スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下道散策 

グアナファトのヨーロッパを彷彿とさせるコロニアル建築は素晴らしい

だけど、僕はこの網の目のように延びる地下道に興味をひかれている

今日も地下道探索へ

こっから入ります。
P1020026.jpg

薄暗いトンネルを抜けた先に見る、青空と街並みがたまらなく綺麗だ。
P1020027.jpg

なかにはこんな真っ暗な所もある。歩くのめっちゃ怖い。
P1020028.jpg

さすがにこの先は行けなかった。
P1020029.jpg

トンネルに扉
P1020030.jpg

覗いてみると・・・

なんかホテルになってた
P1020031.jpg

出口
P1020032.jpg

今日も天気いいなぁ。適当に地下と地上を行ったりきたり
P1020033.jpg

ここ!探してたんだぁ。
P1020034.jpg

通称「口づけ小径」メキシコ版ロミオとジュリエットとも言われるそうな。

その昔向かいに住む青年と少女がこの狭い路地のバルコニーで恋に落ちた。ところがそれに反対する少女の父親が、娘の胸を刺し殺してしまった。

これ実話らしい。

個人情報もあったもんじゃない。
悲しい話だが、とても素敵な場所で今じゃすっかり観光名所。

人一人が通れるくらいに本当狭い。なるほど確かに口づけ小径。そんな思いでバルコニーを見上げると、人影が・・・

まさかジュリエット?こんなバルコニーに可憐なメキシコ少女が立っていたら、それこそロミオになって恋に落ちてしまうんじゃなかろうか

ジュリエット~!!と心で叫びながら通路を上がっていく。



ジュリエッ・・・。



あぁぁぁぁぁ。


そこにはふてぶてしくガムをかみながらタバコをふかすオバハンが。

おいおい・・・。それは嫌がらせか?
こんなところでなにしてくれとんのじゃ。

俺のジュリエットが~~~~。うぅぅ。

(ちなみに現在も住居として使っているので中へは入れない。つまり住人か?)


まぁ気を取り直し、そして今日もメルカドへ。
P1020035.jpg

大体ご飯はこういうところで食べる。
P1020036.jpg

のんびりと気持ちのいい日が今日も過ぎる・・・


Guanajuato
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mthiru.blog51.fc2.com/tb.php/88-26943de1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。