スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だらだらウィントフック 

ここナミビアの首都ウィントフックのバックパッカー宿ではかわるがわる日本人と一つのテーブルでワイワイと過ごす日々を過ごしています。
IMG_5387.jpg
続きを読む
スポンサーサイト

ナミビアレンタカーの旅 大人の修学旅行1日目 

レンタカーの旅を始める前にまずは自己紹介


カズさん(ミキちゃんの旦那)
IMG_5547.jpg
いっこ上とは思えない頼れるみんなのお父さん的存在。
結局レンタカーの手配など、ほとんど任せてしまったが、なんか頼りたくなる人。







ミキちゃん(カズさんの奥さん)
IMG_5548.jpg
山登ってますって言われて、すげぇしっくりする体育会系女子。だけどよく体調を崩す。
気持ちのいい性格で、みんなの雰囲気をつくり、しれっとカズさんを上手に動かす。
ミキちゃんブログはこちら






ケコちゃん
IMG_2898.jpg
ミキちゃんブログの言葉を借りるなら、彼女は逸品。こんな面白い子はそんじょそこらにはいなんじゃないか?
たまに午前中から「ワイン飲も!!」と予期せぬ角度からのパンチを貰い一日をひたすら飲みに費やす日もしばしば。ちなみに他のメンツは酒が弱い。






こーへー君
IMG_2844.jpg
自己紹介の時はソロのアップの真面目な写真をと探したが、結局他の写真はふざけてるのばっかりだった。笑
実はしっかり者だけど、メンバーの最年少という事ではしゃぎ役。ロンゲでひげ姿の好青年。
普段は饒舌なのに、腹が極限に減ると、何も喋らなくなる。






