スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和な南フランスで感じたこと 

その小さな村の小さな教会では12時を告げる鐘が鳴り
P1150475.jpg


可愛い通りのパン屋さんからはパンの焼くいい香りが漂う
P1150474.jpg



カフェでのんびりとした時間を楽しむ人々

南フランスのビーチでは海水浴や日光浴
P1150476.jpg

ハーバーにはヨットが優雅に浮かび
P1150477.jpg

それを眺める海岸線のメインストリートは、恐ろしく綺麗で可愛い
P1150478.jpg

こんなサイクリングロードも整備され、ちょっとスピードを落として
海や町を眺めながらのサイクリング
P1150479.jpg


マルセイユ以降、海岸線のルートに自転車道が現れ、快適に進む。


青空と、弾けんばかりの太陽


ビーチは美しく


通り過ぎる町々は、見るものを魅了するくらい可愛い
P1150471.jpg

P1150481.jpg


そこの人々は、せっかくの休暇を遊び倒そう!!と日本人的な感覚ではなく、その気持ちのいい環境をただただのんびりと味わっていた。











人ののんびりした感じがそのまま町にも映ってるみたいだった











これぞ南フランス。













人生は素晴らしい。。。



















うん。まぁハッキリ言って

















若干飽きてます。笑















こんな可愛い町ばっかり登場して、特に書くことねぇっす。













風景綺麗っす













平和っす。











食料・水。困らねぇっす。














平和っす。














こんなに同じような雰囲気の町ばっかり造らんでも・・・













もっと生活感たっぷりのごちゃごちゃした的なものないんかね。ここには













まぁいいや。とりあえずサクっとそれ以外のこと振り返ります

同じ部屋になった、イギリス人サイクリスト。(名前忘れちゃいました)
P1150468.jpg

3週間のツーリングで、もうバスでロンドン戻る言うてましたけど、

は?って言うぐらい荷物が少なかった。



だけど、ここマルセイユのホステルはヨーロッパ周遊の短期サイクリストが多かった。

みんな大抵バック2個を後ろに引っ掛けての軽量スタイルだから、物珍しそうに僕の自転車にはワラワラと集まってきた。








海岸線といっても小高い山を上ったり下ったりで、一日1000mくらいはトータルで上ってそうな勢い
P1150469.jpg


といってもさすがにもう体は慣れたから、楽々進んでいく
P1150470.jpg



いや、別に疲れてる訳じゃないよ
P1150472.jpg


スーパーでこんなん発見
P1150473.jpg

普通に売っててビックリ。(1ユーロくらいだったかな)海外での行動食はほぼ甘いものしか売ってないので、こういうのは嬉しい。

ちなみにお味は、充分美味しいと言えるレベル

快適サイクリングロード
P1150480.jpg


P1150482.jpg


昼飯も見晴らしよく
P1150483.jpg


P1150484.jpg



ちなみにこのアイスはいまいち。2ユーロもしたのに、ボリビアアイスみたいだった
P1150485.jpg

まぁこういうのは雰囲気ですからね






綺麗だなぁ。何度も言うけど
P1150486.jpg

ちなみに白い点々が全て家


こんなんが終わらないから、夕方はちょっと焦る


綺麗な風景に出た!!
P1150487.jpg



そしたら小道があってなんと素晴らしいキャンプポイントが



想定外リッチキャンプに


P1150489.jpg



ここを今日のキャンプ地とする!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/398-e6d3251c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。