、最終的にアタワルパは処刑される



温泉の後に歴史を感じるのは悪くない。



が、なんかすげぇ疲れた。



風呂ってすっげぇ体力使うのね。




知ってたけど、こんなに風呂で疲れたのは初めてだ。
久しぶりだったからなぁ



その後、昼寝ですっきり回復。風呂と昼寝はワンセットだな


ここもコロニアル都市。落ち着いてていい感じ
IMG_8285.jpg

丘の上へ
IMG_8387.jpg

IMG_8388.jpg

IMG_8389.jpg


ここのトゥクトゥクはかわいいなぁ
IMG_8390.jpg


市場を歩いたカハマルカ散歩
IMG_8286.jpg

本当は近隣に面白そうな所が無いわけじゃなかったけど、ツアーじゃないと行けないのと時間がないので、今回は温泉と町ブラのみ

でも充分楽しめた。

翌日の11時のバスで再び来た道を揺られる。



2泊3日の温泉リベンジ



439日目  Trujillo - Cajamarca バス移動

440日目 Cajamarca
スポンサーサイト

再会 遺跡 カレー トルヒージョ 前編 

温泉からトルヒージョに帰った翌日の昼過ぎ。集合場所と決めておいたホステルでサヤカちゃんと再会した。

サヤカちゃんはグアテマラのアンティグアで出合った中南米を旅する旅人。

残念ながら諸事情によりサヤカちゃんの写真を載せる事は出来ない。

でも諸事情を詳しくお伝えできない事の方が残念だ。

とにかくあっと驚くユニークな諸事情を抱えているサヤカちゃんと、ここトルヒージョで再会した。

町を散歩して、お茶して、夕飯はサヤカちゃんが数日後の帰国になるので、郷土料理が食べられるという、ちょっとお高めのレストランでセレブ食事。
IMG_8476.jpg

