スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘牛に行こう 

P1030004.jpg

わー わー


オーレー  オーレー


ピーーピーーーピーーー


パチパチパチパチーーーーーーー




マタドールが牛を華麗にかわし、剣を牛に刺すたび物凄い歓声があがる。

盛り上がるメキシコ人をよそに






・・・・・。







言葉を失い拍手すら出来ない我が日本人チーム。





人様の国の文化を惨い、可愛そうなどと気安く言う事は出来ない。





グサッ






ドバドバドバ~





血を大量に流し、最終的には息絶える。







・・・・。








惨い。







はい。そんなわけで闘牛に行ってきました。

円形ですり鉢上の闘技場に入った時は、みんなテンション高く、はじめて見る闘牛に心を躍らせていた。
P1030003.jpg


マタドールと呼ばれる剣士と荒れ狂う雄牛の一騎打ち


最終的に牛が命を落とすとは知っていたけど、そこには清清しい決闘が待っているのだろうと。


が、現実の闘牛はもっともっとリアルだった。

最終的なマタドールは一人で止めを刺すのだが、馬あり、剣士数人い、じわじわと弱らせて仕留める。













頑張れ!!







が、やられてしまう。













頑張れ!!






やられてしまう












頑張れ!!




やられてしまう。








そんなこんなで、バッタバッタと倒れていく牛。






瀕死の重傷を負い、フラフラになり、膝がガクッと折れる。






それでも、マタドールに促されるまま立ち向かう牛





自分の死期を悟っていても、それでも果敢に向かっていく牛。





こいつらはまさに








武士、いやだった。







始めのうまくないマタドールの闘牛は可愛そうだけだったけど、次第にうまいマタドールに変わってくると、可愛そうとか思わなくなってくる。
P1030005.jpg



牛対人の一騎打ち





牛も、己の全てをかけ向かっていく




ヒラッっと牛の猛攻を交わし、頚椎へ剣を突き立てる。

一瞬だがスローモーションに見える。そこに命のやり取りが生々しくあるからだ。

こいつらかっこいい







なかなか一日でこの文化を理解するのは難しそうだ。

でも見ておけてよかった







スポンサーサイト

コメント

なるほど

侍ね~……


0には無理や↓↓↓

君は夏のマタドール。

残酷だよね。まあ、焼き肉で盛り上がってる時点で大体同じだし、悪そうなやつは大体友達だよね。

Re: O

他国の文化は奥が深いですな。

一度見てみると良いと思う

Re: りゅうさん

確かにそうですね。
実際蓋を開けてみればそんなもんかもしれませんね。

でも見れてよかったです。
いろんな文化は興味深いですね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/107-b65af2d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。