スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怠惰な日々から、激走の日々へ マシュハド出発。トルクメ国境へ 

さて、テヘランのトルクメ大使館が突然の9連休を発表して途方に暮れていたけど、なんとかマシュハド申請マシュハド受け取りが出来た。

これでかれこれ3週間費やしたビザ取り業務は終了し、中央アジアのビザを全て揃えることが出来た。

めんどくさい中央アジアのビザ取りがイランで全て終わったことは、本当に大きい。


そうこうしている間に詩織が就活の為、3週間ほど日本へ一時帰国をする。


それでは、トルクメの砂漠を寂しく一人で走ったかというとそうではない。
実は、テヘランでチャリダーの米山夫妻と木村夫妻と会い、治安があまり良くないと言われるイランとトルクメの国境付近を一緒に走ろうという事で、ビザのスターとの日を一緒にした。


そんなわけで、マシュハドのバリーさん家にみんな集合した。
IMG_8685.jpg

普段しっかり走ってる&この先ガッツリ走らねばならないって解っている時のチャリダーのダラダラ具合ったら半端ない。笑

ビザのスタートの日付が決まっているので、やることなくても出発できない。

でもこういうの嫌いじゃない。



そしていよいよ出発日。
IMG_8686.jpg


トルクメとの国境までは190キロ、2日で走る。


意外に大きかったマシュハドの町を抜けると、
IMG_8687.jpg


途端になにもなくなった。
IMG_8688.jpg





でも、やはりみんなで走るって相当楽しい。
DSC_0599.jpg

IMG_8689_20141002145931148.jpg


途中でボスニア人のダットも仲間に加わり、6人の大グループ走行となった。
IMG_8690.jpg



IMG_8691.jpg



この辺の砂漠で襲われた(強姦未遂)という話を聞いたので、今日は104キロ走りMarzdaranと言う町の救急の敷地内に張らせてもらう
IMG_8692.jpg



2日目。くそ暑いと思ったけど、この先もっと激しい暑さを体感することになる。
無題2


景色がだんだん砂漠っぽくなってきた
IMG_8694.jpg

DSC_0625.jpg


昼過ぎに国境の町。サラフスに到着して。投宿。5人部屋一人10ドル。
ちなみにダットは野宿すると言って、明日イミグレ集合にした。
IMG_8695.jpg


残りのイランレアルを使って、最後のイランを楽しんだ。
スポンサーサイト

トルクメニスタン 何もない砂漠地帯で触れたもの 

1日目Sarahs (Iran) ‐ Hanhowuz(Turkmenistan) 手前 野宿 73キロ


さて、今日からトルクメニスタンのビザがスタートする。
トルクメニスタンは事実上5日間のトランジットビザしかおりないので、500キロにも及ぶ灼熱の砂漠地帯を5日間で走らねばならない。


5日間と言っても、初日と最終日は走れる時間が限られているので、実質4日半。



8時からイランのイミグレが開くというので7時半に行き、待っている。
8時半からイミグレが開き、荷物全チェック。意味あるのか?これ。


僕らは6人なのでかなり時間がかかり、出国。


いうまでもなくトルクメニスタン入国も同じように荷物チェックがあり結局無事トルクメニスタンに入ったのは12時を周っていた。
IMG_8697.jpg


はっきりいって、走れるような気温じゃない。
IMG_8698.jpg
国境の町のGSの日陰に入ったきり出る気がしない。ここで両替と買い出しを済ませ、そうは言ってられないので、走り出す。
IMG_8699.jpg


