スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウシュアイア 上野山荘で過ごした日々 

翌日も朝のうちは凄い雪だった






雪が止み晴れ間が出てきたので買い物に出かける

P1090721.jpg





積もっている。だけど、もう冬を心配することも雪で焦ることもないのだ。そう思うと雪がとても綺麗に映った。

P1090722.jpg

P1090723.jpg





この日、昨日一緒に飲んだただ一人の宿泊客のアヤちゃんが出発。一瞬日本人宿にひとりっきりという非常に寂しい状態になってしまったけど、







夜にアスカちゃん・やごっちゃんのペアパッカー。
次の日にカラファテとプエルトナタレスで会ったユウキ君、その夜にユキさんとうい旅人か揃い、めちゃめちゃ楽しい数日を送った

P1090724.jpg

P1090725.jpg






翌日。レンタカーを借りて暴風に吹かれて斜めになっている木を見に行く

P1090728.jpg







途中で景色のいい所に止まりながら


なんだこのポーズ。笑
P1090726.jpg

ちなみに左がユキさん。

このユキさん。実はなんとチャリダー。
3ヶ月でリマからブエノスアイレスまで南米横断をした方で、ゴールした後自転車をブエノスに置いて現在バックパックでパタゴニア周遊を楽しんでいる。

仕事の関係で友人であった、山下さん(モデルのチャリダー。僕も噂はよく聞かせてもらっていた)と一緒にリマから、ブエノスまで走ったという。

ユキさんは「山下君のフォローがあったから」

と謙遜するが、完全に自分の荷物は自分で持つスタイルのユキさんは本当に凄いと思った。

実年齢を教えてもらった時は驚いた。物凄く若く見える。
見るからにスポーツも出来るといった出で立ちで、あぁこういう人が女性ソロチャリダーなんだなと思った。



だけど、湖での石投げでは想像もつかない下手さ加減に大笑い。いや、すみません。笑





とても、気さくな方でした。




ユキさんのブログはこちら




で、斜めの木に到着。

これ凄くない?

P1090727.jpg


P1090729.jpg






色んなポーズの写真をみんなでゲラゲラ笑って撮りまくる。

CIMG7893.jpg





CIMG7899.jpg






待ち時間 意外にこのショット好き
CIMG7993.jpg









なんかちょっと青春。

CIMG7994.jpg







充分楽しんでスーパーに寄って帰宅。みんなでシェア飯










今日はユウキ君プロデュースのジャガイモから作るチヂミ。出所はタラちゃんらしい









味はもちろん。下ごしらえが沢山あるので皆で作ると楽しいチヂミ

CIMG7919.jpg

P1090713.jpg







それではレシピです。(僕が忘れた時用。笑)

