スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界三大名瀑 イグアスの滝 アルゼンチン側からの眺め 

ある旅人から聞いた。

アルゼンチン側のイグアスの滝を見に行く際の注意点











とにかく天気のいい日に行く事!!











おっしゃ上天気。

P1110049.jpg







イグアスの滝の拠点の街プエルトイグアスから直通バス(往復15ペソ)で40分程でイグアスの滝へ着き、ビジターセンターで入園料100ペソを払い中に入ると、そこには広大なジャングルが広がる。



アルゼンチン側の見所は大きく分けて二つ。

ザックリ言うと、滝の上から滝つぼを覗き込むポイントと、すぐ間近から見上げるポイントの2つ。

このポイントはビジターセンターを挟みほぼ反対側にあるので、僕等はまずどちらから行くかを選択する。

スタッフの話だと午前中は見上げるポイントの方が順光になり写真もバッチリ。虹もキラキラと言う。






よっしゃ。んじゃまず見上げんべ




清清しいジャングルの中を歩き始める。

P1110054.jpg

これが本当に気持ちいい。マイナスイオンめっちゃ豊富




とにかく広いので園内にはこんな感じで電車も走っている。

P1110055.jpg





ずっとまっ平らな台地を歩いていたけど、いきなりガクンと台地が途切れており階段で下に降りる。
P1110056.jpg


要はこれがイグアスの滝の落差になる。

なんかその昔溶岩がバーっと流れてきて、こんな感じに固まったとか固まんないとか。笑
すんません。よく知りません





ビジターセンターからめっちゃのんびり歩いて1時間後ようやく初イグアスの滝


P1110057.jpg




まだまだ遠いけど、大興奮。ここからでも充分凄い。めっちゃテンションあがりはやる気持ちを抑えて、遊歩道を進む






日本だったら名瀑と言われそうなこんな滝もちょいちょいあるけど、イグアスの滝を目の前にした今かまってられん

P1110058.jpg





すげぇ

P1110059.jpg



すげぇすげぇすげぇ
P1110064.jpg




すげぇすげぇすげぇすげぇすげぇすげぇすげぇ

P1100714.jpg








すげーーーーーーーーー

P1110061.jpg









いや、本当に実際の迫力ったらない。


つうか青空とジャングルの緑と、白い滝のコントラストがめちゃめちゃ綺麗なんですけど。
P1110067.jpg



あ゛ーーーーーーーー


P1110065.jpg











記念撮影
P1110066.jpg
ユウキ君とシオリちゃん




ここでは太陽が出てると100%虹が架かり、消えない。
P1110068.jpg

神秘すぎる


渡し舟で対岸の中洲の島まで行き、そこから見る滝もまたいい。

P1110069.jpg

なんか出来たての地球みたい。惑星な感じ?わかんないけど。笑

P1110070.jpg



はい。2枚目
P1110071.jpg




そんで、アルゼンチン側最大の目玉。



滝つぼに突っ込むスピードボート
P1110051.jpg




こんな感じに穏やかにみえますが・・・
P1110052.jpg





めっちゃ滝つぼ。笑
P1110060.jpg

ちなみにこの滝つぼ





そんじょそこらの滝つぼじゃございやせん



これね。
P1110061.jpg


これこれ。笑 
P1110063.jpg
この滝つぼ。笑



これに突っ込むの。笑 普通に考えたらアホでしょ!?







だけど、これがちょ~~~~~~楽しかった!!







滝つぼ行ったら間近で滝を見上げるどころか飛沫すご過ぎて、目開けられねぇの。笑


ザッバーなって皆壊れかけのハイテンションになり更に別の滝へ突っ込む。


せっかくだから滝を眺めたいけど、やっぱ無理。とんでもない水量浴びる。



終わったらずぶ濡れ。


まぁ元々そのつもりで水着で行ったから問題なし。




大満足でボート終了。

日向で休憩して今度は滝つぼを上から眺めるポイントへ移動。

あっ。笑
P1110053.jpg



もうこの時点でかなり満足度は高いのに更に見所があるなんて、なんて面白い所なんだ。




そのポイントはちょっと遠い所にあるので、園内を走る列車を利用。
(最終便16:20分)


列車を降りるとこんな川の上をひたすら歩く。
P1110072.jpg

滝以外にも大自然も存分に楽しめる



そして見えてきたイグアスの滝最大の滝つぼ。『悪魔の喉笛』
P1110073.jpg




つうかここマジで凄かった。水量がとんでもない事になってる。
P1110075.jpg


何枚も写真撮ったけど、はっきりいって全然伝わんない。




なんじゃこりゃ~~~~




本当に本当に本当に凄いよ。ココ

P1110076.jpg
P1110077.jpg
P1110078.jpg






こんな感じ展望台がある
P1110074.jpg

凄い所に建てるもんだ







なんかもう至る所から滝!!

