スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3~4日目 イースター島 オロンゴ儀式村 と 再再再再会  

さて3日目今日は国立公園のチケットとセットになっているオロンゴ儀式村へ行ってくる。

村から約2時間の道のり。


まぁ歩いていきましょう 

彼はラッキー。村で出会ったらついて来てしまった可愛いワンコ
P1130761.jpg


その体格とは裏腹にとっても小心者
P1130762.jpg

なけなしの水を分け合って一緒に登る


で、ラッキーと共に楽しく火口へあがる
P1130763.jpg

川がないイースター島の大事な水源。
P1130764.jpg

ここにも、こんな感じで岩絵がある
P1130765.jpg

火口の淵を歩いて儀式村へ
P1130766.jpg


ラッキーどうしようか?絶対怒られるよね?


とか話してたら

しっかり建物の前で待ってた。お利巧さんなんだラッキー

P1130767.jpg


さてここがどういう所かと言うとかつて鳥人儀式という儀式が行われていたところ




モアイ倒し戦争で疲弊した島人達は、各部族の代表を選出して沖合いに浮かぶ無人島に海鳥の卵を取りに行かせる。
P1130768.jpg

そんでもって、一番早く取ってきた部族の首長が一年間の実権を握るというもの。

でも、実権を握った首長の部族に対して必ず反発が起きて、それを旨く押さえて力を示すらしい。






・・・・。







それって鳥人儀式の意味あんのか?





まぁいいや。

だけど、ビックリするのは8月頃に我先にと島に泳いで行っても海鳥が卵を産むのは9月になってから









・・・・。










それって8月にスタートする意味あんのか・・・

まぁいいや。

村にはこんな感じに儀式で使う住居が復元されており、
P1130769.jpg



先端には鳥人の岩絵が無数にある
P1130771.jpg

P1130770.jpg


ちなみにここにはモアイはいない



さて、ぼちぼち帰るか?ラッキー居るかなぁ




と思い出口に向かっていたら、反対側にラッキーが!!






ラッキー!!ラッキーーーー!!!



と叫ぶと、



おぉラッキー。寂しかったんかい。よしよし、一緒に帰ろう


P1130772.jpg
本当は帰りはヒッチで村まで戻ろうと思ったけど、ラッキーを置いていくわけには行かず、帰りも歩いて帰る。



ちょっと遠いけど、気持ちのいいトレッキングルートになっていて歩きやすい。



結局宿までついてきちゃった。楽しかったよラッキー
P1130773.jpg


残ったカレーでカレーうどんにしようと思ったけど、つゆが少なすぎ
P1130774.jpg


午後はシエスタからの綺麗な夕日
P1130776.jpg



で、この日からお馴染みの矢越飛鳥と合流。
P1130778.jpg


シェア飯が豪華になり楽しさが加速する
P1130777.jpg


4日目は天気が悪かったから、島観光は見送り。
P1130779.jpg


お揃いのTシャツを着ようと、お土産屋巡り
P1130780.jpg



可愛い島の教会。
P1130781.jpg

彫刻は全部木彫り
P1130782.jpg


昼飯。トマトとツナの冷製パスタ
P1130783.jpg


午後も街ブラ。
P1130786.jpg


ウニ発見。
P1130785.jpg

食べようと思ったけど結局食べずじまい。残念

夜はカレーアゲイン
P1130787.jpg

からのゼリー
P1130788.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/369-0cd01500

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。