【チヂミ用】


ジャガイモ・キャベツ・ネギ・にんにく。この時はチーズ。各適当


【ソース】

醤油・酢・砂糖・にんにく。






まずジャガイモの皮をむき、キャベツ・ネギを切る

P1090714.jpg






ひたすらジャガイモをすっていく。

P1090715.jpg










そして、摩り下ろしたジャガイモを手で絞り、水分を抜く

P1090716.jpg






手で絞れなくなったら、そのまま置いて沈殿するのを待つ

CIMG7927.jpg





分離したら上澄み捨て、さっきの水分を抜いたジャガイモに混ぜる

RIMG0434.jpg








で、摩り下ろして水分を抜いたジャガイモとキャベツ・ネギ・にんにく・チーズを混ぜ合わせる

P1090717.jpg







で、焼いていく。







ポイントは小さめのフライパンで、タネを少なめに入れギュウギュウ押し潰しながら焼き、端に焼き色がついてきたらひっくり返し更にギュウギュウ押し潰す。

CIMG7940.jpg



で、完成。外はカリカリ中はもっちりのジャガイモチヂミ。
P1090720.jpg

超うまい



かんぱーい

RIMG0442.jpg



飲みながら、食いながら、焼きながら、笑いながら、交代で作っちゃ食っちゃ飲んじゃ


P1090719.jpg





酔っ払って、ウノが始まり、

この後とてもじゃないけど、写真や文章で残せない大学生の様な飲み会に突入していく。笑


RIMG0445.jpg



そんな夜が毎日つづく。めちゃくちゃ楽しい日々だった







上野山荘。またの名を上野大学、上野亭


僕が一番来たかった、世界の果ての日本人宿。
もともと好意で上野さんが自宅に旅行者を泊めた事から発展し、宿になった上野山荘。

上野の綾子おばあちゃんの訃報を聞いたのは去年5月のグアテマラだった。

物凄い残念だった。

ただ、おじいちゃんとおばあちゃんの魂は確実にここで未だに僕等を迎えてくれている気がしてならない。
(実際おばあちゃんの命日に、おばあちゃんを見たという人もいたらしい)

上野山荘には今や日本人宿には当たり前になったWifiがない。

小さいキッチン、ちいさいリビング、壁一面に入りめぐらされた旅人と上野さんたちのバカで笑える青春写真
自然と話を出来る環境。笑い合える環境。
ネットなんてここには全く必要ない。
向き合い、話、笑い合う。

大学の山荘のようなアットホームさ。寒さの厳しい最果ての日本人宿はこんなにも暖かい。





みんなありがとーーーーーー






672日目 ~ 680日目 Ushuaia







スポンサーサイト

グレートジャーニー 

およそ20万年前アフリカで生まれた人類が、いくつもの海を越え、幾千もの山を越え、人類は果てしない旅路に出た。











ある種族は留まる事を選び、











ある民族は、先へ旅する事を選んだ。












そしてアフリカで生まれた人類が1万年前、5万3千キロ。
ついに最果ての地、南米のウシュアイアに辿り着いのだ。














10万年の時をかけて自らの力のみで、歩き続けた。











そしてその偉大な旅路を人はこう呼ぶ













グレートジャーニー と










ご覧頂こう。

既に滅んでしまったが、彼らが様々な苦難を乗り越え世界の果てまで、世界で一番偉大な旅をし

強靭な精神力を兼ね備えた彼らを・・・






















P1090763.jpg




シャキーーーーーン☆






注)本気








すごい。神ががかってる。
明治時代の日本じゃ魂を抜かれるって恐れられていた写真に堂々と・・・










なんてこったい・・・




P1090766.jpg



これが世界で一番偉大な旅をした種族・・・










どう考えても時空を越えてわらかしに来てるだろ?これ・・・







とぅおら

P1090765.jpg


P1090764.jpg











このシュールなジオラマ。笑

P1090767.jpg








ずっと不毛のパタゴニアを走っていて、なんでこんな所に人類は来たんだろうと不思議に思ったけど、納得。













世界・・・。まじパネェ・・・






















今回は面白おかしく書かせてもらいましたが、これでは明らかに偏った紹介になってしまうのでちょっと補足します。

彼らの名前はヤマナ族。
こんな極地で暮らしながら獣の皮に身を包みほぼ裸同然の生活で、狩猟を主に暮らしていた。
その理由は、雨が多く風が強いこの地では、裸で居る方が濡れた服を着ているよりも、火に当たった時により早く体を温める事が出来るかららしい。
雨が降れば毛皮を脱ぎ、家の中で炊いている火で暖をとるのだそうだ。