P1110079.jpg






これを見て再び列車の駅に戻って来た時には、日が暮れかかっていた。






本当に大満足の一日だった。

ここは滝っていうか、滝と水のテーマパークみたいな所だった。



アルゼンチン側は時間がかかるので、午前中から見て周る事をお勧めします。


P1100698.jpg

P1100699.jpg



めっちゃ楽しかった~






ちなみに世界遺産でした
スポンサーサイト

楽々ブラジルのビザを取ろう! 

イグアスの滝に行った次の日ユウキ君が一足先にボリビアに旅立って行った。
P1110454.jpg



で、僕等はというとこれからブラジルへ向かう予定になっている。

南米で唯一ビザのいる国がブラジルだ。

通常ブラジルのビザ取りは、ブラジルを出国する航空券の提示が求められたり、銀行の残高照明がいるなど、かなりめんどくさい。


ところがパラグアイのエンカルナシオンと、ここアルゼンチンのプエルトイグアスは激ユルで航空券も残高照明もいらず、ぽいっとビザが下りるらしい




まずwebで申請。
申請はこちら

記入方法はこちら




プリントアウトして、ブラジル領事館にパスポートと申請料(110ペソ)と共にプリントアウトした申請書を提出すればOK
P1110461.jpg

ちょっと前までは、朝に申請すれば即日発行してもらえたらしいけど、最近は翌日発行に変わったらしい。
でも緩さは前と変わらず。





そんなわけで、サクっと申請が進みすぎて一日をのんびり過ごす。


日差しが気持ちいい。そーめんで昼ビール。
P1110455.jpg

最高




夕方にはパラグアイ・ブラジル・アルゼンチンの3国の交わるポイントが夕日のポイントになっているらしくいってみた
P1110456.jpg

左パラグアイ。右ブラジル。手前アルゼンチン


久しぶりに綺麗な夕日だなぁ
P1110457.jpg

P1110458.jpg



夕食はまたがっつり料理。
P1110460.jpg

P1110459.jpg
センターは大学院旅人のリョウ君






さて翌日。
楽々ビザゲット♪
P1110466.jpg


ばっちりビザも下りたことだし、サンパウロでバイト中の中米で会った旅友ショウコちゃんにメールしてみた。








すると返ってきた返信にはこう書かれていた。












来週の日曜日にサンパウロで世界最大のゲイパレードがあるよ











げっ!













ゲイパレード・・・


















やべぇ。ちょう行きてぇ・・・













でも今水曜日だから約10日か~。














う~~~~ん。ブラジル物価高いし、10日間も時間潰してたら金がなぁ~












どうする?シオリちゃん?














じゃ、ペン園戻ろっか?















!?















