スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ のんびり デイズ 

さて相変わらずのんびりさせてもらっていますが、

今日はカサ・ミラに行ってきます。
P1140823.jpg



これもガウディの作品

中庭
P1140824.jpg



まず有名な屋上へ
P1140825.jpg


こういうのも自然のモチーフから造ったんだろうなぁ
P1140828.jpg

P1140827.jpg


詳しいことはよく知らないけど、素人が見て楽しいってのはやっぱり凄いと思う


屋根裏スペース
P1140829.jpg



座れるガウディが造った椅子。
P1140830.jpg

ビックリするくらいフィットする


ドアノブを握ると思わず、気持ちいいって言いそうになるくらいのフット感
P1140832.jpg

P1140833.jpg

P1140836.jpg




家具も内装も可愛いなぁ
P1140834.jpg


P1140835.jpg


P1140837.jpg


P1140831.jpg


ここはまた違うマンション
P1140838.jpg



その後旧市街を散策
P1140840.jpg


後で聞いたけど、この辺は治安が悪いから日本人はあまり来ないんだって
P1140839.jpg


ぜーーーーんぜん感じなかった。笑

この雰囲気が怖いと感じるレベルなら、そりゃ南米は物凄い治安の悪い大陸に映るわけだ。




後はのんびりのんびり過ごす


夕方は他のお母さん達に混じり、
P1140841.jpg

サビィのお迎えが日課になりました。笑



そして、良ちゃんが剣道の先生をやってる道場を見学に行く
P1140842.jpg


P1140843.jpg



教える良ちゃん
P1140844.jpg

良ちゃんが剣道をやってる姿ははじめて見たけど、もうむちゃくちゃ格好よかった
P1140845.jpg


P1140846.jpg



一時間半。稽古は続く


サビィはちょっと飽き気味。笑
P1140847.jpg



それにしても間近でみる剣道は迫力満点。物凄く楽しかった
P1140726.jpg





帰り際、良ちゃんが






あっついなぁ。この暑さの中重い防具をつけてやるんだから本当にくだらねぇスポーツだよな。
ゴルフの方がいいよ










と冗談をいいながら、嬉しそうに剣道の話をする良ちゃんが印象的だった。









それにしても、マドリードのあっちゃんは空手。良ちゃんは剣道

日本に残っている昼間家は武道家とは程遠い人たちばかりだから、想像しがたいけど、実際見てみると驚きだ。

僕にも流れているんだろうか。。。そういう血が





夜はアナさん特製、パステル デ カルネ
P1140848.jpg

直訳すると肉ケーキ

マッシュポテトとチーズの中にひき肉が入っていてオーブンで焼かれている
P1140849.jpg

知らなかったけど、アルゼンチンでは定番の家庭料理らしい

やっぱり家庭料理が一番だなぁ

めちゃめちゃ旨かったです




料理といえば、良ちゃんも料理がめちゃめちゃうまい。

共働きの良ちゃん家では、空いている方が料理を作る


ちょっと待ってなぁ



とサクっとトンカツを作ってくれたり
P1140852.jpg

P1140853.jpg



翌日にはカツ丼にしてくれたり



冷やし中華や
P1140851.jpg



親子丼をパパパッと作ってくれる。
P1140850.jpg




どれも本当に美味しい


稽古を見てもこれが昼間家の血なんだろうか?と思ってしまうけど、

こういう料理を作る姿をみると、妙に納得して、あぁ同じ血だなぁと思ってしまう。





Barcelona






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。
スポンサーサイト

ピカソという男 ピカソ博物館にて 

引き続きのんびりさせてもらっています。

それにしてもヨハンめっちゃかわいい。
P1140959.jpg

ジーーーーーっとPCを眺めた後は、キーボードの上をのそのそ横切る


精力的に街を観光するってよりは、みんなと過ごす時間を大切にしていた

そう、決して観光をサボっていた訳ではない


夕方サビィのお迎えに行って、そのままずっと遊んでたり、
P1140958.jpg


アンドレアとサビィと一緒に散歩や買い物にいったり

P1140962.jpg


アンドレアも本当にいいおねぇちゃんになった


そして今日はアナさんとピカソ美術館に行ってきた
P1140961.jpg



例によって写真撮影禁止なので、写真はない。




でも、このアナさんと行くピカソ美術館は














もう。めーーーーーちゃくちゃ楽しかった。









この美術館は10歳くらいの作品から始まり、晩年の作品まで展示されている







年代別に展示してある、絵をアナさんの説明で観ていく








精神状態、流行、技術の移り変わりで、作風が、タッチが変わっていく










カメラの登場で、写真のような絵ではなく自己表現としての絵と変わっていく











みたものをそのまま映し出し、綺麗なだけでは駄目。











そこに個性を、表現を加えていく








ピカソではないけど、同時代のミロはこういっている
















一本の線と色で、感情を表現できる。














それって本当に凄いと思う。










移り変わる時代。移り変わる絵。












世界的なピカソの芸術的な一枚一枚の展示の美術館ではない










ピカソという人間の生き様を展示した美術館だった。









本当に1人の人間の人生のドラマを見てるようだった。









マドリードのプラド美術館で、沢山のすばらしい宗教画、絵画の展示を見た

ソフィアで、ピカソの代表作「ゲルニカ」も観た









どれも教科書で観た事のあるような超有名絵画。











でもそれは、僕の中で証拠の記念撮影をとるような作業で、薄っぺらだった。

(あくまで絵を知らない教養の低い僕の話ね。)