ちなみに、刺青は男女問わず行われていたようだが、毎日こんな変装をしているわけではない。
この変装は成人の儀式に使われていたらしいけど、理由は謎

興味がある方は、「ヤマナ族」で調べると結構でます。

よかったら

船の上から観た風景  

P1100181.jpg


ウシュアイアで知り合った仲間達がひとり、またひとりと出て行き、最後に残ったユウキ君の出発日に合わせてバスのチケットを押さえた






最後の地ウシュアイアを歩くのもこれが最後。
P1100180.jpg

特に感傷もなく淡々と歩いていた。
P1100179.jpg










出発日。朝5時の早朝バスに乗り込み、ウシュアイアを後にする。

すぐ爆睡して、日が昇り、チリに入り、バスはマゼラン海峡に止まっているフェリーに20分遅れで滑り込んだ。








バスを降りて、フェリーから小さくなるフエゴ島を眺めてたら、泣けてきた。


P1100182.jpg






まるで出来のいい映画のエンドロールを見てるようだった








この2年間、ずっとこの島を目指してきたから。
こんなに世界が楽しいとは思わなかったから、
こんなに出会いが美しいとは思わなかったから、









自転車を漕ぐ事で、
この島を目指すことで、
体感できた事だから、













この素晴らしいの映画の終わりがまじまじと見えてしまうのが、たまらなく寂しかった












そして終わってしまう寂しさと同時に、胸いっぱいに感謝や満足感に溢れた













ウシュアイアに辿り着いて、思ったことが一個ある。














2万6千キロ走った。確かにアメリカ大陸チャリの旅はこれにて終了。











でも、まだまだ走れる大陸がゴロゴロしてることが嬉しくてたまらなかった












これで終わりじゃない。













まだまだ走るぞー!!地球ーーーーーー!!!!












でも、その前に南米バックパッカー旅のはじまりはじまり。笑





旅の足跡 南米編 

旅の足跡をGoogleマップでもっと詳しく




南米編です




より大きな地図で 旅の足跡 南米編 を表示




お勧めのポイントには目印がついてまうす

触れ合い動物園 

ダラダラする気満々で乗り込んだブエノスアイレス。


日本人宿の日本旅館がフルだったため、近くのホステルに投宿。

日本旅館に入れず流れてきた中期旅行者達と毎日遊んでいた。

南米屈指の都会であるブエノスアイレス。

だけど、観光要素は以外に少ない。


ここは有名カミニート。ここくらいかな観光っぽいのは

P1100183.jpg


P1100184.jpg

P1100185.jpg




後はこんな感じや
P1100197.jpg



こんな感じ
P1100198.jpg




そんなブエノスでバックパッカーに絶対の支持を集めている所がある






それは








ふれあい動物園。

P1100186.jpg






ちなみに電車とバスを乗り継いで、約2時間半。
同じ宿のオッキーとシオリちゃんと一緒に行ってきた。










普通ふれあい動物園って言ったら、







こんな感じでしょ?
P1100195.jpg


まぁせいぜいこんなんか。

P1100196.jpg










でも、ここは













猛獣ふれあい動物園




P1100193.jpg





もろトラ。笑









当然本物。
P1100194.jpg












しかしながら、子ライオンはマジ可愛い。

P1100190.jpg

P1100189.jpg








肉きゅうとか。

P1100188.jpg


超柔らかい。んでもってやっぱ香ばしい。

肉きゅうを押すと、爪がにゅっと出る。

可愛すぎて、ずっと揉んでた。


マジで可愛いかった。







子犬と一緒に育てると穏やかに育つらしい。


P1100191.jpg






なんかこれはうけたけど。


P1100187.jpg





大満足のふれあい動物園






本日ビール日和 ウルグアイショートトリップ 

ここに来るまで全然知らなかったけど、ブエノスアイレスからウルグアイまでは河を挟んで1時間ほどで行けるらしい。

そんなわけで、宿のシオリちゃんと共にウルグアイ観光へ出掛けた。
P1100293.jpg

高速船に揺られて1時間・・・




16カ国目ウルグアイ





世界遺産の町。コロニア デ サクラメント 通称コロニア









ゴミゴミグシャグシャと喧騒と混沌のブエノスアイレスからたったの1時間・・・




P1100296.jpg








どこ?ここ。







なに?どうしちゃったの?笑



すげぇのどかなんですけど。



下手すりゃ轢き殺されかねないブエノスの横断歩道も、コロニアは車の方がかなり手前から止まってくれる。

これには本当に驚いた








まぁーーーーーーったく期待していなかったコロニアだけど







いい!!すごくいい!!!



