スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョベ国立公園 サンセットクルーズ 

さてさて、サンセットクルーズは午後3時から



公園の入園料の関係で、ゲームドライブと同じ日にクルーズに参加したら入園料が一回で済む。



クルーズ船は動物が岸にいると、近くにつけてガイドが説明するかなりのんびりクルーズ



まず、やはり象
IMG_5021_20130913172852554.jpg



お次はバッファロー。
IMG_5022_2013091317291123a.jpg

自転車に乗ってる時に見るとめちゃめちゃ怖いけど、所変われば見方も変わる




ワニなんかもいる
IMG_5023_20130913172943d28.jpg



ワシ。かっこいい
IMG_5024_20130913173003036.jpg




インパラとなんとかの群れ
IMG_5025.jpg




あの丸っこいシルエットはカバさんです
IMG_5026.jpg




カバの出る池や湖って各地に結構あるけど、大体どこのカバも水に潜って鼻しか観れないなんてことが殆どだけど、ここのカバは



ばっちり拝める。
IMG_5028.jpg



このブリッとしたシルエットがめちゃめちゃ愛らしい。
IMG_5030.jpg



ちなみにこんな感じ。写真じゃちょっと遠い感じがするけど、結構近づく

IMG_5029.jpg



やべぇ可愛いぞ。
IMG_5031.jpg




本当に動物園とは全然違う
IMG_5032.jpg




そして再び象。
IMG_5033.jpg

IMG_5034.jpg

IMG_5035.jpg



なんか好き

IMG_5036.jpg




こういう風景を観ながら、だんだんと陽が傾き、気持ちのいい風に吹かれてビールを片手に動物を観る。
IMG_5037.jpg

IMG_5038.jpg



最高に気持ちいい
IMG_5039.jpg


IMG_5040.jpg


象と分かればいい写真なんだけどなぁ
IMG_5041_20130929223040a1f.jpg




後は夕日と象のシルエットが撮れれば言う事ないんだけどなぁ




IMG_5042_201309292230519cb.jpg


だけど、なかなかいいタイミングで象は現れず、ボートはホテルに向かう。





駄目かなぁと諦めかけた時、象の群れが

IMG_5043_2013092922310544a.jpg




だけど、時間は迫ってるし寄ってくれないかなぁと思っていたら





さすが、クルーズ船。





ここしかないってところに寄せてくれて、






本当に感動的なシーンでした。
IMG_5044_20130929223113f05.jpg






アフリカの夕陽ってめちゃめちゃ綺麗なんだ



IMG_5045_20130929223125ae9.jpg



本当に大満足のゲームドライブとサンセットクルーズでした





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

写真でも綺麗なんだから、生はもうとんでもなく綺麗なんでしょうね…
益々行きたくなります!

行きたい第一位はやっぱり不動の中東なんですが、情勢によっては行けなくなってしまうので、代替案として、真面目に南部アフリカを計画中です。
岳さんの記事のおかげです。
ありがとうございます<(_ _)>

ラフティングとかバンジーって、ホテルや事務所(?)で簡単に手配できるんですか?
行ったはいいけど、もう予約でいっぱいなんてなったら悲しいです゚(゚´Д`゚)゚


あと…記事を読み続けていてすごく気になったのですが、野宿って大丈夫なんですか?
人目につかないところを選ばれてるようですが、それでもやっぱりテント外の物の盗難とか襲撃とか、すごく気になります。

以前、テントが見つかったという記事(正体は警察官だったという話)では、本当にドキドキしました。
あぁとうとう痛いことに?!と…

Re: たこさん

ラフティングや、バンジーは旅行代理店(そこらじゅうにある)か直営店、もちろん観光地のホステルだったら大抵簡単に申し込めます。
よっぽどの超ハイシーズンや、たまたま物凄い人数の団体が申し込んでれば話は別だと思いますが、大丈夫だと思います。

野宿ですが、これに関しては一概に『大丈夫ですよ』と簡単にはいいがたいですね。
実際野宿中に襲われたチャリダーはたくさんいますしね。
もちろん僕も町があれば極力宿に泊まるようにしていますが、物価であったり、宿が無かったり、そもそも町が無かったりと、どうしても自転車旅は野宿ありきにならざるを得ませんね。

確かにお察しの通り、人目につかないところを選んでますが、

国や、その土地の雰囲気や人の雰囲気で、警戒度を決めています。
正直見つかっても、襲われないと思う国意外は自分から野宿をしません。
雰囲気が嫌な国は野宿したくないので頑張って町まで走るようにしています。

まぁいくつか自分なりのルールはあるんですが、いままで襲われなかったのは単に運が良かったからかもしれません。


南部アフリカももちろんお勧めですが、東アフリカも面白いですよ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/584-2f534cba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。