ナイスアイデア。
それで行こう。

全然俺らの旅前進の気配を見せないけど。笑











かくして一週間前にしっかり別れの挨拶をしたイグアス居住地に舞い戻る事になった。

アルゼンチンから一瞬ブラジル、ペン園アゲイン☆ 

世界三大瀑布のイグアスの滝はアルゼンチンとブラジルの国境にある滝で、両方の国から眺める事が出来る。

先日アルゼンチン側のイグアスの滝を楽しんだので、今度はブラジル側からみることにする。





そんなわけで、18カ国目。







半日でとりあえずパラグアイへ抜けるけど・・・











一瞬ブラジル入国っす☆
P1110468.jpg

ここブラジルね。よろしく。イミグレで撮り忘れた。










イグアスの滝行きの市バスに乗り換えて、さらにビジターセンターから2階建てバスに乗り換える。
P1110469.jpg









アルゼンチン側とは違い、バスを降りるとすぐ滝が見えてくる



P1110470.jpg





この滝は本当に何度見ても、すごい







ブラジル側もなかなかいいですなぁ
P1110472.jpg


P1110471.jpg








ここが、魅惑の展望台。ブラジル側の大目玉。


P1110473.jpg

アルゼンチン側と同じく凄い所にあるなぁ







とにかくここがすっっっっっごくよかった。










イグアスの滝はアルゼンチン側だけ見る人も多いけど、絶対お勧めブラジル側。











こんな感じに見える。




P1110477.jpg





すっげーーーーーーーーー



P1110478.jpg







足元から水が落ち滝になる様はまさに圧巻




P1110479.jpg




覗き込むと空中に浮いていて滝の水の玉一個一個まで見える




P1110480.jpg





本当にもうめっちゃ綺麗だった


P1110481.jpg







大満足のうちにイグアスの滝終了。この滝は本当に面白かった。
P1110476.jpg

個人的にはブラジル側の方が好きだな






街に出て、市バスでパラグアイを目指す。
P1110482.jpg



ブラジルの出国を済ませると後は歩いて橋を越えてパラグアイに入る
P1110483.jpg



夕暮れがとても綺麗。
P1110484.jpg





翌日、エステで中華三昧の後は・・・
P1110485.jpg
P1110486.jpg
P1110487.jpg







ただいま。ペン園☆

P1110488.jpg






アルゼンチンから一瞬ブラジルペン園アゲイン


ただいま。イグアス居住地  今はじまる再びのスローライフ  

照れながら、「戻ってきちゃいました。」というと









暖かく「おかえりなさい」って迎えてくれた。










ただいま。イグアス居住地

P1110619.jpg








今回も癒されまくったけど、前回紹介したからサクっと写真で振り返ります


ペン園のワンコたち
P1110618.jpg

手前ヒメ。奥マロン。
つれない仕草が得意。笑 
名前を呼んでこっちに着たかと思えば素通りみたいな。笑





エンパナーダが鼻をキュンキュンならしやってきた。
P1110620.jpg

実はエンパナーダを可愛がっていたジャイカの職員が事故にあい緊急帰国をした。
待っても来ないその人をずっと待っているようで、本当に切ない











当然土日は竹下さんちのラーメン屋
P1110621.jpg

相変わらず、うまいなぁ。ここのらーめんは







竹下さんのラーメン屋にいた8年前に移住してきた日本人会の職員件日本語学校の先生の壱番さんに連れられて、日本語学校を見学。

旅行者の少ないこの時期に長いこと滞在してるものだから、僕等はすっかり顔なじみになった。



日本語学校の高校生達は
みんなペッラッペラに日本語話す。
P1110623.jpg


漢字だってこの通り。
P1110622.jpg

逆に僕が、ここで流れていた最新の日本の歌を全く解らなかった。


ここイグアスでは幼稚園から日本語学校があり、家庭でも日本語を使っているので高校生くらいになると、日本人と変わらない。

それに加え、母国語のスペイン語はもちろん。土地の言葉のグアラニー語。更にはポルトガル語まで操れるってんだからすごい


今日は明日の幼稚園の運動会で売るエンパナーダ作り。
P1110624.jpg

ここの高校生は自分達で行く修学旅行の金を自分達で稼ぐ。
問屋とのやり取りも自分達でするし、値段設定やらも自分等でする。

全部自分等で決めて、自分等で稼ぎ、それにより修学旅行がどこになるかも決まる。

こうしてここの子供達は皆で協力して生きる事を学ぶのだという。



ここには誰一人



ダルイ



なんて言ってる高校生はいなかった。



高校生で既に何ヶ国語も話せて、なんでも自分達考えて稼いで、努力して協力する事を知っている
しかも、ここの子達は小さい頃からめちゃめちゃ良く働く。

そんな子達が、留学で日本に行くと、たちまち日本の高校生を追い抜くらしい。