優雅なひと時でした。
チャリダーやバックパッカーにもこういう時間って絶対必要だ。

でお会計時。

サヤカちゃんが、僕がこの先の自転車の長旅だからここは私がと、制され結局ご馳走になってしまった。


すみません。本当にご馳走様でした。


ちなみにサヤカちゃんは2コ下です。
カッコ悪。俺。


・・・。いや本当すみませんでした。



日本に帰った日にゃ、がっつり奢らせて頂やす。



で、翌日はコレクティーボを乗り継いで太陽と月のワカに行ってみた
IMG_8477.jpg

まぁ平たく言えば遺跡なんだけど、歩き方をロストした為詳しくはあんま覚えてないっす。

こんな感じ。これ月のワカ。
IMG_8484.jpg
奥の三角錐の山はピラミッドではなく普通に山です

こんな感じ。
IMG_8478.jpg

IMG_8480.jpg

IMG_8482.jpg

綺麗に修復
IMG_8481.jpg

主に身分の高い人がここに住み、宗教的、政治的に使われていたんだと。確か。
IMG_8483.jpg

で、こっちが太陽のワカ。
IMG_8485.jpg

確か要塞として使われていた。


全てを見学し終えてトルヒージョまで帰ってきて、宿でのんびりしていた。


宿で飼われているインカドック。チャンチャン。女の子。
めちゃめちゃ愛想のいい子です。
IMG_8486.jpg





「夕飯どうしよっか?作る?」





そう、この時いろんなやり取りがあったと思う。で、出た結論






「カレーが食べたい」






・・・カレーっすか?カレーね。カレー。








・・・ふむ。








いや、確かに食べたいけどさ~







サヤカちゃんとはアンティグアでも一緒にシェア飯を作っていた。
サヤカちゃんとの料理の時は僕に料理の主導権を任される。





当然カレーのルーなんてこんな所にゃ売ってない。つまりカレー粉から作るわけだ。





ただ作れないわけじゃない。何回か旅人か粉から作るカレーを見てきたから。






だが、しかし・・・






自分が主催で作ったことがないから、正直どこに着地するのか全く見えてこない。







「カレーは、明日美紗ちゃん来るから明日美紗ちゃんに作って貰う事にして、違うのにしない?」







「え~。そうですかぁ。岳さん作って下さいよ~」







仕方ない。腹くくるか






で、メルカドとスーパーに買出しに行く。






かつて無いほど、レジ袋が重く感じる。






実際の重さじゃない。着地点の見えない料理に非常にプレッシャーを感じていた。笑






午後5時調理開始。









IMG_8488.jpg

赤ワインを飲みながら、のんびり作っていく。
こういうのって贅沢な時間だよね。
パックの安ワインでも、ワイングラスがあるとちょっと高級感があっていい。
あっ、実際南米はパックの安ワインでも美味しい。ってか俺は好き。





【買った食材】
玉ねぎ4コ。人参1本。ジャガイモ大2コ。豚バラ300gくらい。にんにく少々。トマト3コ。カレーパウダー。バター。


まず、玉ねぎ2コを薄く切り、大量のバターでよく炒める。
IMG_8487.jpg

キツネ色になりさらに炒めた所で、カレーパウダーを適量投入。ちょっとスパイスでニガッってなるくらい。

これでルーが完成。
IMG_8489.jpg
右のがルーになります。


後は通常のカレーの手順。小麦粉を入れないので、ジャガイモを気持ち小さめに切ってとろけさせる。



肉、野菜を炒めたら水をヒタヒタに入れて、コンソメ(コンソメだと思ってたらクミンでした。クミンでもOK)を入れて煮る。





ルー投入。
IMG_8490.jpg




そこからが、味を調える。

塩、チョコレート、赤ワイン、牛乳(と思ってたら甘いミルクだった)。まぁ適当。あるもので良さそうなの入れました。




ちょっとちょっと
なんかちゃんとしたカレーぽくない?
IMG_8491.jpg




ジャガイモが溶けてとろみがついたところで。




かんせ~い。

IMG_8492.jpg






どれどれ








うま~~い!!!