360度見渡す限りの地平線。
45度にも達す熱風の向かい風。


DSC_0642.jpg



本当になんにもないところだった。

この日は無補給地帯で水は完全にお湯になりかわった。

ここは一人じゃなくて本当に良かった。

休み休み走り、これくらいの時間になるとようやく涼しくなる。
IMG_8700.jpg


今日は夜9時まで走り、適当な所で野宿。




2日目 Hanhowuz 手前 野宿 - Mary 人の家 121キロ


昨日の暑さに参った僕らは朝3時半起きで、まだ完全に暗い5時前からヘットライトを付けてスタート、

朝日。
IMG_8702.jpg

IMG_8703.jpg


幹線道路の手前にチャイハナ有。


そして、午前9時に幹線道路に戻って来た。今まではショートカットコースだったのでガタガタ道だったので、ここからは少し楽になる。
IMG_8704.jpg


午前10時半にいい感じのチャイハナがあり、休憩するももうちょっと走って休憩しようという事で一致


しかし、その後しばらく何もなくなってマリーの手前にようやく表れたチャイナハナに入ったのが3時半。100キロを走った。

飯。こんなうまいチキンを食べたのは久しぶりだ。
IMG_8705.jpg


食後。昼寝。


陽がだいぶ傾いた午後7時そうこう再開。
IMG_8706.jpg

DSC_0736.jpg

マリーの町は大分立派だった。
IMG_8708.jpg


つかトルクメ人はみな親切で人懐こかった。
DSC_0683.jpg

DSC_0718.jpg


この日も夜9時まで走って、野宿をしようとおもってたのだけど、民家が続きなかなかテントを張れる場所がなかった。


そこで、庭が広そうなお家に『すみませんが、テントを張らせてもらえませんか?』

とお願いすると、物凄く歓迎してもらった。突然の訪問にも関わらずだ。

家族がスペースを開けてくれて、フルーツを持ってきてくれて、更には食事まで御馳走になってしまった。
IMG_8709.jpg

IMG_8710.jpg


本当に涙が出るくらいいい家族だった。
IMG_8711.jpg


翌朝は5時ごろ出るから、今日さよならをいいます。どうもありがとう。


と告げ寝ると、なんとその時間から起きてくれて朝ごはんまで食べさせてもらった。


さすがに、ここまでしてもらっては申し訳ないので、一人10ドルの気持ちをお父さんに渡そうとしたら



私たちはそんな大層なことはしていないよ。それより又おいで




と言って受け取ってもらえなかった。
たった5日間の走行でこんな心温まる出会いがあるなんて思っていなかったから、本当に感動しまくりだった。




3日目 Mary 人の家 ー Ucajy チャイハナ 107キロ


世界遺産の町。シルクロード時代の遺跡
DSC_0710.jpg


つかトルクメ人皆親切
IMG_8714.jpg

IMG_8713.jpg

この日は昼前にチャイハナ休憩後全然休憩できるところがなく、熱風向かい風&砂嵐の中をただ黙って漕ぎ続ける。

暑すぎて、砂漠のど真ん中のかろうじて日陰になってる部分に皆で寝ころび昼寝。
暑いわ砂が凄いわで最悪。

しかも18時頃再スタートすると、少し行ったらチャイハナがあったっていう最悪のタイミング。

真っ暗な21時半まで走りようやくUcajyの町のチャイハナに滑り込む。
IMG_8712.jpg

チャイハナに着くと、こういうチャリダーがたくさん訪れるのだろう、店の兄ちゃんが

「明日朝早いんだろ。ここで寝ていいからね。」

本当にまじそういうの有難いっすわ


しかもここには、念願の生ビールが置いてあった。
IMG_8715.jpg


生ビールどころか酒が1か月半ぶり。人生最長の禁酒期間。あっ、イランが酒飲めないからです。

こいつを肴にきゅーーっとやる
IMG_8716.jpg


トルクメ。景色全く変わらないし走る意味あるのか?



あると思いますよ。



とりあえずこんな旨いビールはそんじょそこらには売ってないからさ
IMG_1606.jpg

真夏のトルクメニスタン砂漠 

4日目  Ucajy チャイハナ - Turkmenabad手前30キロ地点 チャイハナ 96キロ

昨日21時半まで走行し、23時に就寝。


本日。


午前3時起き



4時間睡眠。死んじゃう死んじゃう。



そうまでしないとキツイトルクメの夏の砂漠。



目茶苦茶綺麗な朝焼け&朝日。
IMG_8724.jpg

IMG_8717.jpg


走行しながら寝ちゃいそう。
IMG_1615.jpg



休憩で止まると速攻睡魔に負ける。
IMG_1628_201410251432426b3.jpg




今日は地図では無人地帯になってたのだけど、午前11時。


砂漠のど真ん中にポツンとチャイハナが現れた。



最初まじで蜃気楼かと思った。


そこはまさに砂漠の中のオアシスそのものだった。



中はクーラーが効いており、チャイハナ特有のゴロっと横になれるスペースで、ジュースやラグマンを食べる。
IMG_8719.jpg


初ラグマン。
まさにうどん。トルクメにはいりグッとアジア感が強くなった。
味は言うまでもなく最高!!
IMG_8720.jpg


17時半まで休憩を取らせてもらい、この先もチャイハナあるよという情報の元走りだし



20時半。ベストのタイミングでチャイハナがあった。

店の人はやはりめっちゃいい人で、ここで寝ていいよ~って


トルクメ人優しすぎ。


ビール飲んで餃子食べて就寝
IMG_8722.jpg

あっ、責自さん発見。笑
IMG_8723.jpg


IMG_8721.jpg



5日目 Turkmenabad手前30キロ地点 チャイハナ ― 国境

IMG_8718.jpg

国境手前のトルクメナバットまでは30キロとあっという間に走れ、


立派なスーパーや、
IMG_1706_20141025143309f2e.jpg

黄金のバシュ像をみながら、
IMG_8726.jpg

アムダリヤ川を渡り


トルクメナバトを使い切るため、最後のチャイハナに入り
IMG_8727.jpg


13時に国境に着いた。



本当にしんどかったトルクメニスタン走行だったけど、



体のラインが綺麗に出る民族衣装に身を包んだ美しい女性。
砂漠の中に突然現れるオアシスの様なチャイハナ。
出会う人たちの優しさ。

そしてなにより、仲間と走れたことが本当に大きかった



結果トルクメニスタンは大好きな国でした。



自由旅行が出来るようになったらまた行きたいな。
DSC_0762.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。