スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラレを出て、第4の都市マシンゴへ 

楽しかったなぁハラレの自炊生活。
結局3日間で1キロの米を食べきり、肉も好きなだけ食べた。

これからまた厳しい戦いが始まるもんなぁ。

次この欲求を満たせるところはどこだろう。



さて、ハラレの首都圏内を抜けるとこんな感じの風景に舞い戻ってまいります。
IMG_3806.jpg



ほぼフラットで追い風でサクサク進む。



今まで走ってきたモザンビークの国境からハラレまでの道とは違い、ここは南アフリカに抜ける国道ルート。
風景は相変わらず穏やかだけど、トラックやバスが増えて若干走りづらくなった。
まぁ運転マナーはさほど悪くないので、タンザニアみたいにはならないけど。


そんなわけで、国道沿いにトラックストップが増えて、こんないい感じの食堂兼スーパーのベンチにありつけた
IMG_3807.jpg



一泊目は野宿。
IMG_3808.jpg



二日目も相変わらずこんなん。
IMG_3809.jpg

休憩中
IMG_3810.jpg




二日目の町はそこそこの大きさだったけど、やっぱり宿が見当たらなかった。
道の兄ちゃんに「この辺にホテルってあんの?」と聞くと、

IMG_3813.jpg



あるよ。ほらそこに




と指差された建物に入ってみると、確かにホテル。
もっとアピールしてや




食堂とロビーを抜ける面白いつくり。
IMG_3811.jpg

IMG_3812.jpg


25ドル。
もういいよ。泊まるよ。驚かないよ



こじんまりとしていて古めかしいけど、なかなかいい雰囲気の町。
IMG_3814.jpg

IMG_3816.jpg

IMG_3817.jpg



俺にもうちょっと知識があれば、買ったのに・・・
IMG_3815.jpg
鳥くらいは捌けるようになっておきたいなぁ




そしてこの古めかしい町に似合わず、立派なフードコートが。
IMG_3818.jpg

南アのヨハネスブルグに抜ける長距離バスや車がひっきりなしに入ってくる



考えてみるとここから南アまで400キロくらいしかないのだ。まぁ僕はまだ入らないけど。

だんだんと南から先進国のにおいが届いてきますなぁ
IMG_3819.jpg



町をいい感じに夕日が染める
IMG_3821_20130817183550772.jpg



なんかこのバー好きだったなぁ。
IMG_3822_20130817183710a09.jpg

こういうバーで飲んでも1ドル。いいですなぁ宿が25ドルとかするから、1ドルのビールなんて幾ら飲んでもバチが当たらない気がする。笑
IMG_3823_20130817183718af4.jpg

IMG_3824_20130817183725bcc.jpg





さて、3日目。
朝の出発後1分で先進国のにおいにノックダウン。

IMG_3825_20130817183730aed.jpg
出だし1分のモーニングブレイク。いいですな。

IMG_3826_20130817183736420.jpg





2時間半ほど田舎道を走り、再びフラフラと引き寄せられる先進国のにおい。
IMG_3827_20130817183802df3.jpg


チャリダーでこういうところを無視して走れる人っているのかしら




本日のお昼はこんな木陰で。
IMG_3828_2013081718381069a.jpg



寝っ転がるとこんな感じに見える。
IMG_3829_201308171838189b7.jpg

贅沢






こんがり日焼けしました。笑

IMG_3831.jpg
なんかこの辺からジンバブエのフレンドリーさが増した



いままでずっとこんな草原地帯だったけど、
IMG_3830_20130817183823013.jpg


再び巨石がゴロゴロするエリアへ。グレートジンバブエが違い証拠だ
IMG_3832.jpg

IMG_3833.jpg



それにしてもこの辺はいい感じのブッシュが多くて助かるなぁ。
IMG_3834.jpg

本当、ぼろ宿に25ドルも払うよりずっといい。



4日目は、平均速度20キロというフルパッキンツーリングでは驚異的なスピードで目的のマシンゴに到着した。


みて。このゴーストタウン感。笑
IMG_3835.jpg
今日が日曜日だったからこの静けさ。(メインストリートはもうちょっと活気ありますが)



やっぱり宿がないんだよなぁ。
一軒立派な宿は50ドルとか言われたし。





おーい。にいちゃん。この辺に安宿ないかーい?





