スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【短編集 標識編】 ところ変われば 牛変わる 

モンテネグロ

P1170690.jpg







ボスニア・ヘルツェゴビナ
P1170756.jpg






ブルガリア
P1170923.jpg

・・・・!?




本編ぼちぼち再開で~~~す。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

さらばアドリア海の自由と放埓の日々よ。極寒の内陸。一気にソフィアへ!! 

モンテネグロの観光地コトルを出発して9日目。
ボスニアヘルツェゴビナ。セルビアを経てブルガリアの首都ソフィアに到着した。
P1170858.jpg


この9日間のブログをどうしようかと考えた。
つまらない走行だったわけじゃない。モンテネグロの乾いた山やボスニアヘルツェゴビナやセルビアの渓谷の走行は楽しかったし、2~3日で国が変わりその雰囲気を感じるのは好きだったし、なにより人の良さが愕然と上がった。
P1170850.jpg


P1170849.jpg



誰もがこんな時期に走る自転車乗りをたたえてくれて本当に優しかった。

P1170856.jpg
寒いからコーヒーでも飲んできな!こんな誘いが本当に嬉しくて、みな優しかった


アドリア海を去って内陸に入ってからは本当にビックリするくらい寒かった。
P1170845.jpg
さらばアドリア海の自由と放埓の日々よ


この9日間はほとんど野宿で繋いできたけど、朝の気温はマイナス10度まで下がり全てが凍りつく世界だった。

更に多湿な土地柄からか、午前中は必ず深い霧に多い尽くされた。
車に対する恐怖ももちろんあるけども、マイナス10度の霧は体に張り付きそして凍っていった。

ただ僕は、みなが敬遠したがる冬のヨーロッパは意外に好きだった。
どこまでも自由で明るい夏のヨーロッパより、どこか影を背負い足早に歩く人々の哀愁が好きだった。
通り過ぎる村ではみな巻き割りに必死だったし、どの家からも黙々と暖炉の煙が上がっていてヨーロッパの原風景を見ることが出来た。
P1170854.jpg

P1170857.jpg

P1170848.jpg



それに霧はかなりやっかいだったけど、それが晴れたときは全てが凍り付いて雪景色とはまた一味違う美しさがあった。
P1170852.jpg

P1170853.jpg


この寒さの中のガソリンスタンドはまさに救いの空間だった。
P1170855.jpg


そんな中山の中で変速機が壊れるというトラブルにも見舞われた。

走行中にいきなりギアがトップに落ちた。
見てみると変速レバーが緩みガバガバしていた。
締めなおしてみるも、うまくはまらなかった。仕方なく一度ばらして色々試行錯誤していた途中カチカチカチとラチェットは生きている事が分かった。
P1170846.jpg

それからついてるリングを一旦外し、溝を合わせて慎重に戻したら見事に復活した。

変速機が壊れたとしても、ギアを固定して走る事が出来るけど、こんな山岳地帯でそんな事を絶対したくない事だったから本当にホッとした。

だけど、思えば変速レバーのネジ緩みは完全に盲点だった。この2年4ヶ月一回も増し締めしていなかった。そりゃ緩むって話だ。
ラチェットが壊れる前で本当によかった。
P1170847.jpg


そんなこんなのコトル→ソフィアの9日間。


P1170851.jpg



え?久しぶりの更新なのにまとめ過ぎ?笑




                                                                                                     

