ぺトラへ続く王の道 谷底で出会った人と、感じた事。 

翌日、天気がいまいちだったので連泊してからの出発


しばらく走ると再び大渓谷の谷底へと落ちるルート
P1200277.jpg






ひたすら
P1200280.jpg








ただ只管と谷底へ向かう
P1200278.jpg






どうでもいいけど、言語はアラビア語になった。
P1200281.jpg

ここまで解らないと、逆に文字の美しさを楽しめる。

まぁもっとも大事な看板は英語表記もあるから問題ない

P1200282.jpg

谷底におりると空気も、風景も一変する
P1200283.jpg





ふーふー言いながら上っていると、羊の番をしていたべトウィンに声を掛けられチャイをご馳走になる

P1200284.jpg




昼飯時だったので、パンとトマトもご馳走になる。
P1200285.jpg

このおもてなし精神はどこからくるのだろう




お茶ももっと飲んでいきなさいと火を起こしてくれた。
P1200286.jpg
息子が枯れ草を取ってきて、チャイを作り、まず家長である父親にチャイを勧める。
イスラム教では父親の威厳が存分に発揮される。


なんだかそんな威厳ってなんかいいなぁと思っていると、父親は



まずお客さんからだ。と僕にチャイを差し出す。



そんな自然な一連の流れに、ただただ感動を覚える。


P1200287.jpg



羊のベルだけが遠くに鳴り響く何もない谷底で暖かい太陽をいっぱいに感じ、しばし彼らと贅沢な時間を共有する。









なにもない。










本当になにもない











だけど、最高に贅沢な空間だった





P1200288.jpg







もっとゆっくりしていきなさいと言ってくれる親子にお礼を継げ、再びふーふー言いながら坂を上っていく



P1200289.jpg






大渓谷を脱出してもヨルダンはアップダウンばっかり。

街も斜面に作られているので、抜けるのも一苦労
P1200290.jpg



この日は町外れにテントを張り、翌日はぺトラを目指す
P1200291.jpg



標高をあげると雪が残っていた


P1200292.jpg


ふーーん。ヨルダンでも雪なんて降るんだな。なんてこの時は本当に軽い気持ちで写真に収める




朝のうちはちょっと曇っていたけど、この通りの晴れ間が広まった
P1200294.jpg



ヨルダンでは珍しい平地に出て、強い横風こそあったけども快適に進む。

P1200293.jpg




ところが、昼過ぎになると雲行きが怪しくなり、なんと雪までふりだした





すぐ止むだろうと思って走っていたけど、だんだん吹雪いて来て真っ白になっていった。





本当ににっちもさっちも行かなくなり、こりゃやばいなと思っていたら、ちょうど道路下の排水スペースを見つけたので滑り込む
P1200296.jpg


何たる幸運


雪だし、ここが水に浸かる事もあるまい

まだ昼過ぎで、ぺトラまであとちょっとだけど、今日はもうここまで
P1200295.jpg





翌朝はこんなんなってた。昨日走んなくてよかったぁ
P1200298.jpg


926日目 Karak

927日目 Karak ~ Tafila  77キロ 標高995m→1205→335→1235m

928日目 Tafila ~ Shobak 46キロ 標高1235m→1610→1300→1495m

929日目 Shobak ~ Petra  21キロ 標高1495m→1630→1105m




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/464-adf971b9