うぇぃ。ケニアから来たんかよ。半端ねぇなぁ
安宿なら、ほら、このバックパッカーズレストってのがあるぜぇ
IMG_3836.jpg





とノリノリで教えてもらった。





おっ、確かにあった。
IMG_3837.jpg
バックパッカーズって書いてあるけど、まぁ安宿ですな。
狭い部屋でトイレ、シャワー別で25ドルってなんとかならんかね。本当。しかも電源使えねぇし。

25ドルって言うのはなぁってお説教したい。


ただホットシャワーもご機嫌に出るし、狭いけどキッチンも使えるから良しとしよう。




いつもは昼はパスタ弁当を食べてるんだけど、今日は昼に町に着く算段だったので、昨日の夜は 弁当を作らず、ご機嫌で食堂へ向かった。

IMG_3838.jpg

このサザ(ウガリ・シマ)というお馴染みトウモロコシとキャッサバの粉を練った東南部アフリカの国民食だけど、





今日初めて、米をけってこのサザを注文した。




なんか無性にサザが食べたくなったのだ。
初めは、不味いから始まって、なんとか食べれるに変わって、普通に食べれるから、とうとう美味いまで辿り着いてしまった。







さーって、明日はフラッとグレートジンバブエ遺跡を見てくるよ~





思えば、いつぶりの観光だろうか・・・


IMG_3840.jpg


66日目 Beatrice 20キロ先森 75キロ 1300m


67日目 Chivhu 66キロ 1405m


68日目 Mvumaから40キロ先ブッシュ 91キロ 1330m


69日目 Masvingo 61キロ 1030m


@ジンバブエ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

久しぶりの観光旅行!!グレートジンバブエ遺跡観光!! 

さてさて、マシンゴの町からグレートジンバブエ遺跡までは約30キロ。
バスもあるそうなんだけど、朝コーヒーポットにを淹れてお弁当と空気入れだけバックに詰めて、自転車で出かけた。
IMG_3843.jpg


さすがに、空身だと早く1時間20分ほどで遺跡に到着。
IMG_3844.jpg


ダメもとで、「自転車で入っていい?」って聞いたけど、やっぱり駄目でした。


カメラとコーヒーと、お弁当とお菓子を持っていざ中へ



この遺跡は、大きく分けて80mの花崗岩の丘の上に建つヒルコンプレックス呼ばれる神殿と、低地にあるグレートエンクロージャーに分かれるらしく、とりあえず丘から攻めてみることにした
IMG_3845.jpg


下から石積みの階段が延々続き、それをひたすら上がっていく

IMG_3846.jpg
上に見えているのが、神殿の壁



上がるにつれて石壁がしっかりしてきて、巨石の合間を縫って道が作られていたりと面白いつくり
IMG_3847.jpg

IMG_3848.jpg



そして神殿の壁まで上がってきた。
IMG_3849.jpg



小さい門をくぐると、
IMG_3868.jpg




こんな感じに神殿が広がっている。
IMG_3850_20130826001454b8d.jpg



おぉ。すげぇわ、こりゃ。まさに『石の家』。
巨石の自然石と花崗岩を同じ大きさに切って、積み上げて作っている。

なんかマチュピチュにあるコンドル神殿みたいだな


ただし、ここの石組はモルタルなどを一切使わずに、ただ積み上げているだけらしい。


歩き方曰く、これは世界でも珍しい建築様式らしい。けど、建築様式っていうかそういう発想がなかったんじゃなかろうか。


ちなみにエジプトのピラミッドに次ぐ、世界で2番目に大きい石造建築らしい。



だけど、エジプトや中南米はもちろん、他の大陸にある様々な遺跡は大陸ごとに繋がりや影響があるけど、こんな何にもないアフリカによくここまでの石造建築を残せたなと本当に感心する。


