スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トトラの浮島 ウロス島 

ボリビアでの一泊旅行を終え、僕等はプーノ観光を楽しんだ
P1040336.jpg

土日に路上に立つ市をふらついたり
P1040337.jpg

晴れた気持ちいのいい日に、サンドウィッチを作って湖畔までピクニックに出掛けたり、
P1040339.jpg

P1040338.jpg

R0016078.jpg



セレブにパンケーキでブランチしたり
P1040340.jpg

ついついモフモフのアルパカさん買っちゃったり
P1040341.jpg


そしていよいよウロス島へ出掛けた
P1040342.jpg



雨期に入ったこの時期。午後はかなりの確率で雨が降るけど、

この日はどんぴしゃ朝からシトシト雨
P1040343.jpg

しかもめっちゃ寒い


船に揺られる事約30分

ウロス島が見えてきた
P1040344.jpg

まるで遊園地のアトラクション

トトラという葦を重ねて浮島を作りそこに生活をしている

「ウロス島」と言ってもひとつの島ではなく、大小様々な浮島の集まりを指す

そこに数家族から数十家族が暮らしている。いわいる集落で、島ごとの村長さんが居るらしい。


上から観るとこんな感じらしい
チチカカ
無題


船が着き、トトラに乗るとそこが確かに水の上と言う実感が沸く

フワフワしている

凄い。本当に湖に浮いてる。
P1040346.jpg

ウロス島についての説明を受ける
P1040345.jpg

トトラを束ねて島を作る。トトラは植物だから当然水に浸かってる部分から腐っていくので、定期的にトトラを積み重ねている

その上にトトラで出来た家を作り、

トトラで船を作り、
P1040352.jpg

トトラを燃やして食事を作り、更にトトラはそのまま食料になったりとまさにトトラづくし
P1040359.jpg

そこに土を轢いて畑を作り、
P1040355.jpg

生簀を作り魚を飼い生活をしている
P1040350.jpg

確かに湖の上
P1040357.jpg

P1040356.jpg


そんな驚く事ばかりのウロス島だけど、当然かなり観光地化されている

島についての説明が終わった後、2~3人に別れて島民の家に案内される

生活について見せましょうと言うのが建前と言うのは誰にでもわかる

まぁ当然こうなりまさぁなぁ
P1040348.jpg

でも、誰との取り決めか知らないけど、写真はいくら撮ってもチップは要求されない

お買い物はこちらのご婦人に任せて僕はさっさと退散
P1040349.jpg

ソーラーパネル
P1040358.jpg

やぐらに登ると・・・
P1040354.jpg

P1040360.jpg

こんな感じにトトラの群生地に島を作ってるのがよくわかる
P1040362_20101214071132.jpg

可愛い島がポコポコと浮いている
P1040361_20101214070933.jpg

しかし寒い。


この後次の島に移る


その手段としてこいつに乗ることが出来る。
P1040353.jpg

ガイドはしきりにこいつの良さを力説。別料金10ソルを取ろうとするが、

僕等は0.2秒で屋根付のボートに即決。

この雨の中このくそ寒そうなトトラ舟には10ソル貰っても断りたい

体温の高いこういうの大好きそうな欧米人でさえ、皆ボートに乗り込んだ


次の島はレストランやお土産屋のあるツーリスッティックな島だったけど、

さすがにこれには驚いた
P1040363_20101214071132.jpg

『郵便局』



トトラの浮島の浮かぶ世にも珍しいウロス島

思っていた通りの観光地化の激しさだった

それもそのはず。

植村直己さんの本で書いてあったが、当時植村さんがここに来た時も既に物凄い観光地化に衝撃をうけたらしい

それでも植村さんは、夜にこのウロス島に忍び込んで住人と一夜を明かした



現在は忍び込むまでもなくトトラに泊まれたり、テントを張ることも可能だという。




そんなワクワクすることも少なくなったチチカカ湖かもしれないが、




かつてスペインにプーノを追い出された先住民が、なんとかして湖に浮島を造りそこで生活を始めた。