こういう勤勉な国民性がかつての日本人だったんだなとしみじみ思う。

別に日本の今を悲しんでる訳じゃなけど、

この子達を見てると、どうしてもそう思ってしまうんだよね。







先生でもある壱番さんは日本人会館の広報を担当している。

物凄く気さくで優しく面白い人だ。

エンパナーダを作ってる生徒達をほっぽいて車で僕等にイグアスを見せてくれた。
P1110625.jpg


広大な畑と
P1110626.jpg
P1110627.jpg




日本人会館所有の採石場。
P1110628.jpg

ここではパラグアイでトップレベルの石が取れるらしい。
(すみません。石の種類忘れました)
P1110630.jpg

しかも、未舗装路がまだまだ多いパラグアイ。舗装化が進む今需要は途切れる事はない

この収入源があるから、日本人会館の会費が安く押さえられ、みな幼稚園から日本語学校に通うことが出来て日本語をキープ出来てるのだという。







再びカラオケにお邪魔

P1110631.jpg





幼稚園の運動会
P1110632.jpg
P1110634.jpg

運動会をパラグアイに広めたのも日系人。
元々団体行動の苦手なパラグアイ人に団体行動になれせる為に、今ではパラグアイ中の学校で運動会があるのだそうな。






幼稚園で習う事は、意外に深い。

P1110635.jpg






日本と同じ日にパラグアイでも父の日を迎える。
P1110636.jpg

園田さんちの父の日パリージャパーティーにお呼ばれ
P1110638.jpg







和朝食始めました
P1110639.jpg






からあげ。
P1110641.jpg

めっちゃうま







ゴーヤがあったから、ゴーヤチャンプルにしてみた
P1110643.jpg

豆腐・肉なしだったけど、やっぱり旨いな。ゴーヤ






そして、最後の太陽が沈み

DSC04899.jpg






本当にお世話になりました~~~~~~!!!!


P1110644.jpg




とりあえず近況報告。 

元気です。
ブログ更新、メールの返信滞ってすんません。

現在ブラジルを抜け、ボリビアに潜伏中っす。
そんなわけでネット環境が悪くブログ更新が出来ず、とりあえずの野良電波を拾ってのi-Podからの近況報告になります。

ブログのネタは書いているのでチリに入ったらドバッとアップするのでお楽しみに。

ほんじゃまた

7月19日 ボリビアはスクレのバスターミナル

旅のルートと現在地 と ブログ再開のお知らせ 

旅のルートと現在地です

ルートマップ3


クリックで拡大します。



ブログ更新滞ってしまってすみません。

ようやくボリビアを脱出したので、ブログ更新始めます。
今日から連日アップします。よろしくです

現在行けなかった半年前の悲願を果たしチリのビーニャ・デル・マルの汐見荘で海鮮三昧です。

地図ではイースター島に行った事になっていますが、フライングです。
まだ行ってません。
これから行きます。

で、ようやく南米のケツが決まりました。

8月16日に南米を後にします。



約2ヵ月半ほどバックパッカー旅をさせてもらいましたが、いよいよ自転車旅の再開です。


そんなわけで、もうちょっとだけ気まぐれバッパー編をお楽しみ下さい



2011年 7月 28日 チリ ビーニャ・デル・マル

三年目はじめました 

2009年7月9日 日本より自転車世界一周に出発









日付変更線を跨ぎ、同日7月9日 アラスカ・アンカレッジにて最初の一歩を踏み込む












2010年7月9日 パナマで首絞め強盗。笑












同年7月22日 ヨットにて南米初上陸










2011年5月5日 南米最南端 ウシュアイア到着









2011年7月9日 ボリビア サンタクルスにてケンちゃん三昧











この頃ちょっと思います。











コロンビアのカルタヘナで、初めて南米の地図を手に取った時の事を









その時は全てが未知で、国名やアンデス山脈・パタゴニアと書かれている文字を見てもどこか無機質で、地図がペッラペラの紙だったのを









でも、アメリカ大陸縦断を終えた今改めて地図を見てみると









無機質だったアンデス山脈の文字からは、その高さと力強さと優しさが









パタゴニアの文字からは、爆風と圧倒的な美しさが、









ペラペラの紙だった地図が、どんどん立体的になり












優しく包み込んでくれるような感覚を覚えます。











多くの人と出会い、別れた南米。









数々の思い出と共に大好きになった南米。










地球の裏側にはこんなに面白い大陸があったなんて・・・








やはり旅はしてみるもんですね










さて、3年目










僕の前に残されたのは、









未だ熱を持たないペラペラした地図の









ヨーロッパ!!








そして









アフリカ大陸!!!