正直、ピカソの芸術的な絵の真価は僕にはわからない。











でも、絵によって自分の人生を描ききったピカソは本当に凄いと思った。










繰り返します













ピカソ。すげぇ













美術館がこんなに面白いと感じたのは初めてだった。












ミロの美術館でもそうだったけど、個人の美術館は面白い












楽しく解りやすく説明してくれたアナさんに大感謝










その後、旧市街をふらついて

P1140963.jpg

P1140964.jpg


P1140965.jpg








良ちゃんとも合流してタパスバル(レストラン?)へ
P1140966.jpg


P1140967.jpg

P1140968.jpg


タパスとはおつまみの事で、ちょっとずつたくさんの種類を食べれるから、楽しくて美味しい


ここはこの地方の料理のみを扱うレストランだそうで、珍しく、そして美味しかった
P1140970.jpg



P114097.jpg






うちの実家とスカイプ。
P1140972.jpg

本当に便利な時代になりました



電話の後、「やっぱ、れいちゃんだけでも残ってもらうんだったな」



と割と本気っぽい冗談を言っていた。笑

やはりアナさん面白い




そして、いつも美味しいご飯を作ってもらってるお礼に今日は僕が料理を作った。



どんなのを作ろうか迷ったけど、結局飾らないいつも僕が食べている様な旅人飯にした


まず鉄板。ナスの揚げびたし。
P1140974.jpg

これは外した事がなく、作ろうと初めから決めていた。


メインは迷ったけど、角煮にした
P1140973.jpg

安い豚バラブロックをひたすら煮る。長時間かけたので脂っこさも抜けてると思うけど、こればっかりは好みだからなぁ


旅ではよく料理を作って食べてもらう事が多いけど、今回は本当にドキドキした

P1140975.jpg


果たして・・・










どちらも大好評で一安心。

よかったよかった。





Barcelona





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

思ひでバルセロナ シーチェス 地中海 

P1140978.jpg

さて引き続きほっこり中っす

バルセロナ市街を散策
P1140979.jpg

P1140980.jpg




そして日曜日の今日はバルセロナ近郊の海の町、シーチェスへ連れて行ってもらった
P1140981.jpg


約40分で到着
P1140982.jpg


小さく可愛い海の街並み



南スペインのような雰囲気で、白い家々が暑い太陽とよくマッチする

P1140983.jpg



来ました!地中海!!
P1140984.jpg


P1140986.jpg

P1140985.jpg



サビィと一緒だったから、こんなに海ではしゃいだ事あったっけ?というぐらい


はしゃぎまくった


これくらいの子は本当に元気いっぱい。すっごく楽しかった


サビィが砂遊び中にしれっと休憩。笑
P1140987.jpg

P1140988.jpg



海遊びの後は、可愛らしいシーチェスの海を散策
P1140991.jpg


P1140989.jpg


P1140990.jpg



気持ちいい街並み、気持ちいい気候
P1140992.jpg




可愛いワンコ

P1140993.jpg


シーチェス凄くよかった。


他の日にはブラブラと散歩したりして過ごした


目抜き通り
P1140997.jpg





コロンブスさんっす
P1140998.jpg




ヨーロッパっすなぁ
P1140999.jpg



いよいよ。出発の日を決めて、準備する


そして、アンドレアが


鳴る度に幸運が訪れますようにと小さい鈴をくれ
P1140996.jpg



アナさんと、サビィで

ミサンガをくれたりと
P1150003.jpg



すっごく嬉しいプレゼントをもらった


そして、僕のボロボロになったグローブにサビィが気づいて、新しいのをプレゼントしてくれた。
P1140994.jpg


ボロボロで、一刻も早く変えたかったのもだけに本当に嬉しかったし、それに気づいてプレゼントしてくれた事が本当に嬉しかった




ボロボロになったこのグローブ。
サクッとお別れして、ポイッとゴミ箱行きだったところを

サビィとアナさんが、






「捨てるなら、うちに飾るから頂戴」と言ってきてくれた。










え!?それはもちろん構いませんけど、こんなにボロボロですよ?