出発。
テンションの上がり具合が半端ない。
IMG_5406.jpg


とりあえず、向かうは赤いナミブ砂漠の拠点となるセスリム~~!!
IMG_2651.jpg
みんなバラバラ~~~笑


出発して、休憩ごとに写真を撮りまくる。
IMG_2678.jpg

IMG_5419.jpg


俺が運転だ~
IMG_2667.jpg



途中のスーパーで昼飯。日曜だったことをすっかり忘れてて、閉店間際になんとか滑り込む
IMG_5426.jpg


お決まり。笑
IMG_2683.jpg




スーパーのある街から先は未舗装路を進む




自然に振る舞って~
IMG_2693.jpg


これは割と自然だけど


あれ?
IMG_5474.jpg
なんかやりたいのが背中からにじんでます。笑



あぁじゃないこうじゃないと、はしゃぎまくる
IMG_2706.jpg

IMG_5468.jpg


何を意図してこんなポーズなのか誰にもわからない。笑
IMG_2711.jpg



とにかくそんなノリ。
IMG_5486.jpg

IMG_5492.jpg




楽しいから時間なんて誰も気にしない。
それだけど、しっかり目的地には日没前に着く日本人気質。




このGS兼ショップ何時までやってるのか聞いたら、もう閉めるのよと。



ギリギリのタイミング
IMG_2723.jpg



更に、セスリムのキャンプ場のレセプションも閉まるギリギリにキャンプの許可を貰えるという、滑り込みの一日。



陽があるうちにテント張って、飯作って~~~






なんていう僕らではありません。
たっぷり夕日を鑑賞して、
IMG_2733.jpg

IMG_2735.jpg

IMG_2738_20131107012837979.jpg




からのテント設営
IMG_5550.jpg





とっぷり。
IMG_5561.jpg





そこからはチャリダーと、登山家夫婦の装備フル稼働で、夕飯づくり。

IMG_5579.jpg





簡単に済ませられるラーメンや、スーパーの惣菜を心のどこかで当てにしてた僕らは、このセスリムの何もない状況で、たっぷりパスタを作ることを厭わなかった






玉ねぎサラダに手が伸びる。
IMG_5572.jpg





更に貞子クオリティを高めてみる。
IMG_5577.jpg





キャンプで5人分のパスタは結構な一仕事だけど、ミキちゃんの指示に間髪なく反応
IMG_5583.jpg

IMG_5574.jpg

IMG_5581.jpg






そして、出来上がったパスタがビックリするくらいうまかった
IMG_5585.jpg

IMG_5592.jpg




次の日は、砂漠での朝日を観るために午前4時50分起き。




日曜日で酒が買えなかったけど、結果良かったのかも
出発前にはケコちゃんとワイン何本くらい買っていく?と話していただけに・・・







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

ナミビアレンタカーの旅 大人の修学旅行 2日目 前編 

さて、2日目は昨日泊まったセスリムのキャンプサイトから、ナミブ砂漠の最深部であるソススフレイへ向かいます。


その道すがら、Dune45と言う砂丘で日の出を観てソススフレイに向かうのが一般的らしいので僕らもそれにならった。


日の出を観るために真っ暗な道を走っていると、オリックスが飛び出してきて、あわや轢くところ。

こんなヤツ。マジでびびった。
IMG_5697.jpg



順調に砂丘に着いた。
IMG_5602.jpg

写真では光の具合で、物凄く赤いのやら、そうでもないのがあるけど、肉眼で見るナミブ砂漠は確かに赤くて驚いた。日干しレンガの様な色をしている。
IMG_5616.jpg

世界最古の砂漠のひとつだそうだ。
IMG_5626.jpg





砂がものっそいサラサラしていて、砂丘の上は風が強く気軽にカメラを出せない

気軽に目も開けられない
IMG_5632.jpg


陽が昇ると、砂漠の赤と、空の青のコントラストがまぁ見事。
IMG_5666.jpg
SAM_7811.jpg



なるほどここは凄い。
IMG_5641.jpg
DSCF7757.jpg
DSCF7740.jpg
DSCF7773.jpg


絶好の遊び場だ。
IMG_5662.jpg
DSCF7749.jpg




そして砂丘を降りて車で砂を落としたり、朝飯のパンを頬張っていると、隣に止まってる車で超絵になる人がいた。



トランクを開けて座り、靴の砂を落としている。




めっちゃ絵になる。




更に車からはめちゃめちゃお洒落な音楽が。





本当にフランス映画のワンシーンを観ているようだった。

IMG_2776.jpg


写真よりも実際彼の放っている爽やかオーラは半端なかった。




彼のオーラの賜物。こーへー君のこんな自然な笑顔見たことない!!笑
IMG_2774.jpg






さてさて、そこから20分ほど車で走り、ソススフレイの手前5キロ地点まで来た。
ここから先は4WDでしか入れず、シャトルか徒歩かになる。
IMG_2786.jpg




で、僕らは徒歩をチョイス
IMG_5688.jpg

IMG_5690.jpg

結構既に砂漠地帯で、足をずぶずぶ取られて歩きにくいけど、駄弁りながらだったので思ってたより早く着いた




なんか本当に地球じゃないみたい。
IMG_5706.jpg



いや、むしろ本当の地球かもしれない。





よく解んないことを言っちゃうくらい広大だ。
IMG_5734.jpg

DSCF7814.jpg





はしゃいだし、綺麗だし、楽しかった。、
IMG_2803.jpg

DSCF7821.jpg








楽しかったんだけど、




実ははしゃぎ過ぎて、時間がだいぶ押して太陽がギラギラ照り付ける時間帯に。





砂丘も広大で、広大で、広大過ぎて、
IMG_5739.jpg






どこまで行ったらいいか解らないレベル。
DSCF7817.jpg





それでも、はしゃぐ。
DSCF7837.jpg




写真撮りまくりはしゃぐ。
SAM_0038.jpg

雨季にはここに水が溜まるそうな
IMG_5768.jpg






記念撮影する。
IMG_5780.jpg







はしゃぐ。

IMG_2874.jpg





そして、帰り道。
IMG_2876.jpg







死ぬ。
IMG_2877.jpg







既に足が火傷するんじゃってくらい、砂が熱い。

砂漠なので当然木陰などなく、直射日光を容赦なく浴びる。

口数少なく駐車場へ急いだ。

駐車場には木陰があったけど、熱風が吹き付け全然休めない
IMG_5782.jpg
誰一人歩こうという奴はいなかった。
シャトルを待つしか生き残る手はない。
そこにはシャトル待ちの人が沢山いて、すぐには乗れそうもなかったけど、待ってるより他はない。