えっ。ちょ、なにこれ。めっちゃ美味いんですけど。







まさかここまでちゃんとしたカレーに仕上がるとは思わなかった。







さやかちゃんも、





「岳さん。これ女の子落とせますよ」とお墨付き。笑





とにかくミッション無事終了。





どうも、お粗末さまでした。





441日目 Cajamarca  -  Trujillo  バス移動

442日目  Trujillo




再会 遺跡 パスタ トルヒージョ 後編 

カレー晩餐会の次の朝、予定通り美紗ちゃんがやってきた。



美紗ちゃんはエクアドルのバニョスで別れた後、しばらくガラパゴスに行っていたので、自転車の僕より遅いトルヒージョ入りになったのだ。

美紗ちゃんとはコロンビア、エクアドルに続きペルーと三カ国連続の再会というバックパッカーとチャリダーでは、奇跡の確率を起こしている。笑


ちなみにサヤカちゃんと美紗ちゃんも、エクアドルで会っており、ワイワイと更に楽しく賑やかになった。

そんな訳で、今日は3人で世界遺産のチャンチャン遺跡へ向かう。
IMG_8493.jpg

すみません。ここでも歩き方ロスト。詳しくはわかりません

年間を通じてほとんど雨の降らなかったこの地域ならではの、土壁の遺跡。
ただ最近雨が降るので危機遺産にもなっている。
IMG_8494.jpg

アドベだっけ?こういうの。アメリカの南部のアルバカーキとかもこんなんで家をつくってたなぁ

南米の文明のレリーフは可愛いのが多い。
IMG_8499.jpg
IMG_8495.jpg

丁度学生の遠足の集団と重なり、代わる代わる一緒に写真を撮って!の大人気者になってしまった。
あまりにもみんなが撮るから、笑顔が引きつってくる


広大な敷地。
IMG_8497.jpg


以外に好きでした。この遺跡。それにみんなで行けば、なんだって楽しい。
IMG_8496.jpg

その後、博物館へ行き、トトラ漁がまだ行われてるというワンチャコ海岸へ足を延ばす
IMG_8501.jpg

左のがトトラ。

海岸なので当然海鮮。でもってビール。
IMG_8500.jpg

セビッチェうまし。

本当はもうちょっと居ても良かったんだけど、なんせ寒かったから、すぐトルヒージョに戻る。

明日、僕とサヤカちゃんは出発してしまうので、3人最後の夜。
IMG_8503.jpg




ラムにワインに・・・






旅人が久しぶりに再会したら当然話は尽きない







・・・・。







で、気づいた時には夜中の3時半。






えっ!?もう?
寝ないと~~~!!!







でも、時既に遅し。
ラムも、ワインも飲みつくし、3時半まで騒いでたら、当然翌朝走れる訳も、起きれる訳も無く、あえなく撃沈






帰国が迫るサヤカちゃんを朝見送り、深い2度ねと相成った。






まぁいいや。今日はオフ日にしてのんびりしよう。
ちょっとネットしたかったし。





IMG_8504.jpg
のんびりコカ茶タイム。
初コカ茶。コカインのコカの葉っぱを南米では、お茶でも飲む。
精製されてないコカの葉には幻覚作用はないけど、精製方法が確立されているから当然日本じゃお目にかかれない。

味はちょっと青臭いけど、緑茶みたいでまぁまぁいける。
高山病の予防にも効くらしい。まぁめっちゃ沿岸部ですが

夕食は、美紗ちゃんがトマトソースのパスタを作ってくれた。
IMG_8505.jpg

このホステルはキッチンも談話スペースも、ってか部屋以外は外にある。ただ今日は寒すぎたので、テーブルをドミの部屋へ持ってきそこで食べる事にした。



アンティークレストランへようこそ。
IMG_8511.jpg

雰囲気出すぎです。笑

こんな雰囲気あるのに5日前からこのドミ俺等しか客いない。もったいない


IMG_8509.jpg

いただきます。
IMG_8510.jpg


ほうれん草のトマトパスタ。

いや、本当。さすがです。
めちゃめちゃ美味かった。久しぶりにこんなうまいパスタを食べた。
いろいろ勉強になりました。ありがとうございます


今日は昨日の過ちを繰り返さないため11時に就寝




さやかちゃん。美紗ちゃん。
どうもありがとう!!
めちゃめちゃ楽しかった!!




再会 遺跡 パスタ トルヒージョ。




443日目 ~ 444日目   Trujillo

砂漠走行。リマまで 

トルヒージョを出てからの5日間。




砂漠!
IMG_8671.jpg




直線!!

IMG_8660.jpg




向かい風!!!

IMG_8675.jpg







終わり!!










このブログをこのままでも楽勝に終えられるほど、これしかなかった5日間だった。

トルヒージョを出てから次のチンボテまでは、ちょっと治安が良くないと聞いた。ただそれは自転車云々ではなくて、普通の治安の悪さだ

まぁ問題ないだろう

国道を走ってる時ポリスが横付けしてきたので、
IMG_8658.jpg

「リマまで行くんだけど、この道危なくない?」と聞いてみた

すると

「危なくないけど、常に周りに気をつけろ。携帯は持ってないのか?そうか。連絡くれたらすぐ駆けつけるのにな」


まぁ聞いていた話どおりかな。

昼飯はめし屋があったらめし屋で食べている

ロモ・サルタード。
IMG_8659.jpg
肉野菜定食みたいな感じ。味付けに醤油を使っていて、めっちゃうまい
てかペルーの料理は本当にレベル高い



あとは




砂!  
IMG_8677.jpg


砂!! 
 