それがいいのよ。岳ちゃんとアメリカ大陸走ったグローブだもん。額に入れて飾っておく









すっごく嬉しい申し出だった。
変えよう変えようと思いつつ、ここまで使ってしまった理由はやはり愛着が沸くから

ボロボロになればなるほど、色々な思い出が詰まってくる

だけど、使わなくなったら荷物になるので捨てるしかない。
まぁ日本に何か送る予定があれば別だけど。









ボロボロ過ぎで若干恥ずかしいけど、喜んでサビィとアナさんに貰ってもらった




P1140995.jpg






最終日は餃子パーティ
P1150001.jpg


本当に良ちゃんは料理にマメで、そんでもってすっごく美味しくて驚いた
P1150002.jpg







そして、

あっという間にバルセロナでの楽しい楽しい10日間が過ぎ去った

P1140977.jpg



Barcelona



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

カンシャ ノ キモチ 

10日間のんびりと本当に居心地良く過ごさせてもらったバルセロナの良ちゃん家を今日出発する。


午後だったらみんなが揃うという事で、出発はお昼ご飯を食べた後にすることにした。


午前中のうちにパッキングと、買出しを済ませ、サビィを学校へ迎えに行く



これが本当に僕の中楽しみな日課になっていた



学校でサビィが僕をみつけるなり嬉しそうに走ってきて、そのまま飛びついてくる




ガク。行かないで




なんて言われると、本当に決心が鈍りそうになる



出発前の記念撮影
P1150025.jpg



でも、お昼を食べている時もサビィはちょいちょい泣いていた



それでも、一緒に遊んで最後の時間を過ごした



本当に後ろ髪を引かれる思いだけど、出発の時が来た

P1150026.jpg


アンドレアは学校があるので一足先に別れを済ませた




アンドレアは、大人っぽくて、本当に美人になって

本当にいいお姉ちゃんになった

でも、人懐っこくて優しい笑顔は10年前のままでした。

サビィと三人で散歩できたバルセロナは本当に楽しかった。

これからも勉強頑張ってください








良ちゃんときつく握手をする




とっても優しかった良ちゃん

道場での良ちゃんは優しい表情で指導しつつ、厳しさを覗かせる先生の顔

家では、サビィに厳しく注意しつつも、サビィにデレデレという事がすぐばれてしまうパパの顔

そして本当に料理には驚きました。

トンカツや、餃子など手間がかかるのもサクっと作るし、

「残りもで悪いけど」と言われて出される料理は、どこが残り物なのかわからない位、豪華で美味しかったです

どうもありがとうございました。







続いてアナさんときつくハグをした





なんにも出来なくてゴメンね~とアナさんは繰り返し言ってたけど、とんでもなかった。

すごく自然体で振舞ってくれるアナさんの優しさに、心からのんびり過ごす事が出来ました。

アナさんの大人っぽくてしっかりした一面と、

あっ、これ買っちゃお~っとオモチャを衝動買いしてしまう子供のような一面。笑

アナさんと散歩しガイドして貰ったバルセロナは凄く面白かったです。

それと、ピカソ美術館は衝撃の面白さでした。






最後にサビィを抱きしめようと思ったら、やっぱり泣いていた



泣かないで。




そうなだめるつもりで、その小さい体を抱きしめたら寂しさが伝わってきて、こっちまで泣きそうになってしまって言葉が出なかった



本当に可愛く妹のように思えたサビィ


あなたは初めから人見知りしない子だったけど、日を追うごとにどんどん仲良くなっていけたのが、本当に嬉しかったんだ。

まさか泣かれる位悲しんでくれるとは思わなかったから、泣いてくれた事がちょっと嬉しかったんだ。ごめんね


サビィから貰ったミサンガ。
