スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のアンデス越え 

南米も残す所あと100キロ

P1090499.jpg






この頃日照時間がビックリするくらい短くなった。9時過ぎにようやく日が昇る。
P1090500.jpg

しかもこんな緯度だから、真っ直ぐには上らず斜めに昇る為、オレンジの光が長く差し込み綺麗な景色を楽しめる

P1090501.jpg

P1090502.jpg

P1090328.jpg





前方に見えるのがアンデス山脈。

P1090503.jpg

ウシュアイアの手前には最後のアンデス山脈が横たわる。コロンビアから始まったアンデス越えの日々。
こんなところにまで伸びていたなんて、南米を走るまで全然知らなかった。

P1090507.jpg





それにしても天気がいい。

P1090504.jpg



ずっとパンパだったので山の風景が綺麗でしかたない

P1090508.jpg


P1090509.jpg







そして、5度目にして最後のアンデス越え。ガリバルディ峠
P1090511.jpg



5000m近い標高の峠を誇ったアンデス山脈だけど、ここでは





795m
P1090512.jpg






1時間近くの上りであっという間の峠越え







南米とアンデス山脈は切ってもきれない関係だ。
この山脈から色んな事を教わった。
厳しさ、苦しさ、美しさ、楽しさ。








最後に教えてくれたのは圧倒的な優しさだった。



P1090510.jpg






ありがとう。アンデス山脈












峠の向こうは西側になり、この時期日が当たりづらいので雪がちょっと残っていたけど凍結はしていないので問題なく走れた。

P1090513.jpg










そして、ウシュアイア30キロ手前で最後の野宿のために森林の中にテントを張った。











まさかあんな状態になるとは知る由もなく・・・





669日目 Tolhuinから74キロ地点 74キロ 標高 795m→530m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/326-e786b3b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。