IMG_8665.jpg


野宿!!!
IMG_8666.jpg
IMG_8667.jpg







砂! 
IMG_8668.jpg


砂!!
IMG_8669.jpg


犬!!!
IMG_8673.jpg

この子めちゃめちゃでかくて可愛かった
IMG_8674.jpg

じゃれてたら毎回ボーンって弾き飛ばされた










砂! 
IMG_8664.jpg

砂!!
IMG_8661.jpg

休憩!!!
IMG_8663.jpg









砂! 
IMG_8670.jpg


砂!!
IMG_8678.jpg


海!!!
IMG_8672.jpg

夕日
IMG_8681.jpg
IMG_8682.jpg




いや、ごめんなさい。だってずっと砂で書くこと無いんだもん。
IMG_8680.jpg

以下ちょい真面目な治安情報



治安情報。
トルヒージョ ~ チンボテ

上記の通り、ここもそこまで治安がいいとは言えない地域
僕は特別の対策を講じたわけではないが、印象として確かに強盗が潜みやすい地形は多々あった。
チンボテ以南は見通しが利くところが多い。
ただピウラ~トルヒージョ間より交通量がちょっと多い気がする。といっても少ないけど。

というのは、強盗に襲われたとしても、すぐ発見してもらえる可能性が高まる。

特にこの区間を走るドライバーはしきりに自転車にクラクションやパッシングで挨拶してくれるから、なんらかのアクションを起こしてくれるんじゃないか。

実際には素通りかもしれないけど、交通量が多くなると襲いづらくなると思う。
ピウラ~トルヒージョ間は本当に車が少なかったから。

チンボテの街の自体は普通の喧騒に溢れた町。治安も良くはないんだろうけど、問題ないと思う。


以上です


あくまで僕の走った感想です。情報収集はしっかりと


446日目 Trujillo - Chinbote 40キロ手前の砂漠 野宿 94キロ

447日目  Chinbote 40キロ手前の砂漠 - Casma 102キロ

448日目  Casma - Huarmey 81キロ

449日目  Huarmey - Patiullca 97キロ

450日目  Patiullca - Chancay20キロ手前の砂漠 野宿 102キロ
 

キラキラ中期、まったり長期 リマでの過ごし方 

砂漠を抜けようやくリマに到着した
IMG_8684.jpg

本当であればセントロの宿に泊まった方がなにかと便利なんだけど、実はリマにある日本人宿で荷物を受け取る手筈になっているので、郊外にある江田インBBに向かった

IMG_8683.jpg
この江田イン。
値段が少々高いのと、郊外にあるので、あまり長期旅行者は利用しない。

集まってくるのは短期から中期の旅行者がほとんどだ。

自転車で旅行していると告げると、本当に驚かれる。

長期の旅行者この頃会っていないので、凄く新鮮で面白い。

こんな超可愛い子猫ちゃん達が居た。
P1000040.jpg
P1000363.jpg
P1000364.jpg

この可愛さはちょっとずるい。
P1000600.jpg

ペコ。
P1000362.jpg

実はオーナーの枝光さんとは地元がめちゃめちゃ近く、ローカルトークで盛り上がった。ちなみに鴨宮。


江田インに泊まっている日本人はダラダラ過ごすことなく観光に出かける。


僕もリマの初日にある場所へ行った。







「今日どこ行ってきたんですか?」と僕






「えっと、新市街に行って公園行って、博物館行って、旧市街歩いてきました!!物凄く歩きましたよ」と中期旅行者







「えっ、じゃ岳さんはどこに行ってきたんですか?」







「うんと、日秘文化会館でマンガ読みふけってた」






「はいはい。で、それから?」






「あっ、いや。終わりです。午前中から閉館の6時までずっとマンガを・・・」







「あっ、へ~~~。マンガですかぁ」







キラキラした中期旅行者ならではのリアクションを観るのも好きだった。








次の日、セントロの宿に美紗ちゃんがいると言うので移った。





そんで聞いてみた。







「リマに着いてから何してた?」