結ぶ前に願い事をする。でも言ってはダメだと言われた。


うん。わかった


僕はこのミサンガにこの旅が始まって以来初めて自分の旅の無事ではなく、ある小さい女の子との再会を願った






またすぐ会い来るよ。サビィ





と告げ、最後にもう一度抱きしめた





自転車にまたがり、最初の一歩を漕ぎ出す



振り返り元気に手を振る





ありがとうございました~~~~~



バイバイサビィ~~~~!!!
また会おう~~~~!!!!









こうして、良ちゃん一家との楽しい生活を終え、自転車旅に舞い戻った







楽しかったなぁ。バルセロナ







別れは寂しいけど、暖かい気持ちでいっぱいになった







サビィとの思い出である日こんなことがあった








出発が近づいたある日のバスの中







サビィは僕の腕に絡まって寝ていた。






そして、突然起きて僕に向かってこう言った









どうして行っちゃうの?








ドキッとしてすぐには答えられなかった。









どうして行っちゃうの?・・・か。
いい質問だな。









小さい子の質問はシンプルだけど、いつでも核心をつく。









今まで、旅する理由とか、自転車を選んだ理由とかはよく聞かれた。











だけど、行っちゃう理由か。

考えた事なかったな。

旅することが前提の旅人にはまずない質問

そこに留まる事を許された人間のみ、これを質問される事を許される、幸せな質問。












この時、僕はなんて答えたっけな?

世界を観たいとかなんとかだったっけ?










でも、いま思うのは









この小さいサビィが友達にちょっとでも自慢できるような従兄弟でありたいから。










将来この子が本当に地球の大きさを知ったとき、そこを自転車で走った事がある従兄弟が居る事を誇れるような自分でありたいから











滅多に会えずに、行かないでと言ってくれる可愛い従兄弟が居るから、









僕はここに留まらず、先へ行くんだと思う。














いつか世界の大きさを教えてあげるね。サビィ













その時まで、お父さんとお母さんの言う事よく聞いて素敵な女性になるんだよ











またね






じゃ、良ちゃん。アナさん。アンドレア。サビィ











ありがとうございました~

P1150027.jpg






Barcelona






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

さよならバルセロナ 海辺の走行 

さて話はバルセロナの良ちゃん家を出発してから

走りやすいけど、信号の多いバルセロナ市街を抜けると、



こんな海沿いの小奇麗なリゾート地を走る道路となった
P1150274.jpg



出発を午後にしたので早くも夕闇迫る。
P1150275.jpg


ずっと小奇麗なビーチで野宿地がみつからないけど、音楽をかけてノリノリで走り現実逃避をはかる


やっとみつけたキャンプ場




行ってみると












お1人7ユーロです。それに車一台につき14ユーロかかります。













あっ、いや。自転車なんですけど・・・














同じです。トータル21ユーロですね












アホくさ。マニュアル化しすぎて交渉も無理だろう。
まぁいいやなんとかなるだろう









と先に行くと、もう一軒のキャンプ場を発見。
なにやらすたびれてていい感じ
P1150279.jpg











中に入るとおじいちゃんがノソノソ現れた









あの~。自転車なんですけど、一泊いくらですか?












