スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリーでイスタンブール脱出 ブルサへの走行 

イスタンブールをスタートするにあたってルートをどうしようか考えた。

当初は、イランまでまっすぐ走ってそのまま中央アジアに抜けるつもりだったのだけど、
調べていくうちにイラン以後中央アジアはかなりビザの期間を考えて、サクサク走らなければいけないと分かった。
そうすると、かなり中国に入るのが早くなる。まぁそれはそれでいいのだけれど、やはり始めくらいはのんびりと走りたいもの。

そんなわけで、ノービザ3か月滞在できるトルコはのんびり走ろうという事になった。



更にイスタンブールを抜けるルート。



本来であれば、ツーリストの拠点になるイスタンブールのヨーロッパ側から橋を渡ってアジア側に入る第一歩を踏み出したいという気持ちはある。


その為には


①ここヨーロッパ側から新市街に行って、更にでっかい橋を渡りアジア側に行くか

②ヨーロッパ側からフェリーに乗ってアジア側に行くか


という事になる。その後交通量の多い中を気を使いながらの走行となる。
普段はそれしかないので、仕方なく走るけど今回は他のルートがある。



それはフェリーを使って対岸まで行く。

IMG_1806.jpg
次の目的地としてブルサを選んだ。
ブルサに行くには左側の航路の方がブルサに近いのだけど、出航が朝の7時半でちょっと早すぎるので、Yalova(ヤロワ)行きの8時半のフェリーに乗ることにした。



事前に下調べをしたので、自転車の積み込み料もなく問題なく載せられることは確認済みだったのだけど、よくチャリダーが使うのか、荷物満載の自転車で行っても物凄く事がスムーズに進んだ。
IMG_1494.jpg
つかめっちゃ綺麗。
そして意外とシステマティクに事が進み、定刻に出発。驚き。

1時間少しの快適フェリーに乗り対岸のヤロワに到着。
IMG_1495.jpg

意外と寒い。
そしてここからブルサまでは約70キロ。午前10時。
まぁ問題なくブルサまで着ける距離だな。


ターミナルの前の道路がそのまま幹線道路で、迷うことなくブルサ方面へ漕ぎ出す。



どんより曇り空。
IMG_1496.jpg


特にこれと言った風景の中を走るわけではないけど、久しぶりに自転車が漕げることが楽しい。
そして、やはり交通量が圧倒的に少ないので気楽でいい。


今日中に着けると思っていたブルサだったけど、やはり始めたてのキム君と詩織には少しきつかったようで、無理をしないで途中のガソリンスタンドにお願いしてテントを張らしてもらう。
IMG_1497_201403120317549b7.jpg



テントを張りのんびりしていたら、チャイを飲みにおいでよと優しい声がかかる。
IMG_1498.jpg



本当にトルコの人たちは親切だ。
IMG_1499_2014031203190153b.jpg



観光地意外では英語は通じないけど、ここの人たちは少し英語が話せたので、しばらくお薦めのポイントを聞いたりとのんびりさせてもらう。



それじゃそろそろテントに戻ってご飯を作ろうかと思っていたら、




肉は食べれる?ベジタリアンではない?




と聞いてくるので、食べれるよと答えると。




じゃ、一緒にここで夕ご飯を食べよう!!





さすがに申し訳なくて、お断りしたけど、最終的には御好意に甘えさせてもらうことに




すごーいい
IMG_1500_20140312031906c90.jpg

IMG_1501_20140312031912763.jpg


本当に美味しくて楽しい空間だった。
IMG_1502_201403120319196af.jpg




そして、明日は何時に出発するんだい?




と聞かれたので、これはあまりのんびりしてたら悪いなと思い。





8時ごろかな?あっ、でももう少し早く出発することも出来るよ。と答えたら、逆に






10時にここでまたみんなで朝ごはんを一緒に食べよう!





なんていい人たちなのだろう。






食後はトルココーヒーを頂く

飲んだ後はこんな感じにひっくり返して占いも出来るという。
IMG_1503.jpg

IMG_1504_2014031203325435e.jpg

長い時間をかけてガチ占いをしてくれるジャンスーさん
IMG_1505_20140312033201c1c.jpg



更に更に、テントじゃ寒いでしょと、従業員の仮眠スペースを使っていいよと言ってくれたけど、さすがにこれは丁重にお断り。



だけど、しっかり朝ごはんにはお呼ばれ
IMG_1507_2014031203321041b.jpg




本当に走行初日から素敵な出会いに感謝
IMG_1506_201403120332058c8.jpg



ブルサまではあと20キロくらいだったのでのんびり進む
IMG_1510_20140312033339172.jpg

IMG_1509_2014031203321620b.jpg

IMG_1511_20140312033344a06.jpg

IMG_1512_201403120333496c9.jpg




ブルサの町で取材を受ける。
宿に着き、宿のおばちゃんに通訳してもらい取材をうける。
IMG_1513_2014031203335445c.jpg

IMG_1514_2014031203390057f.jpg



とにかくついてほっとした~



267日目 Yalovaから47キロ先GS  47キロ

268日目 Mursa 27キロ
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです(笑)

ボツワナでお会いした一家の娘です(笑)
あの日以降、実は父娘でブログを読ませていただいてます。あ、父はまだボツワナ在住です。

お元気そうですね!!
アフリカを終えてトルコにたどり着かれたようですね!!
南アフリカはいかがでしたか?

引き続き、お身体に気をつけて。
Have a wonderful journey!!

Re:hanaさん

こんにちは。
ブログを読んでいただいてるんですね!凄く嬉しです。ありがとうございます。
みなさんお元気にしていますか?

こちらは相変わらず元気に走っております。
アフリカを終え、しばらく自転車には乗っていなかったのですが、これからアジアを自転車で走り日本に帰ります。ブログもぼちぼち頑張りますので、よかったらまた読んでもらえたら嬉しいです。

野生動物豊富なボツアナも素敵でしたけど、南アフリカの自然と雰囲気は本当に良かったですよ。
また走りたい国のひとつです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/633-a1ebc6b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。