スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適キャンプ場でアフロディスアスを楽しみましょう 

さてこれからなのだけど、詩織がこの先1週間ほど日本へ一時帰国をしなければならないので、僕が待っている町を色々考えた結果、パムッカレの拠点の町となるデニズリで宿を取り待とうという事になった。

ここセルチュクの町からデニズリまでは最短の幹線道路を走ればほぼフラットな道を200キロほど走ればたどり着けるのだけれど、

詩織の一時帰国までの時間を考えた結果、途中で脇道に一本入りアフロディスアスという遺跡に寄っていくルートを取ることにした。
IMG_1985_20140318050622973.jpg

IMG_1984_201403180506129de.jpg


この道で行くと余計に2つの峠を越えないといけないのだけれど、やっぱり幹線道路よりも全然走っていて楽しい。
IMG_1986.jpg

IMG_1987.jpg

車も少ないしね
IMG_1988.jpg


本当は午後遺跡に着いて見学して先を急ぐ予定だったけど、


遺跡の近くにキャンプ場を兼ねたホテルがあったから、入ってみると


部屋は100TL(5000円)。キャンプ10TL(500円)だったのでキャンプに決定。
IMG_1989.jpg


野宿とあんまし変わらないと思うかもしれないけど、シャワーを浴びれてビールを飲みながらのんびり夕食を作れるのは本当に嬉しい
IMG_1985 (2)


遺跡のオープンが8時半と書いてあったので(本当は8時からやっていたのだけど)、のんびりと太陽が出てから
IMG_1990.jpg


コーヒーを淹れて、ものすごーく贅沢な朝ごはんをとる。
空気はピリッと冷たいけど、太陽がぽかぽかして本当に気持ちがいい
IMG_1991.jpg



それにしても今日は雲一つない快晴。
IMG_1992.jpg

むちゃくちゃ気持ちいい。



さて、昨日のキャンプ場から1キロほど走ってアフロディスアスの遺跡に着いた。




このアフロディスアス。
全く持って期待していなかったのだけど、






正直エフェスより遥かに良かった。
IMG_1993.jpg






まず人が居ないのがいい。(昼くらいにはどっと観光バスで押し寄せる)
IMG_1994.jpg






そして、快晴で気持ち良すぎる
IMG_2002.jpg





目玉の古代の競技場。
IMG_1996.jpg

圧巻
IMG_1997.jpg




テルマエ。
IMG_1986 (2)

これはレプリカだけど。
IMG_1998.jpg



つか、とにかく気候が最高
IMG_1999.jpg




劇場もこの通り
IMG_2000.jpg

IMG_2001.jpg



併設の博物館にはずらっと発掘された彫刻が
IMG_2003.jpg




こんな感じの彫刻が、
IMG_2004.jpg

IMG_2008.jpg


こんな感じにはめ込まれ
IMG_2005.jpg

IMG_2006.jpg


こんな感じに散らばって落ちていたそうな
IMG_2007.jpg



少し復元してあるのがこちら。
IMG_2009.jpg


これが昔は全部こんな感じに彫刻が施されていたというのだから驚き。




大して重要視していなかったので1時間ちょっとあれば見きれるだろうと思っていたこの遺跡に気がつけば3時間も滞在していた。
IMG_1987 (2)




こうなってくると、走るのがだんだん面倒くさくなってきて、






「天気めっちゃ気持ちいいしキャンプ場戻って、昼ビールしよっか?」






んでこうなる。
IMG_2010.jpg
幸せすぎでしょ。これ



トルコのスーパーで売っているニッシンのインスタントパスタにナスと玉ねぎを入れて和風味にしたらめちゃめちゃうまかった
IMG_2011.jpg




日向でのんびりしたりと、本当に気持ちのいい日だったなぁ。
IMG_1988 (2)