僕の前に広がるこの白地図は一年後どんな色がつくのだろう。










まだまだ世界は終わらねぇ










あっ、というわけでちょっと遅れましたが3年目はじめました。どうぞよろしく









この後は
8月1日から10日間ほど、イースター島に行き←しれっとチケットとった。笑
8月17日にスペインへ渡ります。

チャリダー旅を期待され待たれてる方、すみませんが後ちょっとだけお待ち下さい。






ブラジルはサンパウロへ 

P1110698.jpg

実はイグアスの滝から一旦パラグアイに戻ってきたのは、ペン園でのんびり過ごす以外にもう1つ利点があった。


それはブラジルのサンパウロまでのバス代。



前にもちょっと触れたと思うけど、イグアスの滝周辺はアルゼンチン・ブラジル・パラグアイの3国が隣接している





それぞれの国にあるバスターミナルは直径10キロ以内に収まる範囲にある。





それにもかかわらず






アルゼンチン
プエルト・イグアスから乗った場合。
約US100ドル少々



ブラジル
フォスド・イグアスから乗った場合
約US80ドル




パラグアイ
シウダー・デル・エステから乗った場合
約50ドル。





物価マジック。
ブラジル国内から乗るよりも、隣の国から乗るほうが安い!!







そんなわけで、ブラジル。サンパウロに到着



宿代の非常に高いサンパウロで、セントロにある有名日本人宿ペンション荒木の半額で泊まれる場所がこちら


P1110699.jpg



西郷さんのゆかりの

P1110701.jpg



鹿児島県人会。
P1110704.jpg

ブラジルにはこうした全ての都道府県の県人会があるというけど、鹿児島県人会は宿泊施設を格安で提供している。

中はめっちゃ広々。キッチン・ネットも使える
P1110702.jpg

P1110703.jpg


鹿児島県人じゃなくても宿泊可能。
ただ、週末や深夜・早朝のチェックインは出来ない。
要予約
kagoshimabr@gmail.com


セントロから少し離れるけど、地下鉄が発達しているサンパウロだから不便はない。


都会なんだな
P1110705.jpg

P1110706.jpg


サンパウロでもっとも面白かった所。というか、サンパウロはここくらいしか見るべきスポットはないんだけど・・・




完全日本

P1110709.jpg



なんか最近このネタばっか。笑






知っての通り、ブラジルは南米最大の日系の移住地。
P1110708.jpg

ここサンパウロのリベルタージは日本人街(現在は中国系の移民が多く東洋人街と呼ばれる)として有名で





こんな感じの浅草にあるような大げさな日本を売る店もあるけど

P1110713.jpg





スーパーは本当にクオリティが高い。
P1110714.jpg

P1110716.jpg

つうか日本となんら変わらない!!楽しすぎるーー!!!