そのウロス島から、戻ることの出来なかった故郷のプーノの町を眺めるのはなかなか深いものがある。

僕は割り切ってウロス島に行ったので充分楽しめた。


後で聞いた話だと、このウロス島でWifiが使えたという話を聞いた。

時代ってすげぇなぁ



523日目 ~ 525日目 Puno 

スポンサーサイト

プーノ それぞれの旅立ち 

ウロス島のツアーの次の日は雨期には珍しく一日中晴天だった

せっかくなのであの丘の上のコンドルを目指します
P1040626.jpg

こんなでっかい湖で周りも高い山ばっかりで忘れがちだけど
P1040627.jpg

4000mオーバーの展望台はしんどすぎ
P1040628_20101230205927.jpg

でもプーノとチチカカ湖が一望
P1040629_20101230205927.jpg


めっちゃ綺麗。
P1040630_20101230205926.jpg

その翌日。一足先に心&アズミ組が出発
P1040631_20101230205926.jpg

思えば4人で行動を始めて早一ヶ月

ずっと一緒に行動していた
P1040632_20101230210047.jpg



ルートが一緒だからまた会えるね~
次はラパスかね~




P1040633_20101230210046.jpg


なんてワイワイ準備して、感傷的な別れは一切無かったけど
P1040634_20101230210046.jpg

P1040635.jpg


2人を見送ったあと、無性に寂しさに包まれて

4人で使ってた部屋に戻ると、ものっすっごーく静かになっちゃった感が否めない。


僕等ものんびりしてられない。

なんとか用事を一日で詰め込んで済ませ、心さん達が出発した翌日に僕等もプーノを出発した


トラックものっそい煙吐いてるんっすけど・・・
P1040636.jpg


上天気!!
P1040637.jpg

P1040638.jpg


しばらくはチチカカ湖沿いの気持ちいい道を走る
P1040639.jpg


この辺りは本当にのどかで穏やかな風景が広がる
P1040641.jpg


この道はビザ繰りをしにボリビアにバスで行った際一度通っている。

その時は久しぶりのバス旅行でワクワクしたけど、

360度開けてる景色に

太陽の暖かさと

風が運んでくるその土地土地の匂い。

バスでは一瞬で何も感じることなく通り過ぎる世界。





つくづく思う






自転車はなんて自由な乗り物なんだと。
P1040640.jpg




この辺石垣多し
P1040642.jpg



この辺糸つむぎ多し
P1040643.jpg


隆起した時の名残?
P1040644.jpg


穏やかっすなぁ。
P1040645.jpg



目標のフリの町のちょっと手前で美紗ちゃんパンク
P1040647.jpg


出来るだけ、修理も教えてます。


パンクは完璧に修理済み。


夕方フリの町に滑り込む。
P1040646.jpg


急坂の町でめっちゃ疲れた


526日目 Puno

527日目 Puno 

528日目 Puno - Fuli 83キロ 標高3869

旅のルートと現在地 

旅のルートと現在地です

ルートマップ3

クリックで拡大します。

年明けからブログの更新が滞っていてすみません。

まず、めっちゃ元気です!!
そしてかなり遅いですが、明けましておめでとうございます!!!

ブログはボリビアに入るって所で止まってますが、

ぼちぼちアルゼンチンに入ります。笑

現在ボリビアのポトシという世界遺産の鉱山の街に滞在中です。
ボリビアに入り初めてネットがまともに使えています。

そんなわけで、大変遅くなりましたが再びブログ再開です。
ネタは溜まっているんですが、いかんせん回線が遅いのでどこまでアップ出来るかわかりませんが・・・

とにかくまぁ頑張ります

今年は雨が少なかったので、念願のウユニ塩湖も走ることが出来ました。

めっちゃ楽しかったので、フライングで2枚ほどプロモ写真を貼っておきます。
タイトル写真もウユニです

P1050705.jpg


P1050699.jpg
今年もよろしく~~~~!!!!


