FC2ブログ

子供を連れて山に行こう!!装備品や失敗続きで学んだこと 

夫婦ともども技術はないが、単純に山が好きだ。

群馬にやってきて山が更に身近になった。


最近は娘がまだまだ小さいので、簡単に登れる山を探している。
今回はそんな僕ら夫婦が体験した、山体験だ。


まずは装備から


初めに考えたのがバックパックに子供乗せがついたベビーキャリア





ベビーキャリアはモンベルやドイター・オスプレーなどをアウトドアメーカーやバックメーカーが出している。
僕らも購入を考えた際に、アウトドアショップを巡り実際に色々なメーカーを背負わせてもらった。
正直ショップで少し背負ったくらいでは、どれがいいのかよく解らない。

結局モンベルを選んだのだが、その理由としてまず、

コストが安い。

比べた中でたぶん最安だった。
そして、バックに入る容量がベビーキャリアの中では最大級の容量を誇る。といっても25リットルだけど。
調べてくうちに、さすが日本のメーカーであるモンベルは細かい気遣いが出来ており、サンシェードと子乗せ部分をすっぽりと覆えるレインカバーを一緒に購入した。

使い心地は充分だった。
ベビーキャリア自体が自立するので、一人でも楽々乗せ降ろしが出来て、ベルトのホールド感も良くヒヤッとすることもなかった。
顔が当たる部分はすぐに取り外せるので、よだれが付いてもすぐに洗えるのもいい。

よくベビーキャリアを買っても数回しか使わなかったと言う声を聞くが、
夏場、抱っこ紐にはとてもじゃないけど入れられないという暑さの時、ベビーキャリアの方がお互いの間に空間があるので、涼しく背負うことが出来るので、近所のスーパーなどの買い物にもよく娘を入れていった。

娘も視界が抱っこ紐より開けているので、ご機嫌だった。


ただこのベビーキャリア、対象年齢が生後9か月くらいから。


う~ん。もっと早く山に行きたい。


そこで、抱っこひもの定番


エルゴの抱っこひも

これは新生児から使っていたので、まずはこれに入れて山に行こうという事になった。


以下昼間家の山行です。



2017年6月3日

群馬県 赤城山
  抱っこひもで登る。約4時間 娘も山頂でお昼のミルク。
            娘はほぼ寝ていた。泣きなし。

IMG_4883.jpg

IMG_4890.jpg

IMG_4899.jpg




2017年 6月9日

群馬県 尾瀬
   尾瀬ヶ原までの往復 約3時間 抱っこひも 尾瀬ヶ原でミルク
            たまに起きたが、不機嫌ナシ

IMG_5052_20181023130158f41.jpg

IMG_5064_20181023130200117.jpg

IMG_5075_2018102313020086b.jpg


2017年 8月11日

群馬県 チャツボミゴケ公園
   モンベルベビーキャリアデビュー ならし歩行の為1時間程度
                     意外にご機嫌だった。抱っこひもより見晴らしがいいのがいいらし                   
                     い。 
        
IMG_5825.jpg
           


   
2017年 9月9日

群馬県 谷川岳
   モンベルベビーキャリア 約5時間 登りは機嫌も良くお昼寝も出来て問題なく           
             登れたが、山頂でお昼を食べた後ベビーキャリアに乗るのを嫌がり、              
             ずっと泣いていた。こうなってしまうと虐待してるようで視線が痛かった。

IMG_6053.jpg




2018年 5月4日

群馬県 尾瀬  
  思った以上に残雪があり、アイゼンを持ってきていなかった為、断念。




2018年 8月2日

北海道 大雪山・旭岳 
   強風の為7合目で断念。ありったけの防寒着を着せてもベビーキャリアで    
                  背負われてるだけの娘は、体温を奪われる。
                  夫婦だけなら全然行けたが、子供と一緒の時は無理をしない


IMG_9420_2018102313020858b.jpg

IMG_9405_20181023130205abe.jpg

IMG_9412.jpg


2018年 10月8日

長野県白馬村 八方尾根トレッキング  
  八方池まで 約3時間
                            登りはいつもの通り寝ていた。八方池まで着いても寝ているので、
                            そのまま下山しようと思ったが、起きたので降ろして休憩。
                            最出発時、泣いて谷川岳の記憶が蘇ったが、すぐ泣き止んで
                            ご機嫌になってホッとした。昼食は下山後