859日目 Kotor ~ Cetinje 54キロ 標高 0m→905m→630m


860日目 Centinje ~ Niksic 85キロ 標高 630m→1130m→710m       

@モンテネグロ
                                                  

861日目 Niksic ~ Brod 89キロ 標高 710m→1130m→385m           

@ボスニア・ヘルツェゴビナ


862日目 Brod ~ Mokra Gora 110キロ 標高 385m→220m→715m
                                          
@セルビア


863日目 Mokra ~ Mrcajevci 112キロ 標高 715m→880m→160m


864日目 Mrcajevci ~ Brus 105キロ 標高 160m→860m→280m


865日目 Brus ~ Nis 78キロ 標高 280m→105m


866日目 Nis ~ Dimitrovgrad 105キロ 標高 105m→435m


865日目 Dimitrovgrad ~ Sofia 63キロ 標高 475m

@ブルガリア


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

旅は道連れ世は情け。旅は一気に加速の気配 

今日明日の予定ぐらいはさすがに立つけれど、3日後にどこに居るのか、何をしてるのか自分でも分からない旅というか生活。







贅沢といえば、とても贅沢な話である






僕のブログのタイトル通りノンプランで走ってるというのはあながち嘘ではない。







だけど、そんな生活を続けていると、たまにふっと予定を立ててみたくなる。







先の事を思ってワクワクして、それに向かって走ってみたくなる。







出会いとか、旅とか、予定とか、縁とか。当然日本の生活にも当てはまるけど。








本当に不思議なモンで、ちょいちょい小出しにくればいいものの、そういう時に限って同時に来たりする。







制約のないノンプランの時間が、ここソフィアで一気に熱を帯びて加速する。







それはまず、
僕が宿に着いた日、「明日出発します」と言っていた雰囲気からしてイケメンの彼から話は始まる


P1170894.jpg





ヨーロッパで無限にあったルートはここブルガリアで、再び絞られてほぼ皆同じルートでイスタンブールへ抜ける為。首都のソフィアのホステルは予想に反して日本人旅人か多かった。







そんな事はつゆ知らず、いきなり彼から日本語で話しかけられて驚いた。








更にその彼がヨーロッパでチャリを始めたチャリダーということで更に驚いた。








仲良くなったのは彼だけではなく、久しぶりに日本人と笑い合って酒を飲明かすのは本当に楽しかったけど、チャリダー同志ということもあり、特に仲良くなった






彼は既にその宿に一週間の滞在をしていた。他の大陸だったらなんら驚かないその滞在もヨーロッパで一週間の滞在は、やはり長いという部類に入っていた。









彼は腹を壊していた。
4日で出る予定だったらしいが、腹を壊して出るに出れない状態が続いているらしい。
既に、3日腹を壊していたら病院などのアクションをとってもいいとは思うのだけど、







彼は「いや、でもだいぶ良くなってきたので」と言いながら、足しげくトイレに通っていた。








彼はここからイスタンブールへ走りぬけ、そこで一旦ゴールし次の予定は決まっていないけど、あと1年くらいはバッパーかチャリダーかはわからんけど旅するらしい






イスタンブールまで走るとの事だったので、
「じゃ一緒にイスタンブールまで走ろうよ」といつもの軽いノリで誘った。







ただ、彼は走りたいけど「さすがに明日出発するんで」との事だった







だけど、翌日も腹は治らず連泊していた








チャリを一緒に走るかは別として、せっかく仲良くなったチャリダーをさっさと出発させては惜しいなと思い、







とりあえず、角煮で釣ってみた。



P1170886.jpg




さすがに具合が悪そうだったので、シェアというよりは味見する?というニュアンスで誘いご飯も本当に軽くよそった。








それまで具合の悪そうだった彼が、角煮を食べだしたとたん、旨い旨いと結局僕よりも多くのご飯を食べていた。


P1170885.jpg





チャリダーにここまで気持ちよく食ってもらうほど嬉しい事はない。







寒い所を走ると本当に痩せていく。
そんな時はこんな脂たっぷりの角煮は本当においしく感じるし、何より体が求めていたのだろう。







もう元気になりました。明日出発します

と彼は今日も言っていた。ただ、本当に良くなってきたようでそれはあながち嘘ではなさそうだった。








翌朝、僕はソフィア郊外の世界遺産リラ僧院へ行く為に9時半に宿を出た。
その時間に彼は現れなかったので、お別れをせずにというのが若干の心残りだった。








山奥にひっそりと佇むリラ僧院は見応えがある!!というよりは趣のある雰囲気のある僧院だった。
吐く息が、はぁと白くなる中薄暗い教会の中を静かに歩き壁画を見上げるのはなんともいい空間だった。
P1170890.jpg