自転車かい?はて・・・

じゃ、10ユーロでいいよ。













けって~~~~い。

やっぱこういうローカルに限る。

相場を知らないので10ユーロのキャンプ場が高いか安いかは知らないけど、とにかくよかった










そこはキャンプ場というよりも、バカンスシーズンに何週間という単位で借りるトレーラーハウス的な所で、テントを張るのは僕1人だった。
P1150276.jpg


P1150277.jpg





ただ、海も近く雰囲気も悪くない。

連泊もありかななんて思ったけど、ひとりで海に一日いてどうするんだと現実に戻った。







そして今日の楽しみは夕食・・・









良ちゃん・アナさん特製唐揚げ弁当。
P1150278.jpg


もう本当にめちゃめちゃ美味しかったです。

ありがとうございました。




804日目 Arenys de Mar キャンプ場 10ユーロ  45キロ







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

アディオス スペイン語圏 ボンジュール フランス語 

翌日も快晴!!
P1150280.jpg




いつの間にかフランスを目指す標識が出てきた。
P1150281.jpg





バルセロナからフランス国境までは約160キロほどと近い

バルセロナを出て2日目の朝にスペイン側の旧イミグレを通過する
P1150282.jpg

当然EUの今は使われておらずスルー
P1150283.jpg




そこからピレネー山脈の端の端を本当にちょこっと上ると



見えてきた~~~~


P1150284.jpg


フランス入国だ~~~~!!!!

P1150285.jpg



と気分を盛り上げるも、やはりノーチェックの今実感が沸かず、ちょっとむなしい



フランス側はいきなり町になっていた。

P1150286.jpg







当たり前だ。










当たり前の事なんだけど・・・・














みんなフランス語喋ってる~~~~~~!!!!!












すっげ~~~~~。やべ~~~~~~













全然一ミリもわかんね~~~~~












この瞬間、僕の一年9ヶ月に渡るスペイン語圏の旅に終止符が打たれ、また新たなステージに足を踏み入れた。

今頃になって中米グアテマラのタカハウスで必死になってスペイン語を覚えていたのが、いやに懐かしい。











2年も旅してて今更ながらに思うけど、












ちょっとは予習して入れよ。フランス語~~~~











ゆうても同じラテン語発祥だからスペイン語でごり押し出来るっしょ?みたいなノリで行ったら、全く違う言語だった。笑











つうかこのタイミングで電子辞書オシャカになるってどういう事!?














ボンジュールとメルシーぐらしいかわかんね~~~~












看板も地名ですらなんて読んで良いのかさっぱりわからん。












てか












リアルにカルフール(大型スーパー)

