スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちのいい日。エチオピア原風景 

翌朝出発するとすぐにこの少年がついて来た。
P1220369.jpg

エチオピアではよくある光景だけど、この少年は全く「金!金!」言ってこなく、坂道などは自転車を押してくれたりと、いい少年だったのであしらわず、飴をあげたりしてしばらく一緒に走っていたら


ミルクを売ってるんだよ。とか
P1220370.jpg

この村はね。とか教えてくれる。


P1220371.jpg




そしたら






なんと一時間もついて来た!!笑



P1220372.jpg



いつの間に手に持っていた箱を放り投げ、上着を抜いてゼーハーゼーハーいいながらひたすら走ってきた。
まぁ上り坂だったから僕が遅かったのもあるけど、それにしても・・・。


やがて道が下りになったので、お菓子と飴をあげてお別れした。
彼(ナツメ君)はついて来たそうだったけど、さすがに僕のスピードについてこれず、あっという間に見えなくなった。




ちなみにナツメ君はマネーマネーと言わなかったけど、




マネー!マネー!と言ってくる子供は物凄く多く、更に酷いガキはくっついてくる振りをして後ろに積んである水のペットボトルを抜き取っていくクソガキども。




エチオピアは道を歩いてる人が本当に多く、ちょいちょい集落もある。
大半の人は、礼儀正しく僕に興味心身で、こちらが挨拶すると、物凄い笑顔で返してくれる。

子供もハイタッチを要求してきたりと本当に可愛らしく、本当に一生懸命手を振ってきてくれて本当に癒される。




地域性もあるのかな?
礼儀正しい地区と、めっちゃ腹の立つ地区があった。





文章は難しく、悪い事の方が印象に残ってしまうけど、結論から言うと僕はエチオピア人は好きだ。たまに物凄くムカつくけど。

色々あってもエチオピアの印象が悪くならないのは、きっと最終的に彼らの恩恵を受けているからなのだ。

それに、前半で盗られそうな所に物を置いておくと盗られるという事が本当にわかった。
大事なものを盗られる前でよかった。それからは水の保管場所も変えて盗られたら困るものはカバンの中にしまった。




脱線は続くけど、ここで一気に書いてしまおう。

クソガキを例えるなら、まさに野犬そのものだった。
危険という意味ではない。その習性がだ。

つまり彼らは、自転車を見ると寄ってこずにはいられない習性なのだ。
ほとんどの野犬がそのように、実はビビリなのだ。

走ってるとマニーマニーと寄ってくるけど、止まるとある程度の間隔を置いてみるだけに留まる。

それでも金金言ってきたら、一喝すればそれも止まる。


それに、本気で物を奪おうという気はない。
走ってる最中にばれない様に抜き取るくらいだ。現に休憩中はほぼ自転車に触られない。
もちろん僕が許可すれば別だけど。

うざいガキでも、写真を撮ったり仲良くなれば、案外礼儀正しかったりするものだった。


それに、外国人だからそう言ってくる訳ではなさそうだった。
自転車で町には入ると、いい人、嫌な奴を別として物凄い声援をうける。

ただ、一度自転車を宿に置いて町に出ると、さっきは物凄い声援だったのに、普通に挨拶を交わされる程度にとどまる。



うざいガキは野犬と思おう。
と決めてからは、僕も暇つぶしにいきなり進路を変えて彼らを追いかけてみたり、
(すると本当に驚いてチリジリになる)
怒鳴ってみたりした。これは本当にイラついた時だけど。笑



こんな感じでガキは仕方ないと思える。
たぶん日本でもこんな自転車に乗った黒人が居たら、子供の格好のオモチャになるだろう。
いや、ビビッて近づかないか。笑


それに20歳を過ぎた年頃になってくると、本当に皆礼儀正しく。

どこ行くんだ?

とか

どこから来たんだ?

とかのオンパレードになって、挨拶も気持ちよく返してくるし、日本と同じ会釈の文化があるから、ペコっとお辞儀されるのがなんとも可愛い。





だけど、本当にごく一部。
本当に貧しい人を除いて、いい大人がマネーマネーと言ってくる。



お前等がそんなん言ってんから子供が真似すんだろうが~~~!!



と割かし本気で怒鳴ってみる





色々書きました。色々居ます。エチオピア人。
でも僕はそれでも好きですね。エチオピア人は

    



され、そろそろ本編戻ります。


ちなみにこの地区は本当に人が良かった所です。


えっと、ナツメ君を振り切って



まるで北海道のような、牧草の丘陵地帯を走る。
P1220373.jpg


こういうところを走ると北の国からを口ずさむ。
P1220374.jpg

P1220376.jpg


何にもないところに、いきなりこんな工場もあって驚く。
P1220375.jpg

本当に何にもないところにいきなりだから、景観を壊すなぁってよりも、なんか見惚れてしまう文明の力って感じだ。



牧草の丘陵地帯を離れると、少し標高を落とす。
P1220378.jpg

P1220377.jpg


思ってたより、全然エチオピアの道路は綺麗で物凄く快適だ。
(当然幹線道路を離れると、未舗装になるけど)

ぴや~っと下っていく。
P1220379.jpg

気持ちよくて気分もいいので自分撮りにも精を出す





そしてまた、緩やかな丘陵地帯へ。
P1220386.jpg



ここをバスで一瞬で通り過ぎるにはあまりにも勿体無い!!
P1220385.jpg



自転車旅ってやっぱいいなぁ。
P1220381.jpg



南米のアンデス地方にもちょっと似ている
P1220382.jpg



町に入るとこんな感じ
P1220383.jpg


やっぱり少年がついてくる。
P1220384.jpg




なんかさ、穏やか過ぎてコメントないよ。
写真載せるから観て頂戴。
P1220388.jpg

P1220390.jpg

P1220387.jpg




小さい集落を通っても、キャッキャ、キャッキャと大人気
P1220394.jpg

P1220391.jpg

もう本当に元気一杯

P1220393.jpg


そんな穏やかな気持ちのいい走行をして、目的の町に1時過ぎに着いた。
まだまだ行けそうだったので、次の町を目指す事にした。





この判断が、適切じゃなかった事気づくのにそう時間はかからなかった。


P1220395.jpg



つづく


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/497-0d206121

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。