P1170888.jpg

P1170887.jpg


P1170889.jpg








宿に戻ってみると彼がいた。
さすがに何日も腹が治らない彼を今更ちゃかす気はさらさらなかったけど、体調はほぼ回復したとの事で一安心した。







その日も飯を食いながら飲んでると、「一緒にイスタンブールまで走ってもいいですか?」と言って来た。






もちろんいいよ。でも俺は明日もう一泊して明後日出るよ。





と、更に彼の足を引っ張ってみた。というか本当にはじめからもう一泊するつもりで買出しだのなんだのしてきたから、リアルに明日出発はきつかった。








彼は考えていたけど、僕を説得させようとしていたけど、結局折れて明後日出発する事でまとまった。






久しぶりのペアラン。これはめちゃめちゃ楽しみだった。






更にこの宿にいる時に、日本に居る友人がタイミングよく次々に海外にやってくるという話をキャッチ。
まだ不確定だから、ブログには書かないけど、ペアランといい、友達との再会予定&小旅行と年末年始にかけて、一気にスピードが加速していくのが分かった。







師走。
そうやら僕も忙しく駆ける事が出来そうだ。
日本ではいやがおうにも忙しくなるが、旅において忙しくなるってのもやっぱり贅沢だ。








翌日は買出し&食の日となり







まずはハツとマッシュルームの炒め物。700グラム。ちなみにこれ前菜。

P1170891.jpg







その後メインはハンバーグ。
P1170892.jpg


初めて旅先でつくり完全にうる覚えレシピだったけど、ビックリするくらい旨かった。


P1170893.jpg



ちなみにこれが2ラウンドあり、昼から夜まで買出しから含めるとひたすら『食う』だけに費やした一日。





チャリダーだから心置きなく、引き込める食の世界。






明日出ますと着いた日からいい続けていた彼と、まさかのペアラン。






これだから旅は面白い!!







ちなみに全然流れが違ったから載せられない写真を、ここでアップ
P1170884.jpg

銀行に拳銃禁止のマークってそりゃそうでしょう。笑









あっとそうだ。彼の正体を明かすのを忘れる所だった


名を清くんといい、26歳のめちゃめちゃ好青年
ちょっとの間だけどイスタンブールまでの約700キロを一緒に走ります。
清くんのブログはこちら


そんな
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村  
清くんブログ村にも熱い男で
携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村  
このところちょっと疎かになっていたブログ村をしっかりアピール。笑

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング


目指しましょう。上を

ちなみに彼はイケメンです

よろしく。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村  


携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

8ヶ月ぶりのペアラン!!バラの谷の走行!!一路黒海へ 

さて、久しぶりのペアランと相成った。

DSC05536.jpg


元々キヨ君は最短のルートを走る予定だったけど、僕はバラの谷と呼ばれる地帯を走るつもりだった。

日本でのブルガリアのイメージは?と問えば
恐らくほとんどの人がヨーグルトと答えると思うくらいに根強く定着している。

これは明治の戦略かと思いきや、
意外にもスーパーや市場では沢山のヨーグルトが売られておりここがヨーグルトの国なんだなぁと実感できる。



だけど、ブルガリアは知る人ぞ知るバラの国なのだ。


まぁついこないだ知ったわけだけど。



当然今の季節にバラは咲いていないだろうけど、その甘美な響きに何かしらの期待をもって走って出発した。






これがま~~~~~~~




DSC05651.jpg




何にもないところだったっす。









本当にずっとずっとずーーーーっと荒野をひた走るルート








だけど、久しぶりのペアランは相当楽しかった。

こんな荒野で、走行の思い出なんてほとんどないけど、ひたすら話しまくってゲラゲラ笑って話す日々だったから、こんな荒野でも楽しかった。



町を出るとき、野宿に備えてワインを購入。
P1180111.jpg

お菓子を大量に買っちゃったりと、かなりはっちゃけ具合が伺えます



ちなみにキヨ君の自転車の装備はこちら
P1180110.jpg

東欧でバックパッカーからチャリダーになった彼。
当初の予定では2ヶ月でイスタンブールまで走り、再びバックパッカーに戻る予定だった為、長期自転車旅行者の定番の前後キャリアをつけて走るスタイルではなく、後ろのキャリアに全ての荷物をつけるというスタイルで走っていた。



その後彼が僕と出会いで、更に深い世界へと自転車で導かれるとも知らずに・・・笑



前から見たら、普通の自転車だけど
P1180112.jpg

後ろから見たら、この通り
P1180113.jpg
かなりのリア重量級


2ヶ月目のキヨ君からしてみれば、2年走ってきた僕はかなりの兵に映るらしく、色々な話を興味深そうに聞いてくるもんだから、僕も色々な話をしたり、自転車の装備を見せたりなど柄にもなく先輩風なんかを吹かしていたけど、