ぐらいしか自信をもって発音できねぇ~~~













後日談だけど、ホステルに泊まった時に英語の話せるお姉ちゃんによく使う単語だけ教えて貰おうと思ったけど、











見事に撃沈。結局一個も合格点をもらえなかった。発音難しすぎる











まぁいいや。ボンジュールとメルシーさえ通じればあとはなんとかなんだろう。



世界なんてそんなもんだ

P1150287.jpg











フランスっぽいなぁ

P1150288.jpg











フランスの小さい村は本当に可愛い。
P1150289.jpg

後日大都市の洗礼を嫌と言うほど受けるけど、この時はまだ知る由もない







のどかな所だ

P1150290.jpg


P1150291.jpg






フランスっぽくブドウ畑でテント。贅沢ッすなぁ

P1150292.jpg









良ちゃんから買ってもらったオタフク焼きそばソース
P1150293.jpg

こんなんがあるんですね









まぁ当然パスタに絡める訳で、見た目はいまいちだけど食べてみれば、しっかり焼きそば
P1150294.jpg

いやはや、さすが日本クオリティ





翌日はスーパーで買出し。
P1150295.jpg

スペインに比べれば、ちょっとだけ高いもののあまり変わらない印象でホッとする。









この辺は可愛い風景だったなぁ

P1150297.jpg


P1150296.jpg


P1150298.jpg


P1150299.jpg


P1150300.jpg



あっち~。それにしてもあち~

P1150301.jpg


P1150302.jpg


P1150303.jpg




まぁ走ってるだけなので特に書くことないんですけどね。


P1150304.jpg



805日目 La Joaquera 109キロ 


806日目 Narbonne (フランス) 100キロ


807日目 Montpelier  104キロ







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

フランス走行の感想 意外に都会 南フランス 

前回のブログは、フランスの気持ちのいい村や風景を紹介してきた。











でもね。やっぱそれだけじゃないわけよ。フランス。

ちょっと愚痴っていい?あんまこういう事書くの好きじゃないんだけど、愚痴るよ。悪いね















南フランス。南仏。こんな所を走っているなんて書いたら、よっぽど快適に走ってると思われそうだけど、実はそんなこともない。














まず、第一に










街がいちいちデカイ
P1150305.jpg


通り抜けるのに苦戦するような街が、それこそ一日に2~3個ある。













それはいい。それはいいの。フランスだもん。

そりゃ街は大きいさ。めっちゃ綺麗で走ってても見とれるばかりさ
P1150307.jpg













でもね。












なんで、今まで快適に走ってた国道が、いきなり自転車禁止の高速道路になるわけ!?


しかもスペインと違って、ドライバーからここは走っちゃダメだよ。と注意される

この注意は親切心だからいいよ

でもさ










じゃ、どうやって自転車でこの街行くの?と聞くと











わからない。でもこの道は自転車はダメだよ。












て、お~~~~~~い!!!!














しかもね。しかも。

有料高速があるにも関わらず、無料高速(自転車禁止)を造っちゃう意味わかんなさ。しかも側道なし。











地元の人に聞いても、高速以外で行く術を知らない。











なに?これが、自転車大国のフランスかい!!










確かに大都市の中心部は自転車道路があったりして快適だよ。











でもね。










次の街の看板を全て高速に向けるのはどういうわけ?

なぜ下道を表記してくれないわけ?













街に入るときは、なんとか高速を避けて入れるけど、街を出るときは必ず高速に誘われるのはどういうわけ?











確かにアメリカ大陸でも、そういう事は幾度となく体験している











でも、なんで日に3回もそんなイラつく事を体感しなくちゃいけないわけ?











うだ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!