P1100304.jpg










噂どおり何もない。ただなんでも揃うブエノスより全然好きだ。









こんな素敵な街は素敵に過ごそうと、お勧めされたちょっとだけ高いホステルに投宿

Sur Hostel 
P1100294.jpg






広くて綺麗でスタイリッシュ。こんなお洒落なドミは始めてみた。

P1100295.jpg







天気もいいし散歩しよ~。









って歩き出した1ブロック先に露天のハンバーガー屋さんを見つけた。
P1100297.jpg







そしたら必然的にこうなった。笑

P1100298.jpg






ハンバーガーもオーダー
P1100299.jpg







偶然頼んだこのハンバーガーがウルグアイ名物チビートと分かったのは食べ終わってから。

P1100300.jpg





この日以来、昼ビール&チビートからのシエスタは欠かせない僕等の日課になった。

P1100301.jpg


めちゃうま





のんびりして夕方から街ブラに出かける

P1100312.jpg



P1100302.jpg







それにしても本当にここはブエノスから1時間しか離れてないのだろうか。

P1100305.jpg








のどかで暖かくて、本当に気持ちがいい


P1100307.jpg






ここでは完全にブエノスとは時間の進み方が違った


P1100306.jpg





暗くなるまでボーっとし

P1100308.jpg










のんびり夕飯。このキッチンかなりポイント高し。広々、清潔。

P1100309.jpg

P1100311.jpg








そして、この宿というかこの街の窓はシャッターになっている。

なんてことのないシャッターなんだけど、









夜になると、こんな感じで星が映し出される。
P1100310.jpg

照明を使わず、外の光をこんな風に利用するなんて、素敵過ぎる

朝も自然な感じで光が入るから寝覚めもいい。







シャッターありですな。








そんなこんなで、すっごい心地よかったコロニア2泊3日。



P1100313.jpg





ブエノス帰りたくな~い。笑

アルゼンチン独立記念日 ぼくらに出来る事 

2011年5月25日 201回目のアルゼンチン独立記念日

この日、パタゴニアで何回も再会したユウキ君と、とある約束をした。








『東日本大震災のメッセージを集めてんだけど、独立記念日もやるから一緒にやらない?』











海外で走ることしか出来ないと、もやもやした気持ちを抱えていたけど、こんな方法もあったのかと喜んで手伝う事にした。












独立記念日のブエノスアイレスのセントロの中心である5月広場は、もうお祭り騒ぎ。
P1100268.jpg

ちなみに煙は発炎筒などではなく、チョリソー屋さん。












アルゼンチンは愛国心が強く、独立記念日のこの日はアルゼンチンカラー一色に染まる。











そこのど真ん中の広場でメッセージ集め開始。
P1100269.jpg

アルゼンチンの国旗が翻る中、日の丸を出す。
P1100272.jpg

そして日本の大震災の為のメッセージを集めてます。とスペイン語で書き出した。

折り紙でツルを折り、出来る限りの人に渡す。











さて、どうか・・・












震災から2ヵ月半。
アルゼンチンでも繰り返し地震や津波の映像は放送されていたから、当然知っているだろうけど、地球の反対側の日本の震災。
どれくらい人々が興味を示すのか、わからなかった。