2011年1月20日 午後3時10分 ポトシ(ボリビア)にて  昼間 岳

ボリビアへ 

今日も雨期なのにめっちゃいい天気
P1040649.jpg

チチカカ湖がキラキラしてる
P1040650.jpg

この辺の風景が穏やかで本当に好きだった
P1040652.jpg
P1040654.jpg

P1040651.jpg

P1040656.jpg


きもちいいぃ
P1040655.jpg
P1040657.jpg



町がないとチチカカ湖もめちゃめちゃ綺麗
P1040658.jpg

贅沢な休憩時間
P1040659.jpg

佐川急便!!
P1040660.jpg

ちょっと感動

標高が高いからトレードマークのふんどしの赤が消えちゃってるけど。

ご利益薄いかなぁ


どっちからでも、ボリビアのラパスに行けるけど、

今回はユングヨ方面から、コパカバーナを抜けて

ここも気持ちのいい田舎道
P1040663.jpg

P1040662.jpg


P1040648.jpg


お世話になったインカコーラも飲み収め
P1040664.jpg

国境の街ユングヨで残りのソルを使って

やってきました。イミグレオフィス。
P1040665.jpg

先日来たばっかりなので、ちゃっちゃと出国



よっしゃ~。


P1040666.jpg



国境だ~~~~!!!!!



前回は歩いて越えたけど、やっぱ自転車で越える方が嬉しい

P1040667.jpg

P1040668.jpg



ありがと~。ペルー!!

まさか3ヶ月以上も居るとは思わなかった。




そして・・・



P1040669.jpg





ボリビアだ~~~~~!!!!






本当は30日しか貰えないビザをお願いして60日ゲット
P1040671.jpg


前回越えた時にもいたネコがまた居た。

P1040670.jpg



こいつめっちゃ可愛い




ボリビアの通過も地図も持ってるので、さっさと出発

といってものどか過ぎて滞在する意味無し
P1040672.jpg


ペルーに比べると道が悪いと言うボリビアだけど、ここいらはちょっと悪いくらい。


ラパスまで!!
P1040673.jpg


国境から8キロ走って


再びコパカバーナへ。
P1040675.jpg

P1040674.jpg

目星をつけておいた宿に入り、明日の太陽の島に備える。



529日目 Fuli(ペルー) - Copacabana(ボリビア) 63キロ

走り方 ペルー編 

ペルー編

【走行距離】
2490キロ 


【総走行距離】
2万329キロ (地球半周)



【日数】
92日間
(2010年9月16日~12月17日)



【ルート】
パンアメリカンハイウェイ(国道E35号線。)
ナスカ~クスコ~プーノ
路肩も広く非常に綺麗で走りやすい。
傾斜も激ユル。九十九折を延々繰り返すけど、ペルーの道路の作り方には愛があった。



【地図】
心さんからペルーの地図をコピーさせてもらったのでそれを使用。
ちなみに元のデータはこれ↓
http://topografia.jumaqui.com/Peru%20travel%20map.jpg

ペルー国内であればペルーの地図は入手は容易いが、他の国の地図はなかなか見なかった




【最高点】
4400m



【出入国】
エクアドル Macara - ペルー 町名なし。Macaraの一部の扱い

出国時に簡単な出国カード記入。手数料なし
橋の反対側のペルーのイミグレで入国カードを記入しスタンプを貰う。手数料なし。
間違えようの無い国境。ただ両替商が少ない。
ツーリストインフォメーションなし。地図を持っていなかったら、130キロ先のスジャーナまで行けば手に入ると思う。ATMもこの町にある


ペルー Yunguno - ボリビアkasani

ペルーの国境でイミグレと隣接している警察署でビザにスタンプを押してもらい、イミグレで出国スタンプを貰う。
賄賂、手数料なし。パスポートのコピーがいると聞いていたけど、2回とも徴収なし。
ボリビア側で入国カードを記入しスタンプを貰う。通常30日だけど、頼めば60日まで貰える。賄賂、手数料なし
ボリビア側に両替商はいるけど、銀行・ATMはない。ちなみにこのルートはラパスまでATMがないので注意。
USドルかソルをコパカバーナで両替するのがレートが良くベストかと思います。



【ビザ】
申請無しで3ヶ月
(一度隣国に出国して翌日再入国すれば再び3ヶ月ビザが貰える)