よし。吐き出した。
愚痴終了っす。あざした。

もしフランスを走行予定の方はフランスだけの詳細マップの購入をお勧めします










そんなたまんない街抜けを避け田舎道を走ると、それはそれは気持ちいいんだけどなぁ

P1150310.jpg


P1150308.jpg



P1150311.jpg





でもこんな道もいつかは大きい町に辿り着くんだよな


P1150309.jpg








マルセイユまでぶっ続けで走ろうと思っていたけど、そんなこんなでまず心が折れたのと、




このMartiguesという小さな港町が可愛すぎたので

P1150315.jpg

P1150314.jpg

本当に小さくて可愛い
P1150313.jpg

P1150312.jpg




たまらず、フライングでホテルに滑り込む

P1150320.jpg


P1150316.jpg






808日目 Port-s-Louis手前 112キロ  

809日目 Martigues 57キロ




海に浮かぶ町 マルセイユ 

久しぶりのホテルでは、溜まってるブログを書くでも、メンテをするでもなく、ずっとベットの上で映画を廃人のように観ていた。

よっぽど疲れていたんだなと、自分でも思った。


でも、このフライングの一泊は本当に心身ともに回復した。


それにしても  


Je ne parle pas francais
P1150319.jpg


宿を取るにも一苦労だぜぃ






そういえば、昨日ケーキを食べた。


以前行ったインドのバラナシでフランスでパテシエをしていた人と、夜の屋上でようやく暑さの落ち着いたガンジス川の風に吹かれて、こんな話を聞いた事を思い出したからだ。




フランスのお菓子は美味しいよ。使ってるバターから全然日本のとは違うんだ。




名前も顔も思い出せない、その人の言葉。

不思議だけど、流すように聞いた言葉を一生忘れないって事がある。



そのフランスのケーキをこうして食べてるんだな。

不思議な気分だった。

そしてやはり美味しかった
P1150318.jpg

P1150317.jpg




海岸沿いのアップダウンの多い道だったけど、昨日までのテンションとは打って変わって気持ちよく走れた。

P1150322.jpg


P1150321.jpg




やっぱりたまにはホテルに泊まらないとダメだな






田舎道はトンネルに差し掛かった








ここで、僕のi-Podから流れた曲は










魔女の宅急便。










そしてトンネルを抜けると












いきなり景色が開けて、マルセイユの町が見えた

P1150323.jpg

P1150324.jpg











ジジ。観て。海に浮かぶ町よ。

私あの街にする










気分はすっかりキキだった。なんつうバッチリな選曲










写真には残せなかったけど、豪華客船が立ち並ぶ。ほんとうに大きかった

P1150325.jpg


あんなんで世界一周して、こんな所に立ち寄るのも悪くないなぁ







こんな感じで高速に誘われる。これはまだましか
P1150326.jpg

首都高か!!と言いたくなる








なんとか高速を回避しつつ、セントロへ近づく

古い倉庫街。港町っぽいっすなぁ
P1150327.jpg











そしてようやく。












マルセイユ。きたーーーーーーー!!!!!!
P1150328.jpg






なんか久しぶりに自転車で入ってる自分がちょっと恥ずかしくなるくらいのお洒落な雰囲気な街だった
P1150330.jpg


P1150329.jpg








ツーリストインフォで地図と安宿情報ゲット
P1150331.jpg

郊外にホステルがあるという。

ただ、進行方向上にあるのでそこに向けて走り出す






到着










なんか学校のようなホステル。
P1150332.jpg

無事投宿。バルセロナから長かった。疲れたよ~~




810日目 Marseille 





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

マルセイユ観光の一日 

泊まったホステルには快適だったけど、残念ながらキッチンがついていなかった。

南米では当たり前だったキッチンもヨーロッパではない所も多いらしい


でも、とりあえず野菜補給。

P1150338.jpg

300gの野菜が90セントくらいで買えるから、ガッツリ食べまくる。



そして朝食つき
P1150339.jpg


コーヒーを飲むマグカップがないなぁと探していると



シリアル入れかと思った、ボウルにみんななんの疑問も突っ込みも入れるでもなく、当たり前のようにその容器にコーヒーを入れていく。
P1150340.jpg


全ての人が迷いなくだ


これにはちょっとうけた


(後日これはフランス発祥のコーヒーを飲むためにあるカフェオレボウルだと教えていただきました。それにしても何故この形?笑)



