スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖に沈むはずだった世界遺産。アブシンベル神殿 

おはようございます。
P1210223.jpg

現在午前3時20分。早朝でございます


マイクロバスで行く方法もあるのだけど、値段がそこまで変わらないしコンボイやらなんやらで面倒くさそうだったので、僕等はアブシンベル神殿と色々周るロングツアーに申し込んだ。



アスワンから更に南に280キロほど走った湖のほとりにあるアブシンベル神殿。
P1210224.jpg








実はこの遺跡、ダム建造のあおりを受けて湖の中に沈む運命にあった








よくエジプト人は世界3大うざい人種に数えられる。
それゆえ旅人でもエジプト人嫌いの人は結構居る。エジプト人は頭が悪いという人も結構いる。

僕は割りとエジプト人は好きだし、結構親切な奴等とさえ思っているけど、ナイルの氾濫をコントロールする為とは言え、こんな素敵な遺跡を湖のそこに沈めてしまえというのは、観光でもっている国とは思えない、いささか頭の悪い行動だと思わざるを得ない行動だ。

ちなみに農業用水の確保と生産性の向上の為に作られたこのダムは、洪水が起こらなくなった事による塩害によって、農業の悩みのタネになるという結果に陥っているらしい。う~ん。残念






その危機を救ったのがユネスコが行った国際的なキャンペーン。
世界中から募金を集め、なんとこの神殿












1036個のブロックに切断されて元の位置よりそっくりそのまま60m上に移転させられた















って歩き方には淡々と書いてあるけど













いや、まじ凄くない?













だってこんなんだよ!!





P1210234.jpg






えっ、これまじ移動させたんですか?





P1210226.jpg





ちなみにここの神殿だけではなく、同じような水没の運命にあったいくつかの遺跡も同じように救済した。
これをきっかけに人類の宝といえる貴重な文化遺産、自然遺産を保護しようという機運が高まり出来たのが、『世界遺産』という概念だ。









なんかエジプトがとんでもなく残念に思えて仕方ない。

神殿を沈ませようとしておいて、しっかり入場料取るとかなんだかなぁ












しっかしでかい。
DSC08449.jpg


こんな砂漠地帯のど真ん中の、クソ暑い所に本当に良く作ったもんだ。
P1210227.jpg

約3000年前の遺跡


本当に本当に驚くくらい綺麗にレリーフが残って当時の様子が伺える
P1210229.jpg


丸く囲まれたヒエログリフには王の名前が刻まれる
P1210230.jpg

これはラメセス2世
P1210231.jpg



ちなみに中は撮影禁止なんだけど、本当にインディジョーンズの世界。
DSC08457.jpg

中に入ったら、石像とか倒れてきそう



それにしても神殿内のレリーフも本当に綺麗。







ちなみにこちらは王妃の神殿。
P1210232.jpg

こちらも当然ユネスコが移転した
P1210233.jpg






神殿自体は大きいけど、これしかないので割りと早く見終わる



その後ダムへ行き(20ポンドかかったけど、かなりいまいち)、他の神殿にも行くか?と言われたけども、既にお腹いっぱいだったので、ホテルへ戻る




昼寝をして、夜の市場を練り歩き
P1210237.jpg

P1210236.jpg

P1210238.jpg

P1210239.jpg



坊主始めました。
P1210235.jpg




めちゃめちゃ暑い所だったけど、これてよかったアブシンベル!!

DSC08471.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/477-bbae75d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。