281日目 Atca先 ガソリンスタンド 88キロ

282日目 Geyre キャンプ場 60キロ

283日目 Geyre キャンプ場 5キロ


スポンサーサイト

快晴を経て。雨のちデニズリ 

快晴のアフロディスアスの翌日も文句なしの快晴の一日だった。
IMG_1989_20140318052226308.jpg

IMG_1991_201403180522301fd.jpg


そしてまぁー綺麗な道だった。
IMG_1992_201403180522351de.jpg

IMG_2012.jpg



峠を越えて可愛い街並みを抜けて、軽く坂道を下ると
IMG_2013.jpg


IMG_1993_20140318052239d18.jpg



こんなに気持ちのいいサイクリング日和は年に何回あるだろうというくらい快適な気候だった。
IMG_2015.jpg




空気はピリッと爽やかで、太陽が温かい。
IMG_2016.jpg

町ゆく人たちや、ドライバーのおっちゃんは、何かいい事でもあったのかと思うくらいの最高の笑顔で僕らに手を振ってくれる。

本当にトルコは素晴らしい
IMG_1994_20140318052244225.jpg




こんな日は野宿も最高の物件をチョイス。
IMG_2017.jpg




広々スペースに、程よいブラインド。
日当たり良好でぽかぽか。本当にこの日は何か何まで最高だった。

IMG_1996_20140318052300ba5.jpg



こんなに晴れてんだから明日も晴れるだろうと思いきや、一転雨





まぁ朝のうちだけの雨だったけど、なんとか目的地のデニズリに滑り込む
IMG_2018.jpg





とりあえず、『肉~~~!!』という事で


IMG_2019.jpg

IMG_2020_2014031805242464b.jpg


あ~。マジ幸せ~~~~
IMG_2021_20140318052439d5f.jpg



284日目 Tavas 先 ブッシュ 43キロ

285日目 Denizli 宿 

パムッカレに行ってきました 

パムッカレに行ってきました。
IMG_1956.jpg

前回行ったので、中入ってないけど。。。



さて、ここから相棒の詩織が、卒業式に参加するため1週間ほど日本に帰国となる。

まぁなにが言いたいかと言うと、僕は特にその一週間だらだらと過ごすだけになったので、ブログは1週間ほど時間が空きますのであしからず。

デニズリの日々 

詩織が居ない間デニズリの街を散歩してみる

ここデニズリにシンボルが雄鶏らしく、至ることろに鳥のモチーフがある
IMG_1924_2014041712530414e.jpg

IMG_1923_20140417125301905.jpg

IMG_1928.jpg

IMG_2039_20140417130951c14.jpg

IMG_2037_201404171309470dc.jpg

IMG_2028.jpg

IMG_2034.jpg

ポルトガルでもシンボルの雄鶏のお土産が沢山あったけど、ここには街に溢れていて楽しい
IMG_2001_201404171253103e8.jpg

IMG_1928.jpg

IMG_2031.jpg

IMG_2066_20140417130953428.jpg


街を歩いている時カルフール(大型スーパー)の看板があったので、ネットで探したら宿から6キロ程離れていたけど、暇だったので天気のいい日に歩いて行ってみた
IMG_2048_20140417125707860.jpg


綺麗な家が立ち並ぶ高級住宅地の一角にでっかいモールと共に入っていた。
IMG_2051_20140417125711d7d.jpg
IMG_2052_2014041712571577d.jpg


まさにカルフール。
IMG_2053.jpg


フランスの大型スーパーなだけあって、トルコで手に入りにくいキッコーマンやドリップ用のコーヒー豆などがずらっと並び大興奮。どっちも買ってないけど。


この辺はトルコっぽいけど
IMG_2054_20140417125718366.jpg



そのほかは、詩織が残していった、ピクリとも心を動かされることのなかった恋愛小説の上下巻を読み
IMG_2025.jpg



ネットしたり、して過ごした



後はテラスで只管の自炊の日々。

タコライス
IMG_2013_20140417125357097.jpg
親子丼
IMG_2020_20140417125402a60.jpg
五目麺
IMG_2016_2014041712541003b.jpg
カルボナーラ
IMG_2030.jpg
炊き込みピラフ
IMG_2058_20140417130106eb6.jpg
リゾット
IMG_2068_2014041713011824b.jpg
トルコパスタのアレンジ
IMG_2067.jpg
ポテトサラダ
IMG_2073_201404171302106e1.jpg
砂肝炒め
IMG_2083.jpg

