スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッパドキアへの寄り道。ウフララ渓谷へ行ってみよう!! 

コンヤからはいよいよトルコ観光の目玉であるカッパドキアに向かう。
まっすぐ走れば300キロないくらいだけど、せっかくだからちょっと寄り道してウフララ渓谷を走る予定だ

コンヤからアクサライまでは、はっきり言って全く面白くない平地が永延続く。
IMG_3691.jpg

綺麗と思うかもしれないけど、これを永遠走らないといけないとなると話は別。


なんか人が再びフレンドリーになった。
IMG_3689.jpg

子どもはマネーマネー言うようになった。
IMG_3692.jpg
この子供たちは言わなかったけど



割といつもこんな感じでガソリンスタンドにお願いしてテントを張らしてもらう。
IMG_3693.jpg



事前に調べた情報では今日行くセリメの村は観光地なんだけどスーパーが無いらしいので、アクサライのスーパーで買い出しを済ませた後、先ほどまでのフラットな道から一転アップダウンを繰り返し小高い山々の連続の道を走る。


綺麗な所だけど、ここの上りで襲われた野犬の群れはマジでやばかった。
IMG_3694.jpg
世界中走っていれば犬に追いかけられるなんて、日常茶飯事なわけだけども、こんなに統制のとれた野犬の群れは初めてだった。

まさにテレビでよく見るハイエナの狩りのようだった。
リーダー格の犬がワン!!と吠えるとそれまで遠巻きに見ていた犬たちが四方八方から襲い掛かってきた。

幸い噛まれることはなかったけど、スペアタイヤを思いっきり噛まれて引きちぎりそうだった。


なんとか諦めてくれて事なきを得る。


それにしても綺麗な所になってきた。
IMG_2534_20140419222036a9d.jpg

IMG_3695.jpg

IMG_3696.jpg


そして、セリメの村。
IMG_3698.jpg


カッパドキアっぽくなってきた。


ここではキャンプ場があるとの情報で行ってみると、確かに数件のキャンプ場があり、僕らはセリメ教会のほど近くのレストラン兼キャンプ場を選んだ。
IMG_3707.jpg

IMG_3706.jpg

15TLでシャワーもないから別段泊まらなくてもいいともけど、観光もしたかったし、気持ちのいい所だったから一泊していくことに
IMG_3699.jpg

IMG_3700.jpg

IMG_3701.jpg


当初の予定では、このキャンプ場の目の前にあるウフララ渓谷の入口から軽くトレッキングをするつもりだったのだけど、やはり歩くなら、メインのルートを歩きたいという事になり、今日は村を軽く散歩するだけにした。
IMG_2535_20140419222048f99.jpg

IMG_3702.jpg


後から知ったのだけど、この辺でスターウォーズの撮影が行われたらしい。
IMG_3704.jpg

IMG_3708.jpg


翌日はお金を払ってセリメ教会へ
IMG_3709.jpg

IMG_3711.jpg

上に上がる通路もしっかりしており、
IMG_2536_201404192220516aa.jpg


教会やその他の住居なども見ごたえあった。
IMG_3710.jpg

IMG_3712.jpg

そして走り出す。昨日のキャンプ場が渓谷の始まりの所に位置するため、一気に谷を駆け上る。
IMG_3713.jpg

IMG_3714.jpg


渓谷の上は割と穏やかな風景が広がっていて走りやすかった。
曇っていて写真は撮らなかったけど、晴れていれば、昨日の雪山がデカデカと綺麗に見えるはずだ


セリメから、ウフララ(表記はIhlara)の町にある渓谷のメインエントランスまで約7キロくらいだったかな
IMG_2537.jpg


規模はそこまで大きくないけど、岩窟がありなかなかいい感じ。
IMG_3715.jpg

階段で谷底におりて、トレッキング開始。
IMG_3716.jpg

渓谷の激しさとは裏腹に、谷底は穏やかそのもの
IMG_3717.jpg


カッパドキアの拠点の町からツアーも出ているので、休憩設備もしっかりしている
IMG_3719.jpg

IMG_2538.jpg


いくつか『教会⇒』みたいな標識があり、階段を上っていくと崖の中ほどに作られた教会が
IMG_3721.jpg

顔や目がつぶされているのには色々な理由があるのだろうけど、落書きも多い。
IMG_3724.jpg


信じられんよなとみてみると
IMG_3723.jpg

こんな古い時代のも発見。時を超えて恥をさらしてなにがいいのか。


だけど、それらを抜きにしても、この教会やそこからみる景色は素晴らしかった
IMG_3725.jpg

IMG_3722.jpg


ツアーではこの先の別のエントランスまで行きピックアップしてもらうのだけど、当然僕らは来た道を引き返す。
IMG_3726.jpg

IMG_3727.jpg


大満足で2時間のトレッキングを終え、お昼ご飯。のり弁。最強
IMG_3728.jpg


その後何気にいい雰囲気だったウフララの村を抜け
IMG_3732.jpg

IMG_3734.jpg

物凄い激坂
IMG_3730.jpg

IMG_3731.jpg

IMG_3733.jpg


再び渓谷の上に出て穏やかな景色の所を走り、地下都市で有名なデリンクユの手前の町のガソリンスタンドで一泊。
IMG_3735.jpg

IMG_3736.jpg



312日目 Sultanhani 115キロ 標高 945m

313日目 Selime キャンプ場 66キロ 標高 1155m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/649-0c88660a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。