スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらないマラウィ湖畔。首都リロングウェへ 

さてとまぁンカタベイから6日(走行5日)でマラウィの首都のリロングウェに着いたわけだけど、それまでの走行はというと





いくつかの小さい村を通り抜け、
IMG_2520_20130726221425.jpg



湖畔の道なんだけど、湖はほどんど見えなく更にあまり景色の変わらないこんな感じの風景の中を走り、
IMG_2521_20130726221454.jpg

IMG_2527_20130726222028.jpg



いくつかの夜を超え
IMG_2528_20130726222045.jpg




村での休憩はやっぱり子供に囲まれたり、
IMG_2522_20130726221525.jpg



いままでずっと小さな村でも、米はあったけど、
IMG_2525_20130726221936.jpg



この頃はこの辺の国民食であるシマ(トウモロコシとキャッサバの粉を混ぜて蒸かしたもの)しかないと言われる事が多い。
IMG_2524_20130726221634.jpg


実はンカタベイで試しにと言って一足先にデビューしてたんだけど、はっきり言って全然美味しくなかった。



これがシマ。
IMG_2523_20130726221551.jpg



だけど、これが意外や意外。「美味い!!」まではいかないまでも、全然食える。

あれ?なにこれ?自転車マジック?

なんかモチモチしてて、これはなかなかいい感じ。




あんまし木陰が無いから休憩は、

教会や、
IMG_2526_20130726222004.jpg



モスクで休ませてもらう。
IMG_2532_20130726222245.jpg






いい感じの町でいい感じの宿にありつけたので、連泊。コーヒーブレイク
IMG_2529_20130726222108.jpg




クリーニングと、点検。
IMG_2530_20130726222210.jpg



昼ビール。
IMG_2531_20130726222227.jpg




ちなみに左のはチップスと言われるフライドポテト。

チップスとはイギリスの伝統食と揶揄されるフィッシュ&チップスのチップスだ。

このチップスはシマを食べさせてくれる食堂よりもたくさんあり、村とも言えない集落にもこのチップスの屋台はある。

イギリスの元植民地は英語が通じやすくて楽だけど、(いや、そんなに話せませんがね)
彼らが残した食文化がチップスのみというのは、情けないを通り越して笑えてくる。
きっと本当にこれしか食わなかったんだろうなぁ。イギリス人。






そして、ようやく




4万キロ達成!!
IMG_2533_20130726222257.jpg
赤道が約4万キロなので、直線距離で測ったら地球一周分走ったことになる。

思えば遠くにきたもんだ




走れるもんなんですね、そういう距離を自転車で。






そしてサリマの町から標高をあげて、
IMG_2534_20130726222324.jpg

IMG_2535_20130726222545.jpg




首都であるリロングウェに着きましたとさ
IMG_2536.jpg





内容無くてすまーーーん!!

全然変わり映えのしない湖畔の走行でした~~~~







45日目 Chintheche 40キロ 標高 430m

46日目 Dwangwa 96キロ 標高 465m

47日目 Nkhotakota 58キロ 標高 480m

48日目 Nkhotakota

49日目 Salima 112キロ 標高 460m 

50日目 Lilongwe 100キロ 標高 1010m





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/566-ce3a69e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。