あぁ暇だ
IMG_2061_20140417130116d28.jpg
詩織早く帰ってこないかなぁ

そしてデニズリからの脱出 

デニズリに居る間、なにも一人で堕落した生活を送っていた訳ではない。

僕が、一週間デニズリに滞在しているので、近くを通る方はご一報くださいと、フェイスブックに半分冗談でそんなアップをしたら、本当に嬉しい一報をくれる人が居た。

僕はその人がトルコに居ることは知っていたけど、海岸線を走っているようだったしきっと会えないんだろうなぁと思っていた。

その人は吉田責自さんといい、僕も参加させてもらっている自転車世界一周の情報共有をするメーリングリストを立ち上げた人で、毎回たくさんの情報を僕らに与えてくれいた。

今回も本当にたくさんの事を教えてもらった。
これから行く中央アジアの話や、パソコンで使える地図、カメラや動画、他のチャリダーの動向や、持っている装備なんていう、重要で興味津々なものから、どうでもいいチャリダーにのみ解る心地のいい雑談まで、本当に楽しかった。


責自さんの補給物資も詩織が持ってきてもらえることになったので、一緒にホテルで数日間過ごした。


そして大量の救援物資をもって詩織が帰ってきた。
IMG_2087.jpg

IMG_2089.jpg

親が来る南アフリカの時もそうだったけど、救援物資を頼める前はよく物が壊れた。
今回も本当にベストなタイミングで色々なものが壊れ、詩織が一時帰国する前は狂ったようにネットショッピングにはまっていた。