【治安】
首絞め強盗が盛んと噂のペルーだがいったって安全。
町歩きには問題は無い。

だだ北部チクラーヨ~トルヒージョ間は自転車乗りを狙った強盗が多発し危険

詳しくはこちら



【宿】
郊外にもあるけど、主にセントロのプラサ・デ・アルマス周辺に集中
小さい村でも聞けば、意外にあったりする。
アンデス山中は地図に載ってても廃村のような集落だったりする

平均 10ソル~20ソル位。
砂漠地帯は高く、アンデスは安い印象



【日本人宿&常宿】(定宿は日本語の情報ノートがあるかで判断)
■トルヒージョ エル・モチレロ (キッチン・ネット有り)盗難多し

■リマ BB江田イン(キッチン・ネットなし。浴槽あり)

■リマ サンフランシスコ(キッチン・ネット有り)

■クスコ ペンション八幡(キッチン有り・ネットなし)

■プーノ マンコカパックINN(キッチンなし・ネット有り)




【野宿】
野宿はかなりしやすいと思います。
特にアンデスは贅沢野営地がたくさんありました




【食事、食堂】
ペルーに入り食のレベルがめちゃめちゃ上がった
大体スープと飲み物が付き、2~3種類の中からメインを選ぶ

定食が約2.5ソル~5ソルくらい

特に沿岸部。めちゃめちゃうまいです

お勧めは、セビッチェ・ミラネサなどなどありますが、中でもアヒ・デ・ガジーナはカレーみたいでお勧め

インスタントラーメンは流通。
さらにタジャリンという焼きそばも登場。これもうまい
出前一丁はリマとクスコで購入可能。

【出前一丁】
リマ→中華街
クスコ→カテドラル向かって右のガトマート



【自転車屋】
ちゃんとした自転車屋はリマと、クスコくらい。
駆動系一通りそろう
その他面白パーツを狙うなら、プーノの北のフリアカにあった



【水】
基本ろ過するか、沸かすか、ミネラルウォーターを買っていた。
水道水を沸かすと、沸かした後の鍋に白い粉がつくようなクオリティなので生水は飲まない方が無難



【はまったお菓子】
■Margarita
P1050032_20110123053407.jpg

■Morochas
P1050033_20110123053407.jpg



【インターネット】
ネットカフェは広く流通
小さい町ではそこまで多くないけどある。
(日本語読めるけど、書けないが基本)
一時間 1ソルくらい
意外だけど無線ランは全然なかった、どこも不安定の電波しかない印象。
はっきりと使えたと言う実感のあるのは宿は、3ヶ月ちょっといてたった3回



【個人的好きな道】
ナスカ~クスコ間にある4000の高原



【ルート上にある世界遺産】
■チャンチャン遺跡地帯

■リマ市街

■ナスカの地上絵

■クスコ市街

■マチュピチュ歴史保護区 (自然・文化複合遺産)



【平均出費】
エクアドルやコロンビアに比べ、物価は安い方だと思う。
沿岸部の砂漠地帯が30ソル~40ソル(1000円~1300円)
アンデス山中が20ソル~25ソルくらい(700円前後)

野宿中心で走るのならば一日10ソル(300円)で走るのも可能





以上です。
総合的にはめちゃめちゃ走りやすい国だと思います。

まず、傾斜。
これはエクアドルの半分くらいの傾斜に抑えられています。
九十九折にうんざりする時もありますが、4000m級のアンデスもそこまで怖くありません。
町以外は砂漠とアンデス山脈なので野宿は容易いので、そいうった意味でも走りやすい。

また食堂も沢山有り、味のレベルも高い。

砂漠は平坦でも向かい風か横風が強いので一日90キロ前後
山は70キロ前後でプランニングするのがいいかと思われます。

インカの始まり 太陽の島へ 

この日僕等はインカ皇帝が降り立ったと伝説の残る太陽の島へ出かけた。
P1040793.jpg

ぽかぽか天気だったけど、さすがに3800mの湖の上でずっと風を受けてると寒い
P1040794.jpg

外から観るとこんな感じ
P1040795.jpg

めっちゃ上に人が乗る

ボリビア6000mの山々
P1040796.jpg

めちゃめちゃ綺麗

2時間ちょっとで北側の小さな村に着いた
P1040797.jpg

小さくてのどかな可愛い村だ。
P1040798.jpg




・・・・。





で、俺等こっから一体どうすんの?