IMG_9875.jpg

IMG_9885.jpg

IMG_9917.jpg


まず前提として、雨の降りそうな日は避ける。思ってるよりも多めの防寒着を持つ。

という事をこころがけていた。


子供と一緒に山に行って失敗から学んだ教訓は以下の通り


◆現在娘は1歳10か月になり良く歩ける、というか走り回っているが、山で歩かせるにはまだまだ時間がかかりそうなので、結局ベビーキャリアに入れる事を前提に山を選ぶ。


◆好奇心も強い為ベビーキャリアも3時間が限界。谷川岳はちょっと長すぎた。反省


◆出来るだけお昼も山頂では食べずに行動食と水、必要な装備のみを持って昼食は下山後にする。
 少し長く時間がかかりそうな山のお昼は最小限のおにぎりなどで。


◆出来れば娘も一緒に歩ける木道の整備された山に行く。


厳密に守っているわけではないが、まぁ大体こんな感じだ。



来年の年明けには2人目が産まれてくれる。

さて二人を連れた山はどうなることか。


                
スポンサーサイト



トイレトレーニングはじめてます。 

先日娘(1歳11か月)が保育園から帰ってきて連絡帳にこう書かれていた。

P_20181108_071946.jpg

驚いて娘にトイレで出来たの!?と聞くと、とても嬉しそうに「うん!!」と答えてくれた。

家では一度も出来たことが無いのにどうやるんだろうと思い、今日先生に聞いてみた。

すると、ご飯とかお昼寝前とかタイミングを決めて、してもしなくっても、皆で必ず毎回トイレに行くんだそうな。お兄ちゃんお姉ちゃんと一緒にしたいみたいで、昨日はたまたまタイミングがあったんです。って。

はぁ~~。なるほどね~~。子育てすげぇな

今日から家でも実践してみよう。

素晴らしき動物園と水族館。 

山に行くにも、どこか違う街に遊びに行くにも、まずその周辺に動物園か水族館があるかどうか調べる。

娘はこの頃、動物たちが大好きだ。

ワンワン・めーめー・もーもーなど動物を指さしながら大興奮している。

動物園・水族館は子供も歩かせやすいので、娘の運動も兼ねれるので一石二鳥だ。



新江ノ島水族館(j神奈川)

実家から40分ほどにある水族館。
年間パスを買い実家に帰るたびに行っている。暑い日も寒い日も快適。
近くに水族館があると本当にいい。イルカショーも面白。

IMG_8191.jpg

クラゲで有名になったが、お薦めはフウセンウオ。めっちゃ可愛い
IMG_8215.jpg
ろくな写真が撮れてなかった。



旭山動物園(北海道)


言わずと知れた動物園。
行動展示は流石で、娘も親もずっと飽きずに久しぶりに昼跨ぎした動物園
IMG_9338.jpg



名古屋港水族館(名古屋)

入ってすぐに大水槽がありシャチやイルカが迫力満点に観れて度肝を抜かれる。
規模も大きく見ごたえ十分。
IMG_9817.jpg

イルカショーは新江ノ島水族館のプールの4倍はありそうな広さ。
音や大画面にライブ映像も流れて、今のショーをすぐ確認できる。

ただ、娘は大画面に気を取られて実際の動物の動きを追うのが散漫になりがちだった。
プールも大きすぎて若干迫力に欠ける気がする。

でもまた行きたいお勧めの水族館
IMG_9832.jpg




茶臼山動物園(長野)

大好きな白馬に行く途中にあるので寄った動物園。
全く知らなかったがこの動物園レッサーパンダ好きには有名で、
レッサーパンダとの距離が近く柵の存在も感じにくい作りになっており、その可愛さにとろけそうになる。写真ないけど。

現在の所他の動物は、普通に展示しているがこんなレッサーパンダの展示が出来る動物園の今後に期待できる。
IMG_9848.jpg



桐生が岡動物園(群馬)

妻の実家の近くにあり、家からも1時間ほど。
最大の魅力は入園料が無料だという事。
何も予定がない週末。秋。天気良し。とりあえず動物園行っとくかみたいに使えるのが、子育て世代には本当に有難い。

無料なのに、桐生市お金ないのに、動物園としてはよく頑張っていると思う。
最大の目玉はライオンだ。やんちゃな子ライオンたちは良く動いて、娘も大興奮だ。
象は死んでしまって以来、新たに迎え入れる余裕はないらしいが、キリンやクモザル、カンガルーなど充分楽しめる。
IMG_9967.jpg




群馬県民の日なる日 

10月28日は群馬県民の日なる日らしい。

県内の公立学校が休みとなり、色々な施設が割引になったり無料になったりする一大イベントデーらしい。神奈川にはない独特の文化だ。

詩織がせっせと調べた結果、本当にたくさんの施設が割引になっていた。

その中で目を付けたのが、群馬サファリパークだ。
通常料金2700円の所、なんと群馬県民は500円。

恐るべき群馬県民の日。

少し出発が遅くなったため予想通りの車の混雑具合だったが、ノロノロと進みお昼前にはサファリパークに着いた。
この間結構県外ナンバーの車を観たが、割引になるのは県民のみなので、とんだ混雑のとばっちりだと思う。そりゃそうだ。県外の人が県民の日を知ってるはずがない。

動物好きの娘だが、群馬サファリパークは敬遠していた。
その理由は、もちろん通常の入場料金の高さもあるが、車から観るだけでは飽きてしまうんじゃないかと考えたからだ。

ところが、全く知らなかったのだが、パーク内にちょっとした遊園地と、小さい動物コーナーなどもあり、走り回ることも出来たので、これは本当に有難かった。
IMG_9993.jpg

娘を存分に走り回らせた後で、いよいよ車で園の中に入っていった。
その際、県民を証明する免許証は細かくチェックが入る。

あまりの混雑具合から、ゲートはほぼフルオープンで常に車を流していた。
問題がありそうな気もするが、この量の車をさばくには仕方ないのだろう。

肝心の車でのサファリパークはというと、車からでもいつもと違い自由に動く動物たちに大興奮の娘だった。


これで無事、群馬サファリパークも制覇した。


これから毎年県民の日はサファリパークでもいいかな。