喉が渇いた。




面白いことに、全員が手持ちの水をあと一口分しか残していなかった。
さっきまで、熱せられて不味い不味いと言って飲んでいた水は一気に命をつなぐ貴重な水へと生まれ変わった。






この写真は演技ではなく、マジでやばかった時の顔。
SAM_0051.jpg






ちょっと冗談っぽく書いているけど、マジでみんなリアルにやばそうだった。笑






そしてようやく僕らの乗れるシャトルがやってきた。
本当に助かったと思った。






写真が多いので、後半へつづく




ナミビアレンタカーの旅 大人の修学旅行 2日目 後編 

さて、ナミブ砂漠に危うく殺されかけた5人は次の目的地スワコプムントへ向けて車を走らせた。
DSCF7869.jpg





オフロードの道、当然街灯なんかもありゃしないので出来るだけ明るいうちに目的地へ着いていたい僕らは、






ひたすら止まりもせず、車を走らせた。







ハズもなく





GS併設のパン屋でめちゃめちゃ美味いと評判のアップルパイを食べてはしゃぎ
IMG_2901.jpg

IMG_2905.jpg






綺麗な景色に差し掛かると、
IMG_5809.jpg



外へ出てはしゃぎ
IMG_5818.jpg

IMG_5813.jpg

IMG_5826.jpg

IMG_5824.jpg

SAM_0072.jpg




さぁはしゃいでる場合じゃないぞ。急がなきゃ
SAM_0078.jpg





陽が沈みそうになったら、やっぱりはしゃいだ
IMG_2936.jpg

IMG_2947.jpg

IMG_2946.jpg






そんなわけで、頑張ったけど真っ暗になったわけで、





朝5時前から起きて、ずっと遊んでるのに、辺りが暗くなったのに車中は常に賑やかだった。





そして、ようやく9時半に目的地スワコプムントの30キロ手前の町ウォルビスベイに着いた。
町の明かりが、再びみんなのテンションに火をともす。





さらに、ケンタの看板がその火を業火と変える!!




だけど、時間は午後9時半。正直やってないだろうなぁと思ってたら






やってた~~~~
SAM_0084.jpg





駆け込んで、腹減って回らない頭でみんな若干訳のわからない事を口走りながらも、ようやくオーダーをまとめて注文する。





そして遂に出てきたチキンを頬張る瞬間。




日本人の優雅なケンタッキーの夕飯ではなく、生き残った者が食べる肉
SAM_0081.jpg




本当に美味かった。




今日はみんな死にかけたもんなぁ
SAM_0083.jpg




大満足でケンタを後にし、スワコプムントに着いたのは午後11時。

明るいうちに着きたいと言っていたけど、ほんの少しだけ遅れた。笑





目星を着けていた安宿に「今日はもうフルよ」と冷たくあしらわれた。





キャンプ場もなかなか見つかりそうもない。
もうその辺の空き地にテントを貼っちまおうか的な空気に包まれる。




でも、ダメもとでガソリンスタンドに聞いてみようという事になる。
自転車旅ならまだしも、車でガソリンスタンドにテントを張らしてくれなんてOKを貰えるわけが・・・







って、二つ返事でOK~~~~!!!