持ち前の適当な性格な為、真剣に自転車の話からすぐに脱線してゲラゲラ笑って話を終えるしまつだったから、初めにあった先輩後輩的な感じはすぐなくなり、



『がくさん本当に適当ですね』とか言われながら、



『いや、キヨ君のずるさ程じゃないよ』と返したりと、



とにかくまぁ、くだらない事をくだらなく、ゲラゲラ笑って走っていたわけです。

DSC05589.jpg
ちなみにこちらは僕のチャリ。言われてみれば味は出てきたかな




何度も言うけど、





本当になんにもないところなだもん。バラの谷


DSC05557.jpg




ブルガリアの休憩はヨーグルト

P1180114.jpg



たまに小高い峠
P1180117.jpg

P1180119.jpg


流れてる水も凍るってわけ
P1180118.jpg



P1180120.jpg



穏やかなブルガリアの風景。
P1180121.jpg


こんな風景エンドレス。笑


DSC05541.jpg





誕生日にはささやかな贈り物をもらう
P1180122.jpg
おめでとうがくさん と



野宿なのに大声でゲラゲラ笑う。すげぇ楽しいなこれ

P1180123.jpg

あっ、29歳になりました



こんな野宿の写真も普段は撮れないからね
DSC05700.jpg

DSC05544.jpg
こうやってみるとやっぱり結構危ない奴。笑




翌朝も走り出したら
P1180124.jpg

DSC05632.jpg




寒いから速攻カフェに逃げ込む走行スタイル

あったけ~
DSC05553.jpg
やっぱり写真にされると改めて危ない奴。笑



翌日の峠では久しぶりに気温が暖かいくらいまでのぼり

P1180125.jpg


はじめてキヨ君の震災メッセージTシャツがお目見え

彼はこれにメッセージを貰いながら走っている。その考えや熱意は素晴らしい

P1180126.jpg

左肩注目。笑 チャリダーとしてベスポジ押さえておきました



今日は空の具合がいい感じ
P1180127.jpg

P1180128.jpg

P1180129.jpg



休憩中。色々
DSC05674.jpg

DSC05684.jpg

DSC05655.jpg





しっかし朝晩寒い寒い
P1180130.jpg

P1180131.jpg



そんな話しも出来る楽しさ




そしてようやく中間目標地点の黒海沿岸の街ブルガスに到着
DSC05710.jpg



全然ツーリスティックな街じゃなくインフォ探しと宿探しに苦労したけど



おっしゃ~~~~

DSC05714.jpg





宿見っけ~~~~~!!!!!!!!!

P1180132.jpg



これは嬉しかったなぁ







そしてシャワーの後は

DSC05720.jpg




チャリダー名物




総重量2.4キロの超大量中華

P1180134.jpg

P1180133.jpg


さすがに死にそうになりました




ところが、翌日もほぼ同じ量を頼んでしまう、チャリダーの悲しい性
P1180135.jpg




871日目 Sofia ~ Pirdop 57キロ 

872日目 Pirdop ~ Karlovo 94キロ 標高 680m→1040m→375m

873日目 Karlovo ~ Gurkova 89キロ 標高 375m→210m

874日目 Gurkova ~ Ajtos 92キロ 標高 210m→95m

875日目 Ajtos ~ Burgas 67キロ 標高 95m→0m

876日目 Burgas



@ブルガリア






 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村               ブログ村に登録してます。
気まぐれですが、押してもらえたら嬉いっす。
              
携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

30カ国目 トルコ入国!! 

ブルガスのホステルに2泊していよいよイスタンブールへ向けて出発
P1180322.jpg


特にお勧めかという訳じゃないけど、こんな辺境の地で安いホステルは本当に有難かった。


ここからトルコの国境まではしばらく黒海沿いを走るわけだけど、地中海やアドリア海みたいな気持ちのいい海岸線というわけじゃなく、たまにチラチラみえる寒々しい海を眺めるだけだった。
P1180324.jpg