ここから、王が演説したとされる丘の最上部にある巨大な自然石の神殿の上に上がる
IMG_3852_20130826001519d4d.jpg


途中まで石の階段で
IMG_3853_2013082600152274f.jpg


最後は岩にへばりつく様にあがる。
IMG_3854_20130826001525b7d.jpg
まさにこんな感じに。笑


IMG_3855.jpg






すっごい風景がそこにはあった。







全てが見渡せる完璧な場所。最高に気持ちがいい。







ここに王国を気づいた王の気持ちが手に取るようにわかる







あぁ、王様はこの風景が好きだったんだろうなぁ





IMG_3856.jpg






ちなみに、下にある広場に家臣を集めて演説したらしい。
IMG_3857.jpg






この時間帯は観光客も居なかったので、王の玉座でコーヒーブレイク。
IMG_3858.jpg






最高。もうマジ最高。
コーヒー持ってきて大正解だな。なんでこんなに美味いんだろう。





ちなみに遠くに見えている囲いがグレートエンクロージャー。

IMG_3851_20130826001456d44.jpg
こんな感じに見える。




ここからは本当にすべてが見える。
何度も言うけど、本当に最高に気持ちのいい場所だ。






しばらく気持ち良すぎて動けなかったけど、下りて神殿内を探索する

IMG_3860.jpg

IMG_3862.jpg



本当に面白い。

IMG_3863.jpg


王の住居や神殿に使われていたらしいってことくらいしかわかっていない。


IMG_3865.jpg


自然石と積み上げた石との調和が、本当に圧倒する。
IMG_3866.jpg



そしてまた下界の眺めが素晴らしい!!
IMG_3864.jpg




そして、お次はグレートエンクロージャーに向かう。

IMG_3869.jpg



低地に降りてきた。
IMG_3870.jpg




グレートエンクロージャーとは大囲壁という意味らしく、第一夫人の住居と考えられ、他に学校や宗教儀式を行う場と考えらているらしい
IMG_3871.jpg



とにかく巨大で11mにもなるらしい。
IMG_3643.jpg

当然これも積み上げただけ
IMG_3872.jpg



グレートジンバブエと言えばこれ。みたいなのに使われる円錐形の石の塔。
IMG_3873.jpg

穀物倉庫や宗教儀式を行っていたとか、さまざま言われているらしい


壁の中に人ひとり通れるくらいのスペースがあったりと、面白い造り。
IMG_3874.jpg

IMG_3875.jpg


まぁ総合すると、どんなことに使われていたとかあまり解っていない遺跡らしいっす。ここ
IMG_3876.jpg



石組でこんな模様も
IMG_3877.jpg

これは蛇の生命力を表している。『らしい』ってさ




丁度いい木陰になってる岩を見つけ、お弁当を広げゴロんちょする。
IMG_3878.jpg




詳しいことは解っていないグレートジンバブエ遺跡だったけど、僕にとって最高に気持ちのいい遺跡で大満足だった。





あっ、最後に

来るまで知らなかったんだけど、ここにキャンプサイトがあった。広々綺麗で3ドルって書いてあったかな。
ここで朝から晩までのんびり過ごすってのもおつだったなぁ
IMG_3879.jpg



70日目 Great Zimbabwe 往復55キロ 


@ジンバブエ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

第二の都市ブラワヨへ 

マシンゴを出て2日間野宿で繋いで、ジンバブエ第二の都市ブラワヨへやってきた。


このところ昼間はかなり気温が上がるようになり、涼しい午前中に距離を稼ぐ
IMG_4241 - コピー


休憩に寄ったGSのミニストア。
IMG_4242 - コピー

めっちゃインパラさんがいらっしゃるんですけど。笑


なかなか宿が無いのがネックのジンバブエだけど、ブラワヨではたまたま歩き方に乗っている宿に楽々ありつけた。
IMG_4243 - コピー


速攻でビール買い出しに行き、野宿の疲れを癒す。
IMG_4244 - コピー



服や装備品を徹底的にあらい、
IMG_4245 - コピー

街ブラ
IMG_4247 - コピー




我慢しきれずワイン買っちゃった。7ドル。
IMG_4246 - コピー

たまの街くらい贅沢しないと、アフリカは戦えない。





手抜きブログですまぬ。笑





71日目 Zvishavaneの先ブッシュ 104キロ 940m


72日目 Mbalabalaまで5キロ地点ブッシュ 107キロ 1055m


73日目 Bulawayo 71キロ 1305m


74日目~76日目 Bulawayo


@ジンバブエ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

世界三大瀑布!2つ目!!ビクトリアフォールズーーーー!!!! 