開始直後から、遠巻きに見てる人たちは結構居た。
そりゃそうだ。
独立記念日に日の丸が出てるんだから。











そういう人達に積極的にメッセージを呼びかけた

P1100273.jpg









すると、どんどんメッセージを書いてくれる人で、いっぱいになった。

P1100271.jpg

P1100270.jpg

P1100274.jpg







メッセージを書いてもらい日の丸を持って写真を撮らして貰う。

P1100275.jpg

P1100276.jpg







本当に本当に本当に励まされた。

P1100277.jpg








スペイン語なので単語を拾って言っている事を想像するしかない。








だけど、熱い気持ちは充分すぎるほど伝わった。










熱い目で語りかけられて、何度も泣きそうになった。









がっちり握手され、抱きしめられ









『日本は必ず復興できる』










いつの間にか、僕等の周りは物凄い人だかりが出来ていた。










達筆めぐちゃんの漢字も大人気

P1100278.jpg








夕方になり、メッセージをお願いしたら、










『これがなによりのメッセージだ』とアルゼンチン国旗をくれた










そこから、日本の国旗とアルゼンチン国旗とでメッセージを集めた。


P1100284.jpg








本当に驚くぐらい人々が興味を示し、書いてくれる。


P1100279.jpg









本当に有り難いし本当に嬉しい。


P1100282.jpg

P1100283.jpg

P1100281.jpg








それでは今日メッセージをくれた人の写真です。

1.jpg

2.jpg

Mezaje Para Japon












メッセージを集めるだけで、日本語訳はまだまだ出来てないけど、ユウキ君が友達を通して日本に送ることになっている。












日本の皆さん。地球の真裏の人々はこんなにも暖かいです。

Mezaje Para Japon2











ちょっとでもほんの少しでも、力になれる事を願って。



P1100285.jpg




ブエノスアイレスの日々 

ブエノスアイレス。ウルグアイから帰ってからのあれこれ




ブエノスアイレスは相変わらずの都会です
P1100323.jpg






一緒にウルグアイに行ったシオリちゃんがピザに嵌り、一緒に毎日食いまくりました。
P1100321.jpg









タンゴ行きました。
P1100322.jpg

ストーリー性があり、情熱に溢れた本場タンゴは素晴らしいショーでした。
なにより女性ダンサーが綺麗過ぎでした。








ちっちゃな子が劇の練習してました。
P1100200.jpg

この歳でさえ立派に自分の撮られ方を知ってるブエノスレディ








ウシュアイアで会ったアスカちゃん・やごっちゃんと再会しました。
P1100317.jpg

2人と会うと、とりあえずアイス食っとけみたいなノリになります。









ここ。
P1100324.jpg

世界で2番目に綺麗な本屋さんらしいです。昔の劇場を使っているそうです








お洒落街ブエノスアイレス。
P1100199.jpg

こんなおじいちゃんになってみたい。








ニラがないので、ネギでネギレバ炒めを作りました。
P1100325.jpg

ちょっとビックリするくらいのヒットでした。









ママさんチャリダーのゆきさんが、日本へ帰国して行きました。
P1100326.jpg

ちょ、コラ。おっさん。手・・・










とりあえす、アルゼンチンったら肉。
P1100320.jpg

物凄い量をみんなでがっつきまくりました











そんなこんなのブエノスの日々。
P1100319.jpg


こっからパラグアイに向けて北上するよ~

バックパッカーへの転身 パラグアイ アスンシオン ホテル内山田 

ブエノスアイレスの日本旅館に自転車と荷物を預かってもらい、いよいよこっからバック一個を持っての南米バックパッカーへの転身をはかった








自転車に変わる僕の相棒はこちら。





P1100338.jpg




中古手持ち皮カバン。

リスペクト寅さん。完全イメージ先行型。笑 
一度はこんなんもって旅したいなって欲求をここ南米で果たす。

完全にバックパッカー舐めちゃってる感じです。

P1100339.jpg








ブエノスアイレスから夜行バスで、









17カ国目。パラグアイに入国。



P1100330.jpg







首都のアスンシオンにあるホテル内山田に投宿。
P1100331.jpg

P1100332.jpg


81000グラニー(約1600円)ちょっとお高いけど、ここにはすっごい特典が・・・

まぁのちほどのお楽しみにして、街ブラに出かけた。




秋冬の格好だったブエノスに比べて、ここアスンシオンは春夏の格好が丁度いい気温で、喧騒や活気を帯びてきた。
P1100340.jpg

南米に戻ってきた~ってなんかちょっと嬉しくなった。



きったない食堂の、こんな訳のわかんない昼飯も復活。
P1100333.jpg

一食1000円近くするアルゼンチンから160円の昼飯。これだけでも相当嬉しい。

ちなみにゲテモノじゃないよ。



夕方ブエノスで会い一緒にウルグアイに行ったシオリちゃんと合流。今後しばらくシオリちゃんと行動を共にする予定です





シオリちゃんのブログはこちら





どっかの地方都市みたいなちいさいアスンシオンをふらつき、





ホテル内山田にある日本食レストランで・・・








すき焼き!!!

