スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボニートで川浮かび 

世界遺産のオーロプレットの次は、旅人からの評判が高いボニートへやってきた。

ちなみにボニートへは直通がなくベロオリゾンチとカンポグランジで乗り換えて約34時間(乗り換えの時間は含まず)



お値段驚愕の




約300へアイス!!(1レアル=50円)





ちなみに高い高いといわれているアルゼンチンのバスでさえ60時間乗って17000円くらいなのに・・・








ちなみにお隣ボリビアでは一時間約100円くらい。








ブラジル入国時に5万下ろしたのに、後一週間くらいしかいないと目論んでるブラジルなのに先日さらに







5万円下ろしました。(泣)






これはボニートでのアクティビティに参加する為多く下ろしたんだけど、結果ブラジル滞在16日間で使った金額の合計は









8万5千円!!








もうビックリするわ。本当に。










でも、めちゃんこ面白いっす。ブラジル。










さて、話は戻りボニートから。

ボニートの町というか村自体は、泊まってるホステルの無料のレンタサイクルを借りた時、

鍵は?と問うと

ボニートではそんなの必要ないよ
P1120018.jpg


と言いきれる位のどかでなんにもない村。
P1120017.jpg


そんなボニートで大人気のアクティビティが




湧き水が水源のスーパー綺麗な川で、水草茂る川底を沢山の魚を見ながらひたすら流されるという、フローティングツアーが大人気。








結論からいいます。










そこは、今までに体感した事のない世界が広がっていました。

川底まで1m~2mくらいでゆらゆら揺れる水草と、キラキラ幻想的に光る淀みの一切ない澄み切った水。

まとわり着いてくるように泳いでくる小魚たち。

30cmはあるかという大型の魚が悠々と横切っていく



本当に綺麗で綺麗で綺麗で・・・



竜宮城とはまた違う。
言葉は陳腐で感動は伝わらないかも知れないけど、そこはまさに水族館にある大型の水槽の様だった。


このツアーのポイントは泳いではいけない。ただひたすらと川の流れに身を委ねて

浮く。そして流される。

本当に本当に、大感動の体験だった。










そして、重大事実












写真ありません。













いや~。不覚。
防水ケースを借りそびれ、さらに撮ってた人に貰おうと目論んでいた所、いつの間にかその人が消え去りで・・・










いや、本当にすみません。









そうそう。ボニートではお馴染みの





ユウキ君と再再再再再会を果たして一緒に遊んだ。
DSC06028.jpg

面白いのはユウキ君とは全然ルートが違うのにここで再会してること。

やっぱり縁は面白い!!







そうそう。フローティングツアーの追記

僕等の参加したのはRio de Prataという川。
本当はサンパウロで再会したショウコちゃんが参加したRio Sucuriに参加する予定だったんだけど
水も綺麗で一番長いと言う点から、お勧めされて決めた。

ショウコちゃん曰く、この冬の時期は超寒いから覚悟してねと念を押されていた。

確かに日が出ていてもこの時期の外気はピリッと冷える

しかも泳がない川下り。そうとう冷えるんだろうなと思いつつ、

なんとプラタ川はほんのり暖かい温泉が水源となってる為、水温が24度くらいで外気よりも暖かく、なんら問題なく楽しめた。

その他の川が同じように暖かいのかは調べてないけど、もし冬の時期にボニートを訪れるならこのプラタ川がお勧めかも

DSC06009.jpg







その他僕等はラフティングもしたいと意気込んで来て、ホステルにあるツアーデスクのおっちゃんに、ラフティングの写真を指差して





あと、そのラフティングもしたいんだけど、






と、告げると、









ラフティング?
あぁ。そりゃボート下りだぜ?特に早くねぇけどやるか?









え!?そうなの?
じゃ、その横の写真のゴムチューブ下りは?







これはボートより早いけど、濡れるぜ?








・・・・。










ということで、当初の予定通り、

洞窟探検ツアーへやってきた
P1120019.jpg

P1120020.jpg


こんな感じで鍾乳洞の立派な洞窟だけど、
P1120022.jpg

ここでのポイントは、

午前中に僅かに差し込むこの光・・・
P1120021.jpg






そうこの洞窟の名前は、









青の洞窟


P1120023.jpg


P1120024.jpg



吸い込まれそうな神秘的なその青に言葉を失う。

DSC05411.jpg

DSC05417_20110728111425.jpg



これでも、充分感動に値する青だけど、直射日光の差す12月~1月の朝はもうめちゃめちゃ青くみえるそうだ。









このボニートめちゃくちゃよかったなぁ
DSC05433.jpg


セントロは本当になんもないけど、このアイス屋さんは大ヒットだった
P1120029.jpg

壁の写真の作物全てアイスになっている


僕等3人が食べたのは

ココナッツ・アボガド・ショウガ・サツマイモ
P1120028.jpg

どれも変り種だけど、ビックリするくらい美味しかった





気がつくと足元に居るホステルのにゃんこ
P1120030.jpg

ちょこんと座る姿が愛らしく、足元にさりげなく居すぎるから良く踏まれる。
でも、踏まれなれをしているらしくあまり動じない。笑
めっちゃ可愛かった


P1120027.jpg



スポンサーサイト

コメント

久しぶりに見たけど、綺麗な風景に癒されるわぁ。
TVのこういう番組よりもはるかにリアリティがあっていいね。というか、比べ物にすらならない(笑)

Re:metaさん

ありがとうございます。

そんなこと言っていただけると、川くだりの写真がないことがマジで悔やまれます。
ブラジル本当に綺麗なところでした

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/357-6fc4449c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。