スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想的な風景 黒砂漠と白砂漠  

カイロの宿(ダハブホテル)で白砂漠・黒砂漠のツアーに申し込んだ



カイロからの交通費を含めて450ポンド(1ポンド=13円)。
入園料40ポンド別。
バフレイヤオアシスまで自力で行き、そこからツアーを申し込んだ方が若干安上がりだと思うけど、相場よりも軽く安かったし、なによりも現地でハズレを選ぶより、宿のツアーの方が安心できるし効率よく周れるので、決めた。




ツアーはチケットも渡されず、「行ったら迎えに来てるから」みたいなアバウトなノリで少々不安を覚えたけど、現地で名前も確認されず日本人という情報のみでツアー会社のランクルに乗り込むという、これまたアバウトなノリだった。





ツアーはランチの後黒砂漠

P1200971.jpg
んー。結構微妙。バスでこんなんとこずっと走って来てたんだもん





クリスタルマウンテン
P1200974.jpg

P1200973.jpg
んー。キラキラあるけどね。







・・・・。







まぁこんなのは白砂漠のおまけみたいなものですよ






やはりこのツアーのメインは白砂漠なのだ。

白砂漠といってもアメリカで行ったホワイトサンズ国立公園のような石膏砂漠ではない

ホワイトサンズのブログはこちら




風にさらされて削られた石灰岩の白い砂漠は、不思議な形をしていて美しく、




P1200977.jpg





P1200976.jpg






夕日を浴びて刻一刻と染まっていくそれらの巨石はそれはそれは綺麗だった





P1200975.jpg






P1200970.jpg




ジープで砂漠深くに入り込み、白砂漠のど真ん中でキャンプが始まる




火が焚かれ、


P1200979.jpg





日が沈むとほぼ同時刻に、


P1200978.jpg




満月が顔を出す。


P1200980.jpg






「まるで他の惑星に来たようね」







とホンジュラス出身のナタリーさんが呟いた。


まさにそんな表現がピッタリの風景だった。





ツアーを参加すると決めた時、
ずっと砂漠を走ってきているのに、なにが悲しくて金を払ってまで砂漠で野宿をしなきゃならんのか。

とか思っていたけど、こんな幻想的な風景を観れるなんてなかなかないよな。うん。

P1200982.jpg


満月だったので、星空はチラホラとしか観れなかったけど、影がハッキリと映るくらいの月明かりに照らされた白砂漠は本当に綺麗だった。本当に。





期待していなかった夕食だけど、焚き火でチキンを調理したりと大満足の内容だった。

DSC08367.jpg

いつも鳥の骨を貰っているのだろう、砂漠キツネのフェネックがやってきて和ませてくれる
P1200981.jpg


砂の上にマットレスを敷いて寝袋と毛布をかぶるだけの、いわば大地の雑魚寝。
こんな体験が最高に贅沢だったりする。




翌朝。
P1200983.jpg


DSC08384.jpg

本当に気持ちがいい

DSC08387.jpg

DSC08393.jpg
日本人には単なるフンコロガシだけど、エジプトでは幸運の虫スカラベ



午前中も少し白砂漠を周り、
P1200984.jpg


ちっこかったけど砂丘にも連れてきてもらえた
P1200985.jpg


DSC08411.jpg




最後は鉱泉で足湯に浸かりツアー終了!
P1200986.jpg

アバウトなツアー申し込みだったけど、最後まで滞りなく進み無事カイロへ帰ってきた




お勧めです。白砂漠





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/476-a7b42daa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。