IMG_4249.jpg
ブラワヨを出て4日で世界三大瀑布のひとつ、ビクトリアの滝があるビクトリアフォールズという町に着いた。


無事に目星を着けていた有名バッパー宿を発見
IMG_4251.jpg
Shoestrings Bp's キャンプ5ドル ドミ10ドル キッチン有

中はもはやアフリカではない。
IMG_4254.jpg
めちゃめちゃツーリスティックな素敵宿。
IMG_4255.jpg


僕が到着したとき、すでにチアキ君と、マイちゃんという日本人がおり、滞在中にだんだんと増えていき、久しぶりにワイワイとシェア飯を楽しんだ。


一日目は、近くのネットのできるホテルから帰ると、マイちゃんがから揚げを作っていてくれた
IMG_4252.jpg

なんか作ってもらうシェア飯なんていつ振りだろうか。
あざっす。めちゃうまでした
IMG_4253.jpg



昼飯は簡単に作るか、スーパーで買ってきて食べた
IMG_4256.jpg
この頃本当にサザにはまってきた。一日一回は食べたくなる。



翌日にいよいよビクトリアフォールズへ
IMG_4257.jpg


昼間は聞こえないけど、町が一番静かになる明け方は宿にも滝の轟音が響くほど。


ゲートともなると、その轟音は激しく聞こえる



こんな森を抜ける。
IMG_4258.jpg

やはり涼しくなっている。



森が開け轟音が一層激しくなると、ビクトリアフォールズが初めてお目見えした
IMG_4259.jpg


おぉ~。すげぇ~~~



滝の全容はまだまだ見えないけど、その迫力はここからでも十分伝わる



華厳の滝の様な滝を観て
IMG_4260.jpg


これがメインフォール
IMG_4261.jpg

写真じゃ伝わらないけど、物凄い迫力で、物凄い水しぶきを浴びる



しかもめっちゃタイミングよく、対岸に象が来てくれた。
IMG_4262.jpg



こんなとこに~~~~!!IMG_4263.jpg



めちゃくちゃラッキーだった。
初野生象がビクトリアフォールズで観れるなんて



白っぽく見えるのは全部水しぶき。
IMG_4264.jpg
もうびしょびしょですわ




思ってたより、全然縦に長く滝を観ながら次々ポイントを変えていき、その度に新しい驚きがある
IMG_4265.jpg



ずっと柵ありの散策路だったけど、最後のポイントは柵が無い崖になっており、落ちたら間違いなく簡単に死ねるとこ。
IMG_4266.jpg



ここは足がすくむくらいおっかないけど、めちゃめちゃ気持ちのいい所だった。
IMG_4267.jpg




結局日没までビクトリアフォールズをたのしんだ。
IMG_4268.jpg

IMG_4269.jpg

IMG_4271.jpg

イグアスの滝とビクトリアフォールズ。全然意識してルートを作ったわけじゃないけど、これで3つのうちの2つを制覇。しかも行きづらいところから。



いつかナイアガラも行きたいなぁ

IMG_4270.jpg



2日目はまたもや、マイちゃん作、お好み焼き。
IMG_4272.jpg

IMG_4274.jpg


ザンベジラガーと共に。いい一日だったなぁ
IMG_4273.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

すんごいラフティング。@ビクトリアフォールズ 

IMG_8074.jpg
ビクトリアフォールズには数々のアクティビティがあるけど、その中でバックパッカーに人気なのはバンジージャンプとラフティングで、以前友人がここのラフティングがとてもよかったと言っていたので、是非したいと思っていた。


そしてこういうアクティビティは友達とやりたいと思っていたけど、この宿で一緒に出来る人が見つかって本当によかった。



チアキ君、ショウキ君、マイちゃんと朝7時にピックアップされ、説明を受けビクトリアフォールズのすぐ近くのポイントまで下りていく
IMG_8005.jpg



流れの弱いところですこし練習をして、
IMG_7973.jpg




いきなり激流に漕ぎ出す。
IMG_8018.jpg





漕げ!漕げ!!




腕だけで漕ぐな!体を使うんだ!!!





