スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデス突入!! 

いよいよ今日から山岳ステージに突入する
P1010638.jpg


クスコまで660キロ。


さすがに今回は情報収集を念入りにやった。
P1010639.jpg


しかしながら、見えてくるのは難関ばかりだ


まず




4000mの峠3本。内5000m近くが1本。





100キロ以上の連続の上り。





町160キロなし。
途中食料や水を補給できる集落はあるらしいけど





氷点下野宿。





寒さ。





高山病
などなど







おいおい・・・




俺は美紗ちゃんを「アンデスなんて楽勝だよ!」って言って連れて来てるんだぞ。笑









・・・・。









いや、笑い事じゃね~~~~~!!!









まず最初の難関は160キロ町なしと、100キロの上りだ。

一人ならまぁ2日か3日の距離だけど、今回は一日30キロ平均で5日間で攻め落とす計画を立てた。

食料こんな感じ。
P1010640.jpg

水もがっつり積んでいくけど、さすがに5日間はもたないので、これは途中の集落で買い足す。







責任感たっぷり。







でも、走ってて厳しく辛いのも山だけど、綺麗で美しく魅了されるのも、また山だ。




このアンデスを走りきり、無事クスコまで辿り着けたらきっと一生の思い出になると思う。











いや、別に言い訳じゃないっすよ。笑









アンデス突入のその前に



リマ~ナスカ間449キロ。
P1010641.jpg



ここからはコロンビアから、ってか中米からずっと走ってきたパンアメリカンを離れてクスコへ向かう



って、あれ?
P1010644.jpg




左手CUSCO 660キロ  右手COSCO 639キロ
P1010642.jpg



なんつう適当さ



それじゃ参りましょう。






アンデス記念すべき第一歩!!!








1キロちてーーーーん!!!


P1010646.jpg



よっしゃ。いくぜアンデーーーース






標高590mからスタートです
P1010647.jpg





早速世界最大の砂丘セロブランコが見えてきた。
P1010648.jpg

低そうにみえて2000m以上あるらしい



あっ、そうそう地上絵ワッペン追加です。地上絵帰りアピール
P1010649.jpg


12時前に1000m突破


記録用に写真に収めようとしたら、
P1010650.jpg


それじゃ私が上った記録にならないからと、美紗ちゃんの手も一緒に。笑


そりゃそうだ。失礼しました。


これぞペルー名物九十九折!!
P1010653.jpg


上って来た道をすべて見下ろせるのは最高に気持ちがいい



27キロ地点。本日1000mアップ達成。本当によく走ってると思う。
P1010654.jpg



ちなみにここまで間髪居れずにずっと上り



今日は国道を離れた見通しのいい丘の上でキャンプ
P1010655.jpg


P1010656.jpg


アンデスの山の中。こんな気持ちいい場所にテントが張れれば、野宿ではなく贅沢キャンプだ。
P1010657.jpg



今日は月がなく星が綺麗に見えた



たださすがに寒い。テントに入り日記を書いたりしていたが、9時ごろ美紗ちゃんが外に出て



あっ、月が出てきたよ





僕も外に出て驚いた






なんじゃこりゃ・・・。





P1010658.jpg




これが本当に月?





太陽が間違えて上ってきてしまったかの様に明るい。


P1010659.jpg



出始めの月がこんなにも怪しく光り、綺麗とは知らなかった





さて2日目。出発

P1010660.jpg



当然朝から上り。

P1010662.jpg



あなた始めて間もないのに凄い所を走ってますね。笑
P1010663.jpg



9時40分。36キロ地点 2000m!
P1010664.jpg



画面中央。昨日見えたセロブランコをようやく見下ろす。
P1010665.jpg



それにしても、こんなんだもんなぁ
P1010669.jpg

P1010652.jpg



そりゃ疲れるわ

P1010667.jpg



ちょっと走っては止まりを繰り返す。

P1010670.jpg



でも、本当に凄いと思う。相当しんどいはずなのに・・・




44キロ地点。ウアラウラの町。ってか集落
P1010672.jpg



P1010671.jpg

辛うじて商店と、レストランがあり、昼飯と物資補給
P1010673.jpg


麓から2000mアップ
P1010674.jpg

P1010678.jpg



ちょっとアンデスっぽい風景が
P1010675.jpg




この日の夕方。





美紗ちゃんが、相当しんどそうに






もう本当に疲れて心が折れそうになった。危うく涙を流しかけたと





「自転車旅は楽しい。絶対クスコまで行きたい。でも今日は本当に疲れた。」





そうだと思う。今日にいったっては1300m上がってる。30キロずっと上りだったのだ。






そこで、予定を早めキャンプ地を探し、早めに就寝





翌朝。こんなところでした。
P1010676.jpg

意思確認をしたところ、 「行く」とのことだったので、通常通り出発



ストレッチはいいけど、そんなところでやってると轢かれるよ。笑
P1010677.jpg



言うまでも無く、上りが続く
P1010666.jpg


3000m突破ーーー!!!
P1010679.jpg






空が果てしなく綺麗なんっすけど

P1010681.jpg


ビクーニャ!
P1010682.jpg


昼飯を食べて、また上り。




と美紗ちゃんがすぐに止まってしまい、




「ゴメン、ちょっと休憩していい?」






距離は80キロ近い。ずっと上りで標高だって3000mを越えている。





バス使おっか?とか、じゃヒッチで




とかの冗談はよく言ってるけど、本気の弱音は一切言わなかった。






なんか、申し訳なくなってきていた。






アンデスはここまでも、本当に綺麗で上る価値は充分あると思うし、このアンデスを越えてクスコに辿りつけれが、何事にも変えがたい経験になると思う。






だけど、普通の女の子にいきなり100キロ連続で上れとか、4500mの峠を越えろとか、無謀すぎたのかもしれない。







そんなことを思いながら、休憩を終えて坂を上ると平野に出た
P1010683.jpg







前を走っていた美紗ちゃんが止まり、こう呟いた







ほら見て。ビクーニャがいるよ。すごいね。こんな風景バスで走ってたら一瞬で全然気づかないね。







がっくん。







ありがとう。







彼女自身がこの自転車旅をきつ過ぎて後悔してるんじゃないかと思っていた矢先の感謝の言葉だった

こんなに心に響いたありがとうは久しぶりだった。

危うく泣いてしまう所だった。

予期せぬ感謝の言葉に、いつもの様に冗談で返す事も出来ず、うまく伝える事もできなかったけど









こちらこそ









ありがとう。








平野っていっても上っていて、とうとう富士山越え
P1010684.jpg
は?富士山が3776mだって知ってますけど何か?笑


あぁ疲れた
P1010685.jpg


今日は集落の空き地を借りてキャンプ。
P1010686.jpg


標高3800m。残念ながら夜の星は雲でちょっとしか見えなかったけど、


P1010687.jpg



夕日はとにかくめちゃめちゃ綺麗だった

P1010688.jpg


P1010689.jpg





野宿連続3日目。




美紗ちゃん曰く




普通の子でも、坂は上れるけど野宿3日連続は無理じゃないかな。





町まで後2日。笑





476日目 Nasca - 28キロ地点 野宿 34キロ 標高 1640m

477日目  28キロ地点 - 56キロ地点 29キロ 標高 2900m

478日目  56キロ地点 - 84キロ地点の集落 29キロ 標高 3850m







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/231-aaef175f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。