めちゃくちゃいい奴で、「オーナーが6時半に来るから、それまでに撤収してくれたらいいよ」


SAM_0091.jpg




本当に大感謝


SAM_0089.jpg

ナミビアレンタカーの旅 大人の修学旅行 3日目 

ガソリンスタンドの快適な夜が明けた
SAM_0099.jpg





そのままスタンドのショップで朝飯を済ませる





昨日OKをくれたルーカス。本当にいいやつだった
SAM_0104.jpg
感謝の気持ちで50ナミビアドルを渡した。
SAM_0102.jpg






えっと、で、今日は





まず、大西洋を観に行って、
IMG_2954_20131107032734e88.jpg





ムーンランドスケープという月面世界のような地形の所を観に行くも、






風景は撮らず、完全なる身内笑いのムービーを撮ってゲラゲラ笑ってた。






その名残の写真。
IMG_2971.jpg




これは記念写真
IMG_2973_201311070327500a4.jpg







そしてベルベッチアと呼ばれる砂漠に1500年以上生きているといわれる植物を観ながら、
IMG_3000_201311070328066ea.jpg

IMG_3004_201311070328148da.jpg

やはりブログでは書けない内容で盛り上がる。







いや、別に手抜きじゃないっすよ。







お昼に一旦町に戻り、午後は別行動となり、僕とこーへー君がケープクロスというオットセイの群生地へ。他の3人は町見学へ





そこで、俺は知らないけど、ケコちゃんが町で友達になったお土産売りの青年らしい。
彼と話すうちに、売るためにはブログで紹介するのがいいと言ったけど、ケコちゃん自身がブログをやってないから、俺のブログに載せて欲しいとのことだった。
SAM_0160.jpg

スワコプムントで彼を観たら、なんか買ってあげてください。笑






さて、オットセイの群生地は本当に凄かった。
IMG_3042.jpg

何故こんなに群れてるんだろう。こいつら。


なんかオットセイは自分の子供を見分けるのに、匂いと鳴き声で区別するらしい。



そして、その臭いがクサヤの様に臭い




こんな大量なオットセイが臭いを放ち、鳴き声を上げているのだから、そらまぁ圧巻だわ。
IMG_3079.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

ナミビアレンタカーの旅 大人の修学旅行 最終日 

レンタカー最終日は帰るだけだけど、その前にちゃんと大西洋を観ようという事になった
SAM_0204.jpg


IMG_3112_20131107033240915.jpg

IMG_3109_20131107033235352.jpg



泳いでる風
IMG_3103_2013110703322900a.jpg



奥に見えているのが、昔の船着場で今はレストランになっている桟橋
SAM_0218.jpg




さきっちょで遊ぶ。
IMG_3140_20131107033254ba1.jpg



なんだろう、こうしてる時間が本当に居心地いいな
IMG_3149_2013110703332879d.jpg

SAM_0239.jpg

IMG_3128_20131107033246bda.jpg



アザラシが居た!!
こんなところでも会えるとは。でも若干元気なかったなぁ
IMG_3166_20131107033337bb5.jpg






こんな標識みんな大好き。
IMG_3176.jpg

IMG_3179.jpg




こうして、本当に楽しくはしゃぎまくった3泊4日のレンタカーの旅を終えた。
IMG_3208_2013110703340055f.jpg





事故もパンクすらもなく、超過料金を取られることなく無事に車を返し終えた





宿の荷物置き場から、埋もれてる荷物を出しテントを張り
SAM_0265.jpg





レンタカーの締めとして、夜は野生動物の肉を食えるレストランにお出掛け。
IMG_5880.jpg

IMG_5902.jpg

IMG_5909.jpg

IMG_5915.jpg





危うく日付が変わりそうだったけど、カズさんの32歳の誕生日サプライズ。
IMG_5946_20131107033507541.jpg

IMG_5953_201311070335364d8.jpg

IMG_5976_20131107033546f41.jpg






最後の最後まで本当に楽しかった。






このメンツでレンタカーで一緒に周れて本当によかった。
なんかアフリカではこういうノリに飢えてたから、久しぶりに『旅!!』って感じだった。






みんな本当にありがとう!!