そんな訳だから、休憩したり
P1180323.jpg



走りながら話したり、





写真撮り合ったりと、
P1180325.jpg




ポーズがああじゃい、こうじゃないとゲラゲラ笑いながらのいつもながらの走行になった。

P1180156.jpg



ロード乗りのおっちゃん。
P1180327.jpg

ブルガリア語を全く分からない僕等にブルガリア語でずっと話してきてた陽気なおっちゃん




出れそうな海岸があったんで行ってみたり

P1180328.jpg


冬の海という感じ。当然誰も居りませぬ




走ってたというより、喋ったいた印象が強いこのペアラン
P1180329.jpg




やがて道は黒海を離れて山に入っていく





道が粗く、細くなり、国境近くの山の道という感じ

P1180333.jpg



日没ギリギリにキャンプイン
P1180330.jpg

今日はいいとこありました



日本での非日常が僕等の日常。
P1180331.jpg

ほぼ毎日こんな感じ

ちなみに日没が早いから、暗くなる夕方5時ごろ飯を食べて、日が出る7時半に走り出す。
まさに太陽と共に生きてます




翌朝

P1180332.jpg




この日は一日山の中を走ってたというより、喋ってた。笑



んで、ようやく夕方にイミグレ到着。
P1180334.jpg



ブルガリア側のすげぇ陽気な係員達にポーーンとスタンプを貰い






いよいよヨーロッパラストとなる










30カ国目ーーーーーーーーーーーー










トルコ入国だーーーーーーーーーー!!!!!!!!


P1180224.jpg










今日も日が暮れる~~~~!!!!!!!

P1180225.jpg





予想外に立派な建物で、ここも問題なくイミグレ通過。




さて、トルコ。










めっちゃ道きれ~~~~!!!!!!!!!


P1180337.jpg


すごい。全然違う。






もっと走りたかったけど、今日も日没タイムアウト





雑木林のかなに滑り込む




月が出ると、本当に明るく幻想的だ

P1180339.jpg

P1180340.jpg






877日目 Burgas ~ Carevo 71キロ 標高 65m


@ブルガリア


878日目 Carevo ~ M.Tarnovo 61キロ 標高 65m→570m

@トルコ



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村               ブログ村に登録してます。
気まぐれですが、押してもらえたら嬉いっす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