詩織が帰ってきた翌日に出発することにした。

責自さん
IMG_3553.jpg

本当に自転車や装備は個性が出ていて勉強になる。
フルパッキングの自転車を取り忘れてしまったのが残念。 
IMG_3551.jpg

IMG_3552.jpg


さて、デニズリからのルートなのだけどこのまま東に行けば湖水地方を通り、最短でカッパドキアへ行けるのだけど、僕らはいったん地中海沿岸を走りたく大きく寄り道。

そんなわけで、10日前に下ってきた峠を再び上がる
IMG_3556.jpg

久しぶりの移動と自転車は本当に気持ちがいい
IMG_3555.jpg


けど、筋肉は当然悲鳴を上げる


昼ごはんは救援物資のどん兵衛!!
IMG_3557.jpg

日本ではほとんど食べないんだけど、久しぶりに海外で食べるとビックリするくらい美味い
IMG_2489.jpg

前回の野宿地でテントを張ったら雨が降り、テントの中でご飯。
IMG_2490.jpg
今日はリゾット



翌日は一転快晴に
IMG_3559.jpg



何度かのアップダウンを繰り返し、
IMG_3560.jpg


責自さんに教えてもらった近道へ


傾斜はきつく、一部オフロードなのだけど、ほとんど車は通らないし
IMG_3562.jpg

IMG_2495.jpg

IMG_3566.jpg

なにより景色が最高
IMG_2494.jpg

IMG_3568.jpg


小さな村を通り過ぎる。
IMG_2492.jpg

IMG_2496.jpg

モスクが本当に可愛らしい。
IMG_3569.jpg

IMG_3570.jpg


今日は村外れで野宿。


うどん風パスタ。これまたうまい
IMG_3571.jpg


298日目 Tavas 40キロ 標高 1075m

299日目 Turget 先 75キロ 標高 900m


のんびり湖畔の素敵なホテル。キョイジェイズ 

翌日はのっけからオフロード開始

しかも峠


詩織はオフロードが初めてでかなりまいっていたけど、
IMG_3574.jpg

その分景色は抜群に綺麗だった。
IMG_3577.jpg

IMG_3576.jpg


山道も終わり、深い谷に着いたらここがもう最高に気持ちのいい景色が広がっている谷だった。
IMG_2497.jpg
IMG_3578.jpg


天気もぽかぽかで本当に気持ちがいい。
IMG_2498.jpg

そして軽く下ってるという素敵さ
IMG_3580.jpg

IMG_2499.jpg


きついところもあったけど、走ってよかったショートカット。
太い幹線道路に出たら、走りやすかった分全然魅力なかった


町までちょっとの距離だったけど、休憩
IMG_3581.jpg

IMG_3583_201404190403133cc.jpg

IMG_3584_20140419040328c9b.jpg

そして全然知らなかったけど、これまた責自さんに教えてもらったKoycegizという湖畔の町のホテルが安くて良かったよとの事だったので行ってみると


こーんな可愛らしいプチリゾートチックな町で
IMG_3587_201404190403266e8.jpg


穏やかな湖畔があり
IMG_3589.jpg


非常にのんびりした雰囲気で素敵な町だった。
IMG_3586_20140419040418f27.jpg

IMG_3590_20140419040419bbf.jpg


ありました。お目当てのホテル
IMG_3588_201404190404022f6.jpg


こんな素敵なレイクビューのテラス付きで
IMG_3585_201404190403189f6.jpg


お値段50TL(2500円)。
まぁね。これだけを見ると高いって思われがちですが、トルコでこのクオリティのホテルで50TLで泊まれるとこなんてそうそうない。


さいこー
IMG_3592_2014041904041897c.jpg

こんなテラスが付いていたらレストランに行かずに、自炊で昼ビールは鉄板ですね。
IMG_3593_20140419040457b3f.jpg



そんでもって、夕日を観ながら夜ビール。
IMG_3594_20140419040453aa8.jpg

IMG_3596.jpg


トルコのビールは500mlで250円と高いけど、このシチュエーションでケチるようなら旅辞める



結局気持ちよさにつられてもう一泊。


300日目 Koycegiz 宿  54キロ

301日目 Koycegiz

フェティエでトルコ地中海リゾートを楽しみましょう。 

湖畔のプチリゾートKoycegizからトルコ地中海の一大リゾートであるフェティエまでは一日の距離だ。
IMG_3598.jpg

IMG_3599.jpg

町は本当にリゾートリゾートしていて、
IMG_3600.jpg


ヨットハーバーがその雰囲気を一層高める。
IMG_3601.jpg

IMG_2500.jpg


そんなリゾート地ではどこの宿も高く、詩織が事前に見つけて予約してくれたのはドミ付きのホステル。
IMG_3611.jpg         V-GOホステルこれは出発時の写真だけど

通常ドミが30TLの所ネット予約だと15TLと激安。朝食込み


部屋はめちゃ綺麗だけど、狭くてロッカーが無いという不便さを除けば、目の前に海が広がるテラスはまさに貧乏人がリゾート気分を味わうのには十分すぎるクオリティ
IMG_3605.jpg

このホステルに限らず、オンシーズンに向けた整備が着々と行われていた。
プールを掃除して水を張っている。
IMG_3604.jpg

僕らの行った4月頭は、まだまだ海には入れないオフシーズンだけど、昼はカラッとした日差しが気持ちよく、混雑もしていない一番いい時期に思われた
IMG_3603.jpg

IMG_3602.jpg

IMG_3609.jpg

IMG_3610.jpg


久しぶりのマックに嬉しそうな詩織
IMG_3606.jpg

トルコの物価感覚からいうと、マックはそこまで高くなく利用しやすい。
なによりリゾート地でも安心していいテラス席に座れて、安いのはマックくらいなもん


なんとなく地中海ぽい
IMG_3607.jpg


最近お気に入りの手作りケバブ
IMG_3608.jpg



さて、ここに来た目的として僕らはパラグライダーをやりにきた。

ツーリストからトルコ人まで様々な人にお薦めされてきたフェティエのパラグライダー。

送迎込みで140TL(約7000円)で飛んできた。


フェティエは海からいきなり山が伸びる地形なので、ランディングポイントではこんな感じに見える
IMG_2501.jpg


タンデムなので、ちゃちゃちゃと装備を付けられ、
IMG_2503.jpg

IMG_2502.jpg


とにかく走ればいいから。



と非常にザックリとした説明を受け、よし行こうと、走り出す。


数秒後にはふわっと宙に浮いた
IMG_2504.jpg

IMG_2505.jpg


そこからは、もう言葉では伝えられない
IMG_2506.jpg

伝える必要もない
IMG_2507.jpg

IMG_2508.jpg



とにかくもう最高に楽しかった。
GOPR3571.jpg




これは絶対にお薦めです!! 