大量にある写真からブログを付けるのめっちゃしんどかった~






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

再びのウィントフック 余韻に浸る日々  

全然そんなつもりはなかったけども、レンタカーから帰ってきて一週間も過ぎていたらしい





みんな何をしていたという訳ではなかったけど、





レンタカーの余韻には浸ってたと思う。




何時に起きるという決め事はなかったけど、誰かの声で目を覚まし、3人くらい起きると適当に朝飯を貰いに行く。気持ちのいい気候の気持ちのいい朝





こののんびり感がたまらない





髪の毛切ったり、
IMG_6021.jpg

IMG_3254.jpg




スカイプしたり
IMG_3251.jpg





プール入ったり
IMG_3249.jpg





洗濯したり
IMG_3304_20131107034649816.jpg





シェア飯をしたり、
IMG_3276.jpg

IMG_3242.jpg

なんか集合写真も躊躇いがなくなってきた。笑
IMG_3269.jpg

IMG_3268.jpg






テーブルを囲み、懐メロをかけ歌い毎晩飲み明かす。
IMG_5997_2013110703465919c.jpg

IMG_6142.jpg







そうこうしてる間に、カズさんミキちゃん夫妻が一足先に出発した。
IMG_6174.jpg

なんか一気に寂しくなり、





僕も動かなくてはと、南アアウトのチケットを取った。
IMG_6176.jpg








更に数日が流れ、
IMG_6184.jpg






ケコちゃんのテントのポールが折れてインディアン風になった頃
IMG_6193.jpg






3週間居てしまったウィンクフットにもようやく別れの時が来た
IMG_6196.jpg



128日目~134日目 Windhoek



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング






プチ沈没からの脱出。ケープタウンへの1500キロラストラン 

そして出発の日。
IMG_6196.jpg

実はケコちゃんとこーへー君も今日のケープタウン行のバスに乗り出発するので、そのタイミングで僕も出発することにした


みんなとの別れは寂しかったけど、久しぶりに走りたい欲求にかられた。


ウィントフックは周囲をなだらかな山に囲まれているため、のんびりとしたゆるい坂を超える道だ。
IMG_6996.jpg



まぁこの辺はレンタカーで一度走っているので、把握している道だった。
IMG_6997.jpg



野宿はこんなところ。
IMG_6998.jpg

IMG_6999.jpg



朝焼けが本当に綺麗だった。
IMG_7000.jpg

自転車旅をしみじみ感じる






しっかし暑い。
IMG_7001.jpg

そんでもって眠い。ずっと不規則な生活を送っていたから、自転車旅に体が慣れるまでなかなかしんどい
IMG_7002.jpg




2日目は予期せずベストなタイミングでキャンプ場が現れたので、早速お世話になる。
IMG_7005.jpg


IMG_7004.jpg


500円くらいでかなりクオリティが高いので助かる。
IMG_7006.jpg

ホットシャワーもジャバジャバ出るしね。南米なんかより全然出る。そりゃもうジャバジャバと



当然こいつにもお世話になる。
IMG_7003.jpg

乾いた大地を走った後のビールは本当に最高だ
IMG_7007.jpg





そして次の日は、

IMG_7008.jpg


もうずっとこんな道




走れども走れども