自転車で触れるトルコの優しさ  

翌日は幻想的な霧の中からスタート

P1180341.jpg


しばらく山脈地帯を上ったり下ったりした後に、標高を落とし、トルコ最初の町が現れた

P1180345.jpg


トルコに入って思った



人が、めちゃめちゃいい。



車からのクラクションの応援や、手を振ってくれたり、




通り過ぎる人も、警戒心なくニコニコニコニコ挨拶してくれる。




そういうのは東欧から増えてきてるけど、ここトルコで本当にガラリとかわった。




特に物寂しいブルガリアからきた僕等はこれが新鮮で新鮮でたまらなかった。


P1180346.jpg



久しぶりに旅の空気感が蘇ってくるのを感じた。


P1180347.jpg



こういうのを感じる瞬間がやっぱ旅だなぁ


P1180348.jpg


そんな事を思いつつ、この写真を撮った直後バックにしまったはずのカメラが、何故かバックからこぼれ落ち、地面に垂直落下した。








後に一部始終を見ていたキヨ君はこう語る。










完全にダメかと思いました。












僕はその時、何も感じず、あっ、やべやべ






くらいの感じでカメラを拾い上げた。






すると見事に、PLフィルターがひび割れていた
P1180900.jpg
夜撮影


その直後、動揺を隠せず動作確認で撮った写真1(ひび割れたフィルター状態)
P1180349.jpg




その2(フィルターを外した状態)
P1180350.jpg



キヨ君には、大丈夫大丈夫とか言っといて、かなりの動揺が伺える




ひび割れたフィルターで撮ったトルコで初チャイ。
P1180351.jpg


旨かったっす。正直それどころじゃなかったけど




次にフィルター有りでとった公園。
P1180353.jpg



よく観ると左側にもやがかかっているけど、この時はこれでも使えるかなぁなんて思ってた。





だけど、やっぱり無理ですね。
P1180354.jpg




ただ不幸中の幸いはフィルターが割れただけで済んだということ。
たぶんフィルターなしの状態で落としたらカメラ本体のレンズが割れてただろうから。

フィルターが割れてしまったのは手痛いけど、レンズが割れる事に比べれば小さすぎる被害だ。

それにカメラは高額だけど、フィルターだけならなんとかなる。

まぁどうやって手に入れるかはおいおい考えるとして、旅に支障ないレベルで本当によかった。





カメラ自体には問題なし。
P1180355.jpg

あっ、ちなみに休憩中



トルコに入って気温もちょっと上がったので、気持ちのいい日はよく昼寝をするようになった




本当にトルコの道路は綺麗だ
P1180356.jpg


あっ、ちなみにトルコの牛っす

P1180344.jpg


ガソリンスタンドクオリティもめっちゃ高かった。

P1180358.jpg



それに驚いたのは





チャイが自由に飲めるということ

P1180357.jpg



本来ガソリンを入れた人や、そこでお金を使った人にサービスとして飲んでもらうように置いてあるのだろうけど、とにかく親日家でおもてなしが大好きと聞くトルコ人は、僕等があのチャリで来るのをみるなり






チャイ飲んでけ~



P1180363.jpg


と、本当に快くニコニコとチャイを飲ませてくれた




チャイフリーももちろん有難いけど、なにより人の優しさが本当に身に沁みて暖まる







そして東欧なんかより全然街がでかい

P1180359.jpg





今日も林の中でキャンプ
P1180361.jpg


P1180360.jpg




翌日は、キヨ君のパンクデーだった




まず、朝の一発目。
P1180362.jpg

それを横目にコーヒーを啜る僕。



そして、ちょっと走ったガソリンスタンドで



キヨ君2度目のパンク。
P1180364.jpg


僕はおっちゃんからまたしてもチャイを貰い啜る。



そして、しばらく走り振り返ったらキヨ君が居なかった

こりゃ、いったな。

と、スタンドで待ってると、やはり3度目のパンクにあっていたらしい。続く負の連鎖。






なんとか断ち切り昼飯へ
P1180365.jpg


このカット割と好き




いくつかでかい町をぬけ、午後の風に乗って、午前中のロスを出来るだけ取り戻す


P1180366.jpg




夕方、野宿地がなさそうだったのでガソリンスタンドにお願いした。
P1180367.jpg


すると何言ってんだよ!そんなこと当たり前じゃないか!と言わんばかりに快くOKを貰う

ありがと~~~とめっちゃ喜んでいたら、何故か許可をくれたスタンドの兄ちゃんもめちゃめちゃ嬉しそうに、チャイも飲んできなよ~とハイテンション



やっぱトルコいいっす。大好きになりそう




と、スタンドでちょっと買い物しているとさっきの兄ちゃんがきて、寝るならこっちきな



的なトルコ語で、僕等を案内してくれた





そこがここ。
P1180368.jpg

P1180369.jpg

すごくない?



そこにテント。笑
P1180370.jpg

この違和感が素晴らしい




なんかちょっとウユニ塩湖みたいになってたんで、とりあえずはしゃいでみる。笑
P1180371.jpg


P1180375.jpg


P1180372.jpg

P1180373.jpg





夜が来て、ヘッドライトをつけて料理していると
P1180376.jpg



ブレーカーを上げてくれて電気も使わせてくれた。めっちゃありがたい。本当に優しいな




しっかし外から観ると本当に笑える空間を作り上げてる。笑
P1180378.jpg

モデルルームみたい。笑
P1180379.jpg




丸見えで飯食ったり、準備したりしてる俺ら
P1180377.jpg




僕等が泊めてもらって嬉しいのに何故かそれ以上に嬉しそうなOKをくれたスタンドのサメル君
P1180380.jpg

ここを使わせてくれたり、チャイをわざわざ持ってきてくれたり,
次の日飲んでと水をくれたりと

本当にめちゃめちゃいい子だった。







ヨーロッパゴールのイスタンブールまで後70キロ!!