「えっと、その辺ちょっとブラブラして、中華街で食べ歩きしただけ。全然街は観てないよ」







それでこそ長期旅行者。笑







「がっくんは?」








「俺は日秘文化会館でずっとマンガ読んでた」











「はははっ、いいねぇ」








リマの街でろくに観光せずに、中華街の街で食べ歩いたり、マンガ読んだり。








長期旅行者には、他の人からみたら「もったいない!!日本でも出来るじゃん!!」






と思われる行動をしばしばとる。







でも日本でも出来る事を海外で出来るって凄い貴重なのだ。







でもでも、リアルに日秘文化会館は凄かった。
P1000353.jpg


ペルーの日系人に日本に触れる機会をと作られたらしい。

それくらいペルーでは日本からの移民者が多く、当然日系人も多い。



後日触れる日系人の食堂や、前大統領のフジモリさんもそうだけど、この地位の確立には
相当の移民された方の努力が必要だっただろう。
P1000354.jpg




ロビーはこんなに綺麗
P1000360.jpg


日本庭園
P1000356.jpg



なんやかんや
P1000355.jpg


そしてほら!!
P1000357_20101014115016.jpg

ほらほら
P1000359.jpg

ほらほらほら~~~~!!!!
P1000358.jpg



この図書館の9割が日本語の本だ。マンガの量も半端じゃない。



すごくない!?ここペルーだよ!?

そりゃ読むでしょう!!

どんな観光地より価値あるでしょう!!!





午前中からマンガを読みあさって






ちょっと堕落したニート生活の雰囲気を楽しむべく





お昼にマック行っちゃったりなんかして
P1000361.jpg







そして気がつけば閉館時間の6時までぶっ続けてニート生活を楽しみました。






こんな堕落した日本を楽しめる施設が海外にあるなんて本当に奇跡に近い!!





いろいろもうご馳走様でした




451日目 Chancay20キロ手前の砂漠 - Lima 106キロ

452日目 Lima

453日目 Lima 9キロ

リマ アジア飯 万歳 

結局リマには11泊してしまった。

特にリマにはこれといった目玉になるような見所はない。
いや、ないことはないけど・・・

当初の予定では5日程で出る予定が倍以上に延びてしまったのは、このブログでも度々登場する美紗ちゃんとの5度目の再会を果たしたからだった。

毎晩ラムを飲明かし、昨日はラム飲み過ぎちゃったから休肝日にしようとワインを1リットル飽け、次の日ふたたびラムを煽る。

早い話が2人して軽く沈没していた。

そんなリマ沈没だったので、時系列はすっ飛ばして今日はリマのアジア飯にスポットを当てる。


注)今回は日本では当たり前の食がつらつらと紹介されるだけの日記です。海外を感じさせるものはほぼありませんのであしがらず。笑



リマのセントロの近くには中華街がある。
P1000601.jpg

この中華街は歩き方にも、「またセントロの近くには中華街がある」みたいな物凄く小さくついで紹介みたいな扱いを受けているが、長期旅行者には絶大な支持を集めている。

僕等も結果通いつめていた。

起きたら



今日どうしよっか?



そうだね、とりあえず中華街行ってみよっか。




みたいなノリ。

P1000606.jpg

P1000607.jpg





ではご紹介


P1000602.jpg

すごい!すごい!!すごい!!!

なにこれなにこれ!!どうなってんの!?マジで!?

なんてクオリティだ!!信じられない!!






欧米人もビックリのリアクション

物凄い世界遺産を観てもこのリアクションはなかなかでないと思う。笑




肉まん!

P1000603.jpg


春巻き!!

P1000604.jpg


シュウマイ!!!

P1000605.jpg

感動。パネェっす。涙ちょちょぎれ。



香港マーケット。
P1000608.jpg

この出前一丁のラインナップ!!!
わかる!?この感動ってかテンションの高さ。笑



うどん~~~~~!!!
P1000609.jpg



あ~~~~~!!!



うまい!!!




旨すぎる!!!!!