日本のラフティングのイントラのように優しさはなく、ビリーズブートキャンプの様な軍曹な指示を受ける。




うっひょ~~
IMG_8072.jpg

IMG_8073.jpg

IMG_8074.jpg

IMG_8075.jpg

IMG_8076.jpg

IMG_8077.jpg

IMG_8078.jpg


すげぇ~~~~~




ガンガン下って行き、テンションはガンガン上がっていく




事前の話では、1~19の激流ポイントがあり、約3時間のラフティングになるとのことで、
『歩き方』には






必ず1度はひっくり返る。






と書いてあった。








それとは引き換え、僕らのボートは順調に濁流を超えていく。








どの濁流もスリリングで楽しかったけど、慣れてくるにつれ、僕らは









やっぱり一度くらいは転覆したいよね。








と余裕っぷりを発揮していた。







転覆がどれほど恐ろしいかも知れずに・・・









それは全行程のちょうど半分くらいの地点だった。
既にどの濁流だったか覚えていないけど。








いつものように濁流に突っ込む。
IMG_8141.jpg

IMG_8142.jpg




ボート全体が沈み込み、
IMG_8143.jpg

IMG_8144.jpg


そして浮き上がる時、片側だけがはじかれてバランスを崩す。
IMG_8145.jpg

IMG_8146.jpg

IMG_8147.jpg

IMG_8148.jpg



どぼーーーーん と勢いよく濁流に投げ出される。
IMG_8149.jpg

IMG_8150.jpg

IMG_8151.jpg


こうなることを半ば楽しみにしてたし、ライフジャケットも着てたので落ち着いて浮上するのをまった。







ただ、濁流に飲まれた体は自分の思っていた以上に浮上するのに時間がかかった。
まずここでちょっと焦る






ようやく手にボートの感触が伝わり、息がすえると安心して、グッと顔をあげて息を吸おうとしたら、ボートが上にあり息が吸えない。







濁流でボートが少し上がるたび、空気の感触が伝う。






それを必死に吸いにいき、大量の水を飲む。







これはやばい。マジでやばい






と思った瞬間、ようやく顔が水面に出て息が吸えた。








助かった。









と思ったけど、そこには青空はなく、ひっくり返ったボートの赤いエアポケットだった。








しばらくそこで喘いでいたけど、濁流が侵入してきて息が出来ない時もあり、意を決して再び潜り込み、外に出ようとした。







ライフジャケットを着ているから、それだけのことでも結構大変だったけど、なんとか青空へ顔を出すことが出来た。






顔を出すと、隣に流されていたイギリス人が、「大丈夫か?」と聞いてくれたが、






「大丈夫だ」と答える余裕すらなかった。











つか、大丈夫じゃなかった。笑










軍曹がひっくり返ったボートを直し、元気なイギリス人がボートにあがり、僕を引っ張り上げてくれた。







ボートの上でしばらく喘いで、落ち着くと、みんなかなり流されて、他のボートの救出されていた。







軍曹が他のボートにむけて漕げと指示を出す。






ねぎらいの言葉もなく、 「急いでこっちへ移れ!!行くぞ!!」







まじで軍隊かと思った。








あんな怖い思いをしたのは僕だけかと思ったけど、戻ってきたチアキ君とマイちゃんも同じように下敷きになって大量の水を飲んだらしい。








そこからは、他のボートも次々転覆。






流された人を救出して、元のボートへ返す。







一度転覆した恐怖を味わうと、その次からのみんなの連帯感は半端なくあがる。笑








その後、もう一度僕らのボートは転覆したけど、今度は下に入らずにすぐに水面に出れたので、全然怖くなかったけど、かなり流された。






サポート役のカヤックに助けられるのかと思いきや、






あのボートまで泳げ!!






どこまで体育会系なんだ。ここは。
泳ぐったって、流れが速い川では足をバタバタさせたくらいじゃ、全く進まない。






結局違うボートに助けられ、僕らのボートに合流出来た。









そんなこんなで、無事3時間のラフティングを終えた。
IMG_8182.jpg

IMG_8188.jpg







リアルに死ぬかと思ったけど、めっちゃくちゃ楽しかった。







ラフティングはもちろんだけど、一人じゃないって本当に楽しい!!