IMG_7009.jpg




そんでもって暑い。
IMG_7012.jpg




書くことないっす。ずっとこんな一本道なんで。
IMG_7013.jpg





こういう標識に癒されるくらいで。
IMG_7011.jpg




ナミビアはこんな道路や線路の下のスペースを定宿として使ってました。
IMG_7014.jpg

早めにテント張っても、見つからないし日陰で涼しく本当に助かった。




4日目。さて書くことないのでサクサク行きましょう。
IMG_7015.jpg

空の色が綺麗になってきた。
太陽は相変わらず暑いけど、風は比較的涼しい



200キロくらいの無人地帯の真ん中に、僕の地図では小さい町の表記でAsadという町に差し掛かった。

期待はしていなかったけど、予想通り小さな町だった。というか集落だった。

一応昔はGSとBarはあったみたいだけど、今はもう潰れて廃墟になっていた。

その向かいの家に、

なにやら売ってそうな雰囲気。
IMG_7016.jpg


コーラある?と聞くと、「あるよ」とのことだったので、入らしてもらいポテチとコーラ休憩をとった。


予期せずありついたキンキンコーラが体に沁みる。
おばちゃんが話しかけてきて、「サイクリストはいつもここに寄ってくよ」

そりゃそうだ。チャリダーからしたら200キロの無人地帯の真ん中にあるここは、まさにオアシスだもんな




割としっかりとした家で、コーラもキンキンに冷えていたので、水道水をもらっても差支えないだろうと思い、ペットボトルを持ってきて、

水道水を欲しいんだけど・・・と頼むと

おばちゃんはちょっと待ってなと言って家の中から凍った2リットルの水を差しだして。



さぁ持っていきな



沁みたね。マジで。
たかが水じゃんと思う人も居るかもしれない。
でも、このくそ暑いなか走ってる僕を気遣って、凍った水を差しだしてくれるその優しさに本当に心打たれた。




ありがとう!!本当にありがとう!!!

IMG_7017.jpg



せっかく貰った凍った水だけど、この暑さだ。あっという間に溶けていく。




だけど不思議なもんで、それまでの灼熱荒野の疲れをすっかり忘れ、心も体もほっこりしてくれた。



IMG_7018.jpg









135日目 Rehobothから8キロ先 ブッシュ 98キロ

136日目 Kalkrand キャンプ場 93キロ 

137日目 Marientalから40キロ 道路下 117キロ

138日目 Keetmanshoopまで55キロ 道路下 130キロ



@ナミビア


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

そして2か月ぶりのベットへダイブ。 キエトマンズフープ 

IMG_7019.jpg

地図ではやはり小さな村っぽかったけど、冷たいコーラでもと思いTsesの町に入って行った。




ところが、町はほぼすべてトタン屋根で出来ているバラック小屋。
IMG_7022.jpg

IMG_7023.jpg




どうやらここはタウンシップらしかった。(旧黒人居住区)
ナミビアにもアパルトヘイトの余波があったのかは知らないけど、こういう風景の町は実は結構走った。
アパルトヘイト時代に黒人は、決められた一部の地域に住まわされた。今はもちろん撤廃されて好きなところに住めるけど、経済的な理由などからそこに留まる人は多いと聞く。


治安が悪そうという雰囲気はないけど、やっぱり寂しい感じは否めない。
IMG_7024.jpg

IMG_7025.jpg


ずっと綺麗な町の風景を写真を撮って伝えてきてるけど、こういうところもあるという現実。
ナミビアは栄えていて、本当に綺麗だけど、その分貧しい人たちは意外と目につく。