胡麻団子
P1000611.jpg




そしてこれが旅人憧れの・・・




どら焼きと、大福。
P1000620_20101014130435.jpg





・・・。






もうね。






なんつうかね






目で楽しむって日本食ではよく言うけど、







これは目で楽しむほかに







手に持った大福のプニッとした感触だけで美味しいって感じる。







震えるよ。






すっごいんだから。







餅とか、あんことか・・・








まいったよ。もう







言葉もねぇ








やられっぱなし。






これがしばらく日本を離れている食の重み






このクオリティは完全に日本のと同じだ。







しかも25円






そりゃ長期旅行者が観光そっちのけで通っちゃう訳だよ。






さらに






沖縄そば!!!
P1000622.jpg
P1000621.jpg





あ゛~~~~~~~~!!!!!








もう美味さ表現するのもめんどくさいくらい旨い!






極めつけは




韓国料理!
P1000616.jpg




やはりそこそこのお値段は致します。
僕はキムチチゲ、美紗ちゃんは石焼ビビンバ。
と後餃子を一皿。ビールはもちろん
P1000617.jpg




でも驚いた。




お通しというか付け合せの小鉢が出て来る出て来る。




あっという間にこんな感じに。
P1000618.jpg




マジで幸せすぎた。




これが日本食レストランだったら、同じ値段でもカツ丼!とか生姜焼き定食!!とか一品だけだけど、





今目の前にある食べきれんばかりの韓国料理。





これを幸せと呼ばずになんと呼ぶ。笑





どれも本当に美味しかった


P1000619.jpg



韓国料理屋ノダジ。ちなみに美紗ちゃんの持ってる06年の歩き方には載ってるけど、僕の最新の10年の歩き方には載ってない。

なぜここを削除した。歩き方!笑






食い倒れの街。リマ。

日本の当たり前が味わえる貴重な都市

P1000610.jpg



では最後に自炊も


美紗先生が作る卵の煮つけと、魚カレー。
P1000613.jpg
P1000614.jpg


めっちゃ旨かった。
P1000615.jpg



リマ。アジア飯万歳



Lima

写真で振り返るリマ 観光編 

今日は写真で振り返るリマです。

セントロの夕焼け
P1000623.jpg

カテドラル
P1000624.jpg

セントロのアルマス広場からの風景
P1000627.jpg

リマは街灯とライトアップのバランスが上手い気がする。なんか物凄く綺麗だ
P1000626.jpg

新市街ミラフローレス地区にあるショッピングモール
P1000629.jpg

ビックリするくらいお洒落
P1000628.jpg

当初ここでまったりビールでも飲みながら昼飯にしようかと言ってたけど、値段に打ちのめされてモール外の中華に落ち着く。

情けなし。俺。

同じくミラフローレスにある恋人達の公園
P1000630.jpg
こーんな抱きついてるカップルの像がお出迎え

旅行者には有名なスポットだけど、ビックリするくらいしょぼかった。







・・・・。







いや、別にひがんでる訳じゃ・・・笑







天野博物館。
P1000631.jpg


電話予約すると日本人が案内してくれて、プレインカ時代の土器や織物をわかり易く解説してくれる。


なんとかのワカ。
P1000632.jpg

すこぶる適当ですが、閉館時間だったので、外から観ただけ。



よっぱらお。いいですねぇ
P1000633.jpg



で、まぁ以上がリマです。一応抑えておいた記録として残しましたが、これ以降はちょとビックリするくらいのクオリティで是非是非お勧めしたい場所です。
リマで一番良かった場所です



その場所の事を最初に聞いたのはトルヒージョで再会したサヤカちゃんだった。




「なんかぁ。噴水で有名な公園があってぇ、夜がすっごく綺麗らしいですよ」





ちょっと気になってはいた。でもどこにあるかもわからない。
歩き方には当然載ってない、宿の情報ノートにあるだろうと思っていたら、それにも無かった。
半ば諦めていた時、ミラフローレスに行った帰りのコレクティーボから偶然この公園を発見した






あ~~~~!!!!

ちょいちょい!!あの公園じゃない !?

行ってみようよ~!!!!