宿に帰ると、違う会社のボートで下っていたイタリア人の女の子が、僕らにハグをした。







生きて帰ってきたわ~~~






と彼女は言う。








体育会系だし、鬼軍曹だし、おまけに生きて帰ることを喜び合っちゃうアクティビティって、なかなかないよな。








めっちゃ楽しいので、ビクトリアフォールズに来た際は是非!!







Shock Wave が最安だと思いますが、そこだと120ドルまでしか下がらなかったけど、他の代理店を通して交渉したら結局100ドルまで下がりました。直営より代理店経由のが安いというアフリカマジック。
ビクトリアフォールズには3社のラフティング会社があるらしいけど、結局3社とも一緒に下るので高い金を払ったから、クオリティが高いとかは一切なさそうでした。








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング








のんびり びくとりあ の 日々。 

文字色結局宿と町の居心地よく小さい観光地のこの町に、気づけば8日間の滞在をしていた。
もっと長く居れるけど、ビザが切れるので8日間に落ち着いた。


正直ビクトリアの滝と、ラフティング以外はこれと言って何をしていた訳ではないけど、久しぶりの大勢の日本人とだらだらしながら、日がなビールを片手にテーブルを囲んで、お土産屋をひやかして、シェア飯を作り、夜はカジノへ出かけるという日々であり、こののんびりさ加減が居心地さをより一層深めていった。



いい宿につきものの無防備な犬たち。
IMG_4367_20130829234858204.jpg

IMG_4368_20130829234900524.jpg


むちょ つーりすてぃこ な町
IMG_4365_20130829234851db6.jpg

IMG_4366_20130829234855cee.jpg

IMG_4369_201308292349023f2.jpg



100 000 000 000 000ジンバブエドル。(100兆)
IMG_4219.jpg

現在ジンバブエはUSドルを使っているけど、ほんの4年前までこんな冗談みたいな札が実際に使われていた世界最大単位の通貨。
強引な土地改革による農業システムの崩壊、国際社会における信用低下、干ばつの影響によりインフレが加速、通貨の単位を切り捨てるデノミをこの国は何度か行ってきた。


2006年8月 ジンバブエドル3桁切り捨て

2008年7月 インフレ率が2億3100万%を超える

   翌8月 100億ジンバブエドルが新1ドルになる10桁のデノミ

2009年2月 1兆ジンバブエドルが新1ドルになる12桁のデノミ

2009年4月 それでもインフレが加速したので発行停止。USドルを使用することに



冗談みたいな本当の話。目先の事しか考えてなさすぎ
なんとなくアフリカっぽいけど、



いまじゃお土産として大人気。
IMG_4370_201308292349444e6.jpg



2000年以上の樹齢と言われるビックツリー(バオバブ)
これを観た人は口をそろえて言う。
IMG_4371_20130829234947208.jpg


しょぼかったっすね。

みんなアフリカ長いからね。各地でもっと立派なバオバブはたくさん観てきてる





町の中に普通にイボイノシシがたむろしている。
基本臆病な彼らだけど、近くを通るのめっちゃ怖い
IMG_4374_20130829234953366.jpg





シェア飯。
IMG_4373_201308292349514d5.jpg
やっぱこの時間が一番だ
IMG_4372_20130829234949a23.jpg

IMG_4375_20130829235052b5a.jpg

IMG_4376_201308292350551be.jpg




チアキ君とリョウ君がバンジーをするというので観に行った。


たけ~~~
IMG_4377_20130829235057dfa.jpg




チアキ君バンジー
IMG_4378_201308292351007f9.jpg




続いてリョウ君
IMG_4379_20130829235103b83.jpg





シェア飯は基本マイちゃんが作ってくれてそれのサイドメニューを作ったり手伝ったりしていたけど、僕が餃子を作ったり、この日はユースケ君がカルボナーラを作ってくれた。
IMG_4380_201308292352145cd.jpg

IMG_4381.jpg


本当に美味しかった。
覚えたから俺もレパートリーに加えよ




そして翌日僕のシェア飯史上衝撃の事態が起こった




この日もシェア飯担当はマイちゃんで、こんな粉を買っていた

IMG_5046_201309120004423c9.jpg



重曹。(ベイキングソーダ)
この掃除などにも使う重曹が、ホットケーキなんかを作るときに使うベイキングパウダーの代わりになるとは知っていた。




なんとこれをお湯に入れてパスタを茹でると・・・






なんとツルツルの中華めんに~~~~~!!!!