879日目 M.Tarnovo ~ Luleburgaz 102キロ 標高 570m→30m


880日目  Luleburgaz ~ Seymen 64キロ 標高 30m→95m


@トルコ





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村               ブログ村に登録してます。
気まぐれですが、押してもらえたら嬉いっす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

ヨーロッパの終わりアジアの始まり 無限にあったルートは再び1つへ  

学生の頃バックパックでアジアを周っていた頃イスタンブールの噂はよく聞いた。





ユーラシア縦断系の紀行にも必ず取り上げられる土地であり、






そこではアジアの喧騒とヨーロッパ華やかさがが混ざり合い








一種独特の空気が流れ、独自の街を形成してるという








学生の頃の僕にとってはトルコのイメージはカッパドキアでもパムッカレでもなく








ここイスタンブールだった。









それでもすぐに行きたい!!とかは思わなかった









何故だかはわからない
でも、いつかきっと行くんだろうなぁと漠然と思っていた。









まさかヨーロッパのスペインから、しかも自転車で到着するとは









あの頃の僕には想像も出来ない事だったなぁ








ヨーロッパで無限の広がりをみせ、しかも選び放題・走り放題だった道が









ここイスタンブールで再びひとつに









アジアとヨーロッパの境界線。










イスタンブーーーーーーーッル!!!!!!










到着だ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!

P1180965.jpg








やべ~日が暮れる~~~!早く宿行きて~~~~!!

つうか到着と同時にパンクってどういうこと!?笑










とかキヨ君と言いながらいつもみたいにワイワイとした到着になった。

ヨーロッパの終わりと言ってもそれはあくまで人が決めた境界線であり、
「ようやく終わった」みたいな感動は正直あまりなかった。
二人だったからかもって言えるかもしれないけど、たぶん1人でゴールしたらもっと淡々なゴールになっていたんじゃなかろうか










それでも、一通り写真を撮り終えひと段落して海峡の向こうに広がるアジアを眺めると









静かな充実感がふつふつと湧いてきた。









それは多分タバコを吸いながらぼんやりとアジアを眺めているキヨ君も同じはずだったはずだ










やっぱり自転車旅はいい





P1180966.jpg







さぁって、次はどこへ行こうかなぁ












ヨーロッパ編 完。








ヨーロッパ編ご愛読ありがとうございました。

正直ブログのネタ的には南米の方が書きやすい出来事や風景は俄然多かったですが、実際に走るヨーロッパは想像以上に面白い土地でした。
ただ、毎度毎度ブログにあげるネタでもなく大分まとまった更新になってしまい、すみませんでした。

これからの予定は中東・アフリカ走行になると思われますが、現在治安・走行状況など確認中で、いつどこから走るなどはまだまだ未定です。

とりあえず、ヨーロッパを走りきったと言う事で一定の満足感に浸りつつ、しばらくイスタンブールでのんびりして決めようと思います。冬だしね


ではでは





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

現在地 と ブログ再開のお知らせ  

2011,12,6


12月の頭にイスタンブールに到着した。
で、12月の年の瀬、未だに僕はイスタンブールに居る。

だけど、ただずっとダラダラしていたわけではなく、
イスタンブール到着翌日には日本から来てくれた幼馴染のぷーちゃんとの友達と共に10日間でトルコ国内を駆けずり周り、

さらにぷーちゃんが帰った翌日には南米を一緒にバックパックで旅した詩織が来てくれ5日間だけだったけど、楽しい時間を過ごした。




ソフィアからキヨ君とのペアラン、幼馴染と南米旅ともと過ごした時間がこの一ヶ月だった。





みんながイスタンブールから去ってからはや数日・・・






僕はヨーロッパ走行の疲れをこのイスタンブールの日本人宿ツリーオブライフで癒している。




休む時はブログを気にせずガッツリ休む。




そんなわけで正直、ブログの再開は走行開始からでもいいかなぁと思っていたんだけど、今日から開始してみる。





といっても、イスタンブール以降の事はいつもの文長では書かずに、簡潔ブログでやらしてもらいます。







次の走行までは一枚の写真と短いコメントだけで進みませてもらいます。





次の走行が始まったらがっつり書き始める予定です。





では。





2011年12月28日 イスタンブールにて





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

【ブログ短編集】 イスタンブール到着日 

P1180405.jpg

ひっさしぶりの大都会にくっらくら


ラストのペアラン
天気がもって本当に良かった






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

【ブログ短編集】 イスタンブール到着翌日 

P1180451.jpg

家が隣の幼馴染のぷーちゃんが来てくれた。

いつも家の前で遊んでいた小学校時代

いま、あの頃と変わらない空気で遠い異国の地で再会。

なんだか不思議な感じ


そんなわけで、ぷーちゃんと巡るトルコ10日間の旅。はじまりはじまり





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村       あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。