P1100334.jpg






幸せすぎるだろ。これ。
夢の食事。日本人天才。久しぶりのすき焼きに涙ちょちょぎれ。
旨すぎた。







締めは、うどんすきで。
P1100335.jpg
いやはや、わかってらっしゃる









そしてホテル内山田最大の魅力は・・・










和朝食バイキング。


P1100336.jpg


P1100337.jpg








ご飯・味噌汁・なすの煮びたし・沢庵・生卵・トロロ・そのほか魚のてんぷら・レバー煮込みが食べ放題。









長期旅行者にとってこれほど嬉しい事はない。









もう限界まで頂きました。










ごちそうさまでした。








いや本当に。すんませんってくらい。笑

41キロ!! 

ホテル内山田で朝食バイキングをたらふく楽しんで、一路シウダーデルエステへ向かう。

ただ、シウダーデルエステには直接行かずに途中にある日本人の移民地であるイグアス居住地へ向かう







観光地ではないイグアス居住地への直通バスはない。
シウダーデルエステ行きのバスに乗り、途中で降ろしてもらわなければならない。

その手がかりは、ただひとつ













41キロ地点にある。ただそれだけ。笑












この海外では心細すぎる、情報を頼りに後は完全にドライバーのさじ加減1つにかかってしまう。










ノスタルジックな日本に浸れると多くの旅人にお勧めされたイグアス居住地。












でも、その反面ドライバーに忘れ去られ涙を呑む旅人も多い。












誰でもトトロに出会えるわけではない。つまりそうゆうことだ。









バスターミナルでシウダーデルエステ行きのバス会社へ行き、バスの販売員から、乗務員、ドライバーとにかく乗るバスに関わる全ての人間に











41キロ地点で降ろしてくれ!!











と告げる。










2階建てバスが来た瞬間嫌な予感がした。
2階建てバスは僕等が座る2階席と運転席が完全に隔離されているのだ。










だから乗務員が2階にやってくる度に、













41キロはまだか!?












と何度も念を押す。乗務員も半ばウンザリした感じで












まだだ。わかってるから、心配するな。













と。しつこいくらいに確認した。
かつて僕はメキシコで奇跡のローカルバス3往復の経験から、途中下車の手は信用してないことにしている


そのときの日記はこちら









だけど、今回はさすがにこれだけ確認したら大丈夫だろう。と思っていた矢先しおりちゃんが















あれ?今41キロのでっかい看板あったけど・・・














いや、まさかそんなわけ無いと思うけど・・・


















とりあえず、確認してくるわ。
















下に降りて、ドライバーの運転席に乗り込む。














ちょ、ねぇ。41キロ地点はよ!?














41キロ地点!?さっき過ぎたぜ?











・・・・。











いやいやいや。














ふざけんな!!過ぎたじゃねぇだろ。過ぎたじゃ!?










お前に何度も言ったろうがぁ












俺等は41キロ地点で降りるってぇ!!!!











更に運転席に乗り込み、ドライバーに詰めより














あんたにも言ったよな。41キロで降ろしてくれって













なに、思いっきりスルーしてんだよーーーー。















うがーーーー












全員に告げてたからさすがに、すまん。















みたいな空気になって急停車。













って、こんな所で降ろさせてどーする~~~~~~!!!!!!











と、ドライバーは反対車線を走ってきた、ローカルバスを捕まえお金を渡してくれ









こいつらを41キロ地点で降ろしてやってくれ。












粘りの勝利。まさかメキシコと同じ状況に陥るとは
乗務員にお礼を告げ、今度こそ41キロ地点へ向かう














で、苦労の末ようやく





P1100718.jpg








なんともいい感じ。




P1100719.jpg









イグアス居住地にあるペンション園田に到着。


P1100720.jpg


いや、無事ついてよかったぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。