IMG_5047_20130912000516ae0.jpg




すげぇ!!これ本当にすごいよ!!!
たぶん日本でこれを観てる人にはなんにも伝わらないと思うけど、これって本当にすごい事だよ!!






シェア飯のバリエーションが一気に膨れ上がる。






つけ麺にしていただきました。


IMG_5048_2013091200063559e.jpg

ツルツルして本当に美味しかったぁ





なんか本当に久しぶりにこういう旅の感じを味わえて本当に楽しかったなぁ

IMG_4382.jpg

IMG_4383.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

チョベ国立公園でゲームドライブ!! 

ジンバブエのビクトリアフォールズから、ボツワナのカサネは約80キロで一日の距離だ。




と言うわけで、40か国目ボツワナに入国です


IMG_4963.jpg



このカサネという町はチョベ国立公園が近くて、他の国立公園より格安でゲームドライブ(サファリ)が楽しめる場所という事で、ツーリストに人気の町。




そんな町なので安宿はなく、リッチな観光客を狙ったリゾートタイプのホテルや、ロッジが立ち並ぶ。




僕も負けじとやってきました






4つ星リゾートホテルのチョベサファリロッジ!!
IMG_4964.jpg

IMG_4965.jpg

IMG_4966.jpg

IMG_4967.jpg

IMG_4968.jpg

IMG_4970.jpg













の、キャンプサイト。
IMG_4969.jpg


約10ドル。








そこでビクトリアフォールズからユースケ君と、リョウ君が来るのを待って一緒にゲームドライブと、サンセットクルーズへ出かける。

両方で485プラ。6000円くらいかな?
他の国のサファリだと泊りがけで行かなくては行けないところがほとんどなので、3万円以上するから、それを考えると本当に格安。





ゲームドライブは動物が活発に動く早朝6時集合でまだ暗いうちから、吹き抜けのくそ寒いジープの荷台に乗って出発。




町を抜けるとすぐ国立公園のゲートがある。




このチョベ国立公園は象の生息密度が世界一。




という事で、やはり一番最初に遭遇したのは象
IMG_4971.jpg





テンションが一気に上がるも、最初の一時間は







カバがあそこにいるぞ。

IMG_4972.jpg






・・・いや、遠いんですけど













なんちゃらバックホーンだ!!

IMG_4973.jpg






・・・すでに逃げちゃってんじゃん













観ろ!!あそこで母親象が死んでて、その横で子供の象が寄りそってる!!
IMG_4974.jpg






・・・ってあんたが双眼鏡使ってようやく見れてるものを日本人が裸眼で観れるわけねぇ













とこんな感じで、かなり不安のよぎる寒い時間だった。









ジープはそんな不安もよそに、先へ進む。そしてなにやらジープが集まってるポイントに出た。







否が応にも期待が高まる。ドライバーが他のドライバーに情報を求める。






ヒョウが茂みにいる。あっちに周った






ドライバーはすかさず先回り、そしてついに






あっ、
IMG_4975.jpg







ヒョウだ~~~~!!!
IMG_4976.jpg

IMG_4977.jpg






すげ~~~~~!!!!
IMG_4978.jpg








更に彼らの進行方向に先回りして待っていると、本当にジープのすぐ脇を歩いていった。
IMG_44691.jpg








綺麗だった。本当に綺麗だった
IMG_4979.jpg






野生動物本当すげぇ






そこからは初めの一時間が嘘のように、動物も近くに現れて一気にテンション上がる






サル。宿にも町にも普通にいるけど、ここでみると一味違う
IMG_4980.jpg




インパラさんの群れ
IMG_4981.jpg

IMG_4982.jpg




ティータイム
IMG_4983.jpg





キリン。
IMG_4985.jpg







今度は近くになんちゃらバックホーン
IMG_4984.jpg






本当に楽しいゲームドライブだった。






大満足で帰ってきて、ホテルの最高のテラス席で、スーパーで買ってきた惣菜とビール
IMG_4986.jpg






対岸にも象が現れて、午後のサンセットクルーズの期待も高まる
IMG_4987.jpg






88日目 Kasane 87キロ ~ 92日目 Kasane




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。