で、行ってみた



ビックリした、ここ。




もうめちゃめちゃ綺麗。恋人達の公園なんて本当に足元にも及ばない





だってこんなんだよ。
P1000634.jpg

注)僕等ではありません。笑


これでもかってくらい豊富に水を噴出す噴水。
P1000635.jpg

音楽と光が噴水を照らし出し、刻々と色が変わる
P1000636.jpg
P1000637.jpg

なんてロマンティックな公園だろう
P1000647.jpg

注)重ねますが、僕等ではありません。笑。


こんなんや、
P1000638.jpg


こんなんがあったり
P1000639.jpg
P1000640.jpg

噴水のトンネル。
P1000641.jpg

よく考えてある。これは凄い
P1000642.jpg

遊べる噴水。
P1000644.jpg

数秒ごとに噴出口が変わる。中央まで辿り着ければ濡れないけど

こんなんが直撃したらびしょ濡れ必至。ちなみに気温は日本の冬の始まりくらい。
P1000643.jpg

でもみんなキャッキャッ言って遊んでる。

う~ん。リマっ子の心を掴むこの演出がうまい
P1000646.jpg

実際見てるだけでも綺麗で楽しい

この後噴水のスクリーンに映し出されるショーを楽しんで




4ソル!!(120円)




充分すぎるほど楽しめる


ここめちゃめちゃお勧めです


公園名 Ciruito Magico del Agua

アレキパ通り沿い。セントロからはタクナ通りからコレクティーボで




Lima

そしてチャリダーへ ある夜のリマでの出来事 

じゃ自転車やろうよ!?











う~ん。じゃやろうかなぁ・・・









いつも通りの自転車旅への誘いをいつもの様に軽く返されると思っていた僕には、予期せぬ返答だった。








正直自分が一番驚いた。







いや、言った美紗ちゃんが自分で一番驚いてるかも。笑







すでにベロベロに酔っ払っていた僕等。








えっ?まじ?








心の中でそう思った。









そして瞬間的に色んな事を思った。








美紗ちゃんが本当にチャリダーになってクスコまで行けるかどうかを・・・









まず、大都会リマ抜け、砂漠はどうだろう。








コンマ一秒後。








よし、それは何とかなる。










問題は・・・・










5000mのアンデス山脈。









いけぇ・・・・









・・・・るかぁ。5000mのアンデス。てか俺も上った事ねぇぞ・・・








頭でそんなことが過ぎりつつも、口では









行ける行ける。もうアンデスなんては楽勝楽勝。








美紗ちゃんと再会する度に恒例の冗談のように自転車旅に誘っていた。ここまできて引き下がれねぇ。







とりあえず明日一緒に自転車店に自転車を見に行くという事で話がまとまった。









というか、まとめた。







翌日、未だどうするか決めかねている美紗ちゃんとセントロ近くにある自転車店街へ
P1000767.jpg

自転車がなければ当然話にならないけど、ツーリングに耐えられそうな自転車があった。







そして・・・・








バックパッカーからチャリダーへ

P1000769.jpg






お買い上げありがとうございます。

P1000770.jpg







行くと決めた日の翌日に自転車購入。笑

P1000771.jpg







美紗ちゃん曰く












チャリダーになった理由
















ノリと勢い!!













だそうです。










女性は強しです。笑






そんな訳で、とりあえず自転車でクスコまで行こうと言うことで、2人旅の始まりです






457日目 Lima



旅のルート と 現在地 

旅のルートと現在地です

ルートマップ3

クリックで拡大します。


ブログではリマの滞在をアップしてますが、現在ちょっと進み地上絵のあるナスカに滞在中です。

ナスカの地上絵は本当に感動しました。後日アップしますのでお楽しみに。

また、ペルーのWifiとの相性が悪くコメントの返信が遅れてしまい申し訳ありません。

この先、明日からクスコに向けてアンデス山脈を走ります。
しばらく大きい町に寄らずに走るので、またしてもコメントの返信は遅れてしまうかもしれませんが、必ず返信しますので残していただけたら嬉しいです。

