スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカ入国 スプリングボックで素敵な連泊 


このオレンジ川の向こうが南アフリカだ。

IMG_7115_20131107215551d9c.jpg


イミグレは洗礼されていてとても綺麗だ。さすが南ア



なんか
IMG_7116_201311072155576bf.jpg


奇面組みたいな・・・
IMG_7117_20131107215603280.jpg




それはさておき、実はウィントフックに居る時点で、今後の予定がほぼ決まりつつあったので、早いうちに南アフリカ出国のチケットをとっておいた。




それは一応南ア入国の際には出国のチケットを持っている事が一応正式のルールとなっている




まぁ陸路で揉めた言う話は聞いたことが無いけど、どうせ僕の予定は決まっているので、念のため出国のチケットを取っておいた。





さて、係員にパスポートを渡すと、





入国カードも質問もなく、3か月の滞在許可をポンとすぐにくれた。





かなり拍子抜け





さぁって、アフリカラスト。南アフリカを走り出しますかね
IMG_7118_201311072156089dd.jpg




ついにケープタウンまでの標識が出てきてしまった
IMG_7119_20131107215710336.jpg
残り678キロ。あとちょっとで嬉しいというよりは、やはりどこかちょっと寂しいし、いろんな事が思い起こされ不思議な気分になる。




シナイ半島の様な無骨な岩山を超えると、緩やかにひたすらの上りや、逆にゆるい下りがずっと続くという道を繰り返した
IMG_7120_20131107215716374.jpg


IMG_7123_2013110721572984d.jpg


なんつうか、これでもかって程。笑
IMG_7124.jpg


IMG_7126_20131107215941e68.jpg



ほとんど木が無くなったので、こんな日陰があると本当に嬉しい。
IMG_7122_201311072157243ef.jpg




ずっと直線の道路から、風景が少し変化し始めた
IMG_7127_20131107215947f75.jpg

IMG_7128_20131107215955238.jpg

IMG_7132.jpg

IMG_7134.jpg



人や
IMG_7129_20131107220000d7e.jpg




自転車を思いやってスピード制限出すなら、即死しないくらいのスピード制限にしてほしいもんですな。笑
IMG_7130_20131107220007835.jpg





そんなこんなで、ようやく南ア最初のちゃんとした街であるスプリングボックに辿り着いた。
IMG_7135.jpg

IMG_7136.jpg





歩き方曰く





『普段はさびしい小さな町でしかない』






と書いてあったけど、物凄く活気があって都会に見えるんですけど・・・笑
IMG_7137.jpg

IMG_7142.jpg







この前のB&Bに気を良くした僕は、今回もキャンプサイトではなく宿を探した。






あまり解りやすいところにないのが難点だけど、ようやくたどり着いたゲストハウスもまぁとても綺麗なところだった。





値段を聞いて400ランド(4000円)
正直ちょっと高かったけど、2泊を即決した。
ずっと野宿続きで疲れていたし、先進国基準で考えたらこれくらいの出費は良しとしよう。




なにより早い時間から、宿ライフを楽しみたかった。





ここにも冷蔵庫と、簡単なキッチンがあり、スーパーではちきれんばかりの買い出しをして、宿ライフを楽しんだ。
IMG_7139.jpg







あぁ~、まじ最高!!
IMG_7141.jpg

IMG_7140.jpg





144日目 Steinkopfまで15キロ手前 ブッシュ 118キロ

145日目 Springbok

146日目 Springbok




@南アフリカ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村      あっ、ども。ブログ村はじめました。 
                ポチっとひとつお願いしやす。

携帯の方はこちら↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/603-7d525bf3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。