301日目 Fethie 74キロ

302日目 Fethie

可愛すぎる街カシュの素敵すぎるキャンプ場 


次の目的地のカシュまでは110キロなので朝早く出れば1日でも走行可能なのだけど、朝食付きのホステルに泊まってたりする場合は、僕らは下手したら1時間くらい大量の朝食を摂取するので、出発は何やかんやで9時頃になってしまうので、こういう場合は二日のプランで行くことにする。


一日目は穏やかな内陸ルート。
IMG_3613.jpg

IMG_3614.jpg

キノコ売りのおっちゃん。なんのキノコか解らな過ぎて買えなかったけど。
IMG_3612.jpg

IMG_3615.jpg

二日目は、気持ちのいい海沿いのルート
IMG_3616.jpg

IMG_3618.jpg

IMG_3617.jpg


意外と1日目に距離を稼げたので、カシュには10時頃に着いた。

ここでは、いいキャンプ場があるというブログを読んで来たのだけど、そのキャンプ場の名前が解らず、見つからなかったら先へ進もうという事にしていた。


IMG_3619.jpg

IMG_3620.jpg
のだけれど、カシュの町が本当に小さい可愛らしい町でどうしてもここに一泊したくなり、インフォに向かうも土曜日で閉まっている。
だけど、街の地図がありそこにキャンプ場が記されていた!!


行ってみると、調べていたキャンプ場ではなかったっぽかったのだけど、



正直



100点満点でしたわ。ここ
IMG_3622.jpg



町まで歩いて行ける距離で、スーパーに寄って帰ってきて、
IMG_3623.jpg

IMG_3624.jpg


今再びのリゾートライフ。
IMG_3626.jpg

今日は救援物資のそば。最高
IMG_3627.jpg



最高。最高最高
IMG_3628.jpg



オンシーズン手前の一番最高の時期
IMG_3629.jpg

IMG_3630.jpg


夕方再び町を散歩
IMG_3632_201404190441016af.jpg

IMG_3633_20140419044103546.jpg

IMG_3634_20140419044055c0e.jpg


本当に可愛らしい町で、トルコ地中海で一番よかった町だな
IMG_3635_201404190506307e8.jpg

IMG_3631_20140419043951697.jpg



夜はチキンナゲットかつ丼
IMG_3636_201404190441097c6.jpg

IMG_3637.jpg



このキャンプ場大正解
IMG_3638.jpg


Kas Camping



303日目 Ova 79キロ

304日目 Kas キャンプ場 31キロ 

地中海沿岸で山を楽しむ道。アンタルヤへ 

IMG_3640.jpg
あぁ、マジでよかったなぁ。このキャンプ場。
さて次は200キロ先のアンタルヤを目指します。


カシュを出発。激しい上り坂を上っていく
IMG_3641.jpg


ここは噂通りの山あり海ありの非常に綺麗なルートで、天気も良く本当に最高だった。
IMG_2510.jpg

IMG_2509.jpg

IMG_3642.jpg



一応地中海沿岸の道路なんだけど、海より山の中を走ることの方が多い。
IMG_2511.jpg

IMG_3645.jpg

IMG_3643_201404190511283e1.jpg

IMG_3644.jpg

海から急に山が始まるので迫力があるよなぁ
IMG_3647.jpg

IMG_3646.jpg


その分、久しぶりに見える海はキラキラしていて本当に、うっほーって気分になる
IMG_3648.jpg

IMG_3649.jpg


アンタルヤのビーチ沿い
IMG_3650.jpg

今の季節じゃまだまだ賑わっていないけど



ただし、中心地は眩暈がするほど観光客で賑わい、その雰囲気に耐えられず、一泊で出ようという事になった。
IMG_3651.jpg

そんなわけで、久しぶりのレストラン!!
IMG_2512.jpg


305日目 Kumlca 98キロ

306日目 Antalya 93キロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。