さて今日は珍しく朝からがっつり観光へ出掛けた。




バスと地下鉄を乗り継ぎセントロへ
P1150341.jpg


港町の朝は活気があっていい。
P1150342.jpg


P1150343.jpg

宿にキッチンがついていないのが悔やまれる





まずはガイドブックにトップで載ってたマルセイユ沖に浮かぶイフ島へ行く。
P1150345.jpg




正直そこまで興味があったわけじゃないけど、とりあえずなんか観光したい気分だった。



それに片道20分だけど、地中海クルーズが出来るのだ



出航。日差しが暑く風が涼しい。いい気候だ

P1150346.jpg


P1150347.jpg



遠くに見えるのがイフ島
P1150348.jpg



要塞として築かれ、監獄としても使われた

P1150349.jpg

P1150350.jpg

まぁ城自体は、大したことなかったけど、

P1150352.jpg



地中海の日差しの下、のんびり過ごすのは本当に気持ちが良かった

P1150351.jpg

P1150353.jpg


こんなに大都会が近いのに海が意外に綺麗

P1150354.jpg


そしてまた、豪華クルーズを経てマルセイユへ

P1150355.jpg


P1150357.jpg



お次は、あの丘の教会へ行こう。観光するよ~。今日は
P1150344.jpg



グングン上っていく。


中南米は丘って言ったら必ず治安が悪いけど、ヨーロッパはいい雰囲気だなぁ
P1150359.jpg



P1150367.jpg


ようやく到着

P1150360.jpg



豪華絢爛。
スペインで行った、メスキータのような建物だ
P1150362.jpg


航海の安全を願うので、所々に船の模型が



教会自体も見応えあったけど、



P1150364.jpg


やっぱこっちだな

P1150365.jpg




教会から眺めが本当に素晴らしかった

P1150366.jpg




そのまま帰るつもりが、ふらっと立ち寄ったショッピングセンターで、
P1150369.jpg



がっつりマンガの立ち読み。さすがフランス。めっちゃ置いてありました
P1150368.jpg




久しぶりに朝から夕方まで観光した事に、大満足の一日だった。




そして今日の夕飯は、キッチンがないんだけど、広いテラスがあるからバーナーでしれっと自炊



ただいつもと同じ献立じゃつまらないから、辛ラーメンにこれでもかってくらいに野菜をぶち込み、チーズを入れたら

P1150370.jpg



何故かチーズがとろけるを通り越して溶けて、ピリカラのカルボナーラみたいになって、想定外のうまさだった



翌日は応用して、カレーチーズリゾット。
P1150371.jpg

P1150372.jpg


これも旨かった



まだまだ南フランスは夏ですな~~~



P1150373.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

平和な南フランスで感じたこと 

その小さな村の小さな教会では12時を告げる鐘が鳴り
P1150475.jpg


可愛い通りのパン屋さんからはパンの焼くいい香りが漂う
P1150474.jpg



カフェでのんびりとした時間を楽しむ人々

南フランスのビーチでは海水浴や日光浴
P1150476.jpg

ハーバーにはヨットが優雅に浮かび
P1150477.jpg

それを眺める海岸線のメインストリートは、恐ろしく綺麗で可愛い
P1150478.jpg

こんなサイクリングロードも整備され、ちょっとスピードを落として
海や町を眺めながらのサイクリング
P1150479.jpg


マルセイユ以降、海岸線のルートに自転車道が現れ、快適に進む。


青空と、弾けんばかりの太陽


ビーチは美しく


通り過ぎる町々は、見るものを魅了するくらい可愛い
P1150471.jpg

P1150481.jpg


そこの人々は、せっかくの休暇を遊び倒そう!!と日本人的な感覚ではなく、その気持ちのいい環境をただただのんびりと味わっていた。











人ののんびりした感じがそのまま町にも映ってるみたいだった











これぞ南フランス。













人生は素晴らしい。。。



















うん。まぁハッキリ言って

















若干飽きてます。笑















こんな可愛い町ばっかり登場して、特に書くことねぇっす。













風景綺麗っす













平和っす。











食料・水。困らねぇっす。














平和っす。














こんなに同じような雰囲気の町ばっかり造らんでも・・・













もっと生活感たっぷりのごちゃごちゃした的なものないんかね。ここには













まぁいいや。とりあえずサクっとそれ以外のこと振り返ります

同じ部屋になった、イギリス人サイクリスト。(名前忘れちゃいました)
P1150468.jpg

3週間のツーリングで、もうバスでロンドン戻る言うてましたけど、

は?って言うぐらい荷物が少なかった。



だけど、ここマルセイユのホステルはヨーロッパ周遊の短期サイクリストが多かった。

みんな大抵バック2個を後ろに引っ掛けての軽量スタイルだから、物珍しそうに僕の自転車にはワラワラと集まってきた。








海岸線といっても小高い山を上ったり下ったりで、一日1000mくらいはトータルで上ってそうな勢い
P1150469.jpg


といってもさすがにもう体は慣れたから、楽々進んでいく
P1150470.jpg



いや、別に疲れてる訳じゃないよ
P1150472.jpg


スーパーでこんなん発見
P1150473.jpg

普通に売っててビックリ。(1ユーロくらいだったかな)海外での行動食はほぼ甘いものしか売ってないので、こういうのは嬉しい。

ちなみにお味は、充分美味しいと言えるレベル

快適サイクリングロード
P1150480.jpg


P1150482.jpg


昼飯も見晴らしよく
P1150483.jpg


P1150484.jpg



ちなみにこのアイスはいまいち。2ユーロもしたのに、ボリビアアイスみたいだった
P1150485.jpg

まぁこういうのは雰囲気ですからね






綺麗だなぁ。何度も言うけど
P1150486.jpg

ちなみに白い点々が全て家


こんなんが終わらないから、夕方はちょっと焦る


綺麗な風景に出た!!
P1150487.jpg



そしたら小道があってなんと素晴らしいキャンプポイントが



想定外リッチキャンプに


P1150489.jpg



ここを今日のキャンプ地とする!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。