スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線路トレッキング 歩いてマチュピチュ村へ 

無事心さんとも再会し、美紗ちゃんと宿で友達になったアズミちゃんと4人でマチュピチュへ出かけることになった。



マチュピチュへ行くルートはいくつかある



最もオーソドックスな方法はクスコから快適電車旅。これだとかなり快適に拠点となるマチュピチュ村へ行けるけど、高いのがネック。

その為多くの人が途中駅まで乗合いバンで行き、そこから電車に乗るというケース。

それとインカ道をあるいて行くのも人気があるそうだけど、何ヶ月も前に予約が必要。




オーソドックスなのは上記3つ



だけど、ここ八幡の情報ノートには第4のルートが載っている。

それは乗合いバンを乗り継いで、線路を歩いてマチュピチュ村に行くというルート。

電車の何分の一の値段で行けるけど、体力的には消耗する。




僕等はこの第4のルートを選択
当然節約もあるけど、4人で歩いたら楽しそうな道だったし、大変な事も楽しさに変わる。


6時45分。八幡出発
P1030478.jpg



タクシーで乗合いバン乗り場へ。

ビックリするほどの客引きにあう。
P1030479.jpg

情報ノートでは出来るだけ客の集まっているのに乗らないと、長時間待つことがあるって書いてあったけど、どれもガラガラ。

結局9時前に出発

すっごい山道を走る
P1030480.jpg

途中。美紗ちゃんが車酔いでダウンしたり、

崖がパラパラと崩れているダート道をタイミングを見計らって車が駆け抜けたり、

岩場というか砂場に頼りなく伸びたジープロードをひた走ったり、

他人に命を預けているという緊張感。久しぶりに手に汗握った。


ただまぁ乗り換え時に運良く線路まで行くツアーに紛れ込めたので乗り換えは楽だった。



紆余曲折を経てようやく線路に到着
P1030481.jpg


3時半過ぎ。ここまででもかなり車に体力を削られる。

ちなみに現役で使われている線路
P1030482.jpg

当然本来進入禁止。笑
P1030483.jpg

ただ僕等だけこっそり歩いてる訳じゃない。多くはないけど、結構歩いている。
いわば黙認。


贅沢なトレッキング。
P1030484.jpg

なんか線路の上を歩いてるっていい。


スタンドバイミー的な鉄橋。
P1030485.jpg

脇に歩道があるけど、当然中央突破
P1030486.jpg


約10キロ。のんびり歩く
P1030487.jpg




日が暮れてきた。
P1030488.jpg




ただこの辺は蛍でも有名




山だけど、線路上なので迷う事はない。なかなかいいルートだ




その後蛍の中を歩き、6時45分





マチュピチュ村~~!!!!
P1030489.jpg





ついに来たぜ~~~!!!




この街が、ビックリするくらい可愛かった
P1030490.jpg

P1030492.jpg



ノスタルジックというかなんというか。テーマパークみたい
P1030493.jpg

P1030491.jpg



翌日は休養日にあてた。せっかくのマチュピチュだ。寝不足なんかで行きたくない


日本の雰囲気のいい温泉郷みたいな村
P1030495.jpg

P1030497.jpg


本当に温泉もでてるけど

素敵
P1030496.jpg

P1030498.jpg

カメラを向けるとポーズを取ってくれた
P1030499.jpg

なんかめっちゃ伸びそう
P1030500.jpg

この村だけでも観光地になるなぁ
P1030494.jpg




501日目 Cusco - Pueblo de Machu Picchu

502日目 Pueblo de Machu Picchu


スポンサーサイト

コメント

歩くルートがあるんやね。へ~、半年後?か。楽しみにしときます。

Re: ゆたかさん

いいですよ。
線路トレッキング。全く下から見えないマチュピチュを想像するのはかなりおつなものがあります

だけどそこに行くまでの道はかなり絶叫必至な道ですよ。笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/245-0d430715

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。