ブログはしばらく予約投稿という形をとっていますので、滞ることなくアップします。

お楽しみ頂けたら幸いです。

2010年10月24日 ナスカにて 昼間岳

バックパッカー リマのち ときどき チャリダー 

美紗ちゃんが自転車乗りになると決めてから5回目の朝。
P1000768.jpg


最速でバックパッカーからチャリダーへの転身を果たした。
P1000775.jpg


装備は僕のフロントバックをリアキャリアに引っ掛けて、その上に美紗ちゃんが使っていたバックパックを固定する
P1000778.jpg


一方僕のフロントには、アジアから中南米まで広く愛されるずた袋を使用
P1000776.jpg

重たさを感じさせない高級感溢れるフォルム。笑

どうにでもなってしまうところが、自転車旅のいい所




一通りの注意事項を確認。街を抜けるまで僕が先導する事に




不意にものすごい責任感が僕を襲う。



当然だ
元々ソロで走ってる人とペアランするのとはわけが違う。
僕がチャリダーにしてしまったのだ

無事に目的地のクスコまで走りきれるだろうか?


アンデスは上れるだろうか?


体に不調は出ないだろうか?


無事大都会リマを抜けられるだろうか?


そしてなにより、





自転車旅を楽しんでもらえるだろうか?






出発して、常にバックミラーで後ろを確認しゆっくり進む。

幸い高速であるパンアメリカンハイウェイが近くにあるので、比較的楽にセントロは脱出できる。

ただ、やはり首都。

物凄い交通量だし、分岐も多く気を使う。バスやコレクティーボが目の前に割り込んで急停車なんてざらだし、空気悪いし、騒音ひどいし

当然僕は首都の走行は好きではない。

だから始めアラスカの様なところからスタートすれば、そりゃ気持ち良くスタートを切れるけど、しょっぱないきなり大都会リマからなので、序盤で気持ちが萎えちゃうんじゃないかと心配だった。




ようやく止まれそうな陸橋があったので、問いかける






「どう?交通量多くて大変だとは思うけど、リマ抜ければよくなるから。行ける?」






すると、







「うん。怖いけど大丈夫!楽しいねぇ」








と笑顔で答えてきた








楽しい?この走りにくい大都会が!?









正直意外な返答だった







でも









彼女にとって初めて見る自転車からの海外の風景。

僕がアラスカで感じた感覚と一緒だ。

きっとなにもかも新鮮に映っているのだろう。

P1000781.jpg



僕も安心して先に進む






0キロ地点。ここから南へ。
P1000780.jpg


順調に来たけど、5車線の合流はさすがに困った。


途切れたら行くよ。なんて言ったけど、全然途切れる気配すらない



やばいなぁ・・・



と思っていると、一台の不審な動きをするトラックが近づいてきて渡れ渡れと合図を送ってくる。




渡れって言われても・・・







仕方ねぇ。なるようになれだ。





僕等がトラックの前を横切ろうとすると、トラックが僕等と一緒に車線を横切る動きをする。

その時、ようやくトラックの意図を理解した。


めちゃめちゃ有難かった。


僕等はトラックに守られて無事5車線の高速を渡りきれた。



2人とも大興奮でお礼を叫び、手を振った




トラックのおっちゃんも笑顔で手を振り返し、去っていった。



おっちゃん
眩しすぎるよ。あんた。かっこよすぎ。






都心部を抜けて郊外へ出ると、走りやすかった。

本当は、今日は初日だったのでちょっとで止めておく予定だったけど、ホテルが見つからず、初日から5時まで走ってしまった。

それでもなんとか街に入りホテルを見つけ一安心。

たぶんこの時の安心感は初めて自転車で海外を走った美紗ちゃんよりも、僕の方が大きかったと思う。笑




バックパッカー リマのち ときどき チャリダー










460日目 Lima - Lurin 47キロ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。