スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷえブラブラ 

野宿から一夜明けプエブラのホテルから話は始まる。





・・・はっ!






午後6時から30分仮眠とって、夜の街をふらつくつもりが・・・







14時間も寝ちまったい







どんだけ疲れてんだ。俺の体。
やっぱりメキシコシティで完全に鈍っちまった。




それも仕方ないか。今日はなんってたって

3000mの峠越えがあったし
P1030167.jpg

峠のレストランが立ち並ぶ
P1030166.jpg

3000mじゃ道理でスープがぬるい訳だ。
P1030168.jpg

昨日は野宿の招かざる客の訪問を受けたが、その後

バッチリ快眠(笑)

相変わらず楽な性格だ。

雪山見えるし。峠は寒かったけど
P1030169.jpg
↑そうそう曲がったフロントフォーク交換しました。快適過ぎます

2000mまで下ってくると、暑くて木陰じゃないと飯が食えん。
P1030170.jpg

虫が出るのは穏やかな気温な証拠。
P1030171.jpg

その後なんやかんやで4時ごろプエブラに滑り込む。

宿を取ったら激しい夕立
P1030173.jpg
危なかった。

さてっ。早めにご飯食べたし宿に戻って仮眠してまた夜にふらつこう。








朝8時・・・?





14時間睡眠。まぁいいや。

じゃこの流れでプエブラご紹介します

なんかしれっと世界遺産らしいです
P1030172.jpg

陶器が有名な町
P1030175.jpg

南に下ってくると淡い色の建物が増えてきた
P1030176.jpg

P1030178.jpg

P1030179.jpg

強い日差しと、青空、くっきりと刻む黒い影のコントラストがとても良い。
P1030180.jpg

なんかアトリエ入ってます。
P1030177.jpg

噴水が多い町。
P1030174.jpg
暑い日差しと噴水。良い感じ良い感じ。


市場で昼飯を食べたら・・・




また眠くなっちゃたぁ(笑)




14時間も寝たのに・・・

どうなってんだ。俺の体
宿に戻り昼寝。

午後はこの街の目玉のサントドミンゴ教会へ
この教会の礼拝堂は金箔で覆われているらしい。正直あんま期待していなかった。
大抵金をふんだんに使っているのは、安っぽく悪趣味で成金な物がほとんどだからだ。

で、入ってみた。


P1030247.jpg



おぉ~



なんか色々想像で物言ってごめんなさい。
すっごいのよ。これ。写真じゃやっぱり安っぽく見えるかもしれないけど。
もう本当めちゃめちゃ綺麗。
これでもかというくらい金箔で覆われている。だけど、ちっとも安っぽく見えず荘厳さを崩していなかった。これは見れてよかった。



さて夜も散歩出来たし、さすがに今日は寝すぎたから本でも読んで夜を過ご・・・




バタッ



ぐ~~~~~



本当幸せな性格


Rio Frio - Puebla 81キロ
スポンサーサイト

コメント

それ

昼間家の血!笑

基本うちの家族 寝れる人々だょね笑

ブルーノもこたつで3人ガーガー寝ちゃってる時は上で ひっそりパソコン室に逃げてました笑

Re: O

本当血だね。こればっかりは・・・

寝れるのは幸せな事だ。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/113-338fa705

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。