P1110715.jpg

P1110717.jpg





マンガが鏡の前に置かれてるのにも何故か激しく日本を感じる
P1110711.jpg

P1110710.jpg



マックも純和風
P1110722.jpg




駅前には日本風な露天が出てたり
P1110712.jpg





鳥居が出てたり、
P1110718.jpg




たこ焼きをつまみながら

P1110719.jpg

P1110720.jpg



神社を眺めたりと、日本を楽しんだ

P1110721.jpg





このリベルタージのペンション荒木に、アルゼンチンで会ったアスカちゃんとやごっちゃんがいると言うので、再再会を果たす





そしてアスカちゃん達と一緒にラーメン屋あすかに
P1110723.jpg



P1110727.jpg

いや~日本と変わらんっすなぁ

P1110724.jpg



P1110725.jpg


とんこつラーメンや、醤油らーめんもクオリティが高くて感動
P1110726.jpg




その後やごっちゃんの意見でイブラプエラ公園へ




それにしてもブラジルは都会だなぁ
P1110728.jpg




なんでこの公園を選んだのかというと、この公園がブラジル出身のオスカー・ニューマイヤーの設計だから


僕もブラジルに来るまでこの人の名は知らなかったんだけど、かなり可愛い遊び心たっぷりの建築家らしかった。



こんなん作ります。
P1110730.jpg




中はこんなん。
P1110729.jpg





こんなんだったり。

P1110733.jpg




何故か石をぶつけると、ぼよ~んという音がする鉄板ありと、かなり遊び心たっぷり。

P1110731.jpg




ブラジル各地にはこの人の作品が沢山あり、かなりお洒落。
P1110734.jpg

スペインのガウディ見たいにみてるだけで楽しい。

この人の作品以外にも、色んなところに奇抜で面白い建築が多い。

遊び心の多いブラジルを好きになってくる








美術館の壁面の絵も可愛かったなぁ
P1110732.jpg





そんなんで、めっちゃ広い公園を楽しんだ。






宿ではプエルト・イグアスであった亮くんとばったり再会
DSCN2185.jpg

しょうが焼きと、ナスの揚げびたしでガッツリシェア飯
P1110707.jpg






いや~
それにしてもポルトガル語わからんなぁ

6月26日南米最大の祭りインティライミの裏 

6月26日はリオのカーニバルと肩を並べる南米3大祭りのひとつ

ペルーのクスコで行われる、インカ帝国の復活祭



インティライミ



アルゼンチンから一緒に旅をしているシオリちゃんの当初の予定にはこのインティライミはバッチリ入っていた。




しかしながら、6月26日僕等が居たのは、インカではなかった。





この日インティライミをおちょくるかの様に、サンパウロで違う世界最大のパレードが開かれた。








しおりちゃん。南米3大祭りであるインティライミを蹴って










世界最大のゲイパレードを見学












世界最大の祭りなのに前日まで、つうか当日のそんな告知文は一切見かけなかった。
(テレビではやってたようだけど)





サンパウロでバイト中のショウコちゃんに連絡を取り、MSAPというサンパウロ美術館の前で集合しようという事になった。







はっきりいってゲイパレードを舐めていた僕等は、そんなアバウトな集合場所でも難なく再会出来ると思っていた。









MASPの地下鉄を一歩降りたら物凄いウーハーの聞いた重低音が胸を突いた。








おっ、こりゃ割と盛り上がってんじゃね








階段を上り地上に出ると









盛り上がってるどころの騒ぎじゃねぇ~~~

P1110740.jpg








つうかMSAPの前がココイチの混雑具合なんですけど・・・







でも、行くっきゃ


P1110746.jpg




もう、日本のラッシュの通勤電車の如くの人口密集度






っちょ・・・






この密集度で、ゲイパレードって危険じゃね!?むしろ俺・・・笑









無理~~~~~~~~!!!!






ちょっと一旦退避退避~










ふう。

ちょっとたんま

P1110742.jpg








さっきはいきなりであせちゃったけど、一般人も多いし危険な感じはなさそうだ。

よし。もう一回とっこもう。




P1110743.jpg






・・・やっぱすげぇ密集度。









MSAPの入口があそこにみえるけど、これはとてもじゃないけど行けない。

仕方ないからここで見学しよう









そして1時半にボルテージが最高潮になり、みんな腕を上げ歌い跳ねる

P1110745.jpg








こっちもつられて跳ねる









無数の風船が上がり、ようやくパレードが動き出した。
P1110744.jpg


P1110741.jpg








物凄いデカイスピーカーからノリノリの音楽が流れてゲイ・レズ・おかま・ニューハーフ・仮装した人たち。その他もろもろの人たちが、踊り練り歩く

特にこうでなくてはいけないというルールはないらしい。



筋肉モリモリのマッチョマンが居たり、
P1110750.jpg




きれいなお姉さんが居たり

P1110753.jpg


P1110739.jpg






仮装した人が居たり
P1110244.jpg

P1110737.jpg

P1110738.jpg




どうみても、冗談としか思えない女装してる人や、男同士でキスをする群集






なにやら親しげな女の子同士







おっぱい丸出しで踊る女性






風船だと思ってたらコンドームだったり、







こんな可愛いTシャツ着ちゃったり、

DSC04989.jpg







雨まじりだったけど、虹が綺麗に咲き乱れてたり

P1110748.jpg

P1110747.jpg






そりゃハイテンション、ノリノリで進んでく。見てるだけでもめっちゃ面白い


P1110749.jpg






結局全ての台車が通過したのは2時間たってからだ。これからこの2時間の長いパレードはセントロへ向かっていくらしい








楽しかったなぁ。ゲイパレード

P1110751.jpg







この日いつもは青い電波等も虹色の電飾になっていた


P1110752.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。