そして貧富の差が大きい分、今まで走ってきた『皆が貧しいからあまり気にしない的な国民性の国々』とは違い、なにかギスギスしたのを感じるのも確かだ。






なんかこのままシリアスな流れになっちゃいそうなので、いったん切ります。






いや、スクールゾーンで80キロ制限ってナミビアさんあんた一体・・・
IMG_7020.jpg




今日もこんなところでテントを張り
IMG_7026.jpg




こんな感じでテントの中から、月を観る
IMG_7027.jpg







さて翌日はようやくしっかりした町っぽいKeetmanshoopへ向かいます。

IMG_7028.jpg

空が青くて、雲がいい感じに浮かんで、写真映えするから写真が進む。
IMG_7029.jpg

IMG_7030.jpg


まぁ思いっきし向かい風吹いてるんですけどね。



町はのどかーーな感じだった。
IMG_7031.jpg

IMG_7038.jpg


ここからまた無人地帯の走行になるので、電子機器の充電も兼ねてキャンプ場にでも泊まりたかった。




だけど、キャンプ場あるよ的な看板はどこにもなかった。





最悪スーパーで買い出しだけして、先へ進むしかなさそうだな・・・





でも、ダメもとで1件のB&B(ベット&ブレックファーストの略。要は民宿)へ行ってみた。




門構えめっちゃ立派。インターフォンを押して、泊まりたい旨を伝えると門が自動的に開いた。



むっちゃくちゃ綺麗なご自宅。
IMG_7034.jpg






・・・こりゃ駄目だな。





えっと、泊まりたいんですが、一泊幾らですか?







260ナミビアドルよ(2600円)









!!!!








マジで!!!!!
500以上は絶対すると思ってた。つか安い!!(あくまで僕の感覚ね。)
260ナミビアドルとか絶対泊まるし






部屋を見せてもらうと


IMG_7035.jpg



きゃーーー。
素敵~~~~~~!!!
IMG_7032.jpg

つか、2か月振りのベットだ~~~~!!!
IMG_7037.jpg

むっちゃクチャ綺麗で、むしろ俺が汚くて申し訳ありませんって感じ。こんなとこアフリカで思うとは思わなかった!!

しかも冷蔵庫もある!!

当然ホットシャワーもジャブジャブ出る





あぁこれで26ドルか。
そうだよな。うん、うん。





マジでジンバブエの水シャワーしか出なくプラグもないボロボロ安宿に平気で25ドルとか言ってきちゃうジンバブエ人に言ってやりたい





26ドルクオリティってこういう事を言うだぞ!!!





全然払うよ。
その見返りがあれば、喜んで払うのよ!!





しかも見て

IMG_7036.jpg



こんな可愛いの


IMG_7033.jpg




本当は2泊したかったけど、明日はフルだって言われちゃって今日を全力で満喫します。







1泊しかしないのに、冷蔵庫にテンション上がってこんなに買い出ししちまったぜぇ~~~
IMG_7039.jpg






熱々シャワー浴びて、全裸で過ごす。






変態って思うかもだけど、人は2か月ぶりの個室を与えられると、たぶん裸になると思う。笑






とにかく今まで出来なかった事を思いっきり楽しんだ。






ガス二刀流
IMG_7040.jpg
思えば成田でMSRのガソリンバーナーを取られて以来、すっかりガスバーナー使いになってしまった。
でも、楽。ガスって



カレー!!
IMG_7041.jpg







あぁマジで久しぶりの個室生活楽しかったぁ





139日目 Keetmanshoop 宿(2か月ぶり) 59キロ




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング

飛び込むオフロード 世界第二位の渓谷フィッシュリバーキャニオンへ 

さすがに早く出発する手はないと、10時過ぎまでのんびりさせてもらい出発した。




空がまた一段と青くなり、風が清々しい。
IMG_7042.jpg





それはそうと、体が軽い。
ベットって本当凄い






キバーツリー。この辺にしか生えない木らしい。
写真撮った時はただに気持ちの悪い木としか思わなかったけど。
IMG_7043.jpg





で、どこへ向かっているのかと言いますと、フィッシュリバーキャニオンという、グランドキャニオンに次ぐ世界で2番目に大きい渓谷がここナミビアの南にあるらしく、そこに向かっています。


IMG_7044.jpg



えぇっと、今まではアンパイな舗装道路を走ってましたが、フィッシュリバーキャニオンへと続く道はオフロードの無人地帯となります。
IMG_7045.jpg





初日は、こんな感じにアップダウンもあるけど、
IMG_7046.jpg



ほぼフラットなオフロード
IMG_7047.jpg





線路下の定宿ゲット。
IMG_7048.jpg

IMG_7049.jpg



140日目 Seeheimから30キロ 線路下 66キロ



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。