スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り方 ボリビア編 

ボリビア編


【走行距離】
586キロ 




【公共交通機関】
オルーロ ~ ウユニ 電車 323キロ

ウユニ ~ ポトシ バス 212キロ

ポトシ ~ トゥピサ バス 267キロ




【総走行距離】
2万801キロ (地球半周)





【日数】
40日間
(2010年12月17日~2011年1月24日)





【ルート】
コパカバーナ ~ ラパス ~ ウユニ ~ ポトシ ~ ビジャソン 

コパカバーナ ~ ラパス
完全舗装路 路肩もあり走りやすい。


ラパス ~ ウユニ 
ラパスからオルーロまでは完全舗装路。路肩もあるがバスやトラックがギリギリを通る
オルーロから先は未舗装路
僕等は雨期ということでパスしたけど、かなり砂の深い所か、コルゲーションの酷いオフロードらしいが、風景は綺麗


ウユニ ~ ポトシ

70%舗装路 ただし峠はほぼオフ。傾斜厳しい



ポトシ ~ ビジャソン

80%舗装路 オフの峠あり 傾斜厳しい が オフでも締まっているので雨期でも走行可能




【地図】
ペルーのリマやクスコでなんとか入手可能
僕はクスコで南米のアンデスマップを手に入れたのでそれを使用したのと、心さんからコピーさせて貰った、ボリビアマップを使用(心さんはクスコで入手)





【最高点】
4040m




【出入国】
ペルー Yunguno - ボリビアkasani
ペルーの国境でイミグレと隣接している警察署でビザにスタンプを押してもらい、イミグレで出国スタンプを貰う。
賄賂、手数料なし。パスポートのコピーがいると聞いていたけど、2回とも徴収なし。
ボリビア側で入国カードを記入しスタンプを貰う。通常30日だけど、頼めば60日まで貰える。賄賂、手数料なし
ボリビア側に両替商はいるけど、銀行・ATMはない。ちなみにこのルートはラパスまでATMがないので注意。
USドルかソルをコパカバーナで両替するのがレートが良くベストかと思います。



ボリビア Villazon - アルゼンチン La Quiaca 
橋が国境になっており、ボリビア側で出国スタンプを貰う。手数料、賄賂なし

アルゼンチン側のイミグレに行く。
僕等は自転車用の保証書がいると言われたけど、なんとか入国スタンプを貰う
90日で、ツーリストカード、手数料、賄賂なし。
荷物チェックがあり、バスなどとあたると激しく時間がかかるので、午後に越えるのがお勧め

両替屋はボリビア側のビジャソンにしかないので、ドルやボリを両替するならここで
ATMはアルゼンチン側のラキアカにもある
けど、アルゼンチンのATM手数料は約4ドルとバカ高い!

アルゼンチンの地図はガソリンスタンドにあり容易く入手可能




【ビザ】
申請無しで通常1ヶ月
自転車旅行だからと告げれば60日まで国境で貰える





【治安】
最低限のマナーさえ守れば、治安が悪い印象はない
大都市以外は、いかにもスラムかってバラック小屋が続くけど、人の嫌な感じは受けない






【宿】
都市部や観光地以外はほぼ期待できない
あってもバス・トイレなしだったりと、だったら野宿の方マシと思うこともある。

平均 20ボリ ~ 40ボリ位。(7ボリ=1ドル)

値段の割りに質の悪い宿も多い。
物価に比べ若干宿代が高い





【日本人宿&常宿】(常宿は日本語の情報ノートがあるかで判断)
■ラパス エルソラリオ (キッチン・ネット有り)盗難非常に多し





【野宿】
宿は少ないけど、野宿地にはことかかない





【食事、食堂】
小さい村にはないけど、そこそこの町にはある
基本ペルーと一緒だけど、高地ということも有り米やパスタがまずい

全体的な料理レベルは、決してうまいとは言えないけど、問題ないレベル

ペルーに入り食のレベルがめちゃめちゃ上がった
大体スープと飲み物が付き、2~3種類の中からメインを選ぶ

定食が約8ボリ~15ボリくらい (7ボリ=1ドル)

ただラパスの日本料理屋けんちゃんはめちゃうまかった

インスタントラーメンは大都市部のみ流通。
ラパスに辛ラーメン有り
エルソラオの情報ノート参照





【自転車屋】
壊滅。
ラパスですらまともな自転車店がなかった。
消耗品があるならペルーかアルゼンチンで





【水】
基本ろ過するか、沸かすか、ミネラルウォーターを買っていた。
水道水を沸かすと、沸かした後の鍋に白い粉がつくようなクオリティなので生水は飲まない方が無難
補給に困る事はない





【インターネット】
ネットカフェは都市部なら問題なくある。小さい町はほぼない
(日本語読めるけど、書けないが基本)
一時間 3ボリくらい

無線ランは全然使えず、ネットカフェのネットも激遅
ボリビアのネット事情に苦戦する旅人多し






【個人的好きな道】
乾季のウユニ塩湖





【ルート上にある世界遺産】
■ポトシの市街地と鉱山




【平均出費】
45ボリ~70ボリ(650円~1000円)
バックパッカーからボリビアは物価が安いと聞いていたけど、そんなことはなかった。
ペルーが最安か
この平均出費に加え、ラパスでのけんちゃんや韓国料理通いで、さらに出費が伸びた




以上です。
総合的には幹線道路もオフが多く走りやすさは少ないものの、補給地などは多くあるので、問題なく走れます。
が、砂の深いオフが多いので走るのなら乾季を薦めます。

傾斜もキツイ。特にオフの峠は酷い

ただ面白みのある国だと思います

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/279-aebcad6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。