スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビザ情報】 2014年 7月 イランでの中央アジアビザ取得について 

結局ビザの関係でバスワープしてマシュハドにやってきた。これからビザ取りのためにしばしバックパッカーへと変身する。



そんなわけで、今回は珍しく情報編 2014年7月現在




■イランビザ延長 【エスファハーン】

パスポート写真のページのコピー × 1
イランビザとイラン入国スタンプのページのコピー × 1
写真 × 2
銀行振り込み領収書 (30万リアル)
申請用紙(1.5万リアル)
最大1か月延長可。
パスポートホールド

朝一申請できれば即日発行。大抵翌日発行。

2日前から申請できるとの事だったけど、僕らは3日前に行ってなにも言われずに延長できた。
その場に居た欧米人は山に行くからという理由で6日前から申請していた。
お金はイランメリー銀行で振り込む。少し遠く片道徒歩20分くらい。
係員は英語が達者で、手続きもスムーズだった
イランでもっとも延長がしやすい都市と聞いていったけど、その通りだった。






■ウズベキスタンビザ 【テヘラン申請】

サポートレター × 1 (日本大使館にて無料取得)
申請用紙 × 2 (予めパソコンで入力後プリントアウト)
パスポート写真のページのコピー × 2
写真 × 2

※パスポートホールドなし

5営業日 15ドル。







■トルクメニスタンビザ 【マシュハド申請】
多くの人がテヘランで取るトルクメニスタンビザ。僕らはちょうどテヘランのトルクメ大使館だけ1週間の臨時休暇に入るという最悪のタイミングに被り、マシュハド申請にチャレンジ。

パスポート写真のページのカラーコピー × 1
次の入国のビザのページのカラーコピー × 1
写真 × 2
申請用紙 × 1 (大使館で貰える)
リクエストレター × 1 (英文でビザ頂戴的なやつ)

5営業日 55ドル

※パスポートホールドなし







■タジキスタンビザ 【テヘラン申請】
【住所】 No.10 , 3rd Alley , Shahid Zeynali St. , Niyavaran (日本大
使館にトレターを貰いに行った際、タジキスタン大使館の住所をコピーしてもら
えます)
住所はウズベク大使館やトルクメ大使館の近くです。僕らは最寄りのメトロから
タクシーを使いました

【Tel】22299584 、 22834650

【時間】8時~13時。14時~16時

【休業日】金土

【必要書類】
パスポートの顔写真ページのコピー 1枚
日本大使館のサポートレター 1枚 (日本大使館にて無料取得)
申請用紙 1枚 (大使館でも貰えましたが、事前にHPから取得した方がベター?)
顔写真 1枚

【費用】
翌日受け取り 25ドル or 20ユーロ
即日受け取り 50ドル
(ただし即日の場合は早朝申請ののみ)

※パスポートホールドされます


東進組はタジクビザをウズベクのタシュケントで取るよりも、
テヘランで取った方がビザ代が安いし、リスクもないし、スムーズに事が進むと
思いますのでお薦めです



そんなわけで、こういう事をしている合間にバックパッカーしてきました
スポンサーサイト

【イランバックパッカー】 マシュハド 

マシュハドの、っていうかイラン最大の見どころであるハラメ・モッタハル広場。
IMG_7352.jpg


もう言葉もないってくらいに凄いモスクだった。ここは本当に凄くて感動したけど、残念ながら写真撮影は不可なので、中の写真はない。
IMG_7353.jpg

【イランバックパッカー】 シーラーズ 

灼熱のペルセポリスに
IMG_7355.jpg

IMG_7354.jpg


ステンドグラスが有名なマスジェデ・ナスィロル・モスク
IMG_7356.jpg



アリー・エブネ・ハムゼ聖廟
IMG_7357.jpg

煌びやかな内装
G0092828.jpg


ラマダン始まる。

【イランバックパッカー】 エスファハーン 

夜の世界の半分広場
IMG_7360.jpg

IMG_7359.jpg


バザール
IMG_7361.jpg


チャイハネ
G0172884.jpg

【イランバックパッカー】 テヘラン 

安宿
IMG_7362.jpg

ラマダンきちぃ


やる気なくってすみません。笑
これでバックパッカー編は終了です。次回からはちゃんと書きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。