地図もなければ標識もない





一応申し込んだ旅行会社の話では、

行きは北の船着場について、歩いて南の船着場まで行くのよ。

と言っていた








それはどうやって!?







そんなこんなで混乱していると、








はいはい。チチカカツアーの方々私がガイドですよ~







っと、一人の男が説明し始めた









基本僕はガイドの類は雇わないけど、この状況じゃ仕方ない。










結局大半の人がそうしたように、僕等もそのガイドに着いて行く。








ガイドは最初に小さな博物館に連れて行った。








値段を聞くと、10ボリ(約150円)。ちょっと中を覗くとめっちゃしょぼかったのでそのままスルーしようと思ったけど、これからいく遺跡の入場料も含まれているとの事だったので、仕方なく購入







さてようやく島歩き

P1040799.jpg






全然期待してなかったけど、この島めちゃめちゃ綺麗だった。







同じチチカカ湖半のプーノやコパカバーナではどぶ川の匂いがしたのに







さすが琵琶湖の12倍の湖
P1040802.jpg







沖縄みたい

P1040801.jpg



P1040803.jpg






段々畑や、小さな家。縫うように伸びる畦道。めっちゃ気持ちいい。


P1040804.jpg





インカより前の何とかって文明の島だったらしい。忘れたけど

P1040806.jpg






たぶんここ本当に沖縄。笑

P1040808.jpg






村を抜け、さらに向こうへ。
P1040809.jpg


アップダウンの道は富士山より高い湖なので、しんどい



ピューマに見える岩の
P1040811.jpg




この部分がなんか意味あるそうな。スペイン語のみのガイドだったので詳しくは不明
P1040810.jpg




で、島の端の遺跡に辿りつき終了。
P1040812.jpg





ガイド10ボリ取られるも、気持ちのいい散歩が出来た。








ガイドは言う。








これから南の船着場まで3時間で船は3時半にでます。
でも北に戻ることも出来ますよ。1時20分に船が出ます。









ふむふむ。










どうする?いま12時50分かぁ
もう充分満足したし北に戻ろっか










すみませーん。北に戻るのは大体何分くらいかかりますか?










40分くらいだね。











はぁ!?今12時50分だから1時20分間に合わねぇじゃん!?









大丈夫大丈夫。出発は1時半だから











全然大丈夫じゃねぇよ!ギリギリじゃねぇか!?
ってか俺等はいいとして、このおばぁ2人コンビにそれを求めんのか~~!!!







なんつうアバウトなガイド。








仕方なく休み休みきた道をノンストップで駆け戻り、なんとかトップで1時半に舞い戻る。


P1040814.jpg






ボリビアの事だ。どうせ時間ぴったりになんか出発はしないとわかっていたけど、疲れた。








スペイン語がわからないだろうと、英語に訳してくれた心優しきおばぁ2人が無事乗船した事を確認し、ボートの上で気持ちのいい昼寝。









一時間ほどで南の船着場へ







ここで一時間ほどのフリータイム。まさかと思ったけど、ここでも遺跡に入るのに5ボリかかるという。せこすぎ。

P1040813.jpg







僕等は遺跡に入らないと告げ、検問突破








1時間得に何をするという訳でもなく、のんびり過ごす

P1040815.jpg






船はもう一個寄り道をして帰るらしい









それがここ。浮島。うけるのがトトラで造っているかと思いきや、ドラム缶の浮島の上にトトラを轢いてあるだけ。
(すんません。写真添付漏れです。後日はります)







そして当然の如く・・・








入島料2ボリでーっす。








って誰が下りるかーーーーーー!!!!!!









結局物好きな3人のみ下船したけど、その他は船で待機








これは完全に余計な寄り道だったけど、天気が良くてめちゃめちゃ気持ちよかった太陽の島。






夕方湖畔を散歩。もう雨期なのできれいな夕焼けは身にしみる


530日目 Copacabana

チチカカ湖を去り首都ラパス 

さてコパカバーナを出発してボリビアの首都ラパスを目指します
P1040817.jpg


今日は先日までの晴天とは打って変わって、雨期らしいどんより天気。
P1040819.jpg


しかもいきなりめっちゃ上り。ペルーと違って道路の造り方に愛がない
P1040818.jpg

めっちゃキツイ。


それもそのはず、またちょっと体調を崩してしまったようだ。



美紗ちゃんにもついていけない。


偽ピークに何度か騙され・・・



峠!! 4251m!! 体調が良くてもしんどいって話し
P1040820.jpg



峠の向こうはまぁまぁ晴れている。

P1040821.jpg


それにしても、道路で遊んでる子供がやたら多い。
普通に遊んでる子供が車が通ると手を差し伸べて、お菓子をねだる。
その素早さは見事な速さ

僕等もたかられるかなと思いきや、意外にスルー

愛想もよく挨拶も返してくれるし、ハローと英語で返される事も多くて驚く。



何回かチャリダーは見たけど、すれ違うのは初めて。
P1040822.jpg

いろいろ情報を貰う


そして渡し舟のあるティキーナに到着
P1040823_20110123053952.jpg


ここからチチカカ湖の対岸までは橋はなく、車ごと載せれる渡し舟に乗る
P1040824_20110123053952.jpg


こんな感じ
P1040825_20110123053951.jpg


当然自転車もそのまま
P1040826_20110123053951.jpg



15分ほどで対岸へ
P1040827_20110123053951.jpg



本当はこの町でストップしたかったけど、宿がなく仕方なく先を目指す



しかも、上り



体調不良と再び崩れてきた天気を目の前に、早めに野宿する




今日は湖の見えるこんな丘。割といい感じのとこが見つかった

P1040828_20110123053950.jpg




翌日は細かなアップダウンはあるにせよほぼフラットな道だった


なんか可愛いトラクター

P1040829_20110123054341.jpg


こんな荒野が延々続く
P1040831_20110123054341.jpg


P1040830_20110123054341.jpg



しっかしボリビアは全然町に宿が無い。



中規模な町でもなかったりするので本当に驚く




結局ラパス手前30キロのガソリンスタンドの裏でテントを張らせて貰う
P1040832_20110123054341.jpg
P1040833.jpg




さらに翌日。ラパスの町は25キロ手前始まった。

P1040834_20110123054340.jpg



ところが宿は全然無い。やはり昨日あのスタンドで泊まっておいて良かった





首都に入ると毎回こんな感じ。走りにくい

P1040835_20110123054659.jpg




ゲバラ


P1040836_20110123054659.jpg





ようやくすり鉢上に広がる世界で一番高い首都。ラパスが見えてきた

P1040839_20110123054658.jpg





写真じゃとても伝えきれないと思うけど、今までの何にも無い荒野からは考えられない風景だ



P1040838_20110123054658.jpg



何故こんなに住みにくそうな土地に人口が密集してるのだろう。もっと平地を愛せや


P1040837_20110123054659.jpg



4000mから一気に市街に下りていく

P1040840.jpg



激坂。フルブレーキでも止まんないって話






やがて、ここ一番のカオス

P1040841.jpg




中米のエルサルバドルの首都も酷かったけど、ここはそれを凌ぐカオス
P1040842.jpg





全然車動かねぇわ、




露天が道路に飛び出しすぎだわ





その僅かなスペースに人がぎゅうぎゅう流れ込んでくるわ





自転車の俺等にお構いなしに車の扉が開くはで、めっちゃ走りにくかった






やがて、すり鉢の底を走るメインストリートにぶつかり、
P1040843.jpg

心優しき黒人ポリスに宿の通りまで連れて行ってもらって、ようやくラパスの日本人定宿のエルソラリオに到着







意外にも心さんたちより早い到着だったけ、無事その日のうちに再会を果たした。





ちょっとラパスでのんびりします。



531日目 Copacabana - Tiquina5キロ先野宿 48キロ
     標高 3835m

532日目 Tiquina - La pazまで30キロのGS 78キロ
     標高3820m


533日目 30キロ手前のGS - La paz 26キロ

ラパスでの日々 前編 

本当はね。本当は




ボリビアは雨期だと道が悪くて走行が厳しくなるとか





ウシュアイアに冬がきちゃうとかで、






時間ないんっすよ。本当は







正直ラパスそんな見所ないし、








サクサク出なきゃいけないとこなんっすよ。














あ~ぁ。3週間も滞在しちゃった。笑






そんじゃ特に書くこと無い日々ではありましたが、ラパスの前半の日々を振り返ります。




さすがに中心部は都会

P1050074.jpg



世界最高所の首都ラパス。3650m
すり鉢状のこの都市は、下に行くほど金持ちが住むエリア
P1050073.jpg



町の至る所にこんな崖がある
P1050075.jpg




そんなラパスで僕等チャリダー4人衆が真っ先に向かった先は当然・・・





『けんちゃん』
P1050076.jpg




この門構えだけでも激しくテンション上がる
P1050077.jpg




そしてこれ!!



P1050078.jpg


涙溢れてくるよ。


ここの料理は旅人の中でもかなり評価が高い





カツ丼!!
P1050079.jpg


うま~~~~い!!!!


本当に日本の定食屋のようなクオリティ


これは本当にたまらん





食前と食後は当然




P1050080.jpg



4人で来てるのに一切会話なし。笑
マンガ喫茶状態。
長期旅行者のすばらしい一時





インドカレー
P1050081.jpg





クリスマスにボリビアでソリを牽くのはトナカイにあらず。

P1050082.jpg




なんか見返してみると・・・





食べ物の写真ばっかりなんですけど、ラパス。笑
P1050084.jpg





韓国料理屋


P1050085.jpg




韓国料理は外れが無くてうまい






クリスマスイブに・・・

P1050086.jpg




坊主始めました

P1050087.jpg






4人でパーティ。

P1050088.jpg





思えば去年はアメリカで一人ホワイトサンズ砂漠に埋もれてたなぁ。
やっぱ誰かと一緒に過ごせるクリスマスはいい





その翌々日、一人オフロードを激走する為に、心さんが一足先に出発。
P1050089.jpg



僕等は途中で電車に乗るかまえ。笑



セントロにある博物館通り

P1050090.jpg



ボリビアではボリパと旅人に言われるパーマをあてる人が続出




基本ノリで生きてる2人も
P1050091.jpg




じゃ、やっちゃう?
的なノリで。笑
P1050092.jpg




ボリパ完成!いい感じです
P1050093.jpg







あっ、で、またけんちゃんっす。笑
P1050105.jpg






焼きそばと、餃子は3人でシェア。もちろんうまかったけど
P1050094.jpg

P1050095.jpg





トゥルーチャちらし!!
P1050096.jpg



トゥルーチャはマスだけど、サーモンじゃないかと噂



これは本当に旨すぎた。クオリティが半端じゃない
P1050097.jpg




そして再びの韓国料理屋で

P1050083.jpg



ビビンバ!
P1050098.jpg




本当食べてばっか。チャリダーですもの





当然自炊も

P1050099.jpg





4700mから1700mの地点まで一気に下るダウンヒルツアー

P1050100.jpg




切り立った崖のオフ道を走る為、過去何十台何百台と車が落ちてるの道を、こう呼ぶ





デスロード

IMG_0861.jpg



4700mのスタート地点
P1050102.jpg

P1050101.jpg





霧だけじゃないっす






思いっきり雪ッス







しばらくオンロードを走った後は、いよいよデスロード突入

P1050103.jpg


IMG_0869.jpg




本当に断崖絶壁の道をただひたすら下る。滝に打たれたりと楽しいデスロード
IMG_0863.jpg





無事生還

P1050104.jpg




あ~。食べ物のことばっかり書いてたら腹減ってきた~~~~!!!!笑





534日目 ~ 542日目 La Paz 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。