スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島 初上陸 

さて、いよいよイースターへ行きます


約5時間半のフライト時間。
P1130554.jpg


P1130555.jpg


サンティアゴは凍てつく寒さだったのに・・・







南国!!!


P1130556.jpg


めっちゃ暖かい!!!
P1130557.jpg




今更だけど、イースター島めっちゃ来たかったの。昔から。
遠い遠い存在だったけど、今日やっと実現した




感動に浸るのもつかの間、1つ注意点。

2011年8月現在。国立公園の入園料は60ドル。

ただ、唯一一箇所だけ50ドルのディスカウントチケットを買えることが出来る。



それはここ。
P1130558.jpg

飛行機を降りてすぐあるカウンター。建物に入ってしまうともう戻れないので、忘れずに購入する。

一緒にウユニで遊び、イースターに前乗りしていた純さんからの情報で、僕等も安いチケットを買うことが出来た。

ちなみにこのプロモーション期間は未定。いつか突然なくなるらしい






イースター島にはハレカポネという日本人宿と、ペテロアタムという日本人常宿があった。

僕等はペテロアタムをチョイス。

行き方は客引きで空港に居ることあるので、居たら当然便乗

居なかったら、歩くのはちょっと遠いし解りにくいのでタクシーに








ペテロアタム。カサ・デ・ローリー(ローリーんち)








と告げると、まず問題なく連れてってもらえる。それくらい村は小さい






で、ここがローリーんち
P1130559.jpg




広々していて快適。
P1130560.jpg



ここの最大の魅力はキッチンが2つあること。つまり冷蔵庫も2つあるので、食材を入れておけるのが有難かった。




ドミ(つっても個室)6000ペソ
Wifi有り(弱いけど、問題なく使える)
キッチン2つ有り
ドラコというレトリバーとセルヒョウじいちゃんがアボガドくれる。





一休みして、村のすぐ横で宿近くにあるモアイの並ぶタハイ儀式村へ早速行ってみた。

ここの宿のいい所は夕日のスポットであるタハイ儀式村まで歩いてすぐと言う点でもある


海の方へ抜けると、こんな清涼感漂う墓地がある。
P1130561.jpg





ここから左を眺めると







モアイーーーーーー!!!!



P1130562.jpg



すげぇ。本当に居た!!いや、当たり前っすけど・・・




近づくと、こんな倒れたモアイや
P1130563.jpg

首だけモアイがあり、ここが、いい所だけど映し出した映像の世界ではなく、実際のイースター島なんだとまじまじと実感する
P1130564.jpg


いや~


ここに何百年と立っていたと思うと鳥肌が立つ。
P1130566.jpg

P1130565.jpg


(実際は島のモアイは争いにより全て倒されたんだけど・・・。後日詳しく紹介)


ここからカヌーで海に出たよう
P1130567.jpg




なに思ふ
P1130568.jpg




島で唯一目のあるモアイ(でもレプリカ)
P1130569.jpg




持ってみる
DSC06140.jpg



贅沢な時間

DSC06174.jpg



波は物凄く荒い

P1130570.jpg



わーーーい
DSC06206.jpg


DSC06121.jpg




もうテンション上がりっ放し
DSC06219.jpg



一度街をブラつき夕方またこの場所へやってきた




今まで数え切れないくらいの夕焼けは見てきたけど、モアイ越しに見る暮れ行く世界は信じられないくらい美しく、またこんなに夕焼けの似合う被写体はなかなかいないと思った。




P1130572.jpg



P1130571.jpg



刻々と変わる景色の美しさに同じ構図でも何枚も写真を撮ってしまう。


P1130574.jpg

P1130575.jpg



しばらく見とれていた。

P1130576.jpg

P1130577.jpg



日が落ちると、ようやく金縛りから開放されたみたいにようやくそこから離れられた




今日の夕食は具沢山ミートソースパスタ。

P1130578.jpg



イースター